<   2013年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

全てはここから……。

b0168859_7434454.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

このところ穏やかな春の日差しが心地よいですね。
薔薇の蕾もグングンと大きくなり、早いものは既に開花した品種も……。

そんな春の予感に満ちた季節にはじめたこのブログも今日で4周年を迎えました。
今日から5年目……光陰矢の如し……本当に早いものです。
もっとも、こちらのブログはあまり更新しないので、
ポツリポツリ、随分と間遠い感じはしますが……。

さて、薔薇のことだけを語るこの「Under the Rose。」ですが、
始めた頃と比べて随分と様変わりして来たように思います。
それは、僕の薔薇が世の中に出たからに他なりません。
それまでのお気楽な、一薔薇ファンの立場ではなくなってしましました。
かと言って、薔薇でご飯を食べている訳ではないし、
プロフェッショナルともアマチュアともつかない中途半端な立場ですが、
それが却って、売れ筋だけを狙う目線ではなく、
薔薇、本来の美しさを追求していて好いんじゃないかなぁ……とも思います。


僕の薔薇が一般に出回るようになって3年……。
色々なシーンで僕の薔薇を見かけるようになりました。
個人の素晴らしい庭園や世界に名だたる薔薇園など、
ガーデニングショウでもディスプレイに使われたりしました。
去年の国際薔薇とガーデニングショウにおいては、
幾つかのコンテスト参加のブースや、英国王立園芸協会のブースにおいては、
「Under the Rose」がフォト・コンテストの寄せ植えに使われたり、
三上真史さんのブースでは、青が基調と言うこともあり、
ラベンダーの「Bella Donna」が飾られたりしていました。

何だか本当に光栄の極み、一薔薇ファンとして、
薔薇を作った者としてこれ以上の幸せはありません。
それが切っ掛けで三上さんと少しお話をし、
夏には彼が出演する舞台、D・ボーイズの「クールの誕生」を観に行ったりと、
薔薇を切っ掛けに、また新たな世界が広がりつつあります。
勿論、これらのディスプレイは、コマツガーデンのみどり社長の推薦があってこそです。
僕が「これ、如何ですかぁ?」って、押し売りしてもダメですもんね(笑)
みどり社長をはじめ、関係者の皆さんに感謝、感謝です。

さて、今年ももうスグ国際薔薇とガーデニングショウの季節がやって来ます。
勿論、この春には僕の最新品種も発表されます。

 「またそんな名前付けたんだ……。」

そう思われる方もいるかもしれませんが(笑)
色々考えて素敵な名前を付けられたと自負しています。

これからもこの「Under the Rose。」を宜しくお願いしますね。
ポツリポツリですが、僕にしか書けない薔薇に関するあれこれ、
面白いエピソードなどを書いて行かれればと思います。

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

今日の写真は懐かしい1枚。
今の家に引っ越す前のマンションのバルコニーです。
丁度6年前の今頃の写真です。ここが僕のナンチャって育種の出発点……。
今でもこのマンションの下を通ると当時を懐かしく思い出します。
夢中になって交配をしたあの日……遥か遠い昔のことのようです。


15. 04. 2013


Benoit。


★Copyright ? 2009~2013 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2013-04-15 00:00
b0168859_17521540.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

ハァ……いいですねぇ……草花の新芽!木々の淡いグリーンに赤みがかった新芽!
僕、基本的に緑色ってあまり好きじゃないんだけど……。
力強い生命力に溢れ、こちらまでウキウキしてしまいます。
クレマチスは物凄い早さで伸び、朝方と夕方ではまったく見違えるほど姿を変え、
薔薇も早いものは小さいながら蕾を見つけることが出来ます。
比較的、早咲きの「Under the Rose」にも蕾がチラホラ……。
全く世話焼いてあげていないのに可愛いものです。

