美しきイングリッシュローズ。

b0168859_12285962.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

久しぶりに丘陵公園を訪ねました……。
朝一番で「Bella Donna」を見に行ったあと、ピーカンの園内を廻ります……。
何だか今日も人形焼きになりそうな予感……色白で売っているのに!(笑)

相変わらず細部まで丁寧に手入れされた園内は気持ちがいいです。
朝早いと言うことを抜きにしても、こちらの薔薇園は本当にいい匂いがします。
こちらには可成ら珍しいし品種も植えられていて、
例えばチョッと前に記事にした「バベットの晩餐会」に出てくる、
「Chateau de Clos Vougeot」などという珍しい薔薇も実際に見ることが出来ます。
チョッと気難しいのかな?僕が育てた時には上手に咲かせられなかったけど、
ダマスクモダンの豊潤な匂い……。
全ての薔薇ファンが薔薇の花に期待するであろう匂い……。

それから薔薇園に入ってスグのガーデンの植栽が素晴らしいです。
薔薇を引き立てるだけではなく、葉の美しさが際立つ宿根草や、
薔薇の花にブルーがないこともあるのでしょうが、
紫陽花のブルーがとてもいいアクセントになって薔薇を引き立てています。
ピーカンで何ですが、撮って来た写真、ご覧くださいね。

b0168859_12365483.jpg


b0168859_12364314.jpg


b0168859_12363016.jpg


b0168859_12361226.jpg


b0168859_12355355.jpg


b0168859_12351567.jpg


b0168859_12345523.jpg


b0168859_12344537.jpg


b0168859_12343480.jpg


b0168859_1234204.jpg


b0168859_1234979.jpg


b0168859_12335880.jpg


b0168859_12334226.jpg


b0168859_12332984.jpg


b0168859_12331267.jpg


b0168859_12314451.jpg


b0168859_12313131.jpg


b0168859_12311410.jpg


b0168859_12305989.jpg


b0168859_12304596.jpg


b0168859_12303140.jpg


b0168859_12301663.jpg


b0168859_1229585.jpg


b0168859_12294118.jpg

改めて思ったのはイングリッシュローズの素晴らしさ。
庭に植えられることで最大限の威力を発揮する類い稀な薔薇のグループです。
薔薇園に入ってスグ、薔薇の歴史を変えた銘花、
「Constance Spry」が何本も植えられています。
タップリと丸く古のオールドローズの面影を残す大輪の花。
丸く大きな明る目の葉はマットで、細かくビッシリと付いた赤い刺が美しいです。
スグ隣に「Constance Spry」の片方の親である、
「Belle Isis」が植えられたコーナーもあります。
「Belle Isis」はガリカの銘花ですが、この美しい小輪のガリカから、
ゆったり優雅な「Constance Spry」が生まれた不思議……。

b0168859_12484152.jpg


b0168859_12473477.jpg


b0168859_1247417.jpg


b0168859_12465232.jpg


b0168859_12463863.jpg


b0168859_12462297.jpg


b0168859_12455134.jpg


b0168859_12451843.jpg


b0168859_1245564.jpg


b0168859_12445463.jpg


b0168859_12444387.jpg


b0168859_12442740.jpg


b0168859_12433878.jpg


b0168859_12432565.jpg


b0168859_12431359.jpg


b0168859_12425862.jpg


b0168859_12423167.jpg


b0168859_12381418.jpg


b0168859_12375648.jpg

イングリッシュローズの最新品種群を、
「面白みがない」と評する人もチラホラいますが、
限りなく満点に近いクォリティーの高さをアベレージで出すことの難しさ、
「Constance Spry」が世に出てから、およそ50年間の進化と、
薔薇の世界だけに留まらず、芸術全般に与えた計り知れない影響、
人類の歴史に新たなページを刻んだオースチン氏の功績は称賛に値します。
100年、200年後に薔薇の歴史、世界を振り返った時、
イングリッシュローズがどれほどの影響を僕らに与えたか……。
忘れてはならない素晴らしいイングリッシュローズの数々が、
素晴らしい状態で見られるのもこのコーナーです。

薔薇は人類の歴史とともに歩み、多大な影響を与えてきました。
薔薇の歴史を大きく塗り替えたイングリッシュローズ。
それらの美しい薔薇を作り出したデヴィッド・オースチン氏に、
心の底からの感謝と尊敬の気持ちをこめて……。


08. 06. 2016


Benoit。


★Copyright © 2009~2016 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by at 2016-06-08 21:43 x
ブノワ。さん、こんばんわ。つい前まで、色白で売っていたのに(笑)。越後と秋田のハーフだから、色白なのです。母は、
色白ではないけれど・・・・・・。大根のような色白肌だっ
たのに。黒くなるものですね。

楽しく写真を拝見致しました。ブノワ。さんならではの、
写真。同じ場所を、訪れているのに、ここはこの角度なの
かなあって考えていました。見逃している場所なのかなと
思ったり(汗)。

イングリッシュローズは、初期の頃が好き。初めて
知った時の衝撃は、物凄いものでした。交配親の薔薇を
調べてみると、愛らしいオールドローズ。この咲き方は、
何なんだって思うものでした。

HTのあの咲き方しか、わかんない頭には、衝撃の嵐
でした。育ててみたけれど、なかなか本で拝見する
オースチンの農場の花色のようにならず。やはり天候や
気温などもあるだろうし。土壌や肥料なども。

ここ10年で、光の厳しさを痛感しています。昔は、
花弁が火傷するなんて、考えられませんでした。半日陰で
育てないと美しい姿を拝見できないのかなあって。最近
思います。

いつか、ゆっくり時間ができたら。また、育ててみようと
思います。昨年、十勝ヒルズで拝見したプリンセス・アン。
比較的、新しい品種だと思いますが、十勝の気候に合って
いて美しいと思ったイングリッシュローズでした。十勝
だからこそ、似合うのかなって。

北の大地で咲く薔薇は、やはり違いました。
Commented by ake_chu at 2016-06-10 05:53
おはよぉ~ブノ。ちゃん

誰が色白で売ってるって?
色白のブノ。ちゃんを見てみたいわぁ~!!

