<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

地上の楽園……。

b0168859_14321962.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

耳に流れるのはモーツァルトのクラリネット協奏曲K622の第二楽章……。
辺りには小鳥の冴えずりが聞こえ、薔薇の素晴らしい匂いが鼻をくすぐります。

2年振りにお邪魔して来ました。黒田さんの素晴らしいお庭。
つくずく思います。植物の身になった素晴らしい植栽。
高低差を自在に楽しむ男の庭なんだって……くどくど説明する言葉はいりません。
先ずは写真をご覧下さいね。自分の撮った写真が哀しくなるほど……。
だけど、2年前に較べたらまぁまぁいい出来じゃない?(笑)
やっぱり、いつも使い慣れたレンズはいいなぁ……50ミリ単焦点F1.4です。
厳選の34枚、大きいサイズでご覧下さい!
黒田さんの素晴らしい庭のエッセンス、雰囲気だけでも感じて戴けたら幸いです。

b0168859_14332395.jpg
b0168859_14432263.jpg
b0168859_1443418.jpg
b0168859_14424650.jpg
b0168859_14422758.jpg
b0168859_14421465.jpg
b0168859_14415746.jpg
b0168859_14414169.jpg
b0168859_14411790.jpg
b0168859_1441058.jpg
b0168859_14404199.jpg
b0168859_14402466.jpg
b0168859_1440286.jpg
b0168859_14394772.jpg
b0168859_14391550.jpg
b0168859_14385557.jpg
b0168859_14384242.jpg
b0168859_14382738.jpg
b0168859_14381679.jpg
b0168859_1438260.jpg
b0168859_14373280.jpg
b0168859_14365984.jpg
b0168859_14364323.jpg
b0168859_14362643.jpg
b0168859_14361298.jpg
b0168859_14355642.jpg
b0168859_1435177.jpg
b0168859_14344367.jpg
b0168859_14342855.jpg
b0168859_14341399.jpg
b0168859_14334710.jpg
b0168859_14351954.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

アラン・J・パクラ監督作品メリル・ストリープ主演「ソフィーの選択」の中で、
故国を追われ、アメリカに渡り、生活苦から図書館で敗血症で倒れたソフィーが、
ネイサンに助けられ、滋養のある手料理と共に振舞われたシャトー・マルゴー1937年……。

その時にソフィーが言います。

 「もしこの世で聖人のように清く生きて、そして死んだら、
   天上の楽園で飲ませてくれるのはこのワインね。」

矢張り、ここは楽園なのだと思う…………。
黒田さんの高くてハスキーな声が辺りに響きます……矢張り、ここは楽園……。


草々

2012年5月29日


Benoit。


★Copyright © 2005~2012 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2012-05-29 00:00 | Raindrops on Roses | Comments(18)

大女優の条件。

b0168859_1730686.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 「それで……あのカードはどちらがお書きになったの?」

僕等2人をジィ〜っと見据えて麻実れいさんがそう仰言いました……。



今を遡ること2007年4月11日のこと。
その日は北米ツアーを無事に終えて凱旋公演を果たした「AOI/KOMACHI」の初日でした。
場所は世田谷のパブリック・シアター、終演後のパーティーでのこと。

実は、僕は麻実れいさんにニューヨークで知己を得ました。
知己を得るなどと書くと、何やら大袈裟ですが(笑)
親友と二人、「AOI/KOMACHI」の舞台をニューヨークに観に行ったのです。
その日も丁度、初日、どうせならお賑やかしに着物で、いそいそと出掛けた訳です。
終演後のパーティーで麻実さんとお話しする機会がありました。
麻実さんの物凄くフランクで飾らぬ様子に、スッカリいい気になって、
写真を撮らせて戴いたり、サインを戴いたり……畏れ多いですね。

帰国して世田谷のパブリック・シアターでの凱旋公演となった訳です。
偶然にもまたまた初日でした。ニューヨークで親切にして下さったお礼に、
僕と親友の連名でお花を楽屋に届けた訳です。そして、冒頭の麻実さんのお言葉……。

心尽くしの花に添えたカード……僕の斜めに曲がった文字、
友人曰く「ひねくれた性格が文字に良く表れている」そうですが(笑)
僕は風に揺られる風雅な文字と思っています。その文字が麻実さんのお目にとまったのでしょう。
変わった字だと思われたのでしょうが、何れにせよ、覚えは良かったのかな?
少なくとも印象に残ったのでしょう(笑)



