<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

冬の名残の薔薇。

b0168859_1718998.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 「ヒョロロロロロロロロロォ〜!!」

ほぐして解いて、ほつれた枝を手繰り寄せ、
イタタタっ!刺に阻まれ、ようやく先端が見えて来た。
小さなポットに植えられた、「Princess Louise」さまさま、
な、な、な、何と!計ると5メートルも伸びていました。
でもね、台木の接いだ部分、一番下の一番太い所で割り箸くらい。
そのままヒョロロロロロロロォ〜!途中からは焼き鳥の串くらいの太さしかないの……。
だ、だ、だ、大丈夫か?これで花は咲くのだろうか?
お迎えして3年目、今年も花は見られませんでした(苦笑)
ツルだもの、仕方ないよね。育てて育てて4年目に期待しましょう。

早めに帰った月曜日、小春日和に誘われて、
チョッとだけ薔薇の手入れをしようかなぁ……気まぐれが起きました(笑)
今年はジャンジャンツルを伸ばしましたから、この冬はキチンと解いて誘引しないとね。
玄関先の大きくなったツル薔薇は、一品種ずつ解いて纏め、
改めて最初から誘引し直さなければいけません。
先ずは手始めに「Princess Louise」を解いたらイヤになっちゃって(笑)
さっさと家に入って小休止……その前に、カットしたのが今日の写真の薔薇です。

「Old Port」……大好きな薔薇です。
晩秋の午後、たった一輪の「Old Port」で遊んでみました。


 「One Shot !」

ロバート・デ・ニーロ扮するマイケルが、
クリストファー・ウォーケン扮するニックに言います。
「One Shot !」……射止める鹿に敬意をこめて一発で仕留めろ。
マイケル・チミノの大傑作「ディア・ハンター」の冒頭のシーンです。
マイケルのストイックな精神性がこの台詞に現れています。
僕が最愛のメリル・ストリープと出会った想い出の映画でもあります。

そんなマイケルの台詞に影響された訳でもないんですが、
僕は写真を撮る時には一つの被写体に対してほぼ1枚しか撮りません。
特に旅先や薔薇園、お友達の庭を見せて戴いた時なんかは、
余程のことがない限り一つの被写体に対して1枚が原則です。
それはきっとフィルムで撮っていた頃のクセ?名残でしょうか。

b0168859_1728326.jpg

今日はこの「Old Port」1本で、ああでもない、こうでもない136枚撮りました。
アッ!途中でカトリーヌを6枚撮りましたから都合130枚か……(笑)
薔薇の花はたった一輪で存在感がありますね。
満開時の薔薇園などで見掛けるビッシリ咲いた薔薇は僕にはトゥー・マッチです。

僕の家の今年最後の薔薇、冬の名残の薔薇でした。


25. 11. 2011


Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2011-11-25 00:00 | Raindrops on Roses | Comments(6)

感謝、感謝です。

b0168859_17404079.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

早いもので今年も11月下旬になってしまいました。
どうですか、皆さん、今年の薔薇は順調でしたか?
思った通りに沢山咲きましたか?それとも今年も反省しきり?(僕はこっち!)
素晴らしい薔薇に出会えましたか?お目当ての薔薇は手に入りましたか?
各園芸店、薔薇園のカタログも出揃いました。
今はインターネットで簡単に苗を注文出来る時代になりました(危険ですけど!)
ついついポチッとしちゃった方、慎重にリストアップしている方……皆さんどちらでしょう。

さて、昨年、僕の薔薇が発売になって2シーズン目を迎えました。
有り難いことに、薔薇を愛する方々のブログで美しく紹介され、
僕のバルコニーで世界にたった1本しかなかった薔薇が、
皆さんの家で可愛がられていることを思うと感慨深いです。

薔薇の専門家の方々も非常に親切にして下さっています。
「バラの家」の木村卓功さんは、僕の「Bella Donna」をブログで見て、
いち早くコマツガーデンの白州の圃場に足を運んで下さったそう。
それ以降も全品種を楽天のネット・ショップで扱ってくれています。
そして、自らのハウスで育てた素晴らしい苗は薔薇ファン垂涎です。
面白いのは、彼の交配は長年の知識に裏打ちされた確かなもの。
僕はそれこそ何ちゃって交配ですが、どこか底の部分に流れるものは一緒なのかな?
美しいものに惹かれる気持ちは同じ?そんな気がしてとても親近感を覚えます。
でもね、その薔薇の育種に関しては決定的な違いが!(笑)
これはとても面白い話しなのでその内にゆっくりと記事にしたいと思います。