さて、先日の記事で、今年はバタバタで薔薇の冬の手入れが全く出来なかったと書きましたが、
こうして玄関先が新緑に彩られてくると、今まで気が付かなかった枯れた薔薇が目立つようになってきます。
冬場は何となく全体的に茶色味がかっているからあまり気が付かなかったんだけど、
あぁ……あの薔薇も!おぉ……この薔薇も!ありゃりゃ……そっちの薔薇も(涙)
何だかガッカリしちゃいます。栽培……そんなに下手っぴぃじゃない積もりなんですが、
生活に余裕がないのは事実です。 やっぱり付き合う仲間のせい?
ホラ、僕、自称ガーデン研究家のあけさまと親しくさせて戴いているじゃないですか(涙)
親しくと言うよりは、正しくはヒマなオバチャンの面倒見しているだけなんですが……。

チョッと前のこと、てんちょと飲んでいる時、僕が、

 「あけはガーデン研究家みたいよ。」

って言ったら、てんちょが僕が言い終わるか終わらないかの内に間髪おかず大爆笑。
(この笑い方が半端じゃなかった……。)

 「ガーデン研究家じゃなくてガーデン見学家でしょう?!」

って言ったのは有名な話。てんちょ、座布団1枚!
(てんちょ、これでまた飛び蹴り食らうな(笑))
その「ガーデン見学家」のあけさまはグリーンフィンガーじゃなくて、
ブラックフィンガーで有名です(笑)自分で言っているんだから確かです(爆)
ブラックというより漆黒?ブラックホール?(笑)
ミダス王は触るもの全てを黄金に変えたと言われていますが、
あけさまは触る植物が全て枯れることで有名(笑)
僕もうつったのかなぁ……ブラックはうつる?

まぁ、ブラックはブラックで園芸界に多大な貢献をしているんですよ。
だって次々に枯らすからジャンジャン新しい苗を買うじゃないですか(笑)
盛大に枯らして旺盛な購買意欲、底なし沼的な物欲(笑)綺麗なもの大好き。可愛いものラブ。
人が持っていないもの絶対欲しい……稀少大好き(笑)
稀少な植物を次々に枯らすから植物界にとっては天敵?
僕なんて自分で作出した薔薇を枯らしてお金出して買っているものね(笑)
ハァ……何だかなぁ。今年は目指せ脱ブラックフィンガー、奪取グリーンフィンガー!(笑)

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

さて、そのブラックフィンガーあけさまいつもウットリおっとりウッカリのMayさまと3人で、
木村卓功さん、てんちょのバラ塾に行って来ました。
育種に関するあれこれ、遺伝学の小難しい話を噛み砕いてくれたり、実技を交えての楽しい一時でした、
交配に関していい加減なこと言ったらすかさず茶々を入れようと身構えていたんですけどね(笑)
僕も飛び入りでチョッとだけ時間を戴いて、僕なりの何ちゃって育種、適当交配についてや、
薔薇に対するそんなに熱くない思いなどをお話させて貰いました(笑)

ブラックなあけさま……この日も盛大に苗をご購入!(笑)
あけさま曰く、冬を越せずに次々に枯れる薔薇は一年草らしいですから(笑)
意外と苗を選ぶ時は真剣なのね(笑)あんな真剣な眼差し、
肉をウットリ見つめる時しか見たことなかったのに(笑)


いつもブログに温かいメッセージを戴いている方から声を掛けられたり、
非常に有意義な時間を過ごすことが出来ましました。
やっぱり顔が見えているとメッセージのやり取りも面白いですもんね。
戴いたメッセージへのお返事にも力が入ろうってもんです(笑)
三島由紀夫ばりの華麗な修飾語を使いたくなろうってなもんです(爆)

写真はてんちょの薔薇「Lady Una」と「Le Ciel Bleu」。
結構、青いですねぇ……無理なく自然に青々と……優雅です。
むむむむ、てんちょ、真面目に狙っているな?青いバラ!(笑)


05. 04. 2013


Benoit。


★Copyright ? 2009~2013 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2013-04-05 00:00 | Raindrops on Roses

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30