<   2013年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

b0168859_15244289.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

今から何十年も前。僕が初めて薔薇を育てはじめた頃のこと。
年上の美しい方に「Royal Highness」の切り花を箱に入れてプレゼントしたのが、
薔薇に魅せられた切っ掛けだったように記憶しています。
だから僕のファースト・ローズは僕にピッタリの気品ある「Royal Highness」ね(笑)
狭いベランダに駄温鉢を並べ、見よう見真似、手探りで薔薇を育てはじめました。
参考書も買いました。今でもどこかに取ってありますが、葉書サイズのそれは、
薔薇を始めたばかりの僕にとっては知識と、未だ見ぬ薔薇の写真が一杯の、
そう、薔薇の世界への眩しい開かれた扉のような本でした。
掲載されている薔薇の品種は、その殆どがハイブリッド・ティーとフロリバンダ。
今や全盛を誇る、イングリッシュローズやフレンチローズ、
オールドローズもなければ日本の育種家の薔薇は、鈴木省三さんと寺西菊雄さんの薔薇のみ。

確かその本の前書きに、

 「春の薔薇は自然が咲かせ、秋の薔薇は人が咲かせる……。」

そう書いてあったのを今でも鮮明に覚えています。

「バラの家」の木村卓功さんが僕の新しい薔薇、
麻実れいさんの「Rei」のことをブログで取り上げてくださいました。

その中で「けっこうバラをスパルタする」と言う一節があります。
随分と素敵な言い方をしてくれたものですが、
要はスパルタと言うよりは、超ズボラの手抜き園芸の僕(笑)
最低限の世話しかされない薔薇にとっては幸か不幸か、
もっとマメマメしく手入れをしてあげれば花付きや繰り返し咲も格段に良くなるハズなんですが、
仕方ないですよね、時間ないし、他にやること山積だし……。


そんな僕です。

 「春の薔薇自然が咲かせる……。」

薔薇入門のスタートから肝に銘じちゃったんです(笑)
そんな訳で未だ今年の冬の薔薇の手入れが終わっていません!
終わっていないと言うより、未だ何も手を付けていないの(笑)
植え替え、剪定、ツル薔薇の誘因……何もしていません……あはは。
あっ!年明けに肥料は一回あげました。でもそれだけ。
何もしていないしこれからもする積もりも時間もありません……。
えぇい!今年の春はこのまま行くとしようじゃないの。
だって、去年はあれだけお世話したのにサッパリだったしね。
春の薔薇は自然が咲かせるんだもの!(笑)

今日の写真は僕の未発表のオリジナルの薔薇。
どうでしょう、ちゃんと咲いてくれるでしょうか……。


09. 03. 2013


Benoit。


★Copyright ? 2009~2013 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2013-03-09 00:00 | Under the Rose | Comments(14)

Let's talk about roses。


by souslarose
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31