<   2015年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

b0168859_159301.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 「あれは3年前、止める、アナタ、駅に残しぃ……。」

車で出かけると、あけと景子姐が交替で運転手を勤めてくれます。
そう、ブノワ。さん、専属のお抱え運転手が2人いるの(笑)
大体2時間おきに運転を交代する2人。景子姐が運転の時は、
あけは後部座席で爆睡(笑)漏れなく往復でイビキの轟音が……。

 「ンがが……ごぉぉ、ンがが……ごぉぉ……。」

そんな時は聞こえない振りして2人で楽しく昭和歌謡を大合唱!(笑)

 「えぇ……アタシこんなの知らない!」

と、言いつつ、イントロが終わると間髪おかず絶妙なタイミングで歌いだす景子姐(笑)
悲しい昭和の女の性でしょうか(爆)景子姐との昭和歌謡合唱会は旅の楽しい一時です。
あけにイビキをかかれると煩いけれど、聞こえてこないと却って心配になっちゃいます……。

 「あれ……死んでる?」

不安になった頃、曲のフレーズの合間、合間に、まるで合いの手のように、

 「ンががっ!……。」

もう可笑しくて可笑しくて、景子姐と2人で大爆笑。
景子姐のハンドルを握る手が大きく震えるほど(笑)
先日はちあきなおみの大ヒット曲「喝采」……。
2番の歌い出しの歌詞が出てこなくて2人で唸っちゃいました(笑)




さて、前振りはこの辺で……。
10月の小春日和のある日、「花フェスタ記念公園」に行ってきました。
僕の「Remi Chang」が銀賞を受賞した表彰式に出席するためです。

チョッと所用があったので、前日は豊橋に一泊。
早朝に始発でやって来たカメラマンの福岡将之さんを駅で拾って、一路、可児市を目指します。
表彰式の前、「Garden Diary」の取材に金魚の糞のようにくっついて歩いた時に撮った写真。
それから暮れ泥む人気のない園内で撮った写真、少ないですけど御覧ください。

b0168859_15171676.jpg
b0168859_1517550.jpg
b0168859_15165251.jpg
b0168859_15162738.jpg
b0168859_1516133.jpg
b0168859_1516224.jpg
b0168859_15154024.jpg
b0168859_1515297.jpg
b0168859_15144369.jpg
b0168859_15142748.jpg
b0168859_15141630.jpg
b0168859_151455.jpg
b0168859_15135192.jpg
b0168859_1513399.jpg
b0168859_15132188.jpg
b0168859_1513974.jpg
b0168859_15124890.jpg
b0168859_15122153.jpg
b0168859_1512957.jpg
b0168859_15115449.jpg
b0168859_15114257.jpg
b0168859_15112946.jpg
b0168859_1511596.jpg
b0168859_15105482.jpg
b0168859_15104051.jpg
b0168859_15102695.jpg
b0168859_1595679.jpg

バタバタであまり撮れませんでした(苦笑)
赤とんぼ……不思議にカメラを向けてしまいます。
もうそんな季節なんですねぇ……。
ツルの「Julia's Rose」……我が家では3年育てて1輪も咲きませんでしたが(苦笑)
写真のように上から枝垂れて咲くのは美しいですね。
ただし、この薔薇は切り花として愛でるのが一番いいし、正しい方法だと思います。
「Julia's Rose」を初めて「Rose Gallery」で見た時の衝撃!
親指の先程の固く小さなオレンジ色の蕾が、やがてミルクティー色に花開き、
満開を過ぎてヒラヒラと最後を迎えるまでの移ろいは他の薔薇には見られない優雅さを感じます。
今、思えば、一時期、大流行した茶色の薔薇の火付け役的な薔薇でしたっけ……。

まるでご本人がそこに佇んでいるように上品な「マダム高木」。
この薔薇は本当に美しいです。そして、あの理想的でむせ返るような薔薇の匂い……。

イングリッシュローズの「Eglantyne」。
この薔薇を「マサコ」と呼ぶのは今だに憚られるような気がします。
皇族のお名前を呼び捨てにするのはチョッと……。

最後の2枚は僕の「Remi Chang」と木村さんの「Neusa/ニューサ」。
「Neusa/ニューサ」は本当に素晴らしい薔薇だと思います。
100年後に今の時代を思い返してみると、
もしかして薔薇のターニングポイントになる薔薇かも……。
何となくそんな予感がしてなりません。


