<   2011年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

b0168859_21372168.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

薔薇が数百年の長きにわたって人々に愛培される理由は、
花の美しさは勿論、匂いの素晴らしさに加えて、
独特である名前の付け方があると思います。
それと言うのも、他の植物と比べて、
人の名前が付いている種類が非常に多いのです。
薔薇は愛する人、尊敬する先人にその名前を捧げられてきました。
花の美しさ、匂い、そして名前……この3つの要素が一つになって、
薔薇の魅力をさらに素敵なものにしているのです。

昨秋、薔薇園にて偶然にも木村卓功さん作出の、
可憐な薔薇のブーケを見る機会がありました。
周りの皆が驚く程の愛らしさ。早速、木村さんに問い合わせると、
まだ発売の予定どころか名前すらないとのこと。
ブログでその素晴らしさを書かせて貰うと読者の皆さんから沢山の反響がありました。
そんなこんなしている内に、木村さんから名前を付けて貰えないだろうかと打診があったのです。
人様が作った大事な薔薇に名前を付けるなんて
大それたことは考えたこともなかったのですが……。

僕は常々、薔薇にはなるべく人の名前を付けたいと思っています。
それが俳優などの実在の人物であろうと、
小説や映画の主人公のように架空の名前であろうと、
その薔薇に合った魅力的な名前を付けたいのです。
常に幾つか候補は持っています。
今年の僕の薔薇にはある悪女の名前を付けようと思っていました。
そう、薔薇は美しく可憐なだけではなく、
どこか猛々しくしたたかな部分も持ち合わせているのです。
例えば、花は言葉にならないほど美しいのに鋭い刺を持っていたりします。
綻びかけた蕾の愛らしさと反対に、朽ちる寸前の壮絶な美しさ……。
美醜は表裏一体、その二面性ゆえ美しさが冴え渡ると思うのです。
名付け親をお引き受けする前、突如、僕の頭にあるアイデアが閃めきました。
きっと木村さんにも喜んで貰えるアイデア。
それは、ある小説の中の登場人物から木村さんと僕の薔薇の名前を取ることだったのです。
僕は個人育種家でコマツガーデンに全面的に面倒を見て貰っているアマチュア。
木村さんは薔薇の専門家でオリジナルの薔薇は
自らの店で生産、販売をしているプロフェッショナル、
それぞれに違う環境の2人の薔薇の名前を同じ小説から取る……。
何やら凄く素晴らしい考えのように思えたのです。
今までの枠や垣根を超えた何か、
薔薇をもっと大きな括りで物語れるかもしれない、そう思ったのです。

その小説とは、今から200年ほど前のフランス。
貴族社会華やかかりし頃に生まれた書簡小説の傑作、
ラクロの「危険な関係」です。主人公は美貌と財を持ち合わせた社交界の華。
その美徳をもってして世間の尊敬を一身に集める麗しいメルトイユ侯爵夫人。
しかし、裏では愛人を何人も持ち、自らの欲望のためには策を弄し、
人をまるでゲームの駒のようにいとも簡単に操っていたのです。
侯爵夫人は自分を裏切り若い娘と結婚するという愛人に激怒、
元愛人のヴァルモン子爵にその結婚相手の美しい娘、
セシル・ドゥ・ヴォーランジェを誘惑するように持ちかける……。
二人のそれぞれの思惑とエゴ、不幸な偶然が重なり事態は思わぬ方向に一人歩きして行く……。
僕の薔薇を社交界の悪の華、マルキーズ・ドゥ・メルトイユ(メルトイユ公爵夫人)、
木村さんの薔薇を可憐で無垢な娘、セシル・ドゥ・ヴォーランジェと命名しました。

