<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

b0168859_1739915.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

今回の北海道旅行、全3日の内、最後の1日はあけのために丸々空けてあげました。
なんて優しい僕(笑)そのために2日目の宿泊先も美瑛から旭川に変更。
これで随分と旅の性格が違って来ちゃいます。
一緒に旅する友達への最大限の譲歩……おぉ〜い!感謝の気持ちを忘れるなよ!恩に着ろよぉ!(笑)
恩は何枚重ね着してもいいんだよ!着膨れした方が偉いんだから!(笑)

あけが何をしたかったかと言うと、北海道の個人の皆さんの庭を見て歩きたかったのです。
ホラ、あけって偉大なガーデン研究家……じゃない、ガーデン見学家ですから……by Takunori Kimura(笑)
お友達のターシャさんや北海道のガーデン雑誌の知り合いの編集者を脅し……じゃない、お願いして(笑)
綿密、且つ、有り得ないほどギュウギュウ詰めの予定表が出来上がりました(苦笑)

今日はそんなマンモス……じゃない、
あけに連れられて伺った個人の皆さんの素晴らしい庭の紹介です。

b0168859_17401922.jpg
b0168859_17393785.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××
先ずは今日の1枚目の写真に使わせて戴いたM邸。
こちらの庭は凄いです。家の裏に回ると、
ダァ〜っと緩い坂が下っていて素晴らしい景色が広がります。
残念なことに一日中、写真を撮り歩いて電池切れで数枚しか撮れませんでしたが、
次回、お邪魔できればゆっくりと写真を撮らせて戴きたいなぁ……。
他にない個性的な庭。いい写真が撮れると思うので。
Mさん、宜しくお願いしますね。園児に混じって大人しくしていますから。
……って、トトロと間違えられたりして……。


b0168859_17485576.jpg
b0168859_17481375.jpg
b0168859_17483964.jpg
b0168859_17482839.jpg
b0168859_17473850.jpg
b0168859_1747530.jpg
b0168859_17474546.jpg
b0168859_17464279.jpg
b0168859_17463861.jpg
b0168859_17471788.jpg
b0168859_17462893.jpg
b0168859_1746036.jpg
b0168859_1746422.jpg
b0168859_17452894.jpg
b0168859_17452134.jpg
b0168859_1746495.jpg
b0168859_17455343.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××
2日目の夕方、上野ファームを後にして向かったのがH邸です。
到着して、声を掛けようとしたその時、奥から出てきたのは、
何やら見覚えのある野良猫……じゃない、NORAの景子さん(笑) 入り口に立ちはだかって、

 「ここはアタシの庭だけど何か?」……とでも言いたげな顔をしています。

そのままUターンして帰ろうかと思いましたが(笑)
思い直して入れて戴いたきました。実際の庭の主、Hさんは、麻かな?コットンかな?
白のワンピースがお似合いの気さくで素敵なマダムでした。
普通、植物の植え込みの他に、コーナー、コーナーに見せ場となるポイントを作るのですが、
大体がやりすぎちゃうんですよね(笑)でもHさんの庭はそれがない。
庭を漂う視線がそこでブッツリ切れることがありません。
凄く自然な庭、植物も作られたポイントも全てが渾然一体となって、
「Hさんの庭」……そんな感じを受けました。
僕、疲れ果てていてあまりお話できませんでしたが、
また今度ゆっくりお邪魔できれば……そう思います。


b0168859_175512100.jpg
b0168859_17541338.jpg
b0168859_17535131.jpg
b0168859_17533659.jpg
b0168859_17541294.jpg
b0168859_17525926.jpg
b0168859_17525420.jpg
b0168859_17523937.jpg
b0168859_17531299.jpg
b0168859_17531928.jpg
b0168859_1752437.jpg
b0168859_175151100.jpg
b0168859_17513961.jpg
b0168859_17521888.jpg
b0168859_17512846.jpg
b0168859_17511376.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××
NORA景子さんとお友達2人、Hさんも一緒に向かった暮れ泥むI邸。
いやいや……驚きました。庭にボーダーがある!それも何本も!
東京だったら建て売りの家が3棟は余裕で入る敷地に、
ご夫婦で力を合わせて作られた庭が広がります。 どこを見ても庭に同じ表情のポイントがなく、
驚くことに、開け放たれた扉などで自然と庭の奥へ奥へと誘われます。
庭が主役で見る人間を案内する感じ……不思議な感じがしました。
大きく立派に育っているのは河合さんの「伽羅奢」かな?
報告してあげようっと。こんなに素晴らしい庭で可愛がって貰って物凄く喜ぶハズです。
Iさん、変な時間帯に大挙して押し寄せたのに、
イヤな顔一つせず案内してくださってありがとうございました。


