<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

b0168859_16322147.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

先日のこと。仕事の打ち合せで郊外の小さな街を訪れました。
春ですねぇ……桜はスッカリ終わっちゃいましたが、
素晴らしい匂いの八重桜が満開です。道明寺が樹からぶら下がっているみたい(笑)
誰が植えたか立派な街路樹と化した枇杷に小指の先程の実がビッシリ付いています。
花水木も満開!あれはいいですね、清々しくて。
濃いピンクの万作も臙脂の葉と対照的で綺麗だし……。
驚いたのは、モッコウバラが5分咲のお宅があったのね、
黄色いモッコウバラ。僕、モッコウバラは白が好きだけど、
黄色のモッコウバラを見て一目惚れ、苗を買う人の気持ちは良く分かります。
あの色は独特ですものね……「Lady Hilingdon」と一緒で他にはない色。
いよいよですね、薔薇のシーズン。今年はここまで順調!
チャイナ系など早い品種は咲き始めていますもんね。


さて、このブログも既に6年目に入っています。
バタバタしていてご挨拶が遅れちゃいました。
僕が忙しいことを知っていて、心配してメールをくださる方も……。
もう一つの「匂いのいい花束。」に比べると更新の頻度は低いですが、
テーマを薔薇だけに限定したブログの形式には満足しています。
内容はねぇ……僕だけにしか書けない薔薇についてのあれこれ……。
と、思うんですが、なかなかどうして。
意気込みと内容と大きくかけ離れている感もあります。

僕にとって薔薇は生活の中のごくごく一部です。
薔薇が全てではないし、もっと大切なことが一杯ありますから。
薔薇の優先順位はかなり低いです……えっ?意外ですか?
でもそうなんです。薔薇で生計立てている訳じゃないし……。
先ず、何より大事なのは仕事ね。次に猫が来ます。
猫は僕に依存しているから。その次が……。
勿論、春先はシーズンですから薔薇中心の生活になりますが、
他の季節はサッパリ(笑)家の薔薇も全く手入れしなくて、
ギリギリの水しかあげなくなっちゃう。肥料?気が向けばね(笑)
自分ではそれがいいと思っているんですよ。薔薇中心、薔薇一辺倒じゃないところがね。
他の全てのことがバランス良く均衡が取れていることが重要。
何事もバランスが大事でしょう?そう思いませんか?


今日の1枚目の写真は僕のオリジナルの薔薇です。
面白いことに、この薔薇は「Bella Donna」と同じ実から採れた種から発芽しました。
全く違う薔薇が同じ実から採れる……大自然の神秘です。
だから交配はやめられないと思ったものです。
2品種並べてみるとその違いが良く分かりますね。

b0168859_1632349.jpg

薔薇のデビューと同時にはじめたこのブログも6年目に入ります。
新しい試みも大事ですけど、今年も気張らずやって行きたいかな。
今年は僕の新しい薔薇も出ますし、気持ちを切り替えて頑張らねば(笑)
どうぞこれからも宜しくお願いします!


19. 04. 2014


Benoit。


★Copyright © 2009~2014 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2014-04-18 00:00 | Under the Rose
b0168859_18294019.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

車窓からの眺めは格別でした。
4月上旬、春の嵐に耐えた一番美しい桜を眺めながら、
浅草から特急に乗って「バラの家」に行ってきました。
桜は満開を過ぎ、少し散りはじめた頃が一番美しいです。
花弁が風に舞った分、臙脂色の萼が見えて、より艶っぽく見えるから。
お座敷に出始めたばかりの芸妓じゃなくて、
芸に色恋に身をやつした、むせるような色香の年増の芸者の魅力ね(笑)
若さの美しさは誰にでも平等にあるけるど、
年輪を重ねた本当の美しさを持つ人は稀だから。


この日は嵐の後の快晴……空は所謂「シスレー・ブルー」。
アルフレッド・シスレーが描く独特のブルーです。勿論、雲一つない晴天ではいけません。
シスレーの描く空には心地いい雲が浮かんでいなければ……。

さて、この日の「バラの家」訪問の目的は、交配に使う薔薇の苗を仕入れるためでした。
ブノワ。さん、やっぱり黒薔薇を作りたいのね。長年の夢だから。
黒薔薇、黒水仙、黒百合、黒ビオラ、黒チューリップ……。
♪ 黒ぉい花びらぁ……不思議です。黒い花は人を惹きつけてやみません。
現在、所謂、黒薔薇と言うと、深みのある赤薔薇を指して言うことが多いです。
僕は赤みの少ない黒、青黒い薔薇、紫がかった黒薔薇をつくりたいな……。
黒薔薇を作るにはそれなりに苗を揃えなければいけません。白やピンクや黄色は使えないからね。
ご存じのように「バラの家」には可成珍しい品種が揃っています。
世界一の品種数が揃う園芸店を目指しているとしか思えない、
木村拓功さんの根性の入ったラインナップが揃っています(笑)

一人でこっそり行こうと思っていたのに、
どこからか僕の「バラの家」行きを嗅ぎつけたヒマな主婦3人が、
金魚の糞よろしくくっついて来ました(笑)
既に文豪の風格があるA(爆)Aに負けず劣らず食べること大好き、花より団子系なR、
木村さんが僕と話したくても我慢して忙しくしているのに(?)
全く空気読めず、汗して働いている木村さんをとっ捕まえて、
「この薔薇ってどういう?」「在庫はあるかしら?」……。
自分のことだけしか頭にない、超スーパー我儘なM(笑)