マルキーズ・ドゥ・メルトイユは濃いピンク色の花が、
まるで侯爵夫人の頬を撫でるパフのように艶めかしい薔薇、
貴婦人が身に纏う香水のように濃厚な匂いがします。
一方のセシル・ドゥ・ヴォーランジェは若さに溢れ、
ほんの一刷毛、紅を差したような可憐さ、
思わず頬を寄せたくなる清々しい洗いたてのリネンの匂いがします。
魅力的な「危険な関係」は時代を越え、国と形を変え数々の映画や舞台になっています。
是非、物語の結末はご自分の目で確かめてみてください。

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

この長ぁ〜い長ぁ〜い文章、3月16日発売の「My GARDEN」のために書いたものです。
依頼された文字数を大幅に超え(軽く倍!)自分ではどうにもならなくなって(笑)
編集長の安藤さんに丸投げしたもの。僕って、文章を削るの下手なんです。
ダァ〜ッと書いて、赤を入れているともっと長くなっちゃう(笑)
書く方もお喋り?きっと説明好きなのね。
だって、もっと皆さんに正確に知って貰いたいじゃない?

出来上がった「My GARDEN」……プロフェッショナルの手でバッサリ。
余分な装飾や、迂遠な言い回しをスッパリ(笑)
一刀両断に赤字を入れて戴きました。ははぁ〜畏れ入谷の鬼子母神(笑)
是非、お手元にある「My GARDEN」の文章とこれを読み比べてみて下さい。
アマチュアの書くトイレットペーパーのようにダラダラと長い文章と、
プロフェッショナルの厳しい目の違いがハッキリ分かります。

b0168859_21375960.jpg

2枚目の写真は「Marquise de Merteuil」のファースト・ブロッサム。
2002年、秋に種を蒔いて翌5月に初めて咲いた花を撮りました。
この世の中に薔薇の品種は数あれど、
その薔薇が初めて花開いた1枚を目にする機会は殆ど無いハズ。
皆さぁ〜ん!貴重な1枚を目にしているのですぞぉ(笑)
花は小さいながら、後々の艶やかな姿を彷彿とさせる1枚です。


28. 04. 2011


Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2011-04-28 21:34 | Under the Rose | Comments(10)
b0168859_20145913.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

この世で最も美しい花だと言われている薔薇……。

その楽しみ方は人それぞれです。
薔薇を実際に育てて慈しむ人。切り花を買って来て愛でる人。
花にしか興味がない人、また、花のみならず、葉や刺にも興味を持つ人。
写真を撮ってアルバムを作る人。交配をして実際に薔薇を造り出す人……。
薔薇の栽培の仕方も人それぞれにやり方が違います。
そして、コツを覚えると次の段階に進みたくなりますよね。
そう、自分で薔薇を増やしてみたくなるんです。
ご存知のように、同じ薔薇を増やすには、芽接ぎ、切り接ぎ、
そして、挿し木の3つの方法しかありません。
皆さん、熱心にやっていますね、挿し木とか接ぎ木……。

今日は、チョッと前に「匂いのいい花束。」に書いた文章に、
加筆修正して再アップしてみたいと思います。
薔薇の関係者はなかなか言えないこと……です。
ホラ、僕、アウトローだから(笑)
そんなブノワ。さんの戯言だと思って読んで下さい。



僕の薔薇の楽しみ方は薔薇の苗を買って育てて愛で、
写真を取って楽しむだけ。ヒョンなことから趣味が高じて、
オリジナルの薔薇が陽の目を見る事になりましたけど、
現存する薔薇を自分では決して増やしたりはしません。

その訳は、僕は薔薇園(ナーサリー)には儲かって欲しいからなんです。
薔薇の苗は薔薇園から買う……それが僕の中の決まり事、絶対的なスタンスです。
新苗で高々1500円、大苗で4000円前後です。
その高々4000円の薔薇だって、いい状態、売り物の状態に保つのに、
一年間を通して、一体、どれだけの労力と人件費が掛かっているか……。