その頃からでしょうか……。
漠然と麻実さんのお名前を僕の薔薇に……そう思い始めたのは。
皆さんご存知のように、僕にとって、薔薇の名前は何よりも大事に思っているものです。
自分で作り出した薔薇には素敵な名前を付けたい……常にそう思っています。
そして、出来れば、大切な人や尊敬する俳優など、人の名前を付けたいのです。
何故なら、日本には薔薇に人の名前を付ける習慣がありませんでしたからね。
その点、欧米は違います。薔薇は勿論、公共施設、例えば、空港や通りに、
それから劇場に往年の大女優の名前を付けたりしています。

麻実さんのお名前を僕の薔薇に……。
漠然たる思いは次第に大きく膨らんで行き、獲らぬタヌキの皮算用な僕は(笑)
まだ何も始まっていないのにああだこうだ考えてドキドキドキドキ……。
麻実さんの舞台は余程のことがない限り、出来る限り拝見しています。
拝見する度にその熱い思いは次第に形になって行きました。
薔薇は初めから写真の薔薇……麻実さんには濃い色、特に紫がお似合いだと思ったから。

尊敬する大女優のお名前を僕の薔薇に……そんなこんなしている内に、
一昨年、僕の薔薇のシリーズとして4品種が発売になったのです。

 「これで麻実さんに正式にお話しを聞いて貰える!」

早速、僕の薔薇が掲載された雑誌「My GARDEN」や「New Roses 2010」、
薔薇の写真を何枚か、それから僕の超美麗ポートレート!(笑)
そして、思いを綴ったお手紙を楽屋見舞いのお花に同封してお届けしたのです。
「おそるべき親たち」の時に実際の薔薇を見て戴くためにお届けした事もあります。
秋の公演でしたから、丁度、開花時期と思いきや、
とんでもなく早く蕾が上がってしまい(苦笑)早々に切り戻し、次の蕾を待ちました。
そうしたら今度は丁度、僕の観劇日に間に合うように咲きそうだったのですが、
またまた早く開きそうになり、早めにカットして冷蔵庫に入れたり出したり……。
散る間際に実際の薔薇を麻実さんにお届け出来たのですが、
何と、この薔薇の最も素晴らしい美点の一つ、その麗しい匂いが、
冷蔵庫の匂いになってしまったのです……シオシオのパー!(笑)

正式にお話しを聞いて戴いてから約2年の今年の3月、麻実さんからOKを戴きました!
その日は折しも丁度「サド侯爵夫人」を観劇している幕間でした。
僕は麻実さんのお名前そのまま「麻実れい」でも良かったのですが、
麻実さんのご希望で「Rei」になりました。凄くいい名前だと思います。



国際バラとガーデニングショウの紹介のパネルに載った僕のメッセージ……。
実際にはスペースの関係で短くなっていましたが、元々の文章はこんな感じでした。

  時に軽妙に、時に猛々しく……。
  類い稀なる演技力、美貌、知性、エレガンス……。
  あらゆる点で大女優の名前を欲しいままにしている麻実れいさん。
  麻実さんほど薔薇に相応しい方は他にいません。
  麻実さんに薔薇を捧げることが出来てこの上ない幸せを感じています。


麻実さんこそ正に日本を代表する最も偉大な大女優だと思っています。
軽々しく「大女優」の名前が使われる昨今、麻実さんの類い稀な才能と美貌、
その俳優としての大きさは、薔薇に最も相応しい方だと思っています。
大女優の条件とは……それは一人で悲劇を1本背負える胆力とオーラ……。
麻実さんこそ真の大女優、悪女を演じたら天下一品!燦然と輝く大スターだと思います。


××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

憧れの麻実れいさんに薔薇のお名前を戴きました。

 「Rei」

僕の作った薔薇が偉大な麻実さんに相応しい薔薇かどうかは、甚だ疑問ですし、
手前味噌になってしまうので語るのは止しておきましょう。
皆さん、実際にその手に取ってみて判断して下さいね。