人呼んで「ヒマな主婦三銃士」(笑)
七面倒くさ……ま、いっか。僕、ヒマな主婦救済委員会の委員長ですから(爆)


この日、僕が買ったのは、随分前に取り扱いがなくなり、
今は市場になかなか出回らない某黒薔薇(笑) 以前にも交配に使ったことがあります。
現在、黒薔薇の最高峰は、勿論、越後丘陵公園の「香りのばらコンテスト」で、
3冠を獲った河合伸志さんの「真夜」だと思うのだけど、素晴らしい黒薔薇を作って、
敢えて河合さんに挑戦状を叩きつけるのです!あはは!(笑)

この日のもう一つの目的は、「バラの家」に併設されているカフェ「糀まつり・はなまつり」のランチ。
季節の野菜ランチを頼んでみました。どれも素材を大事にしたオリジナリティ溢れる一皿。

メニューは…………。

 先 柑橘と独活のマリネ
 菜 甘酒きゃらぶき
 炒 春トマトとアスパラガスの炒め物
 鉢 春野菜と手作り沢庵のグリル
 揚 しんじゃがと和布の天麩羅
 香 新玉葱の桜ピクルス
 飯 古代米と芥子菜の土鍋炊きご飯
 汁 熟成味噌汁(22ヶ月)
 甘 フルーツ甘酒

こちらのブログでは珍しく料理の写真を御覧くださいね。
b0168859_18303043.jpg

b0168859_18305024.jpg
b0168859_18311499.jpg
b0168859_1831442.jpg
b0168859_1832439.jpg
b0168859_18322447.jpg

薔薇の苗を買いに行ってよし。疲れたらお茶をするのもよし。
ランチを中心にした予定を立てるのもよし……。
入り口に新たに阿部容子さんによるボーダーが作られましたし、
温室の入口に木村さんの「Mon Cœur」が実際にツルで仕立てられていて、
参考にしながら栽培のあれこれを思案しに行くもよし。
「バラの家」の愉しみ方がまた1つ増えました。


09. 04. 2014


Benoit。


★Copyright © 2009~2014 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2014-04-09 22:00 | Raindrops on Roses

春ですね!

b0168859_1742141.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

春です……随分と暖かになりました。
ついこの間まで「寒い、寒い!」……肩を丸めて連呼していたのに(笑)
水、温み、虫が這い出し、空気も湿気を帯びてきました……ハァ、何だか幸せ。

さて、3月末までの年度末……消費税アップの余波もある?
異常な忙しさで記憶喪失状態(笑)2日前のことは全く覚えていません。
整体でマッサージしながら騙し騙し仕事していましたが、
日に日に身体が重くなり、朝、起きられなくなってきます。
暖かくなって薔薇の水遣りも頻繁になってきてやること山積!
しかも、この忙しい時期にパソコンが使えなくなり、イライラもマックス(苦笑)
改めて、パソコンに頼り切った生活、デジタル一辺倒な日常への警告、警鐘でしょうか。
そろそろ総ての身辺整理、身軽にすることも考えないといけないかもしれません。

しかし一年が経つのは早い!(苦笑) 新年が明け、アッと言う間の4月……。
実は3月より4月の方が忙しかったりするのですが、
5月の連休が始まれば怒濤の薔薇シーズンの始まりです。
ハッと気が付けば暑苦しい夏に突入で「暑い、暑い!」ブーブー言っている内に9月の繁忙期。
11月にホッと一息付いたらまたまた怒濤の師走に突入です……。

光陰矢のごとし……ある年代になると一年が経つのが早くなると言いますが、
最近は全く余裕のない生活です。贅沢は言っちゃいけないのでしょうが、
少し仕事をセーブしたいです……半分くらい?半分と迄は言わないけれど、
せめて、どうしても僕に……そう言ってくださるお客さんだけに最高のサービスを……。
でも、それだと今と全く変わらないか(苦笑)
何れにせよ、自分から意識して変わろうとしないといけませんね。
人は簡単に楽な方に流される生き物、特に僕はそうだから(笑)
人生、そろそろ半分です。残りの半分を今のままの身体、気力でいられないですから……。
色々な身辺整理?持ち物の整理を含めて、少し生活をタイトに?
最期の最期に「0」になるように上手に持って行かなければ……。


今日の写真は僕の家の桜、今年のチェリー・ブロッサムです。
前にもお話しましたが、ある冬の日、大きなオリーブのテラコッタに発見した、
割り箸くらいの葉が落ちた1本の幹。 生意気にも桜の木肌をしたそれは、
おそらく小鳥の落とし物から発芽したもの。 自然界の不思議、
桜の生命力に魅せられて、鉢上げして引っ越しの時に今の家に連れてきました。
樹が育つまで何年も何年も花咲きませんでしたが、
一昨年、やっと1輪。去年は5輪……今年は、な、な、な、何と62輪も咲きました!
そうですよ、数えました(笑)だって嬉しいものね。
桜って薔薇科なのね……改めて一重の可憐な花を見ると、
古のオールドローズに思いを馳せます。 日本人の薔薇好きって遡ればルーツは桜ですね。
纏足栽培の桜……今年は大きな鉢に植え替えてあげようかな?


04. 04. 2014


Benoit。


★Copyright © 2009~2014 souslarose, All Rights Reserved.68859_7433417.jpg|201404/03/59/|mid|1279|851#]
[PR]
by souslarose | 2014-04-04 00:00 | Raindrops on Roses

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30