<   2011年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ながら撮影。

b0168859_180566.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 「プシュッ!」

帰宅するとカバンを放り投げて先ずは缶ビールを開けます。
僕はお酒は何でもござれの口だけれど(アルコール中毒じゃないよ!)
最初の一杯は発泡性のものがいいな。
いきなり日本酒や紹興酒って言う訳には行かないものね(笑)
兎に角、発泡性の缶ものを開けます……好きな発泡性と言えば……。
シャンパン?カバ?グラス使いますからねぇ……外じゃ無理!って、
毎日シャンパンを開ける余裕なんてないのだけれど(笑)

僕は薔薇の手入れをする時には必ずカメラも手元に置いてあります。
あらゆる瞬間を逃したくないじゃないですか。

いらない枝を剪定をしながら「カシャッ!」

チョロチョロまとわりつくジジちゃん一家と遊びながら「カシャッ!」

ビールをグビリグビリやりながら「カシャッ!」

家の前を通る近所の方々と軽口たたきながら「カシャッ!」

ああでもない、こうでもない……。
来年の玄関前ジャングル化計画を夢見ながら「カシャッ!」


このところ殺人的に暑くなって来ました。
つい先日までの梅雨寒はどうしたの?(笑)
昨日なんか脚立に乗って作業していて身の危険を感じました(爆)
何だか虫眼鏡で焼かれる蟻んこの気分……早々に退散です。

今年の夏は何だか厳しそうな予感がしますよね。
暑さもだけれど、節電の影響が思わぬ所に出て来そう。
現実的には無理だし、極論なんだけど、
日本中のクーラーがなくなっちゃえばいいのね。
昔はクーラーなんかなかったんだからさ。扇風機でOK。
室外機から出るもの凄い熱風……気温が何度上昇していることか。
もっとも、今の完全密封&完全空調の建物じゃ無理だけれど。

僕「クールビズ」って言う言葉嫌いなんです。絶対に使わない。
厳しい夏と節電で、巷では「クールビズ」がさらに叫ばれているけど、
何だか変なファッション多いと思いませんか?
暑さをしのぐ楽な洋服?だったら何でもあり?
タンクトップやアロハシャツは幾ら何でもマズいでしょう(苦笑)
女性にも言えるんだけど、肩を露にしたファッションって、
実は、本人は良くても見ている側が暑苦しい思いをするもの(笑)
昔の日本映画を参考にすればいいのに。
夏は開襟シャツを上手に着こなしていました。
シャツの裾を出してもいいと思うけど、
今のタックなしのパッツンパッツンの細身のパンツじゃ無理か(笑)
大体、ネクタイってジャケットを来た時にVゾーンを飾るもの。
ジャケットを羽織らないのに締める必要はありません。
最近のシャツのデザインも変ですね。襟がダブルになっているもの、
派手なステッチが施されているもの等々……オフィスで着るものじゃありません。
靴も凄く変です……先が尖って反り返っている靴……。
君、君、そこの君!メフィストフェレスじゃないんだから。
何でもかんでもデザインされていればいいってもんじゃない。
デザイナーは既存の美しさに対して、如何に自分らしさを出すかに腐心し過ぎ。
何でもかんでも奇を衒えばいいってもんじゃない。
シンプルで機能的な形の中にこそデザインが生かされるべきです。

何だか話しが逸れちゃいましたね(笑)
薔薇前線は北上し、関東の薔薇は2番花が真っ盛りです。
そろそろ人も薔薇もジィ〜っと我慢の夏がやって来ます。
秋に向けて、また、気の早い人は来年の春に向けて作業開始です。

この薔薇だけのブログもそろそろペースダウンですね。
夏休み宣言はしません(笑)どうせ何か書くんだからね!
ポツポツと思い出したこと、春の記憶を辿って更新する積もりです。

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

今日の薔薇は僕のオリジナルの薔薇2品種とツクシイバラ。
ツクシイバラ……調子悪いのよねぇ(怒)何でしょう、シワシワして来ました(笑)
大体、この暑さは薔薇を育てる環境じゃないですね。
その内「日本の薔薇の栽培は関東以北」……。
なぁ〜んて言われるようになるかもしれないです。

さて、僕のオリジナルの薔薇2種。
真っ黄色は好きではないのですが、
この黄色はいいと思います。驚くほど強い紅茶の匂い。
それから赤黒い薔薇は刺が多いものの、強烈なオールドローズの匂いがします。

ながら撮影も楽しいものですが、僕のカメラ熱も暑さと共にサヨウナラです。
夏場は殆どカメラを手にする事がなくなります(笑)


30. 06. 2011


Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2011-06-30 00:00 | Under the Rose
b0168859_20575562.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

