<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

b0168859_184919100.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

三寒四温、そこここに春の気配を感じる今日この頃、
薔薇の手入れをスッカリ終わらせた余裕綽々の薔薇大好きマダム、
ズボラ管理のたく代、将来はガーデン研究家になりたい初心者のポン子の2人が、
一番、先輩格のブノ江の自宅のポカポカのサンルームに集まっている。
各々、持ち寄ったケーキと果物を出し、ブノ江が開けたシャンパンにホロ酔い、
薔薇談義&うわさ話に余念がない……。


ブノ江  「所で、お二人とも、勿論、お買いになったわね?」
たく代  「勿論ですわ!」
ポン子  「アタクシも!さっき来る時に駅前の本屋で買いましたわ!」
たく代  「ブノ江さまは?」
ブノ江  「アタクシ?アタクシは寄稿しているから安藤編集長が発売前に送ってくださるの。」
ポン子  「まぁ凄い!寄稿ですって……さすがブノ江さま。」
3人揃って「素敵よねぇ……My GARDEN!」
ポン子  「アタクシは一年の中で春号が特に好き!」
たく代  「アタクシも!薔薇一色ですもんね。もうウットリだわ。」
ポン子  「いつもですけど今号も読み応えタップリねぇ。」
たく代  「本当!それにお写真がとっても素敵!」
ポン子  「表紙なんかウットリするわよね……あれはラ・レイヌ・ヴィクトリアですって。」
たく代  「HISAKOさまがお写真を撮られた特集ページも素晴らしいわぁ!」
ポン子  「本当!どうやったらあんなに素晴らしいお写真が撮れるのかしら?アタクシ不思議。」
ブノ江  「ガーデンカフェ・グリーンローズ!なんて美しいんでしょう!」
たく代  「中の特集のゴージャス薔薇マダムたちのお庭も素敵!」
ポン子  「AさまにMさまにPさま……人気ブロガーたちの薔薇の庭……。
      表紙はAさまのお宅の薔薇ですって!どんなお手入れなさっているのかしら。
      Aさまってきっとグリーン・フィンガーをお持ちなんだわ。アタクシ、憧れちゃう。」
ブノ江  「あら、アナタだってスグにああなれてよ。」
ポン子  「あら、本当?嬉しい!アタクシが薔薇上級者?グリーンフィンガー?」
たく代  「そうよ、精進なさい。頑張れば、何れ人も薔薇も花開くのよ!」
ポン子  「分かった!アタシ頑張ってみる。アタクシ、ガーデン研究家になりたいんだもの。」
ブノ江  「そうよ、薔薇なんて簡単よ。光と水があれば育つのよ!」
ポン子  「本当?それならアタクシにも出来るかも……。」
たく代  「まぁ、ブノ江さま、大胆なご発言……一体どなたにお聞きになったの?」


ポン子  「ねぇねぇ、所で掲載された皆さんって、一体、何冊くらいお買い求めになるのかしら?」
たく代  「1冊は編集部から送られて来るみたいだけど、そうねぇ……。
      20冊は軽いんじゃなくて?それとも30冊くらい行くかしら?」
ポン子  「そうよねぇ、ご自分の庭が掲載されたんですもの、そのくらい当然よねぇ。」
ブノ江  「お2人とも、甘いわね。アタクシだったら100冊は買わせて戴くわ。」
2人揃って「まぁ、ブノ江さま、太っ腹!!!!!」


たく代  「巻頭の「美しいバラの系譜」……とてもためになったわ。」
ブノ江  「そうそう、薔薇の歴史と繋がりを紐解いた記事よね。
      さすが最近人気者の木村さんだわ。薔薇の実践もお詳しいし、しかもアデミック!
      凄いボリュームで読み応えタップリね。お陰でアタクシ寝不足だわ。」
たく代  「ポートレート拝見したけど、色黒でとってもシャイみたい。凄くお優しそう!」
ポン子  「ブノ江さま、お知り合いなんでしょう?」
ブノ江  「ええ、チョッとね……所謂、マブダチって奴かしら。ほほほほほほほほほ♪
      さっきアナタがお褒めになった HISAKOさまもお友達なのよ。
      アタクシ、陰で『オネエさま』ってお呼びしているの。」
ポン子  「まぁ……羨ましい!ブノ江さま、さすがお顔が広くていらっしゃるのね。」
ブノ江  「いえいえ、チョッとね。今度、紹介してあげてもヨロシクてよ。」
たく代  「まぁ、嬉しい!どんな方かしら?」
ブノ江  「そうねぇ……一言で言って男装の麗人ね。そのままベルサイユのばら!
      写真撮る姿がまた格好いいのよぉ……こうカメラを構えてスックと仁王立ち。」
ポン子  「HISAKOさまってあの国際バラとガーデニングショウのポスターも撮られたんでしょう?
      なんでも2年連続とか……素敵!♥」


