<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

薔薇もまた地獄。

b0168859_8571688.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

随分前になりますが、もう一つのブログ「匂いのいい花束。ANNEXE。」の方に、
ある映画会社に就職が内定していて、形だけの社長面接をする段になって、
やっぱり映画は一映画ファンで、業界に入らず外から気軽に楽しみたい……。
ギリギリで面接をお断わりした経験があります……と書いたことがあります。
新卒の夢見心地で青臭いエピソード……でも全く後悔はしていません。

映画の配給会社に入っていたら一体どんな人生だったでしょうね。
色々な部所があるでしょうから、売りにくい作品の宣伝に腐心しているかもしれないし、
カンヌ、ヴェネチア、モントリオール……世界格国の映画祭を駆けずり回り、
作品を買い付けしているかもしれません。

好きなことは趣味で止めておいた方がいい……その時の判断でした。
反対に好きな世界に飛び込んで、思い切り力を発揮していたら……。
それもまた素晴らしい人生、上手く行けばこれほど素敵なこともないのかもしれません。
よく思うんですが、子供の頃の夢を実現させ、
プロ野球の選手やサッカー選手に本当になってしまい大活躍する人……。
夢のような人生だろうけど、だからこそ人一倍の努力と犠牲が必要になるかもしれません。


趣味で始めた薔薇の交配が実を結んで、
皆さんの手元で可愛がって貰えるようになりました。
周りの皆さんに助けられ、親切にされてようやくのことです。
大好きな薔薇の歴史の末席を少しだけど汚すことが出来ました。

何も取り柄のない一人の人間の人生のハイライト、最も輝いた一瞬かもしれません。
ただ、薔薇をやっていていいことばかりある訳じゃありません。
なかなかどうして、イヤなことも沢山あります(笑)
薔薇なんかやめちゃえば良かった……なぁ〜んて思うこともしばしばね。
好きな薔薇を育てて写真を撮って好き勝手言って……。
その方がどれだけ気軽で楽だったかしれません。

そんなこんな、チョッと自棄になったり投げ遣りになった時、
この度の嬉しいお知らせだったり、年賀状に添えられた何気ない一言だったり、
僕の薔薇を影になり日向になり応援してくださっている方々の優しい気持ちだったり、
僕の薔薇を育ててくださっている方々の感想だったりが、
再び薔薇に対する気持ちを奮い立たせ、愛情を呼び覚ませてくれたりします。


ある薔薇の専門家Mさんの今年の年賀状に添えてあった、

 「個人の育種は大変だと思いますが頑張ってください!」……。

この一言がどれだけ身に染みたことか。
薔薇の世界に身を置いている方だけが分かる大変さを知ってらっしゃるからこその言葉。
心が折れそうになった時に薔薇の大先輩Aさまから送られて来た小冊子……。
それから無農薬で薔薇栽培を楽しんでいらっしゃる方の著書で、
自分の薔薇が紹介されているのを見た時の驚きと感激……。
そして言葉には出来ない感謝の気持ち……本当にありがたいです。

花は綺麗だけど花屋に勤めるのは大変です。
冬の冷たい水、それぞれの花に対する知識……。
好きという気持ちだけでは勤まらないですよね。

薔薇もまた然り。何事もそれをなりわいとすると厳しさが一段と増します。
憧れの世界も、その中に身を置くと綺麗事では済まない部分が沢山出てくる……。
適当に距離を置き、客観的に外から見る目を失わず……その辺の兼ね合い、
さじ加減が難しいのかもしれません……。


17. 02. 2014


Benoit。


★Copyright © 2009~2014 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2014-02-17 00:00 | Raindrops on Roses | Comments(19)
b0168859_12161053.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 ♪Um diddle diddle diddle, um diddle ay!
  Um diddle diddle diddle, um diddle ay!
  Um diddle diddle diddle, um diddle ay!
  Um diddle diddle diddle, um diddle ay!

