<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

軌道修正しました。

b0168859_652038.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

毎年、冬の恒例、吉例となりました。
目白にある「音ノ葉」で開催される今井秀治さんの写真教室。
僕は確か今年で3回目の参加かな?毎回〜楽しみにしています。
丁度、開催されているクリスマスローズ展に合わせての教室です。
その日は午前、午後の2回の教室がありましたが、
僕は今井さんとお友達のランチに同席させて貰ってから午後の部に参加です。
美味しいランチを食べながら今井さんの新しい本の話や春の庭巡りの話に花が咲きます。
今井さんの新しい本……凄く素敵なんですよ。
僕は自分の分の他に友人にプレゼントする分、4冊買っちゃいました!

さて、教室は、スライドとクリスマスローズを使って、
美しい花の撮り方、光の捉え方を親切に教えてくださいました。

僕の写真は我流です。今のカメラはシャッターを切れば何かしら写ります。
何かしらっていうより、撮影した本人の意図したものより良く撮れることが多いです。
カメラの性能がアップして、誰が撮ってもそこそこの写真が撮れるようになりました。
如何に自分らしさを出すか……日々、腐心する訳ですが、
好き勝手に撮っている時に、今井さんのようなオーソドックスで、
格調高い写真を撮る方に色々教えて貰うと、
目からウロコが落ちる時もありますし、いい軌道修正になります。
b0168859_6531890.jpg
b0168859_653458.jpg
b0168859_6524826.jpg
b0168859_6523235.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××
今日は講習会の前後に「音ノ葉」で撮った写真を何枚か……。
クリスマスローズ展に出品された今井さんの寄せ植えもあります。
身を切る強風の中、感じのいいスタッフの皆さんと会話をしながらの撮影です。
順番がグジャグジャですから、講習会の成果をあれこれ説明出来ませんが、
自分の中では講習を受ける前と後の写真の出来、歴然と違った写真が良く分かります。


今日のオマケの写真はランチで食べた品など……。
b0168859_655733.jpg
b0168859_655221.jpg
b0168859_6544876.jpg

「ラ・ムジカ」のランチ……これで1500円なんですよ!凄くお値打ち。
タラのポワレは白子を追加しましたから+200円なんですけど、
隣に座った食い意地の張ったヤツに見事取られてしまいました……。


クリスマスローズ……育てていませんから、
ハッキリ言ってどうやって撮ったらいいか良く分かりません。
お好きな方、どうですか?及第点取れていますか?(笑)
今井さんとは春のガーデンでの再会を約束してお別れしました。
いつ、どこで……特別、約束した訳ではありません。ホラ、僕たちミツバチですから、
花の一番いい時期に自然と集まっちゃうんです(笑)


27. 02. 2013


Benoit。


★Copyright ? 2009~2013 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2013-02-26 22:00 | Raindrops on Roses
b0168859_1740540.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

薔薇の花が他の花と一線を画し、何百年もの間、人と共に共存し、愛培されて来た理由は、
花そのものの美しさに加え、素晴らしい匂いを持つこと。
花の美しさと裏腹に、人を傷つける鋭い刺を持つ二面性があることなどがありますが、
中でも大きいのは、次の2点だと思います。
先ず、作出者が思いを籠めて愛する人や尊敬する先人の名前を薔薇に付けたこと。
そしてもう一つが、薔薇が芸術にただならぬ影響を与えて来たこと……。
その辺の事は、以前、このブログや「My GARDEN」に書かせて貰いました。
特に大きいのが、薔薇が芸術に影響を与えたからなんだと思います。
薔薇はモチーフになり、芸術家にインスピレーションを与え、
絵画になり、小説になり、音楽になり、彫刻になり……。
他の追随を許さず、長きに渡って花の女王の座に君臨してきました。


今日の写真は僕のオリジナルの薔薇「Bella Donna」です。
数年前に朽ちる寸前の花をブーケにして撮影したものです。
青味がかったピンクからラベンダー、そして灰色がかったラベンダーに変化して行く様は、
何となく人の一生、特に、美しい女性の一生に重ねて見ることが出来ます。
年輪を重ねてなお、美しい人……凄く素敵だと思います。

自画自賛になってしまいますが、この美しい薔薇にインスピレーションを貰い、
この写真をフォルダから引っ張りだし、この度、もう一つの命を与えてみました。
詳しくはもう一つのブログ「匂いのいい花束。」にて。

薔薇って本当に素晴らしいですね……。
薔薇を巡る美しい連鎖、これからも楽しんで行きたいです。


16. 02. 2013


Benoit。


★Copyright ? 2009~2013 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2013-02-16 00:00 | Under the Rose

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28