b0168859_17585447.jpg
b0168859_1759481.jpg
b0168859_17583286.jpg
b0168859_175842100.jpg
b0168859_17581749.jpg
b0168859_17585159.jpg
b0168859_17575544.jpg
b0168859_17582885.jpg
b0168859_17573439.jpg
b0168859_17582033.jpg
b0168859_17575323.jpg
b0168859_17574166.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××
最終日、旭川のホテルを5時に出発。
ターシャさんの庭を襲撃した後に連れて行って戴いたS邸。
僕は去年に続いて2度目の訪問になりました。
一言で言うと「品格の庭」……庭で品格が出せるのはなかなか出来ないことです。
Sさんがおっとり上品なマダムなんですよね……だから庭もお上品。
既に薔薇を収集から整理、精査する段階に入っていらして、
ゴチャゴチャせず空間の使い方もとても余裕があって素敵でした。
ガーデン・シェッドには書たてホヤホヤのプリンスのサインが……。
来年はそれを太いマジックで消して僕のサインを書くためにもう一度お邪魔しなければ(笑)
Sさん、忙しない僕たちに優雅なティー・タイムをありがとうございました。


b0168859_1843662.jpg
b0168859_1833733.jpg
b0168859_1835782.jpg
b0168859_183246.jpg
b0168859_1824116.jpg
b0168859_1832271.jpg
b0168859_183863.jpg
b0168859_1825756.jpg
b0168859_1821720.jpg
b0168859_182597.jpg
b0168859_1814046.jpg
b0168859_1814083.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××
次にターシャさんの案内でお邪魔したのは、
アンティークショップを経営していらっしゃるKさんのお宅です。
こちらは庭の主のKさんの雰囲気そのままのファンタジックな庭でした。
高低差を上手く作ってらして、コーナー、コーナーに、
アンティークを使った素敵なディスプレイがあります。
裏の森と一体となった豪邸に手作りのガーデン・アイデア。
参考になるヒントが沢山溢れている庭でした。
森にはなんでも蝶が好む樹があるとかで、白い蝶が乱舞。
森も庭も邸宅も一体となった1つの世界が広がっていました。



さて、素晴らしい庭を見せて戴き、ハタと思い当たったのが、
美しい庭を作る秘訣……これは絶対に間違いなく僕の説通りだと思うのですが、
それは、植物に対する知識や、手間暇惜しまない手入れの他に、
自分が手入れできる範囲の広さの庭を持つこと。庭は広ければいいってもんじゃありませんから。
さらに、庭は心の様相を表しますから穏やかな気持ちも必要です。
そして、僕が一番大事なんじゃないかと思うのが夫婦仲(笑)夫婦円満こそ庭の奥義です。
僕が今まで見せて戴いた素晴らしい庭の総てのお宅……夫婦仲がいいです。
ご夫婦で仲良く庭仕事をする家。どちらか片方だけ庭に興味があって、片方が全く興味がない家……。
なんでもいいのです。兎に角、お互いを理解し尊重する。
二人の植物の趣味が全く違って喧嘩になろうともいいのです。
結局は「植物好き」で括れば夫婦円満です。
奥さんがガーデニング大好きで旦那が全く植物に疎くてもいいのです。
余計な口出しをせず、奥さんのガーデニング・シーズンの度重なる外出や、
高価な植物を買い込む出費に理解があり包容力があれば……。
どうせ旦那は薔薇好きの女房に隠れてゴルフのパターを買い漁っているんだし(笑)