薔薇は薔薇園から買う。そして薔薇園に儲かって貰い、体力を付けて貰って、
希少な品種や絶滅に瀕している品種を守り、育てて欲しいのです。
薔薇園も商売です、矢張り、売れ筋を中心に生産するでしょう?
珍しくても人気があまりない品種は生産しなくなってしまいます。
例えば、往年の銘花と言われる薔薇でも、需要がなければ次第にリスト落ちです。
数年後には親木が1本だけ……そんな事になりかねません。
大袈裟ですけど、フトと気付けば、日本はおろか外国を見回しても、
1本も苗が見つからない状態になってしまうかもしれません。
例えば、オースチン社には親木が1本もないけれど、
日本やオーストラリアで大事に育てられている品種もあると聞きます。
あなたが大事にしているそのイングリッシュ・ローズ、
もしかしたら世界的に非常に稀少な品種になっているかもしれないのです。
薔薇にも非常にハッキリとした流行、廃りがあります。
数年前は右も左もオールド・ローズでしたよね?
猫も杓子もオールドローズが一番!……でしたよね?だけど今は?
流行って廃れて、流行って廃れて……また流行ろうとした時には……。
その繰り返しで絶滅して来た薔薇は数限りないのです。

世界でも稀少な薔薇の親木、それを育てるのも大変です。
一年を通して作業がある、絶やしてはいけないと言う責任もありますしね。
手間は掛かれど苗を作っても全く売れない……薔薇の賞味期限は非常に短いです。
スグに新作が出て、流行に乗り遅れた品種はスグに廃れる。
現に、数年前に薔薇ファンを興奮させたイングリッシュ・ローズの最新品種、
全部、言える人がどれほどいるでしょうか。
それだけ新しい薔薇が毎年〜発表されて来ている。
皆さん、新しい、美しい薔薇はやっぱり欲しくなりますよね?
だって、物凄く綺麗で耐病性もあり繰り返し良く咲くんだもの。
いい薔薇だけど作っても売れずに在庫管理に追われる……。
薔薇は流行の洋服じゃありませんからね。
生きているんだもの、売れ残ったからって簡単に廃棄するわけにはいかない。
バナナじゃないんだから叩き売りする訳にもいかない。
そんな状態が続けば何れは薔薇園も売れる薔薇しか販売しなくなります。
どこの薔薇園のカタログを見ても同じ品種しか載っていない事態になります。

だから薔薇園には余力を残し、余裕を持って貰うことで、希少な品種、
派手さはないけれど本当にいい薔薇を残して欲しいのです。
だから僕は薔薇は薔薇園から買う……絶対に自分で増やしたりしません。

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 「個人で楽しむものなんだからいいじゃない?」

確かにそうかもしれません。お説ごもっとも、
増やして楽しむのも個人の自由だし、当然の権利かもしれません。
自分の手で増やした薔薇は愛おしいですよね。
でも、お友達と話しをしていて、褒められちゃったら、
ついついプレゼントしたくなりませんか?
その1本が10本になり、10本が100本になり……。
どんどん増殖して薔薇園の体力を奪っているのです。

薔薇界にも苦言があります。

僕ね、不思議に思うんです。
薔薇園で芽接ぎや接ぎ木の講習会とかするでしょう?
自分で自分の首を絞めているような……そんな気がするんです。
普通、代々続く老舗の鰻屋は秘伝のタレのレシピは教えないもの。
伝家の宝刀、奥義はごくごく簡単にマスター出来ちゃう(笑)皆、器用だもの。
そりゃぁ、成功する確率からすればプロの足元にも及ばないけれど、
下手な鉄砲数打ちゃ当たる……だと思いませんか?
それって、同じく、レコード会社を傘下に持つオーディオ・メーカーが、
高品質の録音器機を作っているのと同じような矛盾を感じます。
「録音は個人で楽しむ他に……。」って、但し書きがあるけれど……。
映画会社が物凄い早さで作品をDVD化し、劇場の客離れを招いている。
なぜ、客が入らない?……って、嘆き、不思議がる前に、
その一番の原因を作っているのは自分たち……。
自分の尻尾に自分で噛み付きグルグル回っているような……そんな感じがします。
薔薇が消耗品になっているような……そんな気がします。

