<   2014年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Milady de Winter。

b0168859_13292547.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

関東一円、特に東京の薔薇は一段落しましたね。皆さん、如何お過ごしですか?
あとはランブラー系の薔薇を楽しみ、
それから北上して、桜前線ならぬ薔薇前線を追い掛けて、
まだこれから開花する地域の薔薇を楽しむ算段をしている頃でしょうか……。

さて、今年の「国際バラとガーデニングショウ」……あまり行けませんでした。
なかなかね、タイミングが合わなくてね……。
終わってみて、皆さんからは色々と質問のメールや電話を戴いています。
そう、ドームでお披露目になるハズだった僕の新しい薔薇。
秋から本格的に展開になる薔薇はどうしたのかって……。
初日にみどりさんとお話したんですが、
なんと、例の大雪で接いだ苗の大半がダメになってしまったそうなんです。
みどりさんも長い薔薇人生で初めてのことだったらしいです……。
大雪なんて遥か昔の記憶になっていたのにね(笑)こんなところに影響が出るなんて……。

b0168859_1330756.jpg
b0168859_13295324.jpg

さて、今日は新しい薔薇についてお話しましょう。
今日の写真は僕の今年の薔薇「Milady de Winter」です。
リシュリュー卿に仕えたフランス社交界の悪の華。
映画で言うと近年のものではなくて、40年前の「三銃士」と「四銃士」に出てくる、
フェイ・ダナウェイが演じたミラディー・ドゥ・ウィンターがイメージです。
辺りを払う圧倒的な容色とは裏腹に、その美しい仮面の下には、どす黒い悪の華が咲いている……。
確か映画では、薄いガラス製のナイフを持っていて(中が空洞になっている)、
その中に毒薬を仕込んでありましたね。刺してガラスが割れると毒薬が流れ出て……。
ハァ、考えただけでも恐ろしい(笑)
壮絶なほど美しく、姦智に長け血も涙もない冷血な悪女……。
僕ね、薔薇に聖女や可憐な女性の名前を付ける気は毛頭ないのね。
薔薇は悪女にこそ似付かわしい……。
「Marquise de Merteuil」もそうでした。フランス社交界に咲く悪の華一輪。
富士には月見草が(笑)美しい悪女には薔薇がよく似合う……僕はそう思います。
秋にはほんの少しだけ大苗が出るハズです。
交配親に「New Dawn」を使っていますから育て方は「New Dawn」に準じます。
淡いピンク・グレーの花弁に薄らピンクの糸ピコです。
開花時期は「Cardinal de Richelieu」と同じですから、
どうぞ、一緒に咲かせてみてください。
並べて写真を撮るのも薔薇栽培の楽しみでもあります。
b0168859_13283945.jpg
最後の写真は「Milady de Winter」のラベルに使われる写真です。


29. 05. 2014


Benoit。


★Copyright © 2009~2014 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2014-05-28 22:00 | Under the Rose

お人柄そのままに……。

b0168859_19312851.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

右に檀 れい、左に木暮実千代をはべらせて(笑)楽しい夕食と相成りました。
明日はまだ日も昇らぬうちに毎年恒例の黒田邸詣でです。
素晴らしい庭を夢中になって歩き、写真を撮っているとついつい時間を忘れ、
当然、体力も消耗します。栄養付けて万全の態勢にしておかないとね。
僕は新幹線で、檀 れいと木暮美千代は岐阜から車で、三々五々集まりました。
一夜干しの海の幸、新鮮な野菜や肉を炭火で炙ってくれるお気に入りの店です。
3人ともお酒が入り微酔い気分に……あぁ、美女2人が色っぽい、艶っぽい、婀娜っぽい(笑)

まだ薄暗い朝の4時30分にフロントに集合です。
檀 れい、木暮実千代、昨晩、遅くに車を飛ばしてやってきた新横綱あけの海、
そして先日、鬼の攪乱でぶっ倒れたハズなのに、しぶとく復活した極悪姐さん……。
そしておぐしを短くし、爽やか系に華麗なる変身をした僕の5人です。
あれこれあだ名を並べましたが、何ていうことはない、ただのお喋りな薔薇のマダムたち。
ただの喋るじゃが芋と思ってください(笑)男子1人が美女4人に囲まれて……。
全く嬉しくもないのはこれ如何に?(爆)

早朝のガラガラの道を一路、黒田邸へ……ピッタリお決まりの、定刻の5時に到着です。
常識人だったら考えられない時間の訪問です。しかも大人数で。
それなのに黒田さんも奥さまも嫌な顔一つせずに温かく歓待してくださいます。
奥さまは、「この日を心待ちにしていたんですよ……。」と、仰有いますが、
やっぱり、一年に一度、珍獣、奇獣が一堂に会するのが楽しみなのでしょう(爆)
いつもお言葉に甘えちゃって本当にゴメンなさいね。