1番良い時に行けて羨ましいわ。
今年は秋にダンナの実家に行くから、
秋の越後に行けるかもしれないけど、
やっぱ、この時期の方がいいなぁ~!!

あけ

Commented by omemetan at 2016-06-13 11:54
ブノワ。さん、こんにちは。
イングリッシュローズ、やっぱり好きだな~と
コマツガーデンから昔枯らしてしまった品種を
4つ取り寄せました。
華やかで香りも良く、枝も繊細な感じが大好きです。
私は、お庭のバラやハーブで、
アレンジメントを作るのが趣味なので、
イングリッシュローズは、とても良いです。
ブノワ。さんの写真は、夢の中みたいで、いつも素敵ですね♪
今年は、ブノワ・マジメルが沢山咲いています♪
ホワイトガーデンを目指し、白バラばかり植えていますが、
ブノワ・マジメルは、花びらに雰囲気があって、
フランス映画のような味わいがありますね。
今日は、雨が降っているので、とても美しいです♪
Commented by ロミ at 2016-06-16 07:11 x
ブノワ。さん おはようございます
すっかり ご無沙汰しています

今回も 素敵なお写真を堪能させて頂きました
慌ただしい毎日の中で、少し気持ちが和らぎました
薔薇の力は、凄いですね
あっ
失礼しました
ブノワ。さんのお写真のお蔭ですね(笑)

今年のブノワマジメル も レイ も
それは見事に咲いてくれました
今までで一番たくさんの花が咲きました

天候不順のおり、お身体ご自愛下さいね
Commented by souslarose at 2016-06-26 06:24
愛ちゃんへ。
おはよう!いつもメッセージありがとう。
僕は色白ですよ……小さい頃はね(笑)
アトピーだったでしょう?だから日に焼けた肌は憧れだったの。
今や焼けても皮も剥けないくらい丈夫な肌になりました(苦笑)
丘陵公園は本当に素敵ですね。何回行っても新しい発見があるもの。
それから管理がいい!広大な敷地を綺麗に保つのは大変なんでしょうに……。
スタッフの皆さんに熱意には頭が下がります。
写真だけど、行く時期が微妙に違っていたり、その年の気候も違う。
毎回楽しく撮影して歩いています。秋にも行きたいなぁ。
イングリッシュローズを初めて知った時の衝撃ね(笑)
薔薇の歴史を作ったよね……オースチンって本当に凄い方だと思います。
お目に掛かれて握手でもして貰ったらもっといい薔薇が出来ていたかも(苦笑)
何事もそうですけど、一番最初にした人って偉大ですよ。
あとは皆さん、オースチンに続けでしょう?
日本の気候は本当に変わってしまいましたね……もはや温帯ではなく亜熱帯だものね。
薔薇だってそのうち関東以北で栽培可能……そんなことになりかねない。
今を大事にしましょう。あとで後悔しないように……。

Benoit。
Commented by souslarose at 2016-06-26 06:28
あけへ。
おはよ!メッセージご苦労であった。
どうせヒマぶっこいているんだから、もっと頻繁に寄越すように!(笑)
僕は色白ですよ。アトピーが治るまではね(笑)
治ったら一気に黒くなった……肌が強くなったのかな?
丘陵公園は近いようでやっぱり遠いじゃない?
新潟のお嬢さんたちがスパイして様子を知らせてくれるから(笑)
外れるって言うことがないよね……秋かぁ……。
あそこは管理が抜群だから秋もいいんじゃない?
ただし、旦那にビールでも与えておいて時間稼がないと(笑)
来年は春に一緒に行こう!

Benoit。
Commented by souslarose at 2016-06-26 06:33
おめめちゃんへ。
おはようございます!メッセージどうもありがとう。
返事がスッカリ遅くなってしまいました。ゴメンね。
こっちは更新もママならないし、あまり開くこともしないの……。
枯らしちゃったイングリッシュって、例の黄色いヤツ?
チョッと前のイングリッシュローズって本当に素晴らしいですもんね。
今みたいに完璧に整っていなくて、ゆったりとルーズで。
僕たちって今、薔薇の歴史の一番素晴らしい時期に生きているって言う実感!
そうだね、おめめちゃんはアレンジするもんね……。
ハイブリッド・ティーじゃぁチョッとねぇ(笑)
「Benoit Magimel」がフランス映画の味わいだなんて……。
おめめちゃん、嬉しいこと言ってくれますねぇ(笑)
末永く可愛がってやってくださいね!

Benoit。
Commented by souslarose at 2016-06-26 06:37
ロミちゃんへ。
おはようございます!メッセージ恐縮です。
暑くなって来ましたけどお元気ですか?ヘバっていない?(笑)
僕の力ではありませんよ。全ては植物の力。
そして、管理をしている丘陵公園の皆さんの根気と努力の賜物です。
本当に綺麗にしているんですよ。チリ1つ落ちていないの。
ロミちゃん、いつも僕の薔薇を可愛がってくれてありがとうね。
そう言う報告を聞くと、薔薇をやっていて良かったなぁ……と思います。
これから暑さ本番です。水分と塩分をしっかり摂って乗り切りましょう!
麻実さん、秋は徹子さんと共演みたいですよ!
またご一緒出来ればと思います。

ブノワ。
by souslarose | 2016-08-15 08:00 | Raindrops on Roses | Comments(8)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30