たく代  「もうスグ薔薇の季節ね!今からドキドキだわ。」
ポン子  「今年は寒い日が続いているからアタクシ何だか心配……。」
ブノ江  「大丈夫よ、花は必ず咲くもの開くもの。
      開かないのは駅前のパチンコ屋のチューリップと相場は決まっていてよ!(笑)」
たく代  「あら、イヤだ。パチンコですって……ブノ江さまお下品!」
ブノ江  「話しは変わるけど、アタクシね、東京の薔薇が終わったら、
      夏に北海道を皮切りにガーデン巡りの旅に行こうと思っているのよ。
      もう何箇所かリストアップしてあるんですけど、
      そう言う意味でも今号の『My GARDEN』は凄く参考にもなったわ。」
ポン子  「まぁ、夏に北海道?!ガーデン巡りの旅?!」
ブノ江  「ええ、新しいカメラ持ってチョッと写真を撮りに行きたいのよ。」
ポン子  「いいわね、いいわね!羨ましい!ガーデン巡り……ウットリ!」
たく代  「ねぇ、ポン子さん、アタクシ達もご一緒させて戴きましょうよ!」
2人揃って「ブノ江さま、お願い!アタクシ達も連れてって!」
ブノ江  「・・・・・・うぅ〜ん、仕方ないわねぇ……。
      その代わり私の言うこと聞くのよ!それからアタクシのことを女王さまとお呼び!」
2人揃って「ハイっ!女王さま!」


こうして薔薇好きマダムたちの会話は、途切れることなく、
油紙に火が点いたようにペラペラと、立て板に水のように間断なく延々と続くのでした……。

b0168859_18495842.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

今日16日、ファン垂涎の「My GARDEN」が発売になります。
毎号、読み応えがある記事満載ですが、今号は丸々一冊、薔薇で溢れていて一段と華やかです。
僕も「Under the Rose Series」の中から「Bella Donna」と「Benoit Magimel」、
そして巻頭の特集の中で、丸々1ページ使って、
美しい「Under the Rose」の写真を載せて戴きました。
撮影はいつも美しい写真を撮られている写真家の福岡将之さん。

このお話を戴いた時に安藤編集長と電話で少しお話したんですが、
図々しい僕は、安藤編集長が「巻頭の特集ページの中で……」と仰言っているのに、
「表紙ですか?」と、わざと聞いてみたりします(笑)
「残ぁ〜ん念でした!表紙はそれはそれは美しいピンクの薔薇よ!」と、安藤編集長。

僕はてっきり「Pierre de Ronsard」だと思っていたんですが、
ふたを開けたら「La Reine Victoria」……しかも天敵Aの家の「La Reine Victoria」!
どうせ撮影間際に開花株を買って来て庭に置いたに違いない!(笑)



安藤編集長にはこの場を借りて公開嘆願書を出させて戴きます!(笑)

是非、僕の薔薇を表紙に使ってください!「Bella Donna」如何ですか?
それとも「Under he Rose」?(笑)このブログ、一日に何百人もの人が読んでいますからね!
安藤編集長!一つ宜しくお願いしますよ!(笑)
今日の写真はそんな訳で「My GARDEN」の表紙を意識して僕の薔薇。
「My GARDEN」は上に白い帯でタイトルが入るから正方形のトリミング!
どうです?余白に見出しを入れると何となく表紙みたいじゃないですか?(笑)

皆さん、スグに本屋に走りましょう!
今号は人気ですからスグに売り切れちゃいますよ!
20冊とは言いません!保存版、お友達に配る分も含めて、
そうですねぇ……5冊は買い求めましょうね!(笑)


16. 03. 2012


Benoit。


★Copyright © 2009~2012 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2012-03-16 00:00 | Under the Rose | Comments(22)

不意打ち(笑)

b0168859_1327393.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

浅草から「バラの家」がある東武動物公園に向かうには、
チョッとした飲み物とサンドイッチなどを買い込んで遠足気分と洒落込みます。
ボックス・シートの座席は何となく郷愁を誘うものがありますね。
約40分ほど……アッと言う間に付いちゃうんですが、
桜の時期なんかは、辺り一面、本当に見事な景色が楽しめます。

昨日はお気に入りの推理小説と最近使い始めた大人のオモチャをカバンに入れ、
車内で誕生日のお祝いへのお礼のメールを何通か打ちながら、
チョッとウツラウツラしている内に東武動物公園に到着。
久し振りに晴れ間が覗く空を仰ぎ見ながら「バラの家」に行って来ました。