発売はもう少し先になります。早くてこの冬、春には正式デビューです。
どうぞ皆さんに可愛がって貰えますように……そう心から願っております。


25. 05. 2012


Benoit。


追伸 皆さん、ゴメンなさいね。ガーデニングショウ中は、
   新しい薔薇のお披露目を楽しみに会場に足を運んで下さるお友達も多いので、
   薔薇の名前等、関連する単語を拒否設定にしていました。
   解除しましたので、どうぞ思う存分、連呼して下さい(笑)


★Copyright © 2009~2012 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2012-05-25 00:00 | Under the Rose | Comments(12)
b0168859_23223139.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

最近、仲良くして戴いている美しい女優さんが顔を輝かせて言いました。

 「・・・・・・いい匂い!」

会場内には本当に素晴らしい薔薇の匂いが漂っています。
バラで美しくなる……本当にそうなんだと思います。

一体、場内には何本の薔薇が飾られているんでしょう?
その夥しい数の薔薇やその他の植物を1週間以上も美しく保った、
スタッフの皆さんに先ずはお礼を言いたいと思います。
今年も本当に素晴らしいガーデニングショウでした。

今日は会期中に少しずつ撮り溜めた写真を恒例、吉例、大公開と参ります。
こちらのブログには薔薇の花を中心とした写真を。
「匂いのいい花束。」の方にはその他の気になったものをアップしてみました。
面白いもので、写真も興が乗って来ると言う事があります。
初めの頃に撮ったものは殆ど使い物になりませんでした。
人がなるべく写らないように、如何にも自然な感じでを心掛け、
僕にしか撮れない何かが写るようにをモットウに……。

会場にいらした方は熱気に溢れたショウを思い出し、
都合で来られなかった人はどんな感じだったか想像して戴けると嬉しいです。
ではでは、手動スライドショウのはじまりはじまりぃ……。

b0168859_2323499.jpg
b0168859_23355291.jpg
b0168859_2335255.jpg
b0168859_2335446.jpg
b0168859_23344887.jpg
b0168859_23344197.jpg
b0168859_23341539.jpg
b0168859_2334585.jpg
b0168859_23333459.jpg
b0168859_23332225.jpg
b0168859_2333498.jpg
b0168859_233246100.jpg
b0168859_23323488.jpg
b0168859_23321355.jpg
b0168859_2332158.jpg
b0168859_23314082.jpg
b0168859_23311436.jpg
b0168859_2331638.jpg
b0168859_23303111.jpg
b0168859_233094.jpg
b0168859_23295994.jpg
b0168859_2329406.jpg
b0168859_23291679.jpg
b0168859_2329053.jpg
b0168859_23281966.jpg
b0168859_2328588.jpg
b0168859_23274091.jpg
b0168859_23272059.jpg
b0168859_2326487.jpg
b0168859_2326277.jpg
b0168859_23261533.jpg
b0168859_23255477.jpg
b0168859_23253679.jpg
b0168859_2325955.jpg
b0168859_2324461.jpg
b0168859_23243540.jpg
b0168859_23241470.jpg
b0168859_23235455.jpg
b0168859_23234325.jpg
b0168859_2323283.jpg


如何でしたか?お楽しみ戴けましたか?
会期中は本当に沢山の方のお世話になりました、どうもありがとう!
わざわざ僕の新しい薔薇を見るためにだけ駆け付けて下さった方、
年にそう何度もお目に掛かれないのに温かく接して下さった皆さん、
差し入れをして下さったそこのあなた、ゴメンなさいね、お財布軽くなったんじゃありませんか?(笑)
皆さん、本当にどうもありがとうございます。
来年は一体どんなガーデニングショウになるでしょうね……。
終わったばかりと言うのに既に心は来年に向かっています。


21. 05. 2012


Benoit。


★Copyright © 2009~2012 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2012-05-21 00:00 | Raindrops on Roses | Comments(10)
b0168859_0492434.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 「あらら…………。」

フと気が付けば、僕の前を見知ったハンサムが歩いています……。
フムフム……今日は車じゃなくて電車なんだ……へぇ……PASMO持ってんだ(笑)


何だか急に嬉しくなっちゃって、暫らくは浮気の調査をする探偵よろしく、
影になり日向になり件のハンサムくんの跡をつけてみます。
ンンンンン?……何やら手には大事そうに紙袋が………。

 「あら!首に巻き物していないんだ!(笑)」

ダメじゃん、ダメじゃん!今日は人生そう何回もない晴れ舞台。
まったく、あれほど首に巻き物をして着飾らなきゃダメって言ったのに……。
物陰に隠れてチョッと僕の存在を匂わすようなメールしてみたりして(笑)