はぁ……しかし、なんて言う光景。今年も圧巻です。
朝日が昇りはじめた庭園に息をするのを忘れるほど見入ってしまいます。
毎年〜少しずつ庭の様子が違います。確実に植物が育ち、庭の表情が変わっています。
高低差を付けたデザインは小径を歩くと色々な表情を見せてくれます。
マダムたちはお喋りに余念がないので、僕は撮影と洒落こみましょう。

壁面に誘引された雄大な薔薇、コーナー、コーナーに配置された薔薇。
その間、隙間に色々な楽しいオブジェが隠れています。
そんな小物を探すのも黒田邸の楽しみの一つです。
チョッとね、カメラの調子が悪いので程々に、怒濤とは行きませんがお楽しみください。
b0168859_19513696.jpg
b0168859_19511911.jpg
b0168859_195167.jpg
b0168859_19505185.jpg
b0168859_19503531.jpg
b0168859_19502254.jpg
b0168859_1950728.jpg
b0168859_19494655.jpg
b0168859_1949311.jpg
b0168859_19491857.jpg
b0168859_1949381.jpg
b0168859_19484780.jpg
b0168859_19483295.jpg
b0168859_19481759.jpg
b0168859_1948071.jpg
b0168859_19474557.jpg
b0168859_19472269.jpg
b0168859_1947982.jpg
b0168859_19465421.jpg
b0168859_19464093.jpg
b0168859_19462683.jpg
b0168859_19461123.jpg
b0168859_19455820.jpg
b0168859_19454429.jpg
b0168859_19452414.jpg
b0168859_19451277.jpg
b0168859_19445049.jpg
b0168859_19443339.jpg
b0168859_19441944.jpg
b0168859_1944794.jpg
b0168859_19434463.jpg
b0168859_19432877.jpg
b0168859_1943159.jpg
b0168859_1943196.jpg
b0168859_19424538.jpg
b0168859_19423279.jpg
b0168859_19421599.jpg
b0168859_1942154.jpg
b0168859_19414164.jpg
b0168859_19412510.jpg
b0168859_1941124.jpg
b0168859_1940514.jpg
b0168859_19403625.jpg
b0168859_19401990.jpg
b0168859_19394414.jpg
b0168859_19392494.jpg
b0168859_1939861.jpg
b0168859_19385044.jpg
b0168859_19383521.jpg
b0168859_19382158.jpg
b0168859_1938379.jpg
b0168859_19374941.jpg
b0168859_19373612.jpg
b0168859_1937227.jpg
b0168859_193756.jpg
b0168859_19365233.jpg
b0168859_19363673.jpg
b0168859_19361169.jpg
b0168859_193556100.jpg
b0168859_19353972.jpg
b0168859_19352015.jpg
b0168859_1935119.jpg
b0168859_1934479.jpg
b0168859_19342579.jpg
b0168859_19341250.jpg
b0168859_1933542.jpg
b0168859_19333835.jpg
b0168859_1933253.jpg
b0168859_193385.jpg
b0168859_19325394.jpg
b0168859_19323625.jpg
如何でしたか?庭園内をクルクルクルクル……。
可憐なミツバチに変身したブノワ。さんが飛び回っている様子が手に取るようでしょう?(笑)

さてさて、ここ数年、親しくさせて戴き、迷惑も顧みず、
早朝からお邪魔させて貰っていますが、 チョッと気になることもあります。
黒田さん、とても気遣いのいい、優しい方だから、
お付き合いで僕の薔薇を育ててくれています。
しかも腕がいいと来ています。所謂、グリーンフィンガーね。
漆黒のブラックホールなあけや、チョッと黒っぽいグリーンの僕とは違います(笑)
株が見事に育つでしょう?しかもお高い見事なテラコッタに入れてくださっている……。
僕が遊びに行くのでわざわざガーデン・テーブルのところに置いてくださる訳。
何だか申し訳なく思っちゃうのね。大きくなれば場所も取るし、
他に育てたい薔薇もあるでしょうに……このまま僕が薔薇を出し続けると、
ついには黒田邸は僕の薔薇だけの庭園になっちゃうかも……(笑)

b0168859_19284315.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

今日の写真は時系列に並べてあります。
朝日で黄金色に染まる壁面からご覧戴きました。
チョッとカメラの調子が悪い、怒濤じゃないと言いつつ、
やっぱり怒濤の75枚、巻き紙式アップでした(笑)スライドショウ作った方がいいですね。
全然足りない、もっと見たいという方はこちらから。怒濤の140枚です(笑)

最後の一枚は黒田さんの肖像。超美麗ポートレートです。
どうでしょう、黒田さん、気に入ってくれるでしょうか。
写真を掲載する条件が一つだけありました……見事にクリアしていると思うのだけど……。
この温かな笑顔、破顔一笑、屈託のないナチュラルで素敵なお顔……。
庭は心の様相です。黒田さんの庭はこの素晴らしい笑顔そのままの庭!