駅では僕の薔薇の大先輩、有島 薫さんと待ち合わせです。
相変わらずお洒落な出で立ち、何とも言えぬ深い色合いの紫のマフラーが目を引きます。
こんな色合いの薔薇があったら素敵だろうなぁ……。
モードは既に薔薇になっているので連想するものも勿論、薔薇。
そこにてんちょ登場!わざわざ車で迎えにきて下さいました。
そう、昨日は有島さんのスペシャルバラ塾があったんです。
僕は今週から強烈に忙しくなりますのでその前のチョッとした息抜きに、
薔薇栽培の奥義、秘訣を盗みに参加して来ました。


新しく出来たカフェ「花まつり」でランチを兼ねて打ち合わせです。
ここのほうれん草のカレー……美味しいの!色々な新鮮野菜がタップリのプレートに大満足。
てんちょが差し出したプリントアウトされた予定表にサッと目を通すと……。

 「有島 薫先生&木村卓功スペシャルバラ塾 スペシャルゲスト 岩下さま」

……って!こらこら、そんな話し聞いていないじゃん!
てんちょ、ダメだよ不意打ちは!もっとも事前に打診されていたら行かないけどね(笑)
今度はキチンと事務所通してね!散々、勿体振った挙げ句に断るから(爆)



困っちゃうんですよねぇ……。
人前に出るのは苦手です。ましてや人前で話すなど困難の極み。
これでも高校時代は生徒会長をやりましたから(コッほん!)
何か行事の時には全校生徒の前、壇上に上って挨拶していましたが、
それとこれとは別。何だかね、気恥ずかしいのね。大した事話せないし。
そうそう、因に生徒会長と言っても、勉強は中の上、運動も特別出来ない、
ただ絵を描くのが上手いと言うだけが取り柄の、我が校、始まって以来の、
ヘンチクリン&平凡な生徒会長でしたけど(笑)

もうね、頭の中、真っ白ね(笑)
実はね、前の晩に てんちょのツイッターで見ていたのね。

 「明日はサプライズがあるかもw」って。

いえいえ、もう一つのブログで書いた通り、僕、ツイッターはやっていませんけど、
ミクシィを開けると友人がつぶやいたタイトルだけ見ることが出来るのね。
お気楽な僕は、てっきり大野耕生くんが、突如、華麗に乱入するものとばかり思ったの(笑)
この季節にあり得ないような薔薇の花束持ってさ……。
だから、行きの電車の中で耕生くんに、

 「…………ところで、今日はバラの家?」って、間抜けなメールしちゃった。

そう思っていたお客さんも多いですよねぇ……。
ゴメンなさいね、楽しみにしていた方々……がっかりしたでしょう?
僕じゃぁスペシャル・がっかり・ゲストだもんねぇ……。
まぁ、大目に見てやって下さい。僕、なかなか人前には出ませんので、
貴重な一瞬を目撃したと思って下さい(笑)珍しい生き物を目撃したと思ってね(爆)

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

さてさて、有島さんの講習会……楽しかったですねぇ。
あまりに盛り沢山で押しに押し、予定を1時間もオーバーですもんね!
貴重なお写真を見せて戴いたり、栽培の奥義を教えて下さったり。
僕ね、薔薇に関しては最低限のことしかしないので大変にためになりました。
肥料の事とかね。僕、肥料って花の前にしかあげないのね。
ホラ、誰かと一緒で基本は水と光だけで育つと思っている人だから(笑)
いつか後藤みどりさんにも言われたんですよ。

 「あら……ダメよぉ。春の花の後の肥料が大事なのよ!」って。

昨日はてんちょの「Cecil de Volanges」と僕の「Marquise de Merteuil」の、
名前の由来
を中心に、僕の薔薇に付いてチョッとだけお話しさせて戴きました。



最後にサインの話しをチョッと……。
僕、いつも言うように、ブログでも書くように、
サインをするのは歌手や役者などの芸能人、スポーツ選手、作家の先生だけでいいと思っています。
人前で話すのも苦手ですけど、サインをするなどとんでもない事なんです。
昨日は皆さん僕にとても気を遣って下さって、僕ごときのサインをご所望でしたが、
あれ、いつもふざけて言っているように、宅急便の受け取りのサインと一緒なんです(笑)
でも、僕らしくていいと思いませんか?もしもですよ、サインして下さいってお願いして、僕が、

 「えぇぇぇ……サインはチョッとぉ……。」

なぁ〜ンて言いながら書き出したら物凄い慣れた手付きで、
しかも「LOVE」とか「ピースマーク」とか「♡」なんか描いたら気持ち悪い(笑)
お名前の最後に「〜さん江」なんて書いたらひっくり返っちゃいますもんね。

でもね、実は、あのサインは憧れの大女優へ認める手紙や役所に提出する公文書、
ブノワ・マジメルとやり取りする手紙の署名と同じものです。
ブノワ・マジメルの場合にはそれに加えて欧文のサインも添えますが……。