今日の写真、クレマチス「Prince Charles」と愛らしい薔薇「Laure Davoust」。
このコラボレーションは、僕、お得意の「やらせ」ではありません(笑)
僕の家の玄関先で同時に咲いたものです。
とは言っても、これらの苗は今年になってから「バラの家」から来たものです。
「バラの家」でスタッフの皆さんが丹精こめて育てた苗、
来年はどうでしょうね?僕の手でこんな風にキチンと咲かせられるかな?

薔薇好きには堪らない薔薇とクレマチスの競演。
この写真を見ると、京都の「まつおえんげい」の松尾正晃さんを思い出します。 
松尾さんは京都、僕は東京……年に何回も会える訳ではありません。
松尾さんが東京にいらした時にお話しをさせて戴くくらいです。
何故、クレマチスと薔薇が一緒に咲いている写真を見て松尾さんを思い出すかと言うと、
一番、始めにお目に掛かった時、いいカメラをお持ちの松尾さんに聞いたんですよ。

 「今日はどんな写真を撮られたんですか?」

その時の松尾さんの答えが、

 「薔薇と一緒に咲いているクレマチスを撮りに来ました。」

あのハスキーな優しい声でね。笑顔が浮かぶようでしょう?
矢張り、お客さんに聞かれることが多いのでしょうね。
薔薇と同じ時期に咲くクレマチスはどれかって。
どんなに気に入った品種でも、開花時期が違ったんじゃ話しになりません(笑)
自分の足で情報を集める……自分の目で見て相性や組み合わせを感じる……。
人伝の意見じゃなくて、自分の経験を通してお客さんに提案する。
凄いなぁって思っちゃったんです。そうすれば、自信を持ってお客様に勧められますもんね。
その松尾さんの「まつおえんげい」の素晴らしいカタログに僕の薔薇を取り上げて下さっています。
ご自分の言葉とご自分で撮られた写真で美しく……本当に有り難いです。
こちらからお願いして載せて戴きたいくらいなのに、
わざわざ、事前にお断りを戴きました。僕はただただ恐縮するばかり。
送って下さったカタログには丁寧な手紙まで添えられていました……。
人と人ってそう言うことなんだと思います。感謝の気持ちで一杯です。

b0168859_17411546.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

最後に、フレグランスさんの名前で皆さんに親しまれている、
銀座・日本橋三越のチェルシーガーデンの有島さん……。
僕の学校の大、大、大先輩でもあるんですが、のみならず、薔薇の大先輩でもあります。
いつも親切にして下さって、今年のカタログでも破格の扱いをして下さっています。
お店のホームページでも、薔薇界の大御所ナーセリーに並んでの紹介……。
店舗でも僕の薔薇を綺麗に育てて下さっていて、感謝、感謝!
色々な講座の場も僕の薔薇を勧め、褒めて下さっているとか……。
そう言うのって自然に僕の耳に入りますからね……もう足を向けて眠れません(笑)

その有島さんがこの日曜日にテレビ出演です!
20日(日)朝8時30分からの「趣味の園芸」です。
皆さん、是非、ご覧になって下さいね!今回は鉢植えの極意、奥義を解説して下さるハズです。
長年の経験と実績に裏打ちされたテクニックを惜しげもなく……です。
一つ心配なのは、またダジャレを言った後に、

 「なぁ〜んちゃって!」

なぁ〜んて言っていなければいいのですけど(笑)
僕も珍しくテレビの前に鎮座ましまして、
ダメ出し用にジックリ拝見しようと目論んでいます(笑)



さぁて、さぁて、ブログにて美しい写真と共に紹介下さっているお友達、
親切にして下さっている専門家の皆さんの親切に応えるにはどうしたらいいか……。
それは、素敵な薔薇を作って紹介するしかありませんね。
ドカぁ〜んと一気に沢山咲くのではなく、一輪で存在感のある薔薇。
僕にしか造り得ない薔薇をいつか作ってみたい……。
薔薇ファンの皆さんや専門家の皆さんを唸らせる薔薇を作って恩返ししたいです。


