<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

b0168859_21571977.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

「My GARDEN 54号」にて僕の薔薇の名前が発表になりました。
皆さん、色々な感想を持たれたようで、
お話を伺うたびに「フムフム……。」楽しく聴かせて戴いています。

さて、「My GARDEN」のそれぞれの薔薇のキャプションにも
品種の解説に添えて簡単な名前の由来を書きましたが、
これから4回にわたってそれぞれの薔薇について、
「僕の物語」を書いてみたいと思います。
今日は巻紙的に長いですよ!覚悟して読んで下さいね(笑)

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

先ず初回の今日は、薔薇の名前を決めるにあたって、
一番、劇的&感動ものだった「Benoit Magimel」について……。

この白い薔薇、モダン・ローズとオールドローズの掛け合わせによって、
両親とは似ても似つかない薔薇に生ま変わりました。
初めに見た時に、誰か人の名前を付けたい……そう思ったのです。
パッと浮かんだのはフランスの俳優ブノワ・マジメルでした。
そう、女優というより男優のイメージを感じたんですね。
ハンサムで演技力抜群の若きフランスの俳優ブノワ・マジメル……。
僕は一度、4年前のフランス映画祭でブノワ・マジメルにお目にかかっています。
お目にかかったと言うのは少し語弊があるかな……。
映画の上映の後に長蛇の列に並んでサイン貰ったんです。
長くなりますから、興奮の様子は以前の記事を読んで貰うとして(笑)、
会話の中で薔薇に名前をつけることを快諾してくれたブノワ・マジメルですが、
その薔薇が実際に世に出る、販売されるとなると話は別です。
去年の11月に改めて諸々の書類と薔薇の写真を数枚、
「My GARDEN 52号」と「アンを探して」のパンフレット、
それから手紙……これは、所謂、ビジネス・レターの形式はとらずファンレター。
あと、僕の写真!例の著者近影(笑)だって、OKしたものの、
彼だって相手が一体どんな人か知りたいだろうし……。
(OKした後で髭のオッサンだと知ったらイヤでしょう?)
それらをEMSでフランスのエージェントに送った訳です。


だけど、いつになっても梨のツブテ……エージェントの担当の女性は、

 「彼にはキチンと伝えたわ。もし興味を持ったら連絡が行くから待っていて。」

と、ニベもありません。
いかにもフランス女性らしく自信たっぷり「私の仕事はしてるわよ!」って(笑)
「My GARDEN」で薔薇の名前を発表すると決めていましたから、
当然、締切がありますね……これはきっと返事は来ない……。
覚悟を決めて代わりの名前を探し始めたのが原稿締切の2週間前。
代わりの名前って言ったってねぇ……スッカリその気でしたから(笑)
登録商標の先生に相談し、二転三転どころか六転くらいして、
ようやく気に入った名前を見つけました。
(この名前はいつか他の薔薇に使うので内緒!)
原稿を書き替え編集部に送り、レイアウトに原稿を流したものをチェック。
最終の赤字を入れてホッとしていたある日……。

その日は偶然にも仕事が午前中で終わり、昼過ぎに帰宅しました。
いつもはあまり開けないポストを開けて中を覗いて見ると……。
何と、請求書の山に紛れて(笑)フランスからの手紙が……。
差出人の名前を見ると……な、な、な、な、何とブノワ・マジメルからの手紙!
三段跳びで階段を上がり(笑)戯れつく猫を足でいらい(笑)
慌てて封を切ると、そこにはこんな内容の実筆の手紙が入っていました。


 「先ず、僕の英語、上手くなくてゴメンなさいね。
  貴方の手紙を読んで感激しました。薔薇に僕の名前を付けてくれるとか……。
  これ以上、光栄なことはありません。是非、宜しくお願いします。
  貴方が申し出てくれたお礼の件ですが、僕はいいから日本の恵まれない子たちや、
  貴方が必要と思う団体に寄付してください。
  それから一つお願いがあります。僕の名前が付いた薔薇を一輪、
  ドライになっちゃうけど小箱に入れて送ってくれませんか。
  貴方の大きな大きな成功を心より願っています。」


