<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

b0168859_20144228.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

随分と久し振りに薔薇の販売店に行ってみました。
今年の薔薇の交配にどうしても欲しい品種があったから。
この店に来るのは何年ぶり?スグには思い出せないくらいの年月が流れています。

まだ新芽も本格的に動きだしていない2月の曇りの日……。
薔薇の売場には、僕の他に人っこ一人いません。
葉が全て落ち、剪定された薔薇の苗は美しいです。
通い慣れた店です、大体の薔薇の置場は分かっているハズ……だったのですが。
どうやら様子がおかしい……暫らくはその訳が分かりませんでしたが……。
そう、少し来ない間に「薔薇の地図」がガラリと様変わりしていたのです。
最後に訪れていた頃、売場の半分を占めていたのが、
当時大人気のイングリッシュローズでした。
残りの半分をデルバールなどのフレンチローズとオールドローズが占め、
その隙間を縫うようにハイブリッド・ティーや、
フロリバンダのモダン・ローズが置かれていた……。
ところが、この前行った時は、イングリッシュローズの割合がグッと下がり、
フレンチローズや木村さんの薔薇に代表される、近年の日本の作出家たちの薔薇が占め、
な、な、な、何と、オールドローズはごくごく少量、
売れ筋の品種だけしか置かれていませんでした。

オールドローズが売れていないことは随分前から聞いてはいました。
しかしこれ程とは……なぜ?なぜ売れない? あれほど素晴らしいのに……。
帰り道、そのことばかりを考えてしまいました。
やはり一番大きな原因は初夏に一度しか開花しない品種が多いことでしょう。
薔薇ファンは貪欲です。年に何回かの花を望みます。
一年に一回ではいけない?本当にそう? 貧相な2番花、3番花でもいいの?
年に一度しか花開かない薔薇の方が美しい花咲かせるような気がするのは僕だけ?
たった一度の開花に全生命力をかけて吹き出すように咲く薔薇……。
たとえ天候不順がたたったりして、その年に1輪も咲かなかったとしても、
そのガッカリ感を補って余りある感動を貰える美しい薔薇たち……。

b0168859_2016594.jpg

写真家の今井秀治さんが仰言いました。

 「一度しか咲かなくて何が悪い!」

オールドローズの真の魅力を知り尽くした今井さんならではのお言葉。
その語尾にチョッと憤りと寂しさを感じたのは、
僕と同じことを敏感に感じているからではないでしょうか。

このままではオールドローズはダメになってしまう……。
そう考えている人も多いと思います。
僕たちは今、オールドローズとモダンローズ、そして日本人の作出家の薔薇を一度に楽しめ、
ほぼ全ての薔薇の苗を家に居乍らにして購入することができる幸せな時代に生きています。
こんな薔薇冥利に尽きる国は日本以外のどこにもありません。
だからこそ、やらなくてはいけないこともあるのではないでしょうか……。
オールドローズを育て守る……大きな薔薇園にだけ任せていていいの?
手元で慈しみ育て、次の世代に伝えるのは僕たちの使命ではありませんか?
薔薇は生きものです。標本や種で保存することは出来ません。
一度、絶滅した薔薇は同じ交配親を使っても二度と同じ薔薇を作り出すことは出来ないのです。
あなたが育てているその薔薇がこの世界で最後の一本かもしれないのです。
何百年も続いてきたオールドローズの系譜、百花繚乱の今の薔薇の時代だからこそ、
心して守って行かなければならないのではないでしょうか。

新しい薔薇を作って販売している僕がこんなことを言うのも可笑しいですが、
僕の薔薇を1本買うならオールドローズを買いましょう!
細く連綿と続いたオールドローズの美しい系譜、火を消してはいけません。

今日の写真、1枚目は数年前に花鳥渓谷で撮った「Cardinal de Richelieu」。
2枚目は引っ越しして来る前のマンションのバルコニーで撮った、
「Complicata」とダメになった「Eclair」の台木からでて来たノイバラです。


20. 03. 2014


Benoit。


★Copyright © 2009~2014 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2014-03-20 00:00 | Raindrops on Roses | Comments(37)
b0168859_883424.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

本格的な春を思わせる3月の初め。
季節外れの横浜イングリッシュガーデンに行ってきました。
カメラ持って行ったって花ないじゃない?って、そこのアナタ!
薔薇が好きなんでしょう?宿根草が好きなんでしょう?
今、行けば春から秋に素晴らしい景観を見せる庭園の秘密が見られるじゃないですか!
剪定が済んだ薔薇の美しい姿が見られるじゃないですか。
芸術的な誘引のテクニックが盗めるじゃないですか。
冬の今こそ庭作りのヒント満載、プロの実践テクニック満載、
アイデアが沢山詰まった庭園を見るチャンスなのです。

さて、横浜でZさんと待ち合わせ。送迎バスで一路横浜イングリッシュガーデンへ。
送迎バスを降りると、丁度、河合さんが外に出ていらして、
薔薇の剪定を始めるところでした。チョッと見せて貰いましたが、
早いですねぇ……迷うということがないのね。
チョキチョキチョキチョキ……リズミカルに剪定された薔薇、
はアッと言う間に形良く整えられていきます。
もうビックリ(笑)僕も早い方だけど、河合さんには脱帽です。
園内を少し撮影して来ました。御覧になってくださいね。

b0168859_8105882.jpg
b0168859_811498.jpg
b0168859_810329.jpg
b0168859_8111363.jpg
b0168859_811490.jpg
b0168859_8102088.jpg
b0168859_895969.jpg
b0168859_893156.jpg
b0168859_89526.jpg
b0168859_892211.jpg
b0168859_891869.jpg
b0168859_89794.jpg
b0168859_893799.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

横浜イングリッシュガーデンのもう一つの楽しみは、
可成り変わった、珍しい薔薇の品種が見られることです。
カタログや図鑑でしか見たことのない薔薇が沢山、植えられています。
いつだったか河合さんが、

 「変な色の薔薇があったらそれは僕の薔薇です。」

と、仰言っていましたが、これはいい意味でですけど、
河合さんの変わった趣味が(笑)バラエティに富んだ庭園を作り出しているように思います。
美しい庭園であると共に、薔薇の見本市みたいな感じでもある庭園。
普通の薔薇園ってどこに行っても決まった品種しか見られないじゃないですか。
河合さんって色々な種類の薔薇を実際に自分で育ててみたいのね、きっとそう。
チョッと実物を見てみたい薔薇もあります。今年は足繁く通おうかな?
それから驚くのは、この色のない冬の時期にも庭園が美しい色彩で溢れていること。
葉が落ちて丸裸になった樹々の幹が黄色や赤に染まっています。
花や葉のことだけではなく、植物全体に対する河合さんの知識全開。
冬枯れのこの時期にも華やかに見えるような計算が随所に散りばめられています。
どうぞ、是非、この時期にも足を伸ばしてみて下さい。
庭のヒントが満載、目からウロコが落ちることも沢山あります。
植栽も充実してきて、さらにパワーアップした、
横浜イングリッシュガーデンの春が待ち遠しいです。


02. 03. 2014


Benoit。


★Copyright © 2009~2014 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2014-03-02 00:00 | Raindrops on Roses | Comments(10)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31