19. 11. 2011


Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2011-11-19 00:00 | Raindrops on Roses | Comments(10)
b0168859_2154186.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

先々週は全く予期しないアクシデントで断念。
先週は携帯電話を紛失すると言うアクシデントでそれどころではなく、
今週末、ようやく秋の「Garden Cafe Green Rose」に行って来ました。
春の庭がとても素晴らしかったから……秋も見たくなろうと言うものです。

電車を乗り継いで遊びに行って来ました、素晴らしい「Garden Cafe Green Rose」。
前日までの大雨が嘘のように清々しく晴れ渡り、
胸一杯に吸い込んだ空気が日々の疲れを忘れさせてくれるようです。

丁度、お客さまが途切れた小一時間、
オーナーのSさんと2人きりでジックリ色々なお話しをさせて戴きました。
薔薇の手入れや交配のことにはじまり、近頃の気候のこと……。
植物を慈しむ人の笑顔は素敵ですね。破顔一笑、嘘偽りのない笑顔は穏やかです。

美味しい珈琲とケーキを戴き、さぁ、戦闘準備OK(笑)
果たしてどんな写真が撮れるかな?新境地開拓……無理ですよねぇ(苦笑)
幸いに素敵な被写体が庭のあちらこちらに沢山潜んでいます。
秋の草花はどことなく質素で寂し気です。しかも大きさも小さくこじんまりしています。
晴れていたとは言え、そこは矢張り秋の陽射しです。
光を集めて、集めて……少ない光線を最大限に生かします。
何の種類でしょうね……蜂が沢山飛び交い、羽音をたてる庭で撮影した写真。
さぁて、恒例、吉例の手動スライドショウの始まり始まりです!(笑)

b0168859_21552970.jpg
b0168859_2242649.jpg
b0168859_2241457.jpg
b0168859_2235955.jpg
b0168859_2233871.jpg
b0168859_2232428.jpg
b0168859_22389.jpg
b0168859_2225394.jpg
b0168859_2223941.jpg
b0168859_2222865.jpg
b0168859_222108.jpg
b0168859_2215530.jpg
b0168859_2213840.jpg
b0168859_221535.jpg
b0168859_2204775.jpg
b0168859_2203018.jpg
b0168859_2201110.jpg
b0168859_21595718.jpg
b0168859_21593781.jpg
b0168859_21591244.jpg
b0168859_21585594.jpg
b0168859_21583868.jpg
b0168859_21582756.jpg
b0168859_21581297.jpg
b0168859_21575087.jpg
b0168859_21573755.jpg
b0168859_21571771.jpg
b0168859_2157089.jpg
b0168859_21564096.jpg
b0168859_21562449.jpg
b0168859_215661.jpg
b0168859_21554878.jpg
b0168859_2251873.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

どうでしたか?「Garden Cafe Green Rose」の秋の庭の様子、楽しんで下さいましたか?

今年になってからかな……僕の中で大きな変化がありました。
去年までは兎に角、寝ても覚めても薔薇、薔薇、薔薇を撮りに行っていたんですが、
今年は気が付くと薔薇以外の植物を撮っていることが多いんです。
薔薇はビッシリ隙き間なく咲いている必要はない……美しい花一輪でいい。
躑躅などのように色の面で見せる必要はないんじゃないかな?それが僕の考え。
だって、薔薇は花の女王さまなんだもの。女王さまは一人で充分でしょう?
たった一輪で存在感が抜群なのが薔薇なんです。

さぁて、これで僕の今年の秋の薔薇シーズンはお仕舞い。
明日から年末にかけて怒濤のような日々の始まりです。

来年のガーデン廻り……行きたい所は既にリストアップしてあります。
勿論、「Garden Cafe Green Rose」「野鳥の森ガーデン」……。
一つ、大きな目標は、今はカメラなどの機材がとても充実しています。
人と違うこと、人と違う特徴を探って来年も写真を撮ってみたいと思います。
またドカンと写真をアップする事があると思いますが、お付き合い下さいね!