普通………………。
人さまのお宅にお邪魔する時には昼時を外すとう言うのが常識です。
待ち合わせ時間と場所を聞いた時に、何だかイヤな予感がしました。
だって、車を運転しない僕でさえ、
昼ジャストに目的地に着くのが見え見えだったから(笑)
さすが自称「エレガントなガーデン・ブログ」を運営するあけさん!
今日も庭じゃなくって食べ物目当てだなぁ?!(爆)

何でも、随分と前に僕がその日のランチのメニューをおねだりしたんだとか(笑)
ウゥ〜ン、おねだりはしていないぞぉ!食べたいって言っただけ!
でもチョッとパソコンで文字変換してビックリしたのは「おねだり」って「お強請り」……。
何だかもの凄い字を書きますね(笑)そんなことはどうでもいいんだけれど、
やっぱり、真面目に、昼ジャストに着いちゃいました……憧れのTさま邸。
前々から素晴らしい庭園のことは聞いていましたが、
こうして自分がこの足でそこに立っているとは……暫し、信じられず、
今、思い返しても何だか夢うつつ……ホッペタつねってみようかしらン。

温かく迎えて下さったTさまご夫妻とお友達。
いきなりランチにならずにホッと胸をなで下ろします(笑)
荷物を玄関先に置かせて貰い、小走りするように庭園に………………。

 「はぁ………………。」

言葉は何もいりません。
僕の貧困なボキャブラリーでは、その素晴らしさの1/100も表現出来ないもの。
斜面を利用した広大な庭園には数えきれないほどの草花が咲き乱れています。
一体、何種類の草花がここに植えられているのか……。
東京から車で2時間弱とは言え、あまりにも違う気候に、
ご夫婦で試行錯誤した結果がまるで天国のような光景を生み出しています。
満天の星空からパラリパラリと星が降り注ぐようなクレマチス、モンタナ。
御主人のアイデア、苦心の誘引だそうです。
奇を衒った派手な色使いは一切していません。白からブルーの小花がメインの植栽……。
帰宅して写真の整理をしながら驚いてしまったのは、
何と、薔薇の写真が1枚もないこと!勿論、薔薇も沢山咲いていましたよ。
普通、庭、庭園を拝見すると言えば、無意識の内に薔薇を期待しますよね。
薔薇が1枚も写っていない……少なからずショックでした。
薔薇が大好きな僕なのに……それ程、薔薇だけが突出していなくて、
統一感があって素晴しい庭園だったって言うことでしょう。

A型の僕は例によって写真を選べません(笑)ズラッと並べてみました。
どうでしょう、Tさま……お気に召すでしょうか。
ではでは、手動のスライドショーの始まり始まりぃ!(笑)
b0168859_2192719.jpg
b0168859_2191433.jpg
b0168859_219043.jpg
b0168859_16552286.jpg
b0168859_2183865.jpg
b0168859_218223.jpg
b0168859_2173817.jpg
b0168859_2171466.jpg
b0168859_2164857.jpg
b0168859_2161959.jpg
b0168859_2161069.jpg
b0168859_2155626.jpg
b0168859_2154212.jpg
b0168859_2153083.jpg
b0168859_2151364.jpg
b0168859_2145559.jpg
b0168859_2144591.jpg
b0168859_2142652.jpg
b0168859_2141445.jpg
b0168859_2134462.jpg
b0168859_2133355.jpg
b0168859_2131730.jpg
b0168859_213196.jpg
b0168859_2124748.jpg
b0168859_2123296.jpg
b0168859_2115452.jpg
b0168859_2113462.jpg
b0168859_2111897.jpg
b0168859_210537.jpg
b0168859_2103710.jpg
b0168859_2102078.jpg
b0168859_16563882.jpg
b0168859_210069.jpg
b0168859_20593649.jpg
b0168859_2194014.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

後ろ髪を引かれるように邸内へ……ランチ・タイム!
僕が食べたいと言ったキーマカレーがとてもいい匂いを漂わせています。
ピリリと辛い中にほんのりと甘みが……パイナップルが入っていると小耳にしました。
美味しいハム、サラダ、パン、何種類かの凝ったバター、サーモンのマリネ。
そして楽しみだったキーマカレー!美しい奥さまの手作りです。
咽まで出かかった「お代わり!」をやっとのことで飲み込みました(笑)
紅茶を戴きながらフルーツとケーキで締めです。

出発の前に別れを惜しむように庭園に……。

 「ほーほけきょ!」

どこか樹の上にスピーカーでも設置してあるんじゃないかって言うほど、
グッド・タイミング&素晴らしい鳴き声の鶯がさえずり、虫の羽音が耳をくすぐり……。
その虫もね、東京のみたいに毒虫じゃないの。きっといい虫ね(笑)
ホラ、ホラ、耳を澄ますとね、何かが棲んでいるみたいなんですよ……。
樹の妖精とか花の精とかね……小さくて愛らしい生き物が。
それだけじゃなくて、どこか舞台装置を思い起こさせる部分もあって……。

