<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

光を待つ。

b0168859_1851572.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

Super Express…………超特急。

僕、大好きなんです、新幹線(笑)えっ?子供っぽいですか?
新幹線とかユーロスターとか……乗るって思っただけでワクワクしちゃいます。
新幹線の美しいフォルムと乗り心地、
飛行機の機内のような車内のデザインは世界一だと思っています。
加えて、数分おきに超高速の列車を安全に時刻表通りに運行する……。
このシステムこそが世界に誇る新幹線の最も素晴らしいところです。
駅弁を買って何時間でも乗っていたい新幹線……。

さて、残念かな、乗車時間1時間チョッとの軽井沢に行って来ました(笑)
3月の大震災後、僕なりに身を粉にして頑張って来ました。
9月なんか忙し過ぎて何をしていたか全くの記憶喪失状態。
そのご褒美と、これから年末にかけてのバタバタに備え、鋭気を養うため、
軽井沢のレイクガーデン内にあるルゼ・ヴィラに一泊して来ました。

今回のメンバーは僕と薔薇の仕事をしている女性以外は、
全く薔薇と関係のない僕の親友4人と僕の5人。
20年来の大親友の女性と、応援し、可愛がっているハンサム俳優くん、
かれこれ26年もの長きに渡っての悪友の5人です。
レイクガーデンと言えば薔薇で有名ですけど、
秋のレイクガーデンは初めてです。さて、どんなでしょう?紅葉の進み具合は?
今回はいつものデジタル一眼レフカメラとフィルムの一眼レフを持参しました。
デジタルは主にガーデン用、フィルムはポートレート用です。
フィルムはまだ現像していませんが、取り敢えず、デジタルの分だけアップしますね。
恒例、吉例の手動スライドショウの始まり始まりです(笑)

b0168859_186246.jpg
b0168859_1862195.jpg
b0168859_18125581.jpg
b0168859_18123733.jpg
b0168859_18115776.jpg
b0168859_18113891.jpg
b0168859_18112311.jpg
b0168859_18111419.jpg
b0168859_18105145.jpg
b0168859_181028100.jpg
b0168859_1810730.jpg
b0168859_18345410.jpg
b0168859_1895115.jpg
b0168859_189108.jpg
b0168859_1883622.jpg
b0168859_1881939.jpg
b0168859_188226.jpg
b0168859_1874077.jpg
b0168859_1871976.jpg
b0168859_1865889.jpg
b0168859_1864163.jpg
b0168859_1893028.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

朝4時に起き、グッスリ休んでいる友人を気遣って、
音を立てないようにゆっくりとそぉ〜っと入浴です。
昨晩12時まで部屋で楽しんだワインの残りが身体から抜けて行くようです。
浴室の開けた窓からひんやりとした空気が入って来ます。
ルゼ・ヴィラの浴室は広々として非常に清潔。
ジンワリ身体の芯まで温まり、ここ6ヶ月の疲れが吹き飛ぶようでした。
身支度を整え、日が昇るのを待つこと30分……いよいよ撮影に出掛ける時間です。

まだ薄らと薄暗いガーデン……中の島のベンチで光を待ちます。
太陽光線は本当に有り難いですね。暗く色彩のないモノトーンのガーデンが、
時間と共に徐々に秋の色とりどりの色に染まって来ます。
赤、黄色、橙……この季節は枯れた茶色でさえ緑と対比して美しく輝きます。

b0168859_1829974.jpg

朝の5時から7時まで、湖を2周した写真……。
風呂で温まった身体は芯まで冷え、指先は痺れるほどでした。
どうですか、お気に召しましたでしょうか。
残念なのは、朝方に撮った分120枚、
美しい薔薇を含む何枚かのいい写真のデータが壊れていたこと。
メモリーカードのデータが飛んでしまいました……だからデジタルは嫌いなのだ。
これを機にフィルムカメラに移行しようかしらン……。

さぁて、そろそろ秋の薔薇のシーズンの始まりです。
美しい庭を何カ所か見に行く予定もあります。
果たして素敵な薔薇に出会えるでしょうか?
息を飲むようないい写真は撮れるでしょうか?


21. 10. 2011


Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2011-10-21 00:00 | Raindrops on Roses | Comments(24)

アバタもエクボ……?

b0168859_13563536.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

自分で作った薔薇は愛おしいです。
それが思い通りじゃなく、自分の計算から大きく外れて、
自然の気まぐれ、天の采配で出来たものだとしても……。
ご存知の通り、薔薇の交配は1+1=2ではありません。
3にも4にもなる事もありますし、時には100になる事もあります。
そう、思いもかけない花が咲くことが多いのです。

交配をはじめた最初の頃、僕が夢中になったキッカケの一つは、
そんな自分の力ではどうにもならない意外性、
キャンバスに絵を描くようには行かないもどかしさ、
上手く行かなかったからって消しゴムで消すことが出来ない偶然性。
そんなこんな、思いがけない中の奇跡?ごくごく低い確率ですけど、
小さな種から美しい薔薇が花咲く奇跡が楽しかったのかもしれません。

b0168859_13573492.jpg
b0168859_13571929.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