長くて巻き紙的な記事同様、
写真も物凄い数になって来た……なぁ〜んて言わないでね(笑)


13. 11. 2011


Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2011-11-13 00:00 | Raindrops on Roses | Comments(10)
b0168859_10163270.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

今年の秋は何だか暑いです。仕事中や日中は半袖!
もう11月ですからねぇ……僕なんか暑がりだから(笑)
体調管理が大変ですね。真面目に調子狂っちゃいます。

さて、この秋は大きな台風が2つありました。
街の風景もチョッとおかしな事になってますね。
先日、仕事で訪れた鎌倉山の桜の樹には1枚も葉が付いていませんでした。
大風と塩害によるもの。残念ながら今年は美しい紅葉が見られません。
日本国中で季節を間違った桜が開花しているニュースも聞かれますもんね。



さてさて、そんな深まる秋の連休……。
行って参りました、「野鳥の森ガーデン」に!
自分でも驚いちゃうんですが、何と、今年3回目の訪問です(笑)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスクがハラハラ散り始めた晩春。
炎天下、帽子がないと危険なくらいに強い陽射しの盛夏。
そして今回、全回2回の素晴らしさが忘れられずに秋の訪問です。
上品なMさんと、いつもガジャガジャやかましい天敵のAと朝一に待ち合わせ、
清々しい園内を散策して参りました。

驚いたのは、薔薇が物凄く大きく育っていたこと。
きっと環境が薔薇に適していて、スタッフの手入れも行き届いているのでしょう。
決して学習すると言うことがない僕ですが(笑)
こうして秋にもタップリ咲いている薔薇の名前をメモ、メモ、メモ……。
グリーンの色にも色々あること、それらの素敵な組み合わせ方も勉強して来ました。
朝9時はまだ朝露が薔薇を彩っています。それらが朝日を受けて美しいことと来たら!
歩道にノロノロ出て来た小さなカタツムリを一つ一つ丁寧に拾い上げ、
草むらに移してあげながら園内を3週ほどして撮って来た写真をご覧下さいね。

晴れには晴れの、曇りには曇りの、雨には雨の写真の撮り方があります。
それから季節ごとの写真の撮り方も。秋はどうしても花が小さくなり雰囲気も素朴です。
晴れて太陽光線がタップリ降り注いでも、どこか寂し気な写真になります。
ではでは、恒例の手動スライドショウのはじまりはじまりぃ!(笑)

b0168859_10171248.jpg
b0168859_10184771.jpg
b0168859_1019113.jpg
b0168859_10183783.jpg
b0168859_1023221.jpg
b0168859_10231033.jpg
b0168859_1020827.jpg
b0168859_1023191.jpg
b0168859_10225213.jpg
b0168859_10224323.jpg
b0168859_10222817.jpg
b0168859_10222116.jpg
b0168859_10221028.jpg
b0168859_10215813.jpg
b0168859_10214390.jpg
b0168859_10213473.jpg
b0168859_10212093.jpg
b0168859_10211236.jpg
b0168859_10205671.jpg
b0168859_10204780.jpg
b0168859_10203326.jpg
b0168859_10202310.jpg
b0168859_1019544.jpg
b0168859_10194046.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

如何でしたか?晩秋の「野鳥の森ガーデン」。なかなか素敵だったでしょう?
既に来年の春の訪問が待ち遠しくてなりません(笑)


最後に、当日、野鳥の森ガーデンで交わされた僕と天敵Aの面白い会話を一つ……。

 A「あのね、河合さんがあけのこと
  『あけさんはスノーグースみたいですね!』って言ってくれたの ♥ 」
 B「スノーグース?何かの間違いじゃない?あけぽんそんなに可憐じゃないじゃん(笑)」
 A「うぅん、スノーグースだって言ってくれたの……嬉しい!」
 B「いやだなぁ、河合さん……最近お世辞が上手になった?(笑)」
 A「違うもん!そりゃぁ、丈夫な所がイメージなのかもしれないけどね。」
 B「分かった!それ聞き間違いだよ!スノーグースじゃなくってスノーブース!(爆)」
 A「違う!ブースじゃなくってグース!」
 B「あははははははは!スノーブス!(笑)」

そのスノーブースのAが言います。

 A「ブノ。ちゃんの写真は薄っらボンヤリしている所が特徴だから……。」
 B「違うでしょ!詩情豊かと言いなさい、詩情豊かと!(笑)」

相変わらず薄っらボンヤリの写真ですが、
詩情豊かな写真の行間……楽しんで戴けましたでしょうか?(笑)


07. 11. 2011


Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2011-11-07 00:00 | Raindrops on Roses | Comments(12)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30