「夏の夜の夢」のオベロンとタイターニャが、
あの木陰で午睡を楽しんでいるのではないか?……とか、
キャメロットの魔法使いマーリンがどこかに潜んでいるのではないか?……とか。
T邸はそんな庭園でした。ハァ、これほど言葉が虚しいとは(笑)

あけさんは同行のF大先生に気を遣って右往左往(こっちにも気を遣って!)
そのFさまは俄薔薇講習会やら写真撮影に忙しそう。
素敵な写真をお撮りになるおっとりMさん、撮影の秘密を見ちゃいました!
あのしっとり素敵な写真の秘密は手袋にありと睨んだ!(笑)

最後の1枚は僕のお気に入り。奥さまは嫌がるかなぁ……。
でもね、この花ガラを摘んだバケツの中にも、
素晴らしい庭園のエッセンスが凝縮しているように思えてならないから。
皆さんどうですか?宝石箱みたいに見えませんか?


23. 06. 2011


Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2011-06-23 00:00 | Raindrops on Roses
b0168859_20295881.jpg
×××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

そうでなくても薄暗いのだ。
貴重な太陽光線を遮らないようにビニール傘を用意する。
サンダルにTシャツ、ショート・パンツの濡れてもいい簡単な服装。
手にはお気に入りの一眼レフにF1.4の標準レンズを付けて。
勿論、薔薇を美しく見せるための女優ライト……。
ならぬ、白の和紙を使ったレフ版も持参します。

傘をさしながら玄関の外でしゃがみ込むこと1時間。
およそ600枚の写真を撮りました。
構図を決めて連写、連写……この日は雨の雫に焦点を置いて。

b0168859_2010663.jpg

細かい霧雨が舞うように薔薇の周りを漂います。
微妙に渦を巻く微風によって、霧が上から下から……。
まるで薔薇を包み込むように舞います。
僕の顔にも濃密で細かい霧がまとわりつくようです。

タップリと雨を含んだ花首が重たそうです。
次第に頭を垂れ、今ではスッカリ俯くその姿。
これほど美しい薔薇が他にあるでしょうか。

b0168859_20123969.jpg
×××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

ギリギリまで溜まった雨粒……。

 「ぽとり!」

一粒、また一粒……雨露が落ち、軽くなると反動で花首が跳ね上がります。
薔薇は「Bella Donna」……僕のお気に入り。
しっとり濡れ、美しさに磨きがかかったようです。
辺りに舞う極上の匂い……雨の日の午後の素敵な瞬間。


21. 06. 2011


Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2011-06-21 00:00 | Under the Rose

嬉しかったこと……。

b0168859_1414610.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

時が経つのは早いですね。
「国際バラとガーデニングショウ」が終わって1ヶ月が経ちました。
僕はと言えば、各地の薔薇の素晴らしい庭園を見に行ったり、
カメラを持って薔薇園を散策したり……。
自宅の薔薇の手入れをしていたらアッと言う間です。

さて、ついつい書きそびれていましたが、
ガーデニングショウで嬉しかったこと、感じたことなどを幾つか……。



先ず、前からの親友たちは相も変わらず全く関心がないみたいですが(笑)
薔薇で親しくなった友人達が会場に沢山、会いに来てくれました。
それぞれ満面の笑みで、中には差し入れをして下さった方も多数です。
ブログに「咽が痛い」と書いたらのど飴を持って来て下さった方々。
とても自分では買えないような豪華なハムとチーズ、ドライ・フルーツの詰め合わせを下さった方。
大好物のヴーヴ・クリコを届けて下さった方。
僕の新しい薔薇を買いに初日に駆け付けて下さった方。
わざわざやって来てお弁当を差し入れして下さった豪華薔薇マダム……。

いつも素敵なKajinyさんとは、短いながら有意義な話しも出来ました。
しかし、いつも本当にお洒落!雑誌の受け売りではない自分だけのセンス。
緑色の使い方が良かったなぁ……是非とも見習って僕も素敵になりたいものです。

それから1年に一度の薔薇の祭典です。
当然、各地から薔薇の関係者が集まりますね。
年に1回しか会えない人も多いけれど、数少ない機会を大事にしました。
凄く嬉しかったのは、少し前に書いた記事について沢山の賛同を戴いたこと。

 「僕達が書けないことを良く書いて下さいました。」

皆さん、思いは一緒なのかな?どの世界でも同じだと思うけれど、
何となくうやむやになっている悪い習慣はあります。
日本人特有の悪いクセ。物事をハッキリ言うことを良しとしない習慣。
薔薇も旧態依然とした世界です。僕なんかハナクソみたいな存在だけれど(笑)
声をあげなければ行けないことはこれからもハッキリ言う積もりです。