旦那さんが薔薇や造園に夢中で銀行預金がみるみる減って行ってもいいのです。
庭仕事なんか日に焼けてイヤ!そんな身にならないものより、
どうせだったら草花じゃなくて口に入る野菜でも作ってくれればいいのに……。
愚痴ったっていいのです。どうせ女房は心の中でブツブツ言いながら、
旦那に内緒で宝石のコレクションを増やしているのですから(笑)

夫婦円満が美しい庭の秘訣……どうです、そう思いませんか?
美しくない庭をお持ちの皆さん、原因はその辺にあると思いませんか?(笑)


30. 07. 2013

Benoit。
[PR]
by souslarose | 2013-07-30 00:00 | Raindrops on Roses | Comments(6)

風のガーデンに佇む。

b0168859_1805555.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 「あぁ……ここかぁ……。」

ようやく合点が行きました。納得しました。
今を遡ること5年前、知り合いに頼まれたんです。
ドラマ「風のガーデン」のタイトルみたいな書体で店の看板を書いて欲しいって。
生憎、テレビ嫌いの僕は「風のガーデン」を見ていませんでした。
緒方拳が出ているくらいしか知らなかったし、
受ける、受けないは別として、取り敢えずドラマは見てみようかなぁ……。
そんなこんな思っているうちにドラマは終わってしまい、
物凄く忙しい時期だったので、看板の話しは実現しませんでした。

何だか不思議ですね。そのテレビ・ドラマの舞台になった庭に立っているんですから。
僕でさえ感慨深いのだもの。ドラマを見ていた人たちはまた違った印象を持つのでしょうね。

さて、去年に続いて2回目の「風のガーデン」です。
朝一番で帯広を発ち、開園と同時に入りました。
斜面を利用した素敵なガーデンに僕もあけも、
そして、植物には全く興味のないHくんも圧倒されます。
どなたの言葉だったかな……。

 「植物を植える時は風で種が飛んで来たように植える……。」

この言葉を思い出します。
色々な植物がビッシリ植え込まれています。
ここの植栽は風が運んで来たようには見えないのですが、
背の高い植物が多いので視線が上に上に逃げるため、そんなに混み合った感じはしません。
凄く自然な感じ、上野さんの色使いの妙に唸らされます。

人気のガーデン、アッと言う間に人で溢れかえります。
その前に撮った写真の数々……と、言いつつ、可成りの人出でしたが、
例によって選べませんので手動スライド・ショウでご覧になって下さいね。

b0168859_18131721.jpg
b0168859_18125913.jpg
b0168859_18125258.jpg
b0168859_18124255.jpg
b0168859_18123634.jpg
b0168859_18122163.jpg
b0168859_18125484.jpg
b0168859_1811525.jpg
b0168859_18113346.jpg
b0168859_18121685.jpg
b0168859_18115547.jpg
b0168859_18114468.jpg
b0168859_18112643.jpg
b0168859_18102871.jpg
b0168859_18101321.jpg
b0168859_1810250.jpg
b0168859_1895055.jpg
b0168859_1894614.jpg
b0168859_1893392.jpg
b0168859_1894159.jpg
b0168859_1882963.jpg
b0168859_189962.jpg
b0168859_189046.jpg
b0168859_1884227.jpg
b0168859_1873242.jpg
b0168859_1871284.jpg
b0168859_187457.jpg
b0168859_1864040.jpg
b0168859_186418.jpg
b0168859_1872191.jpg
b0168859_18697.jpg
b0168859_1855262.jpg
b0168859_1863140.jpg
b0168859_186144.jpg
b0168859_1851290.jpg
b0168859_185028.jpg
b0168859_1854974.jpg
b0168859_1852276.jpg
b0168859_1852228.jpg
b0168859_1845744.jpg
b0168859_183545.jpg
b0168859_1834238.jpg
b0168859_1833112.jpg
b0168859_1841374.jpg
b0168859_1834939.jpg
b0168859_1833493.jpg
b0168859_1823427.jpg
b0168859_1823259.jpg
b0168859_1825713.jpg
b0168859_1824523.jpg
b0168859_181549.jpg
b0168859_1823050.jpg
b0168859_1811491.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

