<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

b0168859_1548435.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

ここに1枚の写真があります。
3年前、フランスはノルマンディー地方の海岸沿い、
僕が尊敬する画家ブラックの墓がある崖の上にある教会の敷地内で撮りました。

薔薇は見まごう事なく「Pierre de Ronsard」……。
1985年にメイヤンが作出した銘花です。
カッチリとアーチに綺麗に誘引された「Pierre de Ronsard」も見事だけれど、
このように自然に咲き誇る姿もまた乙なもの……。
但し、これもキチンと手入れされていますけど……。
2006年の国際バラ会議で見事に殿堂入りした「Pierre de Ronsard」。
今やツル薔薇として世界に君臨、その25年の長きに渡る、
揺るぎない地位は見事としか言いようがありません。
「Pierre de Ronsard」、日本だけの人気かと言うとそうではなく、
本国フランスでも、シーズンになると、
花屋に「Pierre de Ronsard」の鉢植えが並びます。
その仕立て方は、僕等、日本のスーパーの花屋に並ぶ「Coucktail」と一緒。
そう、グルグル巻きの行灯仕立てになっています(笑)

「Pierre de Ronsard」に限らず銘花と言われる薔薇が凄いのは、
世界のどんなに場所に植えられていても、遠くからでもそれと分かること。
そう言えば、ノルマンディーでテーブルを囲んだ素晴らしいレストランの庭にも、
「Pierre de Ronsard」が植えられ、カットしてテーブルを飾っていましたっけ。

近年、新しいツル薔薇の人気品種が続々発売され、
王座を奪われるかと思いきや、どうやらここ暫くは
「Pierre de Ronsard」の王座は揺るがないようです。

その昔、一家に1本「Queen Elizabeth」か「Cocktail」と、言われました……。
今や、一家に1本の割合くらいで愛培されている「Pierre de Ronsard」。
実は、引っ越しした新居の玄関先に、前から「Queen Elizabeth」が植えられています。
全く手入れされず、今年の一番花もブラインド……。
早々に切り戻して施肥、上がって来た蕾が大きくなって来ました。

皆さんのお宅に
「Pierre de Ronsard」はありますか?
また、皆さんの「一家に1本」は何の薔薇ですか?


27. 06. 2010


Benoit。


★Copyright © 2009~2010 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2010-06-27 00:00 | Under the Rose | Comments(32)

玉置邸にて。

b0168859_18583730.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 「ぎゅるるるるるるるるるるるるぅぅぅぅぅぅぅぅっ!」

腹時計が鳴ったのか、はたまたどこからか魚を焼く匂いが漂って来たのか……。

 「ランチ、ランチ、ランチぃ〜っ!」

と、天敵Aのまくしたてるようなツルの一声で、
後ろ髪を引かれつつK邸を後にした僕ら一行(笑)
他の人は大体の土地勘があるのでしょうが、僕と親友のTくんは全く初めての地方、
ただただランチの匂いに引き寄せられるように車をカッ飛ばす、
自称、ズリア……じゃなかった、ジュリア・ロバーツの車の尻を必死で追い掛けました(笑)
意外にあったかな……距離。K邸から東名高速に乗り、
目指すは薔薇ファンの必読書「New Roses」の編集長の玉置一裕さんの御実家でした。

ランチもそこそこに、時間に追われるように玉置邸へ……。
腹が減っては戦は出来ぬ……ランチ、ランチ、ランチぃ〜っ!
美味しい食卓を囲み、満腹になると今度は薔薇、薔薇、薔薇ぁ〜っ!
非常に都合良く出来ている僕ら薔薇ミツバチ一行(笑)
以前からその素晴らしい庭園は評判で、いつか僕も訪ねてみたい……。
そう思っていたところに2人の「あぁ!勘違い自称ジュリア・ロバーツ」からお誘いが(笑)
こんな時でもないと玉置邸の素晴らしい庭を拝見することは出来ない……。
と、ばかり、意を決して参加することに決めた訳です。

玉置邸に着くと、いつも僕に親切にしてくれる、うそはち……じゃなくて、
おさはちさんこと小山内 健さんが、今か今かと僕らの到着を待ち構えていました。
いつも温度が変わらない小山内さん、お顔を見ると何だかホッとします。
玉置さんのお母さまが淹れてくださった冷たくて美味しいお茶に舌鼓、
カンカン照り&車での移動で疲れた身体を暫し休めます。