今日の写真は僕のオリジナルの薔薇です。
1枚目は散る寸前、今にも花弁が落ちる間際の1枚。
この写真を撮ったスグ後、ハラハラと花弁が散ってしまいました。
他の2枚は8分咲きの初々しさと満開の絢爛たる美しさを誇る瞬間です。
温かいピンクの花は、ティーの匂いに桃の匂いが混ざります。

薔薇の花はその蕾の時から5分咲き、満開の頃と大変に美しいです。
僕がそこにもう一つ求めたいのは、散る間際の美しさです。
真に美しい女優はその最晩年が最も美しいと言われています。
薔薇もそう、盛大に咲き乱れている時は当たり前ですが、
その散り際、朽ち果てる様がその薔薇の真の価値を高めると思うのです。
特に色の薄い薔薇は散り際が汚くなりがちですから……。

「綺麗は穢い、穢いは綺麗……。」

何をもってして「美しい」とするか人それぞれです。
全ての物に美を見出すフレキシブルな感性……大事にしたいものです。

散る間際の美しさ……。
そう言う部分でも、この薔薇を凄く気に入っていますが、
決して世に出る事はありません。たった1つ、最大の欠点があるのです……。
それはね……春の一番花が大きいのです。
普通と言う人もいるかもしれませんし、
「なぁ〜んだそんなこと?」と、思う人がいるかもしれませんが、
僕の中では大き過ぎる……僕の基準から大きく外れます。
秋の花は丁度いいんですけどねぇ……仕方ないですね。
如何に自分の薔薇と言えど、アバタもエクボではないのです(笑)
時に非常に冷静に判断している自分がいます。

b0168859_15322083.jpg

去年、あるパーティーの案内状の写真としても使いましたが、
矢張り、譲れない部分はあります。残念ながらお蔵入りです。


07. 10. 2011


Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2011-10-06 00:00 | Under the Rose | Comments(8)
b0168859_15554893.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

どうやら僕の役回りのようです……何がって、そう、音頭取り。

勿論、日々、友人達からは沢山のお誘いを受けますが、
圧倒的に僕がお膳立てして音頭を取り、言い出しっぺになる事が多いです。
大人しくて穏やかで、華やかじゃないから常に陰で色々する役回り……。
先頭切って……僕ってそんな性格じゃないのにね(笑)

食事会、観劇、映画鑑賞、旅行、飲み会……僕が音頭取りすることが多いです。
考えてみれば、美味しいお店や素晴らしかった映画、演劇、音楽……。
旅先での忘れられない経験を、親しい友人達に味合わせてあげたい……。
その辺が音頭取りの根底、動機にあるのかもしれません。


さてさて、厳しい残暑は何処に?
台風一過、アッと言う間に秋になってしまいました。
日本の四季って、その移ろい行く季節と季節の狭間が大変に美しかったりしたものなのに、
最近は季節が非常にハッキリしていて情緒がありません。
雨の降り方を見ていると良く分かりますよね。

霧雨、驟雨、俄雨、小糠雨、時雨、春雨、走り雨、氷雨、白雨……。

日本語には雨の降り方を表す言葉が数えきれないほどあるのに、
最近は「土砂降り」「ゲリラ雨」……この2つに絞られつつあるようです。

そろそろ秋の薔薇ののシーズン。
皆さんは薔薇見学の予定を立てられましたか?
春のように一気にドカぁ〜んと咲かないけれど、
秋の薔薇は色も濃く花保ちもいので情緒タップリでとても素敵です。
僕も幾つか秋の薔薇を見る予定を立ててみたりしました。
その中のメイン・イベントが軽井沢のレイク・ガーデン!
数年前に1回、泊まりがけで遊びに行き、去年は日帰りで堪能しました。
今年は秋のレイク・ガーデン……初めてなんですよ。一体どんなでしょうねぇ。

親しい友人4人で……もしかしたら応援している俳優くんも参加の5人で。
折角ですから部屋を取り、ゆっくりと朝夕の暮れなずむレイク・ガーデンをそぞろ歩きます。
今回はそれ程、薔薇、薔薇言わない友人がメインです。一人は全く薔薇に興味なし(笑)
僕も薔薇がビッシリ咲いているのはトゥー・マッチな方なので凄く楽しみにしています。
秋の薔薇がチラホラ咲き、澄んだ空気に紅葉が美しく燃え、
レイク・ガーデンの水面にそれらが美しく映える……。
そんな光景を親しい友人に見せたかった……だから音頭を取ってみました(笑)
残念ながら夕食のテーブルを囲みたい店は定休日なんですが、
イタリアン?焼き鳥?鮨?……仲間と囲む食卓は格別でしょう。

秋のレイク・ガーデン……どんな写真が撮れるでしょうね?
折角です、ハンサムな俳優くんを含むポートレートも撮ってみたいです。
何てったって、今回は美女が2人同行しますから……。
恒例、手動のスライドショウは帰って来たらのお楽しみです!


04. 10. 2011


Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2011-10-04 00:00 | Raindrops on Roses | Comments(12)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31