か、か、か、可愛らしいですよね。ピュアで清々しい手紙でした。
カァ〜っと頭に血が上りますね(笑)天下のブノワ・マジメルから実筆の手紙。
寄付の件は1988年の彼の出世作、「人生は長く静かな河」で、
不幸な生い立ちのモモ少年を演じた彼ならではの優しい提案?
チラリとそんな事も頭をかすめたりもしましたが、
その次に、真っ先に頭に浮かんだのが、
まだ「My GARDEN」の原稿の差し替えが間に合うだろうか……と、言うこと。
安藤編集長に電話をすべく携帯電話に手を伸ばしましたが、
待てよ、もう一回、手紙の内容をよく読んで、
どこかに否定の単語がないかどうか調べます(笑)
電話口の安藤編集長は、一瞬、驚いたものの、
終始、落ち着いてにこやかに対応してくれました。
先ず、印刷会社に連絡してくれたんですが、折り返し電話がかかって来てビックリ。
なんと面付けを終え最終の校正を済ませたら印刷に回る寸前だったそうです。
20分だけ時間を貰い、慌てて原稿を書き替えようと焦るものの、
頭の中は真っ白(笑)そう言う時に限って掛かってくる友人からの電話、
膝に載って来て邪魔をする猫軍団(笑)どうにかこうにか原稿を書きあげ、
メールで安藤編集長宛てに送り終えた時の脱力感(笑)
そのドタバタの結果が皆さんが御覧になった「My GARDEN」と言う訳です。

しかし僕って何という強運の持ち主!
ギリギリで本当に願った名前を薔薇に付けることが出来ました。
エージェントの住所を調べてくれたフランスの親友夫妻。
手紙を翻訳してくれた悪友の私設秘書(笑)、
キッチリと仕事をこなしてくれたエージェントの女性、
ギリギリのドタバタにイヤな顔一つせず対応してくれた安藤編集長と
印刷会社の担当者の方々、本当にありがとうございました。
あと、仕事が半日で終わったことも!終わるのが一時間でも遅かったら
ブノワ・マジメルの薔薇はこの世に誕生しなかった訳ですから……。

そして誰より、薔薇に名前を付けることを許して下さった
ブノワ・マジメルに感謝、感謝!貴方のお陰で胸に小さな灯が点りました。
単純な僕は、既に彼とマブ達になった気分です(笑)
5月の薔薇の時期には一番美しい一輪を小箱に入れて贈りましょう。
映画「カサブランカ」の最後の台詞を添えようかな?(笑)
ルイをブノワに替えて……。

 「Benoit, I think this is the beginning of a beautiful friendship.....」

これが僕とブノワ・マジメルと薔薇「Benoit Magimel」の物語。
誰のものでもない僕達だけの物語。
何れこのドタバタをブノワ・マジメルご本人に伝えましょう。
さて、次にこの薔薇を手にしてご自分の物語を作るのは貴方です!


03. 28. 2010


Benoit。


★Copyright © 2009~2010 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2010-03-28 00:00 | Under the Rose

ロゴマーク!

b0168859_22242094.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

はぁ……春ですねぇ。随分と暖かくなってきました。
皆さん、お元気にお過ごしですか?薔薇の新芽は伸びていますか?
先日は恐ろしい大風が吹きましたが大丈夫でしたか?

さて、僕は相変わらず年度末のバタバタですが、
この度の僕の薔薇の発売に際して、
昔取った杵柄で……チョッと遊んでロゴマークを作ってみました。
遥か大昔、アナログな時代にそんな仕事をしていた事もあるのです(笑)
今回は忙しくてデザインを考える時間も余裕もなかったけど、
どうせ作るなら最初の段階から、苗に付けるタグやカタログに使って貰えれば……。
そんな気軽な気持ちからのロゴマーク制作でした。

使ったフォント(書体)は僕のオリジナルの書体です。
筆記体が好きなんです。かの昔、英語は出来なかったクセに、
前に出て黒板に書いた回答をみた英語の先生が、

 「字は綺麗なんだけどねぇ……。」と、ポツリ(笑)

今までは旅の思い出のスクラップ・ブック
店舗のロゴマークを頼まれた時など、特別な時にしか使いませんでした。
親友の店のロゴマークとかはね、この世に一つしかない、
このフォントを使ってあげたいじゃないですか。
誰にもマネ出来ない世界で一つだけのロゴマークを作ってあげたいでしょう?
ブロック体のもっとスッキリしたフォントを……とも思ったのですが、
自分の薔薇のシリーズのロゴマークに使わずしていつ使う?(笑)
だけど、まだ何も始まっていないのにシリーズ化?
その辺が凄過ぎる(爆)友人は呆れ顔です(放っとけ!)