どうしても自分で薔薇を増やしたいのであれば、
とっくに権利がなくなっているオールドローズでやりましょう。
今の新作を「バック・アップ」と称して勝手に増やしている人も多いです。
一体、何のバックアップ?何に保険をかけているの?
悪意はないのかもしれませんが、それって違法だし非常に重大なことです。
あなたが不法に増やした1本が、薔薇園の売り上げを少なくし、
作出家の権利を侵害しているのです。
僕なんかは趣味の域を出ないから痛くも痒くもありませんが、
薔薇で生活をしている人にとっては死活問題だと思いませんか?
法的に種苗登録していなくてもモラルの問題だと思うのです。
あなたが愛する薔薇を精魂込めて作って下さっている人々の、
生活を無意識の内に危うくしているのですよ。


僕自身について言うと、
僕の薔薇を勝手に増やされたら……非常にイヤぁ〜な気がします。
凄くイヤかもしれない……何よりも一番イヤなこと……。
それって怒りの感情じゃないのね。
ドンヨリとやるせない感じがします……強いて言えばガッカリ感かな。
一番して欲しくないこと……それが不法増殖です。

中には冬の剪定時期に、販売店や薔薇園に赴き、
カットした枝を無理矢理に貰って歩く強者もいると聞きます。
剪定作業をしているスタッフの後ろを付いて回るんだそうです……。

 「切った薔薇の枝を下さい。」って。

考えられない……真面目に何だかドンヨリしちゃいますね……。
八百屋さんに行って、兎にあげるキャベツの葉っぱを分けて貰うのとは訳が違う。
僕にはそんなこと恥ずかしくて絶対に出来ない。

何度でも言います。

 「薔薇はお金を出して薔薇園から買いましょう。」

決して接ぐな、絶対に増やすなとは申しません。
その陰にこうした事情があることも知って欲しいのです。
世界を見回しても日本ほど沢山の品種が簡単に手に入る国はありません。
それらの美しい薔薇を思う存分手に入れられる!何と贅沢な!
それを当たり前だと思わないで下さい。
自分の安易な行為が薔薇の世界を切羽詰まったものにしている可能性がある。
その事を知って欲しいのです。

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

今日の薔薇は僕の今年の新作「Marquise de Merteuil」です。
カタカナ表記は「マルキーズ・ドゥ・メルトイユ」。
メルトイユ公爵夫人……このブログで初めて名前を公表しました。
それも、僕はこの薔薇に並々ならぬ愛情を持っているから。
この上なく大事に思っているから大切に機会を窺っていました。

フランスの書簡形式の傑作小説「危険な関係」からの命名です。
ダメですよ、マルちゃんとかマルチーズとか言っちゃ!(笑)
「My GARDEN」をお読みになった方も多いと思いますが、
命名の由来についてはまた日を改めて書かせて戴きますね。


24. 04. 2011

Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2011-04-24 00:00 | Under the Rose | Comments(28)

Benoit as Godfather。

b0168859_631680.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

僕、生まれてこの方、表舞台って経験した事がありません。
晴れがましいことが苦手なんです。人前で話す?とんでもない!
(高校時代、生徒会長で全校生徒の前で平気で喋っていたクセに!)
歌を歌うなら華やかなソロよりコーラス付ける方。
流麗なヴァイオリンで独奏するよりチェロで低層通音を奏でる方が性に合っています。
引っ込み思案で、慎み深くて、奥床しくて(本当だって!)……。
そんな僕が間違って、勢いで引き受けてしまった薔薇の名付け親。
引っ込み思案の僕が麗しい薔薇のゴッドファーザーになってしまったお話し……。
その辺の晴れがましい思いは、チョッと前に書きましたが、
その名前が「My GARDEN」春号で発表になり、
皆さんにも随分と好評を得たようで一安心していました。
その麗しくも清楚で斯くも魅力的なてんちょの薔薇が!