コマツガーデンのブースで一緒に働いた若者たち。
多分、派遣の人が多いのでしょうけど、皆、逞しくなりました。
自分の言葉でお客さんに説明出来るようになりました。
テラコッタを売っていた3人衆……色々話し出来ましたね。
休憩時間に一緒にランチしたり、今年は僕も少し余裕が出たのかな(笑)

皆さんとても優しいですね。そんな方々の顔を見ると何だかホッとします。

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

さてさて、そんな中、何だかホッとするような嬉しいエピソードを一つ。

ガーデニングショウが始まって何日目だったかなぁ……。
物凄い人混みを見るともなくボンヤリしている僕の目に懐かしい顔が映りました。
人間っていつも会っている場所以外で会うと、ついつい名前とか出て来ないものなんですが、
その時は即座に名前が出て来ました……Kさん……前の会社でお世話になった先輩。
先輩って言ったって僕より随分と年下なんだと思います。
ただ、僕より先に入社して、当時から責任ある立場だった人です。

目が合いました……「あれぇ……どうしたんですか?こんな所で?」
思わず口をついて出る驚きの言葉(笑)「久し振りです。」「元気にしていますか?」
チョッと聞いてみると、Kさんは数年前から薔薇の栽培をはじめたそうです。
今は60本くらいの薔薇を育てているとか。
そう、その日は平日だったハズです。お母さまを連れていらっしゃいました。
と、言うことは、会社を休んでガーデニングショウに来ていた?

ふふふふふふ……ハマっちゃいましたね、薔薇に!(笑)
薔薇の底なし沼は一度ハマると2度と抜けられないんですよ。
薔薇の煩悩は108つどころじゃありません……ともに地獄に誘引せん。
Kさんは嬉しそうに、今、育てている薔薇の写真をデジカメで見せてくれました。
僕のことは少し前から薄々、知っていたそうです。
僕の名字って大女優がいるから多そうに思いますが、
実はそれ程ポピュラーじゃないしね。そうそう、今にして思えば、
会社にいた当時から休み時間には薔薇の本を眺めていましたからね。

 「もしかしたらそうじゃないか……。」そう思っていたそうです。

僕ね、思うんです。薔薇を育てるって凄くいい趣味だって。
Kさんの仕事は、朝、早くて夜が遅い仕事です。
ハッキリ言っちゃうと、薔薇を育てるヒマなんか無いハズ。
綺麗に咲いている薔薇をゆっくり愛でる余裕は皆無……そんな仕事。
でも、薔薇が好きになって育て始めた……いいなぁって思っちゃうんです。
確か、登山とか?スポーツをやる人だったと思います。
キッカケは何だったんでしょうね……優雅な薔薇にハマったキッカケ。
この世の中に趣味なんてゴマンとあります。
どんな変わったものもその人にとっては掛け替えのない趣味になりうる。
そんな中でも、薔薇(ガーデニング)は時間とある程度のお小遣いがないと出来ませんね。
生活に余裕がないと花どころじゃないものね。

それなのに薔薇を育て始めた……凄くいいなぁ……って思っちゃいました。
皆さんもそう思いませんか?薔薇って凄くいい趣味ですよね?
折角、稼いだお金を、どこかの女に入れあげて、
スッカラカンになるまで搾り取られちゃうとか(笑)
酒と煙草で身体を壊すとか。パチンコとか麻雀で擦っちゃって、
スッテンッテンになっちゃうとか……あまりにも悲しいものね。
その点、薔薇は優雅だし、文化です。

薔薇に限らず植物を育てるっていいことだと思うんです。
心が優しく穏やかになるし、育てることで自分も育って行くし……。

何年振りでしょう……21世紀になる年末に会社を辞めましたから、
10年振り以上になりますが、懐かしい声、温かい笑顔……凄く嬉しかったです。
帰り際に再び訪ねてくれて、僕の薔薇を2本買ってくれました。
不思議ですよね、当時はこんな事になるとは思ってもみませんもんね。

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

写真は僕のオリジナルの薔薇です。濃い赤から紫がかった赤に退色します。
直立性で育てやすいです。刺は多いけれど、決してイヤな感じじゃありません。
そして、何より素晴らしいのはその匂い!
最高級の香水を一滴たらしただけのような上品で豪奢な匂い。


ガーデニングショウ中は色々な出逢いと再会がありました。
嬉しいことばかりじゃありません。心配なこともありました。
事情があって来られなかった人もいます……でも、来年はきっとね!
今はそう言う時期なんだよ。我慢、我慢!無理せずコツコツと。
決して諦めず、一つ一つ目の前の困難を取り払って、
再び明るい笑顔でお目に掛かりましょう!