そしていよいよ憧れの庭園へ……玉置さんは、
 
 「試験栽培場です。」と謙遜して仰言います。

試験栽培場?……そう言われてみると、
美しく咲き誇った薔薇の庭は新旧様々な品種が入り乱れています。
イングリッシュ・ローズやデルバールの最新品種、
かと思えばメイヤンの81年の作出になる「Catherine Deneuve」が,
燦々と降り注ぐ太陽の中、「どう?アタシが一番綺麗ね!」とばかり
その蛍光オレンジを輝かせています。

 「あ……本当だ……。」

奥の敷地には鉢植えで色々な最新品種の薔薇が栽培されています。
でも、試験栽培と言っても、メインの庭園の方には薔薇だけじゃなくて、
それぞれの美点を引き立て合うように様々な草花が植えられています。

へっぽこカメラマンの腕を嘲笑うかのようにカンカン照りのピーカン……。

 「嵐を呼ぶ男、小山内 健よぉ。雲を呼んでおくれっ!」(笑)

きっと薔薇のシーズン、日本国、中駆け巡り疲れ果ててそのパワーが弱まったか、
薔薇めがけて猪突猛進する薔薇マダムに気圧されたか……。
ロクに話しをする間もなくそそくさと京都に旅立つ小山内さんを見送ります。
かくなる上は、必殺&裏技を駆使して撮影するしかありません(笑)
……って言っても、ワン・パターンのような写真ですが、
玉置邸の素晴らしい庭園の様子が窺えるかと思います。
もっと引いた素晴らしい庭の全景は、そこここに夢中で薔薇から薔薇へ飛び回る、
「ミツバチ」がブンブンしていたので撮影を断念(笑)
b0168859_18592192.jpg
b0168859_18593954.jpg
b0168859_18595556.jpg
b0168859_1901099.jpg
b0168859_1903541.jpg
b0168859_1905597.jpg
b0168859_191328.jpg
普段、玉置さんは東京在住です。
と、言うことは、普段の庭の管理はお母さまの手仕事です。
勿論、薔薇の栽培に関するノウハウ、奥義の数々は、
玉置さんからお母さまに伝授されているでしょうけど、
日々の庭の世話はお母さまの手によるもの。
花が今、何を欲しがっているか?どうすれば喜んでくれるか……。
素晴らしい庭園は、毎日〜観察し、ご機嫌を伺い、
微に入り細にわたった世話をしている、
お母さまの「優しい心」の賜物なのでしょう。

明るい笑い声の中心には必ずお母さまの姿が。
あの食い意地の張った薔薇マダムたち……じゃなくって、
麗しい薔薇マダムを瞬時に虜にする玉置さんのお母さま。
そこには植物も人も区別する事なく、
この世に生を受けたもの全てに分け隔てなく与える愛情、
慈しむ心が我等を魅了し、美しい庭と言う形を借りて、
僕等の目に映っているかのようです。

チャッカリの僕は、玉置さんの言葉「試験栽培場ですから。」を勝手に解釈。

 「えぇ〜と、だったら当然ここに Bella Donna、
  あそこは赤味が欲しいから Under the Rose……チョッとツルに仕立ててもいいし。
  ガーゴイルの横には Benoit Magimel、
  Remi Chang はニゲラのブルーと合うからこっちに……。」

玉置さん、分かっていますよね?
僕の薔薇は一品種5本を群植しないと本当の良さが分からないんですからね!
何なら僕からコマツさんにオーダーしておきましょうか?(笑)
玉置価格でゼロを一つ多く付けておきます!(爆)
b0168859_1864993.jpg
最後の1枚は麗しのタカラジェンヌ、
最近はジュリア・ロバーツに憧れ、なり切っている(?)
HISAKOさまが自宅の庭の薔薇で作ったアレンジ。
わざわざ僕の「Benoit Magimel」を使って下さる優しさ。
おめめさんが東京から遥々、焼いて来てくれた極上ケーキ2種類と共に、
旅先でホッとする一時、友人の優しさを感じる一瞬でした。


