<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

何年振りかな?

b0168859_205238.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

何年振りかな…………。

我家の薔薇は秋の花のための剪定をして貰えません(笑)
だって、忙しくて忙しくて……休みの日にはゆっくりしたいですから。
それに、時間があったとしても、8月下旬の猛暑の中、
一体どれだけの作業が出来ると言うのか……しかも物凄い雑草(笑)

秋の花が少ないのは、まるで熱した鉄板並みに熱くなるバルコニーのせい、
高温多湿の日本の夏のせいだと思い込む事にして、
ズゥ〜っと秋の花のための剪定をサボって来ました。
チョッと気が変わったのですよ。気分が乗った?ほんの気まぐれ?
この前の日曜日、朝、薔薇に水を上げたその手で軽く剪定なんて言うものをしてみました。
勿論、全部出来るハズもありません。お気に入りの薔薇だけ。
それから一季咲きのオールドローズは伸ばしっ放しでいい訳だし……。
肥料もあげましたよ……これもお気に入りの薔薇だけ(笑)

どうかな、綺麗な薔薇が咲いてくれるかな……。
どうしても写真に収めたい品種もあるしね。

今日の薔薇は僕のオリジナルの薔薇。そう、例の糸ピコの薔薇です。
グレーがかった淡いピンクに極細の糸ピコ……どうですか、糸ピコ見えますか?(笑)


26. 08. 2009


Benoit。


★Copyright © 2009 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2009-08-26 00:00 | Under the Rose | Comments(10)

One and Only。

b0168859_5545424.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 「1本だけだよ!」

もしも、もしもですよ、
この世の中で薔薇を1本だけ選べと言われたらどうしますか。
何万種類あると言われている薔薇の中から1本だけ選べますか?

先日のこと,友人とチョッとだけ交わした会話が気になって仕方ありません。
理由は何でもいいです。あなたは薔薇を1種類だけ選べますか?


引っ越して薔薇を1本だけしか育てる場所がないとか、
恋人に求婚する時に愛の言葉に添えて差し出す薔薇とか、
天国に行く時に持って行くたった1輪の薔薇とか、
亡くなった人に手向ける極上の薔薇とか、
無人島に流された時に1輪だけ傍に置いておきたい薔薇とか、
世界が大洪水に見舞われて、あなたがノアの方舟に乗るとして1本だけ持って行くのは?
日本が沈没して日本国民が世界に散り散りに、難民になる時、持って行くのは?
生涯に1本、想い出に残る薔薇でもいいです。

概して薔薇好きは欲張りですから、あれもこれもになってしまうけれど(笑)
真面目にたった1本だけ選ぶとしたらあなたはどの薔薇を選びますか?


あぁでもない、こぅでもない……あれこれ考えた末に僕が決めた薔薇。
どうせだったら大きくなる薔薇、ツル薔薇がいい……チョッと意外な選択。
僕が考えに考えた末に選んだ薔薇……。
それは,イングリッシュ・ローズの第1号「Constance Spry」でした。
春先一回の開花……上等じゃないですか。
100年の単位で愛培される薔薇……こんなに壮大な薔薇は見た事がありません。


15. 08. 2009


Benoit。


[Constance Spry (ER) Austin, 1961]

★Copyright © 2009 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2009-08-15 00:00 | Under the Rose | Comments(26)

Jenny Wren……小輪 Love。

b0168859_18571093.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

夏至を過ぎ、朝、幾分明るくなるのが遅くなって来ました。
バルコニーにはドラゴンフライがフライング(笑)
スッカリ秋の気配が漂う8月になりました。

さて薔薇はと言えば、春先に見事な花を見せてくれた大輪の薔薇たち、
繰り返し咲くことが謳い文句の薔薇も、さすがに2番花、夏の花はショボいですね。
カップ咲きの大輪の花が小輪のダリアのような花になっちゃうことが多いです。
1番花と2番花、秋の花が同じくらいの美しさで咲く種類は本当に少ないです。
そんな中、それ程、両者のギャップが少なく楽しめるのが中輪から小輪の薔薇、
花数が多いのも魅力ですよね。お国柄で薔薇の好みも変わります。
兎に角、薔薇はデカければいいみたいな国もありますしね(笑)
薔薇を買う時に花の大きさに重きを置く人もいますよね。
僕もあまり大きな花は苦手かな……ぼこぼこデカい花が咲いてもねぇ。
ウチは広大な整形式の薔薇園じゃありませんしね。

今日の写真はフロリバンダ(ポリアンサに分類されることも)の「Jenny Wren」。
大きくなっても精々1メートルのこの小輪の薔薇。
こんなに愛らしいのになぜか日本ではあまり見掛けません。
特別に稀少と言う訳でもないのでしょうが、まだ扱う薔薇園が少ないのかもしれません。
片親の「Cecil Brunner」に少し似ていますが、物凄く心地いい匂いがします。
淡いミルラの匂い……房咲き、通年を通して本当に良く咲きます。
中輪から小輪が大好きな僕のお気に入りの薔薇です。


03. 08. 2009


Benoit。


[Jenny Wren (F) Ratcliff, 1957]
[Cecil Brunner (F) Maria Ducher, 1880]

★Copyright © 2009 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2009-08-03 00:00 | Under the Rose | Comments(8)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31