17. 06. 2011


Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2011-06-17 00:00 | Under the Rose

Garden Cafe Green Rose。

b0168859_2040990.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

僕がブログの記事を書く時に、一番、気にするのが写真です。
随分前に書きましたが、どんなに書きたい事があっても、
その文章に見合う写真がない時にはボツにしていました。
先ず、写真ありき……それが僕のブログなんです。

先ず、写真を選ぶ。その写真にインスピレーションを受けて文章を書く。
若しくは、文章を書いた後に適切な写真を選ぶ……。
一つの記事に1枚の写真……これが基本なんですが。
たまに、大量の写真を使って記事を書く時があります。
必要があって写真が多くなる時。1枚の写真が選べなくて多くなる時……。
理由はそれぞれですけど、さて、ではトップに使う写真をどの1枚にするか?
それがいつも問題になります(笑)A型ですから優柔不断なんです。

例えば、薔薇園や素晴しい庭園の写真を使う時、
他の皆さんも同じ時期にそこを訪れ、同じような写真を撮っている訳です。
では、どうしたら自分らしさを出せるか……それが問題なのです(笑)
どの写真をトップに持って来るか……To be or not to be……それが問題なのです。

大層、悩んだ結果、今日はご覧の1枚を一番最初に持って来ました。
薔薇を見に行ったのに薔薇じゃないです……今の僕の気持ちを一番如実に表した1枚。
怒濤のアップ、最後までお付き合い下さいね。
所々、大きなサイズの写真はトップに持って来るかどうか迷ったカットです(笑)
b0168859_20411532.jpg
b0168859_20511155.jpg
b0168859_20505693.jpg
b0168859_20503870.jpg
b0168859_20502773.jpg
b0168859_20495755.jpg
b0168859_2049451.jpg
b0168859_20493187.jpg
b0168859_2049177.jpg
b0168859_2049191.jpg
b0168859_20485188.jpg
b0168859_20483991.jpg
b0168859_20482595.jpg
b0168859_2048634.jpg
b0168859_20474398.jpg
b0168859_20472896.jpg
b0168859_20471051.jpg
b0168859_2046519.jpg
b0168859_20463398.jpg
b0168859_20461776.jpg
b0168859_204636.jpg
b0168859_20454760.jpg
b0168859_20452962.jpg
b0168859_20451566.jpg
b0168859_2045127.jpg
b0168859_20443571.jpg
b0168859_2044795.jpg
b0168859_2043512.jpg
b0168859_20433677.jpg
b0168859_20432193.jpg
b0168859_2043424.jpg
b0168859_20424529.jpg
b0168859_20423142.jpg
b0168859_20421885.jpg
b0168859_20415599.jpg
b0168859_123694.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

今の時代、本当にいい時代になったものです。
望めば殆どのことが叶えられる……そう思います。
昔は専門の技術や知識はそうそう簡単に教えて貰えるものではありませんでした。
所が!今は、講習会だのセミナーだの……素敵な講座が目白押し。
プロの技術やノウハウを懇切丁寧に教えて貰えるんだもの。
学ばないとね!身に着けないとね!自分のものにしないとね!応用しないとね!(笑)

そんな訳で、友人の豪華薔薇マダム&寄せ植えのオーソリティーが、
雁首揃えて……じゃない!いっけねっ!口が滑っちゃった!(笑)
麗しいお顔を綻ばせ、こぞって興奮、狂喜乱舞した写真の講習会がありました。
写真家の福岡将之さんの写真教室の最終回が埼玉県の素晴らしい庭園で開催されたのです。

マダム達のブログを見ていたら行きたくなっちゃいました。
どうする?予定はギッシリ入っているけれど、行かれるのは今日しかない?
気が付くとカメラを引っ掴んで電車に乗っていました(笑)

薔薇の花期は思ったより長いです。
順番に様々な薔薇が咲き、クレマチスと絡み、素晴らしい景観を造り出します。

「Garden Cafe Green Rose」……。

個人の庭園でこれほど素晴らしい庭園はなかなかありません。
数えきれないほどの薔薇のアーチとトンネル。
トンネルを抜けるとそこにはまた違った光景が……。
小輪から中輪を中心に、色彩の洪水……程良くコントロールされています。
美味しいお茶とケーキにスッカリ寛ぎ、
薔薇と宿根草のハーモニーに酔いしれた日曜の午後でした。
新しいアイデア、薔薇や宿根草の使い方など、ヒントを沢山貰った一時。
これだけの庭園を管理するのいは並大抵のことでは出来ないでしょうねぇ……。

最近、チョッと自分でも驚くのは、
薔薇や草花の花ガラも美しいと思えるようになったんです。
昔はそんなものが写真に写るのはとんでもないとばかり、
気張って撮っていましたが、ここ数年はそれもまた良し、
それはそれで綺麗に思えるようになりました。



帰り際、最後にと、数枚、写真を撮ってフと顔を上げれば、
そこには写真家の今井秀治さんの笑顔が!(笑)
良く会うんです、今井さんと……可成りの確率。
と、言うことは、僕が薔薇を見に行くのはたまにですから、
今井さんが足繁く色々な所に足を延ばしていると言う事になります。
フットワーク軽く……だから素敵な写真が撮れるんでしょうね。
僕等、ミツバチですから(笑)花のある所、必ず飛んで行くんです!(笑)