  Supercalifragilisticexpialidocious!
  Even though the sound of it is something quite atrocious.
  If you say it loud enough,
  you'll always sound precocious.
  Supercalifragilisticexpialidocious!

何年振り?東京に大雪が降りました。
毎年〜お決まりのように雪は降るけれど、今回のは凄かった(笑)
凄かったなどと書くと、ターシャさんをはじめ、北海道の皆さんに笑われるけど、
物凄く弱いのです、首都圏の鉄道をはじめ、諸々のライフライン。
僕は仕事でしたが、近くを走る電車の音を聞きながら、

 「まだ大丈夫、まだ大丈夫……まだ電車動いてる。」

呪文のように独り言を言いながらさっさと仕事を片付け、
這々の体で帰宅しました。下手をすると帰れませんから。
そのまま玄関に荷物を置き、夕飯の買い出しとクリーニングの引き取り。
みるみる内に積もる雪。湿っぽくない粉雪?風が吹くと積もった雪が舞います。
それはそれで美しい光景だけれど、明日のこと、
雪解けのベジャベジャを考えると頭が痛かったです。

今朝、早起きしてみると(フィギュアスケート観戦で殆ど寝ていない……。)
雪はとっくに降り止み、早くも溶け出した水滴が屋根などから滴り落ちています。
それにしても物凄い積雪量……ターシャさん、笑わないで!(笑)
我家の周りはね、結構、老人が多いのです……。
当然、必然的に雪掻きは僕の役回りになっています。
いえいえ、いることはいるんですよ。図体のデカイ男とかね。
でもね、皆、知らんぷりなの。誰かがやってくれると思っているんでしょうね。
犬猿の仲の病院の院長は、脇目も触れずに犬の散歩!
おいおい、街は犬のトイレじゃないよ!言ってやりたいくらいです。
犬の散歩の前に道路の雪掻きしましょうよ!(苦笑)

雪掻きって言ったってねぇ……チョッと驚くのは、
周りのお宅では皆さん持っているんですよ、雪掻き用のシャベル……。
そんなもの、出番は数年に一度くらいなのに、
まぁ、何とも用意のいいこと!それに引き換え、我家には何も用意が無い。
考えた挙げ句、今では使わなくなったペット用のトイレシート敷きの、
プラスチックの台で代用しました。

何枚も何枚も着込んで暖かくして……。
その時、フと頭を過る「メリー・ポピンズ」の歌……。

 「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス!」

それがいつしか替え歌になり、

 「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリ豪雪!」

何とも軽快に、気分良く作業する事が出来ました(笑)
何故でしょうね……「メリー・ポピンズ」はそれ程好きな映画じゃないのにね。

気温が上がって来ました。アッと言う間に溶け出した雪……。
心配したオリジナルの薔薇の苗床の雪もアッと言う間に消え、
(大丈夫、雪でダメになるような柔な薔薇の双葉じゃない!)
これで暫くは水遣りしなくてもいいのかなぁ……と言う目論見も夢と消え、
スグそこまで来ている春のあれこれに心もそぞろになるのでした。

b0168859_12174926.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

今日の写真2枚は、雪掻きの後に撮影した撮れたてのホヤホヤ。
先日の切り花「ラ・ジョコンダ」のドライをモチーフにあれこれ撮ってみました。
如何ですか?役目を終えてもなお美しい薔薇と、
冬の終わり、春の到来を知らせる雪のコラボレーション。
こうして所謂「ブツ撮り」していると楽しいし、
写真の腕が上がるような気がするのです。

早く暖かくなりますように!
素晴らしい薔薇や草花に出逢えますように!