「Cecil de Volanges」……セシル ドゥ ヴォーランジェが、
な、な、な、な、何と!今夜10時から新苗の販売開始です!

ほらほら、そこのアナタ!迷ったその一瞬が2年待ちの憂き目だよ(笑)
ここで格言を一つ。

 「いつまでもあると思うな人気薔薇の新苗!」

しかも、いい薔薇を買うコツは迷わず複数ですぞぉ(爆)
出遅れちゃたら西武ドームで買うからいいって?
ダメダメ、皆に先んじてダッシュする根性ありますか?(笑)
先日、バラの家に遊びに行った時、物凄くいい苗が並んでいましたっけ。
そうそう、ついでに僕の薔薇もヨロシクね!
だって、名前の由来からして2本揃わなきゃ物語が完結しないもの。
てんちょと僕の薔薇を2本並べて……若しくは1本ずつ玄関の両サイドに!
それとも僕の方はスタンダード仕立てで、てんちょのはその下に……。
庭を飾る美しい構図が如何様にでも描けますね。

皆さん、このブログを何時にご覧になりましたか?
時間は大丈夫?既に出遅れていない?
余裕がある人はパソコンの前に陣取ってポチポチしましょう!


そうだ、おぉ〜い!てんちょ!僕の分は言わなくても取ってあるよね?
僕ね、シンメトリーが好きなのも知っているよね?(笑)


21. 04. 2011


Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2011-04-21 00:00 | Raindrops on Roses | Comments(10)
b0168859_15495524.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

いやぁ……やっと終わりました……ツル薔薇の誘引(笑)
4月も中旬になり、5月並みの暖かさに釣られて、
重た過ぎる腰をあげてやっつけちゃいました、ツル薔薇の誘引。
もっとも、年度末の忙しさで薔薇に構ってあげる時間はゼロ。
心の余裕もなかったのも事実なんですが……。

 「おいおい、今日は一体、何日だと思っているんだよ!」

ダメですからね、突っ込んじゃ。これで精一杯だったんですから。
蕾がバンバン上がって来ている時期の誘引、気を遣っちゃいました(笑)
もっとも、誘引って言ったって軽く数カ所、紐で結んだだけ。
何とも優雅で自由……だって、ジャングルなんだもん!

さて、先日の楽しみにしていたバラの家訪問。
お目当てはてんちょと会ってゆっくり話しすること。
それから玄関先のジャングル化計画に使いたい薔薇を買うこと。
その薔薇とは……写真の「Mme. Alfred Carriere」だったんです。
引っ越し前のマンションで大事に育てていたんですが、
ダメにしちゃったんですよねぇ……そう、物故薔薇(笑)
いそいそと長尺苗のところに……ガァ〜んっ!1本しかない!
……と、思ったら2本あったので迷わず2本お買い上げ。
ブノワ。さん、シンメトリーをこよなく愛する人間なんです。
何でも左右に2つ欲しい欲張りな性格なのです(笑)
届いて早々に2回り大きな鉢に植え替えましたので、
今年は爆発的に大きく育つハズ……そう思いたいです。

この「Mme. Alfred Carriere」には想い出があります。
数年前にリヨンを訪れた時、薔薇園で見ちゃったんです。
広大な芝生の真ん真ん中に何の誘引もされていない、
自然樹形の「Mme. Alfred Carriere」を!
薔薇を見て「綺麗だなぁ。」とか「可愛らしいなぁ。」とか、
そんな思いは数限りなくして来ましたが、
薔薇を見て言葉をなくすほど感動したのは、後にも先にもあの時だけ。
地面から吹き出すように美しい放物線を描いて育つ「Mme. Alfred Carriere」。
一緒に歩いていた友人と僕は、思わず足を止め、口を合わせて、

 「…………アルフレッド・キャリエール!」

半日陰の我家の玄関先にもピッタリです。

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

今日の写真は数年前に撮った「Mme. Alfred Carriere」と「Larry Daniels」
「Larry Daniels」もいい薔薇ですよね。
花付きとかを見ると狭い場所ではツル薔薇としては適していないけれど、
またいつか育ててみたい薔薇の1本です。