今日の写真も薔薇と言うよりはクレマチスの方が多かったかもしれません。
「Garden Cafe Green Rose」のクレマチスは今井さんが植栽したそうです。
チョッと栽培のノウハウを教えて貰っちゃいました(笑)


13. 06. 2011


Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2011-06-13 00:00 | Raindrops on Roses

候補生。

b0168859_844248.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 「早く大きくなぁ〜れ!」

毎朝、呪文のように唱えながら水遣りです(笑)
取り敢えず、花が終わったら大きめの鉢に植え替えて、
あらゆる手を尽くして長尺にしないと……。
我家の玄関周りジャングル化計画の大事な一員なのです。
薔薇の名前は「ツクシイバラ」。麗しのつぐみさんとお揃いです……嬉しい!
誰!?「恐ろい」って言っているのは!(笑)
まぁ、確かにつぐみさんにとっては「恐ろい」かも……。
先日の草ぶえの丘からお持ち帰りした薔薇です。
実は、去年、買う積もりだったんですが売り切れ……ようやく今年お迎えです。
ハァ、僕も辛抱強くなったもんだ……って、当たり前か(笑)

 「早く大きくなぁ〜れ!」

そうだ、バラの家に預けててんちょに管理して貰うかな(爆)
それが一番手っ取り早くて確実なんだけれどね。

 「ブノワ。さん、ウチのバラ買って下さい!」って言われそう(笑)

b0168859_1740239.jpg

写真のこの一角には未来の長尺候補がズラリと並んでいます。
全部、大きくなったら一大事なんだけれど、取り敢えず試しにって言うことで……。
薔薇ってバリバリの洋のイメージがあるけれど、
こうして撮ってみると和のイメージが素敵です。
僕にしては大変に珍しい横位置のフレーミング。
お隣のコンクリートの壁と朽ちた緑色の塀がいい味です。


12. 06. 2011


Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2011-06-12 00:00 | Raindrops on Roses

美しさと醜さは……。

b0168859_23134728.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

「想像できないものを蔑む力は、世間一般に蔓延って、
 その吊床の上で人々はお昼寝を楽しみます。
 そしていつしか真鍮の胸、真鍮の乳房、
 真鍮のお腹を持つようになるのです。磨き立ててぴかぴかに光った。
 
 あなた方は薔薇を見れば美しいと仰言り、蛇を見れば 気味がわるいと仰言る。
 あなた方は御存知ないんです。薔薇と蛇が親しい友達で、
 夜になれば お互いに姿を変え、蛇が頬を赤らめ、薔薇が鱗を光らす世界を。

 兎を見れば愛らしいと仰言り、 獅子を見れば怖ろしいと仰言る。
 御存知ないんです。嵐の夜には、かれらがどんなに血を流して愛し合うかを。
 神聖も汚辱もやすやすとお互いに姿を変えるそのような夜を御存知ないからには、
 あなた方は真鍮の脳髄で蔑んだ末に、そういう夜を根絶やしにしようとお計りになる。
 でも夜がなくなったら、あなた方さえ、
 安らかな眠りを二度と味わうことは おできになりません。」


                      三島由紀夫「サド侯爵夫人」より抜粋。

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

三島由紀夫作「サド侯爵夫人」から僕の一番好きな台詞です。
「サド侯爵夫人」から……と、言うよりは、
全ての戯曲の中から一番好きと言った方が正しいかもしれません。
勿論、世界中の全ての戯曲を読んだ訳ではありませんけれど……。
サド侯爵夫人 ルネの台詞……どうです、もしもあなたが女優なら、
偉大な名女優を相手に、豪奢な衣装に身を包んで、
こんな華麗な台詞を朗々と言ってみたいと思いませんか?

上質の絹に縫い付けられたラインストーンの煌めき。
金糸、銀糸で施された豪奢な刺繍のような言葉の修飾。
天上に煌めく大伽藍のキラ星のような台詞の数々……。
名だたる俳優がこれらの台詞を言いたくて仕方ないのが良く分かります。
芝居とは「台詞」です。「欲望という名の電車」と「サド侯爵夫人」。
そう、女優に限らず、女装をしてまでも、
男優がこぞってこれらの戯曲をやりたい理由がそこにあります。
また、全ての役者が演じてみたい戯曲であると共に、
これだけ演じる役者を戯曲の方が選ぶのも珍しいでしょう。
達者な人がどんなに忠実に演出家の指示通りに演じてもダメ。
演じる役者の大きさと品格が問われてしまうのです。

「薔薇と蛇」「兎と獅子」「真鍮と乳房」……。
美しいものと醜いものが表裏一体と言うことを三島は知っていました。
どんなに美しいものも、醜さの上に1枚皮を被っただけだと言うことを。