薔薇の人気者の皆さんのように、
サインの横にサラサラと薔薇のイラストなんか描けません!(笑)
折角の機会なのにまともにお顔も拝見出来ませんでしたけど、一つ、ご理解下さいね。


お目に掛かれた皆さん、本当に楽しい一日でしたね!
いつもコマツガーデンや山中湖の極上のお庭でお目に掛かるマダム……。
ゴメンなさいね、一瞬、何方か分かりませんでした。
だって、これだけお目に掛かる場所が違うと咄嗟に頭が真っ白になってしまいます(笑)
それから「先生」は止めて下さい!友人が聞いたら腸捻転起こします(笑)

お世話になったてんちょ、やす部長、実店舗のスタッフの皆さん、
それから貴重な時間を割いてお話しさせて下さった有島さん、感謝、感謝です!


最後に、昨日、僕に不意打ちを食らわせたてんちょにはお仕置きをしなければいけません。
「不意打ち」「仇討ち」「敵討ち」……ネタはあがっています(笑)
この先、ジックリとてんちょをイジってあげるつもりです。
「相打ち」にならないように、「返り討ち」されないようにしないと!(笑)


03. 13. 2012


Benoit。


★Copyright © 2009~2012 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2012-03-12 00:00 | Under the Rose | Comments(8)

性格ですから……。

b0168859_9542975.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

仕方ないんです……性格ですから。
何がって……待てない性格なんです(笑)
そう、だって昔は瞬間湯沸かし器だったんですもん。
待ち合わせに開いてが遅れて来たとして、
相手が気に食わないヤツだと5分も待ちません。サッサと帰っちゃう。
好きな人だと2時間や3時間は当たり前で待つのですけど……。

年齢を重ね、薔薇と向き合うようになってからは随分と気が長くなりましたが、
矢張り、どうにもならない部分もあります。
ジーパンなんかは自分で履き潰していい感じにするのが待てません(笑)
メーカーの策略にまんまと乗っかって「〜ウォッシュ」なんて言う、
物凄くお高いのを買っちゃったりします。
自分用に買って来た草花も、開くのが待てなくてチョッと指で開いてみたり……。


先日のこと、早めに帰って来たので玄関先に座り込み、
カトリーヌの相手をしながら薔薇やクレマチスの新芽を撮っていました。
寒い、寒いと言いながら、何だかんだ言って随分と新芽が膨らんで来ましたね。
クレマチスが僕の知らない間に増えちゃった話しは前にも書きましたが(笑)
枯れたと思っていた細い枝先からプックリと、
新芽が膨らんでいるのを見るのは何とも可愛らしいです。

僕、クレマチスはてんちょの「バラの家」京都の「まつおえんげい」から買っています。
僕、クレマチス初心者でしょう?「まつおえんげい」の、
クレマチス担当の方のご指導通り、剪定した切り口をピートモスで、
こんもりと覆ったんです。寒さに芽が痛まないように。
でもねぇ、心配で心配で……何がって、本当に芽が出て来るのか?
もしかしたら枯れちゃっているんじゃないかって……。
だって、「まつおえんげい」から届いた「マダム・ジュリア・コレボン」なんて、
一抱えもある立派な鉢に土しか入っていないんだもの(笑)
いえいえ、土しか入っていないように見えるだけなんですけどね。
その中に立派で充実した株が眠っているのは分かっているんですけど、
ホラ、人って自分の目で見たものしか信用しないじゃないですか(笑)
土の中から芽が出て来るまでは心配で、心配で……。

そこで生まれ持った待てない性格がムクムクと顔をもたげて来ます(笑)
そこいら辺に転がっている細い枝で周りを掘っちゃうんですよ(爆)
もうね、気になって気になって仕方がないの。
勿論、そっとね。新芽を傷つけないようにそっと……。

b0168859_9552848.jpg
b0168859_955452.jpg
b0168859_956891.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

さすがに今の時期は全てのクレマチスの新芽が土から顔を出して来ました。
新芽って本当に美味しそう!天婦羅にしたいくらい(笑)
写真は新しい大人のオモチャで撮った「龍安」の新芽。
年末に「まつおえんげい」から届きました。
それから、危険な「バラの家」の温室内の様子……誘惑が沢山です(笑)

さぁて今年は薔薇とクレマチスの競演が楽しめるぞぉ!
運良く一緒に咲けば自慢して、ダメだったら思い切り強がりで、
「薔薇がなくなると寂しいから花が絶えないように花期をズラしたんだよ!」と、言えば良し(笑)
果たして一緒に咲いている写真が撮れるかどうかお楽しみです。


10. 03. 2012


Benoit。


★Copyright © 2009~2012 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2012-03-10 00:00 | Raindrops on Roses | Comments(6)

Let's talk about roses。


by souslarose
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31