ただ、ジンクスがあって、
僕がロゴマークを作った店(会社)はことごとく潰れる……んですよ(笑)
まぁ、親友の美容院は大繁盛ですから、一概に僕のせいとは言えないのですが。
潰れちゃった店のオーナーや社長の性格や顔を思い出すと……やっぱりね!って感じ(笑)

これから頻繁にこのロゴマークを見かける事もあるかと思いますが、
一つ、隅から隅まで、ずずぅ〜いと宜しくお願いいたします。


22. 03. 2010


Benoit。


★Copyright © 2009~2010 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2010-03-22 00:00 | Under the Rose
b0168859_22521521.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

皆さん、3月下旬を迎え随分暖かくなりました。
スッカリ春めいて……沈丁花のいい匂い、そして桜の蕾も膨らみ、
薔薇の蕾も早いものは可愛いヤツを付けています。
待望の薔薇のシーズンまであとチョッとですね。

さて、嬉しいことに安藤編集長のご好意で「My GARDEN 54号」にて、
僕の薔薇の名前の発表のページを持たせて戴きました。
皆さん、ブログのメッセージやメール、電話や手紙で……。
沢山のお言葉をありがとうございました。
薔薇の名前……概ね好評のようで少しホッとしています。

所で、肝心の苗の入手方法ですが、
現在、コマツガーデンでは基本的に予約を受けていません。
5月に出る今年度のカタログ(現在編集中)で予約開始になります。
カタログで予約してくださった方は少し待って戴いて秋の大苗から、
秋まで待てない、いち早くと仰言る方は5月12日開幕の、
「国際バラとガーデニングショウ」のコマツガーデンのブースで、
新苗が発売されますからそれをお求めください。

春の大苗ですが、5月に出る大苗の本数はごくごく僅か、
販売の見本に使うもの、ディスプレイに使うもの……。
販売に回る苗は殆ど無いと思ってくださって結構です。
春は新苗中心の展開になります。
「国際バラとガーデニングショウ」期間中の販売方法ですが、
本数が少ないため、コマツガーデンでは、現在、鉢上げする本数と睨めっこし、
なるべく皆さんに平等な方法を……と、考えているところです。
なお、嬉しいことに薔薇の苗を扱う大手園芸店で、
僕の薔薇を置いてくださるところが数店あります。
気になる方はお近くの園芸店に問い合わせてみてください。
そこでも新苗が手に入ると思います。

ただし、その数も今年の冬に接いで出来た苗を、
「国際バラとガーデニングショウ」のブースと石和温泉のコマツガーデン、
そして、販売店で各々に平等に割り振りますから、
可成の品薄になるかと思われます。
ヒットしたらスグに増刷……本やCDのような訳には行きません。
何しろ植物が相手ですから作業にも適した季節があります。
年単位の長い目でお付き合いください。



と、ここでブノワ。さんの本音(笑)

でも、大丈夫。そんなに売れやしないから(笑)
ドームでヨぉ〜イ、ドン!で走らなくても大丈夫。
だけど、山のように余ってコンテナに入れて東京湾に……おぉ、イヤだイヤだ!(笑)
余ったらイヤだから皆さん奮って買ってくださいね!
在庫を抱えてブノワ。さん泣いちゃうから沢山買ってね!
アブラカダブラ……あなたは僕の薔薇が欲しくなる、欲しくなる!
チックタックチックタック……目が覚めると、
あなたはブノワ。さんの薔薇を抱えてレジに並んでいる!
神さま仏さま大仏さま(笑)どうか薔薇が沢山売れますように!(笑)


本当に皆さんありがとうございます。
沢山の方に僕の薔薇を可愛がって戴けますように!

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

今日の写真は僕のオリジナルの薔薇の新苗。
この薔薇は今年発売の品種ではありません。
かれこれ3年前にコマツガーデンで接いだものがウチに届いたもの。
僕は新苗でもじゃんじゃん咲かせちゃいます。
だって、蕾が綻びかけているのピンチなんて出来ません(笑)
親木と同じ花が咲いて改めてビックリした覚えがあります(当たり前か)
赤黒い花は次第に紫へと退色……強烈なオールドローズの匂い。


21. 03. 2010


Benoit。


★Copyright © 2009~2010 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2010-03-21 00:00 | Under the Rose
b0168859_831150.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

何だかんだで3月も中旬……。
今年は桜が早いだの薔薇はどうだの、そろそろ気になる季節です。
結局は、精々1週間くらいしか変わらないのですけど、
その時期にイベントが決まっている人は一喜一憂ですね。

春がいいのは、寒かった冬に閉め切って暮らしていた窓を、
思い切り開け放して開放感が味わえるから。
僕、ダメなんですよ……閉め切られて空気が動かない場所って。
嬉しい事に、このところチョッとですけど窓を開けて寝ています。