20. 06. 2010


Benoit。


★Copyright © 2009~2010 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2010-06-20 00:00 | Under the Rose | Comments(20)
b0168859_17385940.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

ここに濃いローズ・ピンクの小輪の薔薇があります。
2002年に交配して翌年に花開いた僕のオリジナルの薔薇……。
残念ながら数年後に親木がダメになってしまいました。
元々、弱かったのかな?仕方ないですね、僕の管理が悪かったのでしょうし、
きっと、陽の目を見ない運命の子だったのでしょう。
唯一、たった1枚、残る画像がこの写真です。
懐かしいなぁ……フィルムで撮っていますね。
そしてお気に入りだった証に手焼きでプリントしています。

一般に薔薇って手が掛かって大変な植物と思われています。
確かに、病気もあるし、害虫も吸い寄せられるように集まって来ます。
でも、それもこれも薔薇の一部、引っ括めてお付き合いしています。
たった1つ、僕が「イヤだなぁ……。」と、思う光景……。
それは、薔薇にハエがとまっている光景です(笑)

 「キミ、キミ、ハエくん、キミには薔薇の花は相応しくないよ!」



それと同じく、このブログに迷惑なメッセージを入れる輩がいます。
メッセージとは言いたくないですね、迷惑コメント。薔薇にたかるハエと一緒です。
怖気をふるうほど下品でとことん厚かましい。

皆さんと僕が気持ち良くこのサロンに集えるように、
メッセージ欄を承認制にさせて戴きました。
色々と不都合があるかもしれませんし、やってみなければ分かりませんが、
暫くはこの形を取らせて下さいね。

そうそう、写真もコピー出来ないようにしました。
残念ですが、悲しいかな無断コピーが後を絶たないのです……。


13. 06. 2010


Benoit。


★Copyright © 2009~2010 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2010-06-13 00:00 | Under the Rose | Comments(14)
b0168859_18381930.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

例年だと「国際バラとガーデニングショウ」が終わると、
サァ〜ッと、まるで汐が引くように取り敢えず薔薇への熱が冷める僕ですが、
今年は4月が寒く薔薇の開花が一斉に満開にならず、
パラパラと断続的だったこともあり、何となく欲求不満、
薔薇への熱が冷めきらない内にお誘いを受け、
普通なら急なことには腰が思いのですが、
時刻表などをチョッと検索してみると、意外に簡単な旅程かも……。
同行の御婦人たちも素敵な三美神だし(ゴリゴリゴリゴリ……。)
先方で待って下さっているオスカルみたいな麗人もいらっしゃるし(スリスリスリスリ……。)
薔薇には全く興味のない親友に声を掛けて、
新幹線から車に乗り継いで素晴らしい庭園を持つK邸にお邪魔しました。

東京からは可成り離れた場所にあるこのK邸。
美しいもの、優れた芸術がそうであるように、
僕達は見た瞬間に言葉を失ってしまいました。
一足先に着いていた三美神の御婦人たちはどこか夢見心地の表情(笑)
いつもは僕に回し蹴りをする凶暴な天敵Aの顔もどこか優し気です(爆)
まさに夢かうつつか……天国にある庭園ってこんな感じなのでしょうね。
僕なんかがやると、ついつい平面的になりがちな植栽ですが、
アーチや壁面を有効に利用し、背の高い植物などで立体的に仕立てられています。
一般に、庭、ガーデニングって女性のもの……そんなイメージがありますが、
K邸は、そこここに男性の庭らしい仕掛けが隠されています。
どこが男性の庭かって言われると、ハッキリしたことは言えないんですが、
先ず、縦の線を非常に上手く使っていらっしゃること。
そう、立体的なんですよね……おそらく2階からの眺めなんかは物凄いかと……。
そして、道具にこだわるところも男性っぽいです。
飾ってあるだけじゃなくてキチンと使っていらっしゃる……。
b0168859_18391219.jpg
b0168859_18392537.jpg
b0168859_183937100.jpg
b0168859_18395126.jpg
b0168859_18401160.jpg
b0168859_18402265.jpg
b0168859_1840357.jpg
b0168859_18405219.jpg
b0168859_1841463.jpg
b0168859_18411312.jpg
b0168859_18413745.jpg
b0168859_18415317.jpg
b0168859_18421287.jpg
どうやら一番花の盛りは過ぎていると思われますが、
全くそれを感じさせない手入れの良さ、良く見ると花柄をキチンとカットしてあります。
カンカン照り&いつもと違うレンズで何となく違和感はありますが、
そんな写真からでも素晴らしい庭の様子がお分かりになるかと思います。
今日の1枚目は最近、撮った中で最も気に入っている1枚。
大きいサイズでハイっ!(笑)こんなに素晴らしい庭をお創りになる方に生意気だけれど、
ここにKさんのガーデニングのエッセンスが全部詰まっているように感じました。
このピンクから紫色へのグラデーション!

