タグ:Meryl Streep。 ( 2 ) タグの人気記事

地上の楽園……。

b0168859_14321962.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

耳に流れるのはモーツァルトのクラリネット協奏曲K622の第二楽章……。
辺りには小鳥の冴えずりが聞こえ、薔薇の素晴らしい匂いが鼻をくすぐります。

2年振りにお邪魔して来ました。黒田さんの素晴らしいお庭。
つくずく思います。植物の身になった素晴らしい植栽。
高低差を自在に楽しむ男の庭なんだって……くどくど説明する言葉はいりません。
先ずは写真をご覧下さいね。自分の撮った写真が哀しくなるほど……。
だけど、2年前に較べたらまぁまぁいい出来じゃない?(笑)
やっぱり、いつも使い慣れたレンズはいいなぁ……50ミリ単焦点F1.4です。
厳選の34枚、大きいサイズでご覧下さい!
黒田さんの素晴らしい庭のエッセンス、雰囲気だけでも感じて戴けたら幸いです。

b0168859_14332395.jpg
b0168859_14432263.jpg
b0168859_1443418.jpg
b0168859_14424650.jpg
b0168859_14422758.jpg
b0168859_14421465.jpg
b0168859_14415746.jpg
b0168859_14414169.jpg
b0168859_14411790.jpg
b0168859_1441058.jpg
b0168859_14404199.jpg
b0168859_14402466.jpg
b0168859_1440286.jpg
b0168859_14394772.jpg
b0168859_14391550.jpg
b0168859_14385557.jpg
b0168859_14384242.jpg
b0168859_14382738.jpg
b0168859_14381679.jpg
b0168859_1438260.jpg
b0168859_14373280.jpg
b0168859_14365984.jpg
b0168859_14364323.jpg
b0168859_14362643.jpg
b0168859_14361298.jpg
b0168859_14355642.jpg
b0168859_1435177.jpg
b0168859_14344367.jpg
b0168859_14342855.jpg
b0168859_14341399.jpg
b0168859_14334710.jpg
b0168859_14351954.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

アラン・J・パクラ監督作品メリル・ストリープ主演「ソフィーの選択」の中で、
故国を追われ、アメリカに渡り、生活苦から図書館で敗血症で倒れたソフィーが、
ネイサンに助けられ、滋養のある手料理と共に振舞われたシャトー・マルゴー1937年……。

その時にソフィーが言います。

 「もしこの世で聖人のように清く生きて、そして死んだら、
   天上の楽園で飲ませてくれるのはこのワインね。」

矢張り、ここは楽園なのだと思う…………。
黒田さんの高くてハスキーな声が辺りに響きます……矢張り、ここは楽園……。


草々

2012年5月29日


Benoit。


★Copyright © 2005~2012 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2012-05-29 00:00 | Raindrops on Roses
b0168859_21212535.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 「エミール・ディッケンズの本を探しているのですけど……。」

極度の栄養失調でフラフラになりながら、
恐る恐るソフィーは図書館で係の男に尋ねた。
男の威丈高で冷たい対応、侭ならない言葉にくらくらし、
ソフィーはその場に倒れてしまいます。
間髪置かず倒れたソフィーに駆け寄るのはネイサン……。

ネイサンのアパートで蠟燭の灯りに点されながら、
滋養のある料理と共に開けるのはシャトー・マルゴー。

 「いい行いをした人だけが天国で飲むワインね。」

ソフィーの瞳には既にネイサンに対する恋心が芽生えています。
ポーランド生まれのソフィーは辛い収容所生活を経て、
命からがらニューヨークに辿り着き、極貧の生活に耐えながら、
それでも知への渇望から図書館に赴きネイサンと出会う訳です。

アラン・J・パクラ監督作品、映画「ソフィーの選択」のワン・シーンです。
結局、ソフィーが探していたのはエミリー・ディキンソンの詩集でした。

 「女性だったのね!」

語学学校で感銘を受けて図書館に本を探しに行ったまではいいのですが、
ポーランド訛りで上手く意思が伝わらなかったのです。
笑いながらグラスを傾けるソフィーとネイサン。
彼等の行く先に待つ壮絶な最期……哀しみのソフィーとネイサン、2人を見守るスティンゴ。
今世紀最大の女優、メリル・ストリープを一夜にして大女優にした傑作です。
通称「ピンク・ハウス」……女主人の旦那が「安いから」と、買い集めた、
大量のピンクのペンキで塗られたアパート。
そこに新入りとしてやって来たスティンゴ(作者スタイロンの分身)の
目を通して語られる、ソフィーとネイサン。「ソフィーの選択」。
新入りスティンゴを歓待するシーンで、ネイサンはソフィーを薔薇に例えます。
ソフィーはここでも拙い言葉を披露し、

 「ネイサンが薔薇に花開かせてくれた……。」と、言い間違えます。

ネイサンの愛を一身に受け薔薇のように美しく変身したソフィー……。

b0168859_2122835.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

エミリー・ディキンソン……。

1830年生まれのアメリカ人の詩人。
隠遁生活を送っていたエミリーの詩は、生前、たった7編の詩が発表されるだけでした。
未だに謎が多く残るアメリカを代表する詩人を研究していた、
黒柳徹子さんと薔薇界の人気者、僕が「弟」と、可愛がる大野耕生さん、
そして、僕が「お兄さん」と、敬愛してやまない佐藤 進さんが作ったのが1枚目の写真です。
そこここに、今回の「国際バラとガーデニングショウ」のポスターでおなじみの
HISAKOさまが撮られた「トットちゃん」が植栽に使われていました。
b0168859_21225742.jpg
b0168859_2123880.jpg
b0168859_21231917.jpg
b0168859_21233199.jpg
b0168859_21234248.jpg
b0168859_2124818.jpg
b0168859_21242427.jpg
b0168859_21243669.jpg
今回の、第12回「国際バラとガーデニングショウ」……。
今までのお気楽な、一入場者と違って、
今年は訳あってコマツガーデンのスタッフとして働く事になりました。
まともに写真を撮る時間はほぼゼロ!
でも、何枚か撮った中からお気に入りの写真を是非、ご覧になって下さい。
働いてみて思った事、感じた事などはまた日を改めて書いてみたいと思っています。

1枚目は、見た瞬間に冒頭の「ソフィーの選択」のワン・シーンを彷彿とさせた、
素晴らしい大野耕生さんと佐藤 進さんのコラボレーション。
ギリギリの命を生きたソフィー……そんなソフィーの目に映るディキンソンの庭。
少しフォーカスをかけて撮ってみました。
いつも大きな友情を貰っている小山内健さん。
「うそはち……」……じゃなくて(笑)「おさはち亭」の素晴らしいディスプレイから、
薔薇が「和」のテイストを持っている事を証明したカットを2枚。
毎回、豊潤なフランスを感じさせてくれるローラン・ボーニッシュさんのブースから2枚。
そして、見事なコンテスト参加者の皆さんの渾身の庭から数ショット。
b0168859_21251259.jpg
最後に、いたいた!
今回のメイン・キャラクターのピーター・ラビット!(笑)


18. 05. 2010


Benoit。


★Copyright © 2009~2010 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2010-05-18 00:00 | Under the Rose

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31