 「綺麗は汚い、汚いは綺麗。さあ飛んで行こう霧の中、汚れた空をかいくぐり。」

マクベスの3人の魔女の有名な台詞にもあります。
見掛の美しさに騙されてはダメ。一見、汚いものの中にも美しさはあります。



車窓から眺める景色は、いつの間にか薔薇から紫陽花へと変わっていました。
今年の薔薇のラスト・シーンはヒドかった……大雨に大風……。
何だか消化不良に感じる人もいるかもしれませんね。
折角、慈しみ育てたのにね……雨でグシャグシャになった、
薔薇の花柄を片付けるのは悲しいものがあります。

がっ!しかし、よく考えてみて下さい。
グシャグシャになった花弁、萎れて精気がなくなった花弁、
暑さで縮れた花弁……そんなに忌み嫌うほど汚いですか?
良ぉ〜く見てみましょうよ。その萎れた花弁もまた薔薇なんです。
ゴミ箱に捨てる前にチョッと着飾らせてあげて写真を撮ってみませんか?
先ずはお気に入りの容器に入れてみましょう。
大事にしている小物と一緒に撮影って言うのはどうですか?
あなたの魔法にかかって萎れた薔薇も再び頬を赤らめるかもしれません。
あなたの演出によって再び鱗を光らせるかもしれません……。

僕はことあるごとに言っています。
薔薇は蕾から5分咲き、満開の頃は勿論、
凍えるような冬の寒空に葉を落とし、
刺だらけの姿をそのままさらした薔薇もまた美しい……。
そう、薔薇は一年を通して、全ての段階で美しいのです。
満開を過ぎ、朽ちる間際の薔薇の壮絶な美しさ!


昔は大嫌いだったゴールドの額縁に飾って写真を撮ってみました。
薔薇は全て僕のオリジナルの薔薇。どうですか?
萎れて藁色になった精気ない花弁が何やら黄金の煌めきを帯びていると思いませんか?
花弁、1枚、1枚が光り輝く鱗に見えませんか?

美しいもの、醜いもの。
全ては表裏一体、美しいものもその薄皮を剥がしてみれば……です。


08. 06. 2011


Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2011-06-08 00:00 | Raindrops on Roses

野鳥の森ガーデン。

b0168859_18302075.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

ある日、自称「ゴージャス・ガーデン・ブログ」を運営する金持ちAさまから、
慎ましい生活をしている個人育種家の貧乏B。さまの携帯電話に1通のメールが届きました。

 「◯☆×△◎◆※♪★■┐( ̄ヘ ̄)┌@×*……♪ほほほほほほほほ……×▽●※%・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。☆◎♬♯◯
  ……野鳥の森ガーデンに行って来たの。河合さん凄くいい仕事していたよー。」

連絡は事務所を通すように、常々、口を酸っぱくして言ってあるのに(笑)
あることないこと、取り留めのないことを長々と書いた最後に、

 「……野鳥の森ガーデンに行って来たの。河合さん凄くいい仕事していたよー。」

って……河合さんもAさまだけには言って欲しくなかったかもしれません(笑)

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

僕の写真に人が写っていることはとても稀です。
極力、写らないようにしているからって言う事もあるけれど、
綺麗な風景に人が写り込むことで、夢から現実に連れ戻されてしまうような……。
勝手ですけど、そんな風にも思うからです。

今日の1枚目の大きな写真。庭園で黙々と作業している人が写っています。
炎天下でこの光景を見ながら、凄く素敵な姿だと思いました。
素晴らしい庭園を維持するのは、汗して働く皆さんのお陰だと感じたから、
今日の記事の1枚目の写真に選んでみました。



ポッカリと予定が空いた6月上旬のある日。
先日の大雨で流れた「野鳥の森ガーデン」に行って来ました。
茂林寺駅からテクテクと歩きながら開園時間に間に合うように急ぎます。
茂林寺ってブンブク茶釜で有名なんですってね。
今の時期のことです。しかも、薔薇で有名な「野鳥の森ガーデン」。
当然、僕は薔薇の写真を撮る気満々(笑)勇んで行ったのですが……。

撮った写真を眺めていると、勿論、薔薇は写っているんですが、
そこには薔薇だけじゃない極上の庭園の姿が写っていました。
主役は薔薇……なんですけど、ある時は薔薇が他の植物を引き立てるかのような演出も。
グリーンも色々な色味のグリーンを、そこここに散りばめて、
テーマごとに薔薇を見やすい配置にし、べらぼうに広くもなく、
涼し気な水があって、植物の高低差が見事で……程良い極上の庭園がそこにありました。
丸く石塀で囲われた秘密の花園……凄く素敵なの!
河合伸志さんがてこ入れしたとあって、隅々にまで心の籠った庭園です。
勿論、河合さんが作出した薔薇も沢山見る事が出来ます。
ご覧にいれる写真の中に、僕が一目惚れした河合さんの薔薇も入っています!