はぁ、来年は薔薇の季節にここに住み込んで写真を撮りたい。
そして、一番、強く思ったのは、僕の薔薇をこの庭に植えて戴きたい……。
そう思わせてくれる庭でした。チャッカリの僕は勝手に、

 「あそこに Bella Donna を4本、こっちの壁面には Under the Rose をアーチにして、
   紫陽花の横には Benoit Magimel、鉢に植えて Remi Chang……。」

あれこれ思い描きながら庭を散策させて戴きました。
b0168859_18424655.jpg

美味しい珈琲に舌鼓を打ち、賢いワンちゃんの写真を撮ると、
ハイ、丁度、時間となりました!……って、30分もいなかったんじゃないかなぁ?
ランチに遅れては一大事と、色気より食い気、何よりも肉と牡蠣が大好きな、
花より肉団子系の天敵Aがコワい顔でこっちを睨んでいます(笑)
あっ!顔に「腹減った!」って書いてある!コ、コ、コ、コワい!(爆)

 「はいはい、ランチですね?ランチ。腹が減っては戦は出来ないってか……。
   Kさんにはお願いしてまたゆっくり遊びに来させて戴きます!」

Kさん、本当にありがとうございました。
いきなり押し掛けたのにイヤな顔一つせず感謝、感謝です。

 「ワンちゃん、今度は名前を教えてね!
   君、もしかして鼻のところが♥になっている?(笑)」


10. 06. 2010


Benoit。
[PR]
by souslarose | 2010-06-10 00:00 | Under the Rose | Comments(14)
b0168859_5493212.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

薔薇の苗を買うのはいつ以来でしょう……。
これだけ沢山の素晴らしい薔薇が毎年〜発表されているのに、
チョッと思うところがあって薔薇を買うことを差し控えていました。

ところが!
先日、佐倉にある「草ぶええの丘」に行った時、
ガゼボの裏手、フェンス際に数輪咲いていた可憐な薔薇に完全にノックアウト!(笑)

その麗しの方とは……1枚目の写真の「Princess Louise」です。
フラリと立ち寄った苗の販売コーナー……。
いつの間にか目は「Princess Louise」を探しています(笑)
……あったあった!新苗ですが数本の「Princess Louise」が。
気が付くとしゃがんで苗を選んでいるんですよねぇ(笑)何でも5メートル近く伸びるとか。
新居の玄関周りにツル薔薇を這わせたい僕は即決で買いでした(笑)
はぁ……早く大きくならないかなぁ……来年には5メートルくらいになる?(笑)
既に頭の中は壮大に育った「Princess Louise」が描かれています(笑)
b0168859_550881.jpg
b0168859_5502575.jpg
b0168859_5504149.jpg
b0168859_5505966.jpg
b0168859_5511578.jpg
b0168859_551299.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

他の写真はカンカン照りのピーカンの中、苦心して撮影した薔薇たち……。
やっぱり晴天はキツいですね。もう順光で撮影するのは無理。花はチリチリだし……。
逆光を巧く利用したり、日陰にある花を日向を背景に撮影するしかないです。
確か、この前来た時もカンカン照りだったような……僕って極端な晴れ男?(笑)


07. 06. 2010


Benoit。


★Copyright © 2009~2010 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2010-06-08 00:00 | Under the Rose | Comments(12)