どうですか?腱鞘炎にならなかった?
何だか最近、写真を沢山アップしないと気が済まない身体になっちゃった(笑)
見るのも大変だと思うけど、僕のパソコンに入れたまま誰にも見られない写真も可哀想!(笑)
もうチョッと北海道の怒濤の写真を使った記事が続きますが我慢してお付き合い下さいね。

さぁて、真面目な話し、時間も経ってここも物凄い人になって来た……。
上野砂由紀さん……大人気ですね。物凄くセンスいいですもんね。
この日も一日スケジュールがギッチリです。
後ろ髪を引かれながらガーデンを後にしたのでした……。


21. 07. 2013


Benoit。


★Copyright ? 2009~2013 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2013-07-20 00:00 | Raindrops on Roses | Comments(10)

薔薇の庭。

b0168859_9484585.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

毎日〜暑いですね。皆さん元気にお過ごしですか?
溶けたアイスクリームみたいにドロドロですか?
数日前に摘んだヒナギクみたいにヘナヘナになっていませんか?(笑)
暑い、寒い、疲れた……この3つの言葉はなるべく言いたくありませんが、
言わないと息も詰まりそうでねぇ……。

さて、ムンムン蒸れ蒸れの暑さを吹き飛ばすように薔薇のお話です。
ご存じの通り先週末2泊3日で北海道に行ってきました。
ブノワ。さん気に入っちゃったんです……北海道(笑)
食も人も風景もいい……この1年間で3回……すっかりハマっちゃいました。
今年も少しの違いはあるものの、去年と同じで北海道ガーデン街道と美瑛、
それからお気に入りの帯広は北の屋台村の「プチ・プレジール」を訪ねること。
それからいつも親切にしてくださっているターシャさんのお宅の素晴らしい庭を見せて戴くこと……。

北海道はガーデン街道がメインの目的ですが、特に薔薇を見に行く……その感覚はないのです。
冬の環境もありますから関東のように何でも植えれば育つ……そう言う訳にも行きません。
百花繚乱……短い夏を惜しむように手入れのゆき届いたガーデンに咲き乱れる花の中で、
薔薇が占める割合は非常に少ないです。薔薇も花の中の一種……そんな感じです。
手を尽くしても環境に淘汰される薔薇たち……残る品種は少ないと聞きます。
見に行く僕たちも「薔薇!薔薇!薔薇はどこ?!」言わないで、
美しいグラス類や、東京より美しい草花の発色の良さを楽しみに行きます。

ところがターシャさんのお宅は一味違います。
薔薇……凄いです。まさに溢れんばかりに咲き乱れるって言う感じ。
勿論、薔薇だけではありません。他の宿根草や木々に咲く花……見事です。
北海道でこれだけの薔薇の品種を見られるのはターシャさんのお宅だけではないでしょうか。
本当に薔薇がお好きなんですね。それも最新品種のラインナップがとてもよく揃っています。
ありがたいことに僕の薔薇6品種のうち5品種も育てて戴いていて綺麗に咲いていました!
今日は今年撮らせて戴いた写真に加えて、
去年、なかなかタイミングが合わなくてアップできなかった写真も御覧になってくださいね。

b0168859_9554928.jpg
b0168859_9554125.jpg
b0168859_9551856.jpg
b0168859_955723.jpg
b0168859_955142.jpg
b0168859_95506.jpg
b0168859_9543745.jpg
b0168859_9542630.jpg
b0168859_9541299.jpg
b0168859_954449.jpg
b0168859_9535317.jpg
b0168859_953439.jpg
b0168859_9533054.jpg
b0168859_9531894.jpg
b0168859_9525814.jpg
b0168859_9524590.jpg
b0168859_9523591.jpg
b0168859_9523888.jpg
b0168859_952964.jpg
b0168859_9514552.jpg
b0168859_9514854.jpg
b0168859_9513762.jpg
b0168859_9511927.jpg
b0168859_951655.jpg
b0168859_9505018.jpg
b0168859_9504080.jpg
b0168859_9502621.jpg
b0168859_9503039.jpg
b0168859_9502128.jpg
b0168859_950452.jpg
b0168859_9495451.jpg
b0168859_9492791.jpg
b0168859_9492842.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