18. 04. 2011


Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2011-04-19 00:00 | Raindrops on Roses | Comments(14)

バラの家にて。

b0168859_18335611.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

丁度、てんちょと僕の2人の予定が空く4月。
前々から約束していたバラの家に行って来ました。
去年の秋にマダム連中と大挙して押し掛けて以来久し振り、
僕自身は2回目の訪問です……意外とウチから近いんですよ。
浅草から快速に乗って30分あまり、車窓からは満開の桜の花が……。
こうして見ると本当に沢山の桜が植えられているんですねぇ。
川の土手沿いにズラぁ〜っと植えられた満開の桜は圧巻ですね。
丁度、昼時だったので、桜の下でお弁当を広げる人が沢山いました。
ウンウン、これでいいんだと思います。非常にのどかな風景……。

東武動物公園から徒歩で川沿いを歩きます。
写真を撮ったり、桜を見たり……地面には春の植物が沢山!

1時からは講習会の午後の部が始まります。
どうにか間に合い、生徒さんに混じって、てんちょのお話しを聞きます。
フゥ〜ン、なるほどね……ズボラ園芸の僕には目からウロコのことが沢山(笑)
まぁ、大まかな所は間違っていないのですが、
何しろ探究心の「探」の字も持ち合わせなく、
手入れと言えば水遣りと思い付いた時の施肥(笑)
剪定は気が向いたら……そんな僕ですから知らないことが多いのです。

てんちょの話しを聞いている最中、
フと外の駐車場に目をやれば、スラリとスリムなあっちゃんが、
まるで獲物を狙う女ヒョウのような表情で車から降り立つ所でした。
もう目が爛々と輝き薔薇の苗を買う気満々(笑)
あっちゃん、人気の品種の所は華麗にスルー。
あららら……裏の方へ……この方は本当に好みがハッキリしています(笑)
講習会後、ひとしきりてんちょに案内して貰って、
あっちゃんと日曜の午後のバラの家を楽しみました。
はぁ……薔薇って本当にいいですね。
花は勿論ですが、その刺から葉まで、愛でる所が沢山!
冬に葉を落とした薔薇も美しいけれど、新芽の頃の愛らしさと来たら!
このところ忙し過ぎて薔薇のことを考える時間もありませんでしたが、
チョッと一息、改めて薔薇の良さを実感した一時でした。

実は、この日バラの家に行った理由は3つありました。
先ず、てんちょと会って今回の上首尾に行った薔薇の名前のこと、
これからの諸々をお話しすること。2つめは講習会に参加すること。
それから、自宅の玄関先を飾る長尺苗を買うことだったんです。
僕ね、ツル薔薇なんか育つまで待てないんですよねぇ……。
第一、そんなに上手く育たないからツルにならないし(笑)
どうせ買うなら大きな苗を……きっとバラの家にならあるハズ!
買いましたよ、同じ品種を2本、それから小輪の可愛い子ちゃんの合計3本。
何の品種を買ったかはまた今度、日を改めて。
精々、大きく育てて、今あるリージャンロード・クライマーと共に、
玄関先をジャングルにするのが目的!(笑)

そろそろ早い品種は蕾が膨らんで来ました。
どんな薔薇のシーズンになるかな?楽しみなようなコワいような……。

今日の写真はバラの家の横の小径。
ね?花がなくても薔薇って絵になりますよね!
用事が済んだあとは勿論、駅前で一杯。
ンンン?誰です、それが本当の目的だろうって言っているのは!
楽しくてお喋りに花が咲き、アッと言う間に時間は過ぎ、
気が付いたら終電1本前になっていました……。
てんちょって物凄くお喋り(笑)聞き上手のブノワ。さんでした。


13. 04. 2011


Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2011-04-13 00:00 | Raindrops on Roses | Comments(12)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31