偶然か奇遇か?はたまた青天の霹靂か!(笑)
「バラの家」のキムタクてんちょに西武ドームに向う途中の駅で遭遇しました(笑)
内覧会の当日、僕は例年、通っているドームへの道順(池袋経由)を気紛れから変えたのでした。
嬉しいですよね、いつもお世話になっている&大好きなてんちょと一緒に内覧会へGOです。
てんちょ、今日は大事なお役目があります。珍しくチョッと緊張の面持ち……。
大事そうに抱えた紙袋の中身はいずれ本人のブログにて?(笑)

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

さてさて、今年も薔薇ファン垂涎の、植物好き夢見心地の、
「第14回 国際バラとガーデニングショウ」の開幕です。
今年は4月の低温&不順な気候にどうなることかとヤキモキしましたが、
そこはプロフェッショナルな皆さんの手に掛かった薔薇や宿根草が万全な態勢で僕らを迎えてくれます。
テーマガーデンの素晴らしさ、コンテスト部門の皆さんの力量の拮抗……。
思いを絵に描いたようなハンギング部門の皆さんのテクニック。
是非、是非、皆さん足を運んでくださいね。庭作りの新しいヒント、驚くべき情報満載です。

勿論、僕の新しい薔薇のお披露目もあります。
場所は会場を入ったスグにある「天使の舞い降りるローズアベニュー」の横の、
「新しいバラの風」に飾られています。

どうでしょう?皆さんの反応は如何に?凄く心配です。
今年の在ドーム予定ですが……。
今の所、15日、17日、19日。


仕事の入り具合で変更になるかもしれないので来る前にはチェックして下さいね。
そうそう、18日は仕事になってしまいましたので不在です。
時間は朝から夕方まで、19日は早めの午後にお暇してしまいます。
今年も勿論、コマツガーデンのブースでお世話になります。
姿を見掛けた方は、是非、声を掛けて下さいね。

今日の写真はたった一枚だけ、皆さんの興味を削いではいけないので、
僕が心奪われた、木村卓功てんちょの新しい薔薇、何とも美しい、
「For Your Home」を貼らせて戴いて、麗しいガーデニングショウの告知にさせて戴きますね。
沢山の写真を使った、恒例、吉例の「主動スライドショウ」は閉会の後に改めて……。
先ずは、皆さん、ご自身のその目で素晴らしいガーデニングショウを御堪能ください!

ではでは、会場で!僕を見掛けたら絶対に声を掛けてくださいね!


12. 05. 2012


Benoit。


★Copyright © 2009~2012 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2012-05-12 00:00 | Raindrops on Roses | Comments(16)
b0168859_13282244.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

今年も早いものでもう5月です。
5月の声を聞き、皆さんのお宅でも薔薇が一斉に咲き始めたのではないでしょうか。
一年中で一番、麗しい季節!心待ちにしていた薔薇シーズンの開幕!
そして、今年もガーデニングショウの季節がやって来ました。
今年は一体どんな素敵なシーンを見ることが出来るでしょうね?
不順な天気続きでしたから、ナーセリーの皆さんの開花調整は大変だったことと思いますが、
新しい庭の提案、ヒントを貰いに駆け付ける方、新しい薔薇を実際にその目で確かめたい方……。
皆さん、それぞれの思いを持ってドームに駆け付けるのでしょうね。


さて、僕の薔薇のシリーズ「Under the Rose Series」が出て、今年で3年目になります。
世界に誇るガーデニングショウで僕の薔薇を置いて戴けるなんて、こんなに幸せな事はありません。
今年も時間の許す限り、コマツさんのブースでお役に立ちたいと思っていますが、
皆さん、是非、姿を見掛けたら声を掛けて下さいね。宜しくお願いいたします。


所で、このところよく質問を受けます……。

 「今年の新しい薔薇は?何か出るんですか?」

そうなんです……まぁ、色々とありまして、まったく思いもよらぬことから、
何とガーデニングショウで僕の新しい薔薇をお披露目して下さることになりました。
こんなに身に余る光栄はありませんね。凄く嬉しいです。

では一体それはどんな薔薇? 色は? 名前は?……今日の写真の中にその薔薇は入っているかな?
それはガーデニングショウに行ってのお楽しみと言うことにしておきましょう。
だって、犯人を自分で明かしちゃう推理小説家っていないでしょう?(笑)