さて、先日の「匂いのいい花束。」にも書きましたが、
今月は僕の誕生月、大々的に「誕生日強化月間」キャンペーンを繰り広げています(笑)
メッセージを沢山戴いたり御飯をご馳走になったり……。
思わぬプレゼントを下さった人、律儀に毎年〜必ずカードをくれる人。
本当に有り難いですね。僕は彼等の誕生日は知らないのだけれど……(笑)

もう一つ、今日は人気誌「My GARDEN 54号」の発売日です。
有り難い事に、今号の5月に発売になる僕の薔薇の名前の発表をして下さいます。
一個人が作った薔薇をここまで素敵に紹介して下さるなんて……。
幾ら感謝しても足りませんね。美人編集長をはじめ関係の方々に感謝です。

ホラ、そこの貴方!ボンヤリしていちゃダメですよ!
スグに本屋に走らなきゃ!(笑)ン?いいからいいから!
裸足でもいいからサンダル突っかけてお金を握りしめて!(笑)
一家に1冊「My GARDEN」、今号はとても素敵な特集がてんこ盛りですから、
ページを捲っているうちにスグにボロボロになってしまいます。
ふふふふ……でしょう?1冊じゃ心配ですよねぇ?(笑)
ホラ、心配になっちゃったそこの貴方、保存版でもう1冊。
ウゥ〜む……2冊じゃ心配だなぁ……薔薇好きの貴方は3冊は必要ですね(笑)
だって、薔薇の時期には沢山のお客さんが来るでしょう?
皆さん、無造作にパラパラやりますよ……ホラホラ、心配になって来た(笑)
手に入らなかったお友達に分けてあげる事もあるかもしれません。
まぁ、5冊くらいは確保しておいた方がいいかも……。
僕なんか友人が「お祝いに!」って、記念に50冊買ってくれました!
皆にあげちゃってスグになくなっちゃうのですけどね。
さぁて、早くしないと売り切れる事は必定。
それくらい素晴らしい内容になっていますから!

薔薇の名前に関しては本誌をご覧になって戴くとして。
ここではどの品種が発売になるかだけそっとお知らせいたしますね。
この写真はコマツガーデンから発売になる苗に付いている
タグ(ラベル)の写真と一緒になると思います。
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××
b0168859_841525.jpg
b0168859_844170.jpg
b0168859_845117.jpg
b0168859_851512.jpg
薔薇の名前とそれぞれについてのエピソードは追々に紹介させて下さい。
可成り驚愕の面白エピソードや、ホロリとする話しもあります。
真面目な話し、自分でもチョッとビックリしてしまった逸話、
人生、なんて面白いんだろう?捨てたものじゃないなぁ……って、思った事、
それらは一つ一つゆっくりお話しいたしますね。

どうですか、4種類の薔薇……今まで写真をお見せした中で、
貴方が想像していた薔薇は入っていますか?
薔薇に関して、「My GARDEN」についての感想をお待ちしていますね!


16. 03. 2010


Benoit。


★Copyright © 2009~2010 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2010-03-16 00:00 | Under the Rose
b0168859_14401514.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

薔薇は本当に不思議な花だ。

世の中に美しい花は数えきれないほどあります。
豪華な蘭の仲間、清楚な百合、桃源な桜の花……。
だけど、その起源を古代ギリシャやローマ時代まで遡り、
人類とともに歩んで来た花は少ないです。
絵画や音楽、文学のモチーフとなり、
人類にインスピレーションを与えて来た薔薇。
ある日突然、「薔薇」の全てがこの世から消え去ったとしたら……。

あの音楽も、あの画家の名作も、あのベストセラーの小説も、
あっ!あの映画もなくなっちゃう……。
世の中が真っ暗になってしまいますね。

もう一つ薔薇が不思議なのは、
こと薔薇が相手だと、何のてらいもなく言葉が出て来ます。
普段は気恥ずかしくて絶対に口に出来ないような言葉も……。
曰く、「愛する」とか「麗しい」とか「最愛の」とか。
そのような言葉を臆面もなく口に出来るなんて、
まるで薔薇が人格を持ち人と対しているようではありませんか。
その辺が薔薇の人気の秘密、魅力の一因かもしれませんね。

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

今日の薔薇は僕のオリジナルの薔薇。
壺形の蕾が開くとギザギザの花弁がギッシリ!
淡いピンクが沢山、沢山、房になって咲きます。
チョッと面白いなぁ……と、思うのは、
1本の茎に咲く房の花が、チョッとずつ表情が違うのです。
色の濃淡だったり花の形だったり……。
一輪で様々な表情を楽しめる面白い薔薇です。


07. 03. 2010


Benoit。


★Copyright © 2009~2010 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2010-03-07 00:00 | Under the Rose
b0168859_20554868.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

