<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ようやく決まりました。

b0168859_19314765.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

ようやく、ようやく……決まりました、薔薇の名前。
前にも書きましたが、僕は血液型や星座による占いの類は全く信じていません……が!
物事をなかなか決められない優柔不断な所は矢張りA型かと……(笑)
僕の薔薇が発売になることが決まってから2年近く、
勿論、いくつもいくつも候補はあったし、およその所は決めていたのだけど、
いつも何をしてもそうなようにギリギリギッチョンチョン、
何事もどん尻のお尻、締め切りから逆算して予定を立てるところは
学生の頃から今のまま、幾つになっても変わりません。
薔薇の名前、諸々の締切に追われてようやく決まった次第です。

元々、薔薇の交配をはじめた一番大きな理由が、
作出者が自分で名前を付けられる……と、言うもの。

 「なんて美しい薔薇なんだろう……。」

で、名前を知ってガッカリなんて言う事はありませんか?
僕ならもっといい名前を付けるのに……言うのは簡単ですよね。
オリジナルの薔薇が出来、いざ、本当に名前を付ける立場になってみると、
なかなかセンスのいい名前はそう簡単に見付かるものでもなく、
力んだところで素晴らしい知恵が浮かぶ訳もなく、
下を見てもアッと驚く名前が転がっている訳でもなく、
辞書を引いてもインターネットで検索しても困惑するばかり。
まして、自分で決めることに意義があるんですから友人には相談出来ないし……。
弱り行く脳細胞、逆さになっても大した閃きなんて期待できません(笑)

どうでしょう……自分ではまぁまぁの名前が付いたと思うのだけれど、
果たして皆さんの感想は如何に……。

4品種の名前の発表は3月16日発売の「My GARDEN 54号、春号」にて……。
勿論、このブログでも追々紹介させて戴きますね。

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

今日の薔薇は僕のオリジナルの薔薇です。
素晴らしい匂いを持つこの美しい薔薇……決して世に出ることはありません。
何故なら、ガリカを片親に持つ故、春にしか咲かないのです。
直立性、壺形の蕾が開くとこんな感じになります。
ウチに新苗の状態で一年そのままになっている小さな苗が20本あります。
どうしようかな……誰かにプレゼントしちゃおうかな。
春だけしか咲かない薔薇でも可愛がってくれる人……いるかな。
チョッと思案中です。


19. 02. 2010


Benoit。


★Copyright © 2009~2010 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2010-02-19 00:00 | Under the Rose | Comments(48)

春待ち薔薇。

b0168859_18463263.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

冬と春の季節の狭間で……。
寒さ、暑さには強い僕ですが、さすがに今日は寒かった(笑)
寒いって言うよりも手足が痛い。曇天の空を見上げれば、
黒いウインドブレーカーに美しく結晶した雪がパラパラ……。
ド近眼の僕はメガネを取って目を近付けてみると、
そこにはまるで図鑑の写真を見るかのような美しい雪の結晶がありました。
完全な六角形……まるでクリスタルかダイヤモンドを彫刻したかのように、
複雑で見事な雪の結晶……手の平で暫く楽しみました。
子供の頃にフワフワの雪で朧げに六角形が感じられたのは見た事がありますが、
ここまでガラス質なのは初めて……本当に自然って不思議です。

さてさて、フと現実に戻ってバルコニーを見渡せば、
全く手入れをしていないツケがこれほど見事に現れているとは……(笑)
首筋を吹き抜ける一陣の風がさらに冷たく感じます(笑)
はぁ、この先、どうやって手入れしようかな。
誰か手伝いに来てくれないかしらン……。

部屋に入りしな、一際、明るい色彩が目に飛び込んで来ました。
近付いて手に取ってみると、それは僕のオリジナルの薔薇ではありませんか。
普段とは全く違う姿にビックリ。寒さの影響でしょうか。
元々白っぽくなったりする傾向はありますが、
寒さや風に傷んだ花弁も黒点病で真っ黒の葉も(笑)
美しく艶やかに見えるのは痘痕もエクボ?
きっと、贔屓の引き倒しって言われるかもしれませんが(笑)
光線を逆光に変えこうしてチョッと舞台装置を変えてみれば、
雰囲気が出て素晴らしいポートレートに早変わり!
さながら、故郷を追われ、最後の望みを抱いて
ニューオリンズにやって来たブランチ・デュボアのよう……。

今の時期の薔薇は昨シーズンと今シーズンの架け橋、
僕等の一年中、変わらぬ薔薇への情熱を代弁しているみたいで素敵です。
年賀状で味をしめちゃったので何かのカードに使ってみようかな?
丁度、薔薇の時期にでも……そんな風に思っています。


13. 02. 2010


Benoit。


★Copyright © 2009~2010 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2010-02-13 00:00 | Under the Rose | Comments(14)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28