次に「花フェスタ記念公園」に行けるのはいつになるでしょうか……。
今度は春の満開の時に遊びに行きたいなぁ……。


31. 10. 2015


Benoit。


★Copyright © 2009~2015 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2015-10-31 20:00 | Under the Rose | Comments(4)

Remi Changに会いに……。

b0168859_1944866.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

スッカリご無沙汰のこちらのブログ……。
皆さん、元気にしていらっしゃいましたか?
僕は相変わらずバタバタです……貧乏ヒマなしですかね(苦笑)
今日はチョッとご報告など……。


9月の上旬……年度末でバタバタしていた僕に嬉しい知らせが届きました。
な、な、な、何と!「花フェスタ記念公園」のコンテストで、
僕の「Remi Chang」が銀賞を獲ったのです!金賞なしの銀賞2席。
「バラの家」の木村卓功さんの「Neusa」と一緒です。
さらに嬉しいことに、香りの部門の最高得点を貰いました!

思えば数年前……木村さんの「大成功のバラ栽培」出版記念をお祝いするめに、
親しい友人と関係者の方に声を掛けて、ごくごく内輪でイタリアンのテーブルを囲みました。
その席でコンテストの話になり、木村さんから、

  「岩下さんの薔薇ならドストライクですよ!」

と、太鼓判を押されたのです。
薬剤を散布せず、夏には殆どの薔薇の葉が落ちるといわれているコンテスト……。
確かに、ほぼ水やりしかしないスパルタな栽培の中から選抜された僕の薔薇です。
へぇ……そんなものかねぇ。と、思いつつ、別世界のことに思いを馳せ、
誉められるとスグに樹に登っちゃって、決して降りてこない僕のこと(笑)
早速、エントリーの準備をしたのでした。その時は、

  「そう?だったら一緒にエントリーしてワン、ツー・フィニッシュしよう!」
 
などと、酔った勢いで適当なことを言いながら盛り上がったものです。
ワン、ツーじゃなくて、ツー、ツー・フィニッシュでしたけど、
木村さんは銅賞も獲ったんですよ!2冠です……凄い!

それから、これも随分前になりますが、
「花フェスタ記念公園」を久しぶりに訪れた2012年の秋。
帰りぎわに「花フェスタ記念公園」の浅野さんに声を掛けられたのです。

  「薬剤散布しないので、夏場は殆どの薔薇が丸裸になりますが、
   是非、参加してみてください……。」……と。

その時かな……自分の薔薇をコンテストに出すと言う可能性を見たのは。
そのエピソードを木村さんにお話しし、件の「ドストライク」の会話になったのです。

声を掛けてくださった浅野さん、
背中を押してくれた木村さんには本当に感謝しないといけません。
本当にありがとうございました。
10月29日には表彰式があります。
多分、日帰りのトンボ帰りですが、僕も出席する予定です。
お近くの方、皆さんに会えるといいなぁ……。


「Remi Chang」は僕の薔薇の中では地味な感じがしますが、
耐病性に優れ、花付きも良く、非常に素晴らしいガーデン・ローズだと思います。
鉢植えよりも地植えに向いているように思います。
広々としたところで栽培してくださると、こんもりブッシュ状になり見応えがでます。
そして何より「Remi chang」の素晴らしいところはその匂い!……僕はそう思います。


さて、この嬉しい知らせを持ってパリに行けます!
親しい仲間とパリ行きの話が出たのは去年の秋のこと。
久しぶりのパリ、気心知れた仲間とのパリ……楽しみは幾つもありますが、
何と言ってもメインの目的はレミに会うことです。レミには10年ぶりに会うのです。
心に本物のダイヤモンドを持つレミ……元気にしているでしょうか。


13. 10. 2015


Benoit。


★Copyright © 2009~2015 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2015-10-13 20:00 | Under the Rose | Comments(8)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31