25. 05. 2014


Benoit。


★Copyright © 2009~2014 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2014-05-25 22:00 | Raindrops on Roses
b0168859_17425710.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

薔薇、たけなわです……そろそろピークを過ぎたところもあります。
街を歩いていると焦りますね……結構、咲いてる!
大雪の影響を心配された割りには、好天に恵まれ、
例年より少し早い薔薇の開花……ウチはチョッと遅いくらいなんですが。
毎年のことだけど、スケジュール帳と睨めっこしながら薔薇の見学の予定を立てます。
見に行くところは決まっているけど、問題はその時期です。
早く行き過ぎちゃって花が全く咲いていないのも悲しいけど、
ピークを過ぎているのも何となくドンヨリしちゃいます。
遠いところはそう何度も足を運べる訳じゃないし……情報収集して一発勝負(笑)

さて、我が家から比較的軽いフットワークで遊びに行ける、
「The Treasure Garden Tatebayashi」に行ってきました。
薔薇の開花はまだまだだけど、チョッと見たいものもあったし……。
関東で一番暑いと言われている館林のお隣り、
茂林寺駅に程近いところにある「The Treasure Garden Tatebayashi」。
意外と開花は遅目かもしれません。白のモッコウバラが満開でした。
b0168859_17474021.jpg
b0168859_1746430.jpg
b0168859_17475780.jpg
b0168859_17493154.jpg
そしてこの日のお目当てはこれ……壮大な「Lijiang Road Climber」です。
凄いですね、ギンドロの樹に這い上がり、絡まり、枝垂れ……。
枝の先端を下に誘引するやり方で、まるで夏の夜の大玉の花火みたいです。
来園の皆さんも口々に感嘆の声を上げています。
b0168859_17444168.jpg
b0168859_17442977.jpg
b0168859_17441138.jpg
b0168859_17435699.jpg
b0168859_17433796.jpg
他に終わりに近づいたネモフィラ、藤の花……何れも枯れかけた風情に魅力を感じます。
「The Treasure Garden Tatebayashi」は一年を通していつの季節に行っても魅力的です。
皆さん、群馬、群馬と言うけれど、飛翔する鶴の姿に例えられる群馬県の、
そのスルリと伸びた頭の部分に位置する「The Treasure Garden Tatebayashi」。
浅草からスグだし、半蔵門線に乗れば神奈川からも比較的簡単に遊びに行けます。
これから下旬に向けて薔薇の最盛期を迎えます。
どうぞ皆さんも遊びに行ってみてくださいね。


20. 05. 2014


Benoit。


★Copyright © 2009~2014 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2014-05-19 19:57 | Raindrops on Roses

薔薇シーズン開幕です。

b0168859_23194511.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

連休が明けて穏やかな日々が続きます。
やってきました薔薇シーズン……昨日の風と今日の雷雨は余計でしたが(苦笑)
皆さんのお宅は被害大丈夫でしたか?風は本当にイヤなものです。

さて、本格的な薔薇のシーズンを告げるように、
今年も明日から「国際バラとガーデニングショウ」が開催されます。
今年はどんな風景が見られるでしょうね……今から楽しみでなりません。
今回、僕は3回くらいかな……足を運ぶつもりですが、
今年は時間の関係や、友人や大事なお客さまを案内する都合上、
コマツガーデンのお手伝いはできないのです。
まぁ、大して助っ人としても頼りないのでいいのかなぁ……と。
各日、何れも午後過ぎからの訪問になりますので、
怪しげで派手派手しい出で立ちの謎の男を見たら声を掛けてくださいね(笑)
目印?そうね……赤いトートバッグかな。
今日の写真は一足早く咲いた我が家の「Remi Chang」。
地味な薔薇ですけど、徐々に人気が出てきているようです。

今のところ、ドームに行くのは明日の初日10日、13日、15日……です。
ではでは、会場でお目にかかりましょう!


09. 05. 2014


Benoit。


★Copyright © 2009~2014 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2014-05-09 23:22 | Under the Rose

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31