兎に角、自画自賛になってしまうけれど、素晴らしい薔薇だと思います。
そして、もっと僕が誇りに思うのはその名前!
僕は常々、折りあるごとに薔薇の名前は物凄く大事だって言っています。
事によると、薔薇そのものよりも重要な事もあるくらいです。

今年の僕の新しい薔薇にはとても素敵な名前が付きました。
皆さん、その名前の由来を知るとビックリするんじゃないかな?
兎に角、ガーデニングショウに走って下さい!(笑)
そして、その名前を見たら僕に感想をお教え下さいね!


今年の在ドーム予定ですが……。
今の所、5月12日、13日、15日、17日、18日、19日。


仕事の入り具合で変更になるかもしれないので来る前にはチェックして下さいね。
時間は朝から夕方まで、19日は早めの夕方にお暇してしまいます。
今年も勿論、コマツガーデンのブースでお世話になります。
姿を見掛けた方は、是非、声を掛けて下さいね。

ではでは、素晴らしき薔薇の名前……お楽しみに!


08. 05. 2012


Benoit。


★Copyright © 2009~2012 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2012-05-07 23:22 | Comments(4)

NAGOYA GARDENING SHOW 2012。

b0168859_202397.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 「・・・・・・あれ……ブノワ。さんじゃない?」
 「・・・・・・本当だ……でも、ここってクレマチス売り場だよ………。」

見付かってしまいました……ハイ、白状します。おクレマチス売り場をウロウロしていました(笑)
買うまい、買うまいと思いつつ、やっぱり旅の想い出です。記念に4株ご購入。




年齢と共に重くなって来るのは体重ですが(笑)
その代わり、フットワークは軽くなって来ているようです。

チョッと色々あって、バタバタしたんですが、エイヤッと思い立ったが吉日、
鞄にカメラを突っ込んで行って参りました、名古屋で開催されている、
「NAGOYA GARDENING SHOW 2012 バラの響宴」に。


さるご高名なガーデン研究家からお知らせを受けたのはつい先日のことでした。

 「みどりさんがブノ。ちゃんのブノワ・マジメルを紹介しているよ!」

ビックリしちゃいますよね。数ある素晴らしい薔薇の中から、
僕の薔薇を取り上げて下さるなんて……チョッとの間、信じられませんでした。
こんな幸せ、なかなかあることじゃありません。
どうせ訪れるなら、いつもお世話になっている みどりさんがお話しをなさる日、
4日に行けるよう、スケジュール調整をしたのは言うまでもありません。
ゴメンね、耕生くん。チケットを送って下さった玉置さん……。

b0168859_2024558.jpg

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

会場には僕の「Under the Rose。」シリーズの薔薇をふんだんに使って、
飾り付けをして下さっていました……チョッと気恥ずかしいです。
薔薇を愛でたあと、必ずその匂いを確かめるお客さま……。
薔薇と匂いが切っても切れないものだと言うことを再確認した日でもありました。
また、僕の「Remi Chang」の素晴らしい匂いを再確認したことも嬉しかったです。

さて、皆さんもお気付きだとおもますが、
みどりさんってここ数年、物凄く美しくなられましたよね。
僕、実は陰で「和製マドンナ」って呼んでいるんですよ!
昨日も淡いピンクのブラウスが凄く似合っていらっしゃって、チョッと褒めたら、

 「ここ……デパートだから。」

如何にもみどりさんらしいです。もう大好き!(笑)
薔薇を色々なものに例え、初心者にも分かり易いように栽培方法を解説されます。
お話しを聞きながら、自らを顧みて反省しきり(笑)
いつだったか、一番花が終わるとまったく真面目に管理しない僕に対して、

 「あらぁ……花のあとが大事なのよ!」

と、仰言っていたのを思い出します。

何と名古屋滞在3時間30分のとんぼ返りでしたが、
連休の一日、とても有意義な時間を過ごす事が出来ました。
それにしても日本は狭くなりましたねぇ……。
9時に出て夕方、明るい内には家に戻って来ていました。


05. 05. 2012


Benoit。


★Copyright © 2009~2012 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2012-05-05 00:00 | Under the Rose | Comments(6)

Let's talk about roses。


by souslarose
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31