国際バラとガーデニングショウで最近良く聞かれるのが、

 「ブノワ。さんの薔薇は寒さには強いですか?」と言うもの。

僕の薔薇は暑さには強いハズなんですが、寒さにはまだ未知の部分があります。
それからこの質問を良く聞くと言うことは、寒い地方でも薔薇が盛んになって来た証。
その発信者がターシャさん、ターシャさんの庭の薔薇を見て、
薔薇を育てる気になった人も多いのではないでしょうか。

北海道で薔薇を育てるのは大変なことだとお聞きしました。
いつかターシャさんのブログで拝見しましたが頭の上まで来る積雪!
剪定をして何となく水をあげていれば新芽が出て花が咲く東京のようには行きません。
雪との戦い、冬枯れさせないための知恵と創意工夫……凄いです。
有名写真家をして「個人の庭では日本一。」と言わしめた庭。
時間が迫り後ろ髪を引かれる思いで後にしたのでした。

ターシャさん、色々とお世話になりました。本当にありがとうございます。
麻実さんの「Rei」を玄関先に置いて歓迎して下さったお心遣い、感謝、感謝です。
優しいご主人と二人三脚の素晴らしい庭!また来年も見せてくださいね!


15. 07. 2013


Benoit。


★Copyright ? 2009~2013 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2013-07-15 00:00 | Raindrops on Roses | Comments(8)

緑に埋もれる。

b0168859_10223412.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

皆さんはピーター・ジャクソン監督の大ヒット作、
「ロード・オブ・リング」シリーズを御覧になりましたか?
この前公開された続編の「ホビット 思いがけない冒険」は?
山中湖の塚原邸を訪れるといつもこれらの映画のことを思い出します。
まるでこの素晴らしい庭園で撮影されたのではないかと錯覚してしまうほどの美しい庭。
庭のそこここに、フロドやビルボ・バギンズやガンダルフが佇んでいるようではありませんか。
苔むした円陣にはケイト・ブランシェット演じるガラドリエルが……。
CGで描かれたのではない現実の庭。幽玄とはまさに塚原邸の庭園のことでしょう。

 「ホーホケキョ!」

ウグイスが鳴きます。山手線の駅に流れるいんちきウグイスの録音ではありません(笑)
耳に心地よい小鳥たちの囀り。虫たちの羽音……頬をわたる風のざわめき。
ハッと気が付くと自分も小さな妖精に変身して庭を飛び回っている錯覚に陥ります。
美しい緑に埋もれるような気がします。


確か去年の春先だったかな。
「横浜イングリッシュガーデン」と「The Treasure Garden Tatebayashi」の、
河合伸志さんの植栽に完全にノックアウトされちゃった、あけと僕。
タダでは起きない2人の悪巧みが始まりました(笑)

 「塚原さんの庭で河合さんのガーデンツアーをやろう!」

塚原さんのOKもまだ戴かないうちに勝手に決めちゃいました。
河合さんの都合も聞かないうちにバンバン話しを進めちゃいました(笑)
広がる妄想、着々と勝手に立てちゃう計画、2人で密談する段取り……。
山中湖の庭の最盛期は関東の薔薇が終わった後、6月中旬から7月に掛けて。
河合さんもきっと暇になるに違いない。塚原さんご夫妻も喜ばれるに違いない!
そうだ、そうだ!やりましょ、やりましょ!ガーデンツアー!(笑)

去年の西武ドーム。
ガーデニングショウで忙しくしている河合さんを捕まえて軽く打診、快諾戴きました。
こうと決めたら猪突猛進の、僕の召使いのあけに全て任せて(笑)
「河合伸志、塚原邸ガーデンツアー」開催と相なりました。

折角、河合さんに来て戴くんです。
今回は庭の仕事をされている方々、専門の方々を中心に声を掛けました。
 
 「ガブリエルが伸びすぎちゃって困っているんですけど……。」とか、
 
 「うどんこ病はどうやって治すの?」じゃ困っちゃうから(笑)