09. 02. 2014


Benoit。


★Copyright © 2009~2014 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2014-02-09 00:00 | Raindrops on Roses | Comments(19)
b0168859_16124218.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 「パチパチパチパチパチパチ……。」

非常にリズミカルな剪定鋏の音が近所に響きます。
殆ど休むことなくこの音が……まるでカリスマ美容師が髪の毛をカットしているかのよう。

チョッと予定表を見てみたら、何と、その日しか丸々の休みがないので、
映画を止めて頑張って薔薇の選定と誘引の作業を済ませてしまいました。
腰を上げるまでは時間が掛かるんですけどね(笑)始めると早いの。
アッと言う間にツル薔薇の剪定が終わっちゃいました。
勿論、ツルを解き直してから誘引……僕がそんな面倒臭いことする訳がありません(笑)
僕の性格を知っている人は首が取れるくらい大きく頷いているハズ(爆)
絡んだものは絡んだまま、新しく伸びた枝はさらに絡めて……。
紐で結ぶって言ったって枝と枝を所々チョッと留めるだけ。
何ともいい加減で簡単な誘引ですけど(笑)

作業中はきっと物凄くいい顔をしていたハズです(笑)
普段、絶対に見せない男前な顔……のハズ。
何かに夢中になっているときって本当にいい顔になりますもんね。

何時だったかなぁ……。
最後に勤めていた会社の同僚で、可愛がっていた女の子を連れて、
駒場バラ園に行った時のこと。僕が必死に苗を選んでいると、
その女の子が一言……。
 
 「仕事中には絶対に見せない真剣ないい顔していました。」

……って(苦笑)一言、余計ですね(笑)

さて、剪定と誘引は終わりましたが、問題は2つね。
先ず1つ目、
こちらも強剪定は止めたおクレマチス……これ困ったの。
だって、グルグルに薔薇に絡んでいるじゃないですか。
そのグルグルを一気に下から切れるからビチセラ系がいいんですもんね。
でもね、性分なのでしょうがないです。
枯れて見える伸びた枝を手折ってみると、表皮だけパリパリで中は緑じゃないですか。
さらに良く見ると葉の脇から新芽が物凄い勢いで出ている!もうプックリ!
これを見ちゃうとねぇ……切れなくなっちゃうのね。
ある程度丁寧に解き、薔薇の枯れた枝に絡んだものは、
その薔薇の枯れた枝を、その場所でそのままの状態で細かくカット。
おクレマチスの枝だけを残すように薔薇の枯れた枝を取り除きました。
そして優雅に夢を見るようにおクレマチスの枝を誘引……。

それから2つ目。
枯れ枝や剪定で出た枝は燃えるゴミでいいとして、
ハタと困るのが枯れた株に根っこごとくっ付いている土ね!
清掃局は持って行ってくれないしね。重いし捨て場所ないし……。
僕の友人のマダム(名前は決して言えません!)は、
夜陰に紛れて車で山に不法投棄しに行くんだけど(笑)
この変にはそんな山も無いし車も免許すら持っていない(爆)
以前、マンションに住んでいた時に清掃局に電話したのね。

 「冬の作業で出たゴミが45リットルの袋で大量に出る予定なんだけど、
  粗大ゴミで取りに来てくれますか?」って。

そうしたら、土が入っていると引き取れません……って。
あぁでもない、こぅでもない、押し問答の末、僕が決定的な一言、

 「だったら近くの公園や河原に……。」

僕が言い終わるか終わらないかの内に、

 「それだけはダメです!
  仕方ないです、葉や枝と土を上手くブレンドして出して下さい。」

って。初めからそう言えばいいのに!(笑)
それ以降はこの方法でゴミ処理しています。
皆さんは植え替えで出た土の処理、どうしていますか?
特にマンションにお住まいの方……。

はぁ……春にはどんな素晴らしい光景になることやら……。
この妄想と勘違いが何とも楽しい今頃の作業でした。


写真は去年、花屋で買った小輪の薔薇……。
名前は何でしょうね……一瞬「mia 愛子」とも思いましたが……。
お店の女性はオールドローズって言っていたけど、真冬に切り花ですから(苦笑)


04. 02. 2014


Benoit。


★Copyright © 2009~2014 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2014-02-04 00:00 | Raindrops on Roses | Comments(16)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28