気持ち良かったのは、園内で働くスタッフの皆さんの応対。
一人一人がキチンと「会話」が出来ること……自分の言葉で話せるんです。
明るい笑顔、ハキハキした挨拶……これはなかなか出来ることではありません。

b0168859_18231012.jpg
b0168859_1823174.jpg
b0168859_18304866.jpg
b0168859_18225180.jpg
b0168859_18223711.jpg
b0168859_18222890.jpg
b0168859_18303537.jpg
b0168859_18221654.jpg
b0168859_18215251.jpg
b0168859_18214363.jpg
b0168859_18213035.jpg
b0168859_18212043.jpg
b0168859_182184.jpg
b0168859_18205820.jpg
b0168859_18204794.jpg
b0168859_1820365.jpg
b0168859_18202723.jpg
b0168859_18201657.jpg
b0168859_1820247.jpg
b0168859_18194565.jpg

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

実は、撮って来たデータの半分が使い物にならず……。
メインと謳われている「Paul's Himalayan Musk」のアーチ!
花弁散る素晴らしいトンネルの写真などがなくなっちゃった……ガッカリ。
だからデジタルは嫌いなんですが、残りの写真の中から選んでみました。
花を撮るには厳しい炎天下の写真ですけど(生ビールは旨かった!)
僕の写真じゃ「野鳥の森ガーデン」の魅力の1/100しか伝えられないけれど、
何か感じましたら「野鳥の森ガーデン」に飛んで行きましょう!
ランブラーなど、まだまだこれから薔薇が見頃ですよ。


05. 06. 2011


Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2011-06-05 00:00 | Raindrops on Roses
b0168859_2094247.jpg
×××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 「どうしたの?その顔。」
 「顔って……。」
 「真っ赤っかじゃん!」
 「……………。」

……ってな訳で油断していたら陽焼けしちゃいました!
夜、遊びに来た友人に指摘されるまで全然、気付かなかった……。
鏡を見てビックリ!顔も真っ赤、腕なんかTシャツの袖の跡が、
首まわりは襟の丸ぁ〜るい跡がクッキリ!(笑)

 「どうしよう……色白で売っているのに……。」

×××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

陽焼けの原因は「草ぶえの丘」に行って来たからなんです。
近いからいつでも行かれる……甘いですね。
いつ行っても何かしら咲いていて楽しめる……甘いですね。
今年はいきなりの梅雨入りで行かれないと思っていたけれど、
ヒョンなことから時間がポッカリ空き、Pさんのご好意で、
T姫を東京駅にお迎えに行った車に同乗させて貰って、
チャッカリ行って来ました「草ぶえの丘」

この日の目的は「玄関周りジャングル化計画」の薔薇を選ぶこと。
いい苗があったら購入、それから、どんな薔薇が合うかを視察に行きました。

いつからかな……ゴージャスな薔薇には全く興味なくなっちゃった。
今、目に入って来るのは清楚な一重の薔薇。
それも、白から薄いピンクまでのもの限定……。

そんな訳で、撮った写真もシングルのものが殆どですけど、
チョッとアップしますので見てやって下さいね。
b0168859_201237.jpg
b0168859_20115285.jpg
b0168859_20114234.jpg
b0168859_20112566.jpg
b0168859_20111667.jpg
b0168859_20115100.jpg
b0168859_2010573.jpg
b0168859_20104844.jpg
b0168859_20103857.jpg
b0168859_20102454.jpg
b0168859_20101325.jpg
×××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

そんなに強くない陽射しに油断。
そう言えば、他の皆さんは帽子を冠っていたっけ……。

Cさん、いつもよりチョッとお話し出来ましたね。
今度はもう少しお話ししたいなぁ……お友達と自炊、美味しかったですか?
Nさんは優しそうな御主人と一緒。
御主人も薔薇が趣味なのかな?早く3匹目の猫をお迎えして下さい(笑)
Tちゃんは遠路遥々お疲れさまでした。どうでしたか、何か収穫はありましたか?
好みの薔薇は可成り一緒!今度はもっとゆっくりお話ししましょうね。
Pさん、いつも本当にありがとう!サンドイッチも美味しかったじょ(笑)
まだまだ薔薇のシーズンは終わりません。もっと悪巧みしようね!

最後に天敵A!(笑)
ダメだよ、あんなにサンドイッチ&甘いものを沢山食べた後に、

 「焼きそば喰いたいわぁ!」……って(笑)

曲りなりにも「自称ゴージャスなガーデンブログ」やってんだからさぁ。
本当、見事に花より団子系ですね(笑)

本日、お迎えした薔薇は2種類……それは開花したら追々ね!


04. 06. 2011


Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2011-06-04 00:00 | Raindrops on Roses

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30