写真家の今井秀治さんも参加して下さったんですよ。
可成のハイレベルなツアーでした。
皆さん、メモや手帳がアッと言う間に真っ黒になります。
しかし凄いのは河合さんの植物全般に渡る知識の豊かさです。
薔薇だけじゃないのね。宿根草から庭木まで、あらゆる質問に答えてくださいます。
専門的な質問もバンバン出ます。河合さんも結構、緊張したんじゃないかな?
本当にいい会でした。参加された皆さんの熱心な表情。嬉しそうな笑顔。
そして何より河合さんの満足そうな表情や、
塚原さんご夫妻のが楽しそうにしていらっしゃるお姿……。
企画して本当に良かったと思います。

今日はツアーの合間と撮影タイムに撮った素晴らしい庭の様子をどうぞ!
いつも多いと叱られるので今日は少なめの66枚?(笑)

b0168859_1037697.jpg
b0168859_10365332.jpg
b0168859_10365497.jpg
b0168859_10364089.jpg
b0168859_10362669.jpg
b0168859_10361346.jpg
b0168859_1036419.jpg
b0168859_10355145.jpg
b0168859_1035372.jpg
b0168859_10351785.jpg
b0168859_1035649.jpg
b0168859_10345813.jpg
b0168859_10342940.jpg
b0168859_10342898.jpg
b0168859_10333646.jpg
b0168859_103342100.jpg
b0168859_10334365.jpg
b0168859_10332626.jpg
b0168859_10331520.jpg
b0168859_10325353.jpg
b0168859_10324162.jpg
b0168859_1032069.jpg
b0168859_10315027.jpg
b0168859_1032768.jpg
b0168859_10314919.jpg
b0168859_10305845.jpg
b0168859_10311458.jpg
b0168859_10311326.jpg
b0168859_10305133.jpg
b0168859_10303878.jpg
b0168859_10303711.jpg
b0168859_10294379.jpg
b0168859_1030451.jpg
b0168859_10293727.jpg
b0168859_10292434.jpg
b0168859_10292273.jpg
b0168859_10291160.jpg
b0168859_10285645.jpg
b0168859_10284513.jpg
b0168859_10281855.jpg
b0168859_10273667.jpg
b0168859_10275184.jpg
b0168859_1027501.jpg
b0168859_10273765.jpg
b0168859_10271359.jpg
b0168859_1026596.jpg
b0168859_1026206.jpg
b0168859_10263436.jpg
b0168859_10263324.jpg
b0168859_10261946.jpg
b0168859_1025584.jpg
b0168859_10255915.jpg
b0168859_1025484.jpg
b0168859_10245132.jpg
b0168859_1025425.jpg
b0168859_1025352.jpg
b0168859_10244918.jpg
b0168859_1024212.jpg
b0168859_10241376.jpg
b0168859_10241128.jpg
b0168859_10235699.jpg
b0168859_10233650.jpg
b0168859_10232358.jpg
b0168859_10232140.jpg
b0168859_1023025.jpg

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

しかし凄いですよねぇ……緑色にこんなにバリエーションがあるなんてね。
広大な庭に、いつもは縦位置の写真が多い僕もついつい横位置で撮りたくなります。
塚原邸は殆どが上品な白系と青系の花です。差し色の真っ赤な薔薇がとても良く合います。
オマケに僕のパトリックの赤も良く似合う!ほほほほほほほほほほほほ♪
1枚目と2枚目の写真は新しく買ったオリンパスのカメラの、
アート・フィルターの「ジオラマ」で撮ってみました。面白い効果が出ますね。
最後の写真、可愛いでしょう?河合さん鈴でも鳴らしているのかな?(笑)
皆が持ち寄った美味しい料理で遅目のランチ。美味しいお酒にデザート!
アッと言う間に日は暮れるのでした……。

ご一緒して下さった皆さんのブログはこちらから!