今日から3月です……一気に春めいて来ることでしょう。
皆さん、お庭の準備は万端ですか?新芽の動きを見てニンマリしていませんか?(笑)

さて、雨の日曜日、久し振りに家でゆっくり寛ぎました。
毎日〜忙しくて自分に時間もなかなか取れない始末。
まだ締め切りの原稿が何本かあるけれど、今日はここでチョッとお休みです。
風呂に入ってから朝食。じゃれて来る猫と遊びつつ、
メールの返事を書いたりブログに皆さんが下さったメッセージに返事を書いたり……。
有意義な一日になったような気がします。

何回も何回も皆さんのお言葉を読み返し、
つくづく「有り難いなぁ。」……と、感謝の気持ちで一杯になります。
時間もないのに2つ目のブログを立ち上げ、勝手気侭に書いているのに、
いつも優しい言葉に励まされています。本当にありがとうございます。

今回、5月にコマツガーデンから僕の薔薇が出るにあたって、
今まででは考えもしないような、僕にとっては初めての経験を沢山しています。
皆さんもご存知の通り、元々、僕の交配は趣味で始めたものです。
特に画期的な薔薇が出来た訳でもありません。
辞書を書き換えなければいけなくなる歴史に残る青薔薇が出来た訳でもない……。
世界の素晴らしい薔薇たちの中で、埋もれてしまいそうな僕の薔薇たち。
きっとそれぞれに個性的なハズ……そう願っていますけれどね。

今回の事でつくづく感じたのは、日々、真面目に過ごすことの大事さです。
そして、人に対して優しくあること……これにつきると思うんです。
例えば、僕の薔薇が世の中に出るキッカケは一人の女性の存在です。

今を遡ること何年前になるでしょうか……。
彼女とは銀座のデパートの上の園芸店で知り合いました。
屋上の小さな店でしたが、銀座に行く度に足繁く通い、
小さなフェイジョアの苗を2本買ったのがキッカケで、
随分と親しくして貰っていたのですが、ある日、その園芸店が閉店してしまい、
彼女とは連絡が取れなくなってしまいました。
そして数年後、偶然にも日本橋の大きな園芸店でバッタリ再会したのです!
空白の数年間、彼女は外国に園芸留学して植物の知識に磨きをかけ、
そして、コマツガーデンに自ら履歴書を持参して強烈に自分をアピール、
生産に携わらせて貰い薔薇の修行を数年間したようです。

気取らず真面目で人一倍働く姿を見ていた僕の薔薇の大先輩のFさまが、
「どうしても!」と、口説いて件の園芸店のスタッフになったそうです。
何年か振りに再会し、ふたたび親しくお付き合いさせて貰うようになりました。
皆さん、もうお分かりですよね。
彼女に薔薇の交配のことをチョッと相談したことがキッカケで、
彼女がコマツガーデンのみどり社長に話しを持って行ってくれて、
以後はトントン拍子、今年、僕の薔薇が発売となった訳です。
これも彼女がコマツガーデンで身を粉にして真面目に働き、
惜しまれつつ辞め、その後も親交を温めていたからなのです。
薔薇の出来は兎も角、彼女の紹介なら信用がおける……と、言うことです。

僕はごくごく平凡な人間です。
世にも稀な美貌に生まれた訳でもなく、
人を引き付けてやまない性格の持ち主でもなく、
あれこれと趣味を兼ねて頭を突っ込み、
それなりにいい部分もあると思いたいけれど、
どれ一つとして図抜けた才能がある訳でもなく……。
でも、人に対して常に優しく(外面上は皮肉屋を装っているけれど。)
誠実に接して来たことは誇りに思っています。
自分を滅してでも出来る限りのことは友人にする……そうして来ました。
それが今回の薔薇の発表に繋がったと思うのです。
一つ一つ、一人一人の誠実さが実を結んだ……そう思いたいです。
困った時、何か相談事がある時に友人は快く力を貸してくれます。
それは僕が真面目に誠実に生きて来た証拠……そう思いたいです。

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

今日の写真は僕のオリジナルの薔薇です。
前に紹介した品種と同じ実の中から採れた種から生まれました。
自然界の不思議、交配の奥深さを実感するにたる薔薇です。
だって、この2品種、全然、性質が違うんですもんね(笑)
いよいよ5月が近付いて来ました。やらなければならないこと山積です。
一つ一つ丁寧に、心を籠めてこなして行きたいと思います。


01. 03. 2010


Benoit。


★Copyright © 2009~2010 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2010-03-01 00:00 | Under the Rose

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31