女房元気で留守がいい。

b0168859_21271119.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

寂しいけれど、麗しい薔薇のシーズンも終わろうとしています。
毎年〜必ず何かが起こる薔薇のシーズン。
新芽の時機に強風が吹いたり、満開の頃に長雨に降られたり……。
今年は蕾が作られる4月に極度の日照不足……。
なんでも観測を始めて以来、一番短い日照時間だったとか。

毎年、薔薇にとって何かしら不都合な出来事が起こるけど、
薔薇は花の多い少ないや開花時機のズレこそあるものの、
律儀に美しい姿を僕らに見せてくれます。
一つ一つの花の開花に一喜一憂するのは僕ら薔薇ファン。
そして、体力を振り絞り、乏しい財力、がま口を逆さまにフリフリし、
開花時期と睨めっこして時間をやり繰りし、
各地の薔薇園や個人の素晴らしい庭を見るために東奔西走、
神出鬼没、瞬間移動的な荒技で日本国中薔薇を追いかけてウロウロソワソワ(笑)

こと薔薇に関しては女性の方が凄いです(笑)
瞬発力、執念(失礼!)その他、情熱的なことに関しては男性の比じゃありません。
僕の友人も、「国際バラとガーデニングショウ」に日参。
今日は東京の某所で薔薇の講習会、明日は関西方面に薔薇が素敵なお宅訪問。
一旦、帰宅して今度は九州に出掛け、とんぼ返りして
今度は中部地方に車を駆って、翌日からは自宅でオープンガーデン!
この先も軽井沢で薔薇三昧、東北、北海道と旅の日程が目白押しです。
疲れを知らぬ女性陣……その情熱たるや恐ろしいほどです(笑)

世の男性陣、特にご主人たちはと言えば……。

鬼の居ぬ間に……じゃなくって、愛妻が不在の内に羽根を伸ばし(笑)
メタボ解消で厳しい食事制限も何のその、好きなものをたらふく食い、
邸内禁煙の厳しいお達しを無視し、一杯やりながらプカプカ煙草を燻らせます。
勿論、吸った後のシュッシュ!ファブリーズは欠かせません(笑)
ホタル族返上でスッキリした後は好きなだけテレビを見て、
いつもは「だらしない!」と叱られる食後のゴロ寝も満喫。
日曜日だったら一日中寝間着のままでゴロゴロ。
まるで粗大ゴミのように掃除機に追い立てられる事もありません(笑)
おっかない女房が居ぬ間に後輩と会社の近くで一杯やるもよし、
寄り道してゲームセンターに寄るもよし。
午前さまになろうと何のその、鬼の女房は一泊で薔薇三昧(笑)
兎に角、女房どもは「可愛い!」を連発して東奔西走。
食事を作り置きしてくれていれば御の字、
それも後ろめたさからか結構、豪勢だったりします(笑)
もしなくてもコンビニの弁当だってなかなかイケるこのご時世。
薔薇の季節は世の男性陣には天国になるのです(笑)
世の女性陣、あっちこっち薔薇を追いかけて午前様、
一応、良心の呵責があるみたいで(笑)暫くは何となく優しかったりします。

 「ただいまぁ〜!」

柄にもなく可愛らしい声で帰宅の挨拶(笑)

 「留守中、大丈夫だったぁ♥?」

留守番を労う言葉も何となく裏返っています。
本人はバレていないと思っているのでしょうが、
薔薇友さんから分けて貰った挿し木苗、薔薇園で我慢出来ずに衝動買いした苗の数々……。
コッソリ庭の片隅に隠されているのを見逃すほどバカではありません。
でも、そこは見て見ぬ振りを決め込みます。
女房をいい気分にさせておくのも夫婦円満の手なのです。
どうせヘタクソでスグに枯らしちゃうんだから!(笑)

 「女房元気で留守がいい……。」

世の中、何となく上手く行っていますね!(笑)

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

写真は先日の「おはようローズガーデン」で撮った1枚。
確か……「Village Maid」だったかな?
相変わらず薔薇に関してはいい加減な僕です。
およそ15つの違う名前を持つこのストライプの薔薇。
モダン・ローズのストライプと違って上品この上ありません。


05. 06. 2010


Benoit。


★Copyright © 2009~2010 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2010-06-05 00:00 | Under the Rose | Comments(22)

Let's talk about roses。


by souslarose
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30