花のある暮し
あけの秘密の花園
raretaste〜はれのかおり
クラインガルテンにようこそ!
Lucy Greyの花暦日記
Le jardin rustique
Nora レポート〜ワンランク上の庭をめざして〜
ふたつの庭
薔薇のガーデナー Weekend's+Ladybirds
りえんぞうのあれやこれや


06. 07. 2013


Benoit。


★Copyright ? 2009~2013 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2013-07-06 22:00 | Raindrops on Roses | Comments(23)

薔薇を買うには。

b0168859_9404596.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

薔薇は本当に美しいです。
その圧倒的な姿、素晴らしい匂い、魅惑的な名前に纏わるエピソード……。
そして刺という「毒」を持ち合わせています……。
1本、2本、5本、10本、20本……100本。 薔薇は貴方が知らぬ間に増殖します(笑)
100本を越えたら貴方は薔薇コレクターのスペシャリストです。1000本越えで殿堂入り(笑)
薔薇が勝手に増えるのか、はたまた、貴方が薔薇を買う時に都合良く記憶喪失になるのか。
それとも薔薇を買う時、急に数を数えられなくなるのか……。
この辺の問題は如何様にも都合良く解釈できるので便利ですが、
アッと言う間に庭やベランダ、バルコニーを埋めつくす薔薇……。
美しいクセに本当に恐ろしい植物です(笑)

今日はその記憶喪失な貴方に薔薇の集め方、買い方の奥義を伝授しましょう。

先ず、お気に入りの薔薇を選びます。
カタログ、図鑑、お友達の庭、いつも見ているブログ……何でもいいです。
気になった薔薇をじゃんじゃんリストアップしましょう。
次に、買いたい薔薇が見つかったら素早く行動に出ましょう。
人気の薔薇、稀少な薔薇は何も貴方だけが欲しい訳ではありません。皆が狙っています。
迅速な行動=本当に欲しい薔薇を手に入れることが出来ます。
気が付いたらクリックしてた……これくらいにならないとダメです。
言い訳は幾らでも出来ます。自分で自分を言いくるめればいいの(笑)
それから、薔薇を買う時に金に糸目を付けてはいけません!それは愚の骨頂です。
今、珍しい薔薇を手に入れなくてどうします?
この先、二度とお目にかかれないかもしれないのですよ!
欲しい薔薇を見つけたらお金は湯水の如く使いましょう。
今、お金がなかったらカード払い、借金……何でもいいです。
兎に角、薔薇を家に迎え入れる算段をする。

次、これが一番の問題なのですが、薔薇を買う時は置き場所を考えてはいけません。
置き場所を考えながら買うのは愚かというものです。
薔薇は植物です。伸びるのです。大きくなるのです。
もしあなたがブラック・フィンガーだったらツルだって全く伸びないかもしれない……。
先ずは買ってみること。置き場所なんてどうにでもなります。
それは貴方が一番知っているハズ(笑)
ダメですよ。買う時に「もう置き場所がないわぁ!」なぁ〜んてつぶやいても、
何の解決にもならないし、そんな台詞、薔薇の神様はイヤと言うほど聞いているのです。
その台詞は決して免罪符にはならないことを肝に銘じましょう。

置き場所に関しては、決して「平面」だけを念頭にしていてはダメです。
薔薇の置き方には様々な方法があります。
「二段重ね置き」「立体置き」「雛壇飾り置き」「空中釣り下げ置き」……。
それから鉢は小さめにね!薔薇のためにもいいし、場所も取らない。
出来れば丸いタイプじゃなくて四角いタイプで揃えると、
無駄な隙間が出来ずに効率的ですよ(笑)

薔薇……じゃんじゃん買いましょう!ドカスカ植えましょう!
大丈夫、旦那がなんて言ったって、旦那だってゴルフクラブこっそり買っているんだから。
確認してみるといいです。先月よりパターが1本増えていませんか?
奥さんが苦虫噛み潰した顔になったってへいちゃら、こっそり箪笥に着物1枚増えているんだから。
確認する時は畳んで仕舞ってある着物の裾を見ないとダメですよ。高い着物は裾模様だから(笑)

三食抜いても薔薇を買う!薔薇ファンへの第一歩です(笑)


02. 07. 2013


Benoit。


★Copyright ? 2009~2013 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2013-07-02 00:00 | Under the Rose | Comments(14)

Let's talk about roses。


by souslarose
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31