春への序章……「Garden Diary」Vol.5 発売中です。

b0168859_2303690.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

穏やかで暖かな4月がやってきました……。
桜も満開を過ぎましたね……あぁ、桜吹雪の美しいこと。
桜の花は満開の豪華絢爛もいいけれど、少し散って臙脂色の萼が見えて来た方が、
樹全体が赤みを帯びて色っぽかったりします。
これからは一気に草花が咲き乱れる春に向かって一直線ですね。


この春の季節を待ち焦がれた人がどれくらいいるでしょう……。
矢張り春の季節の百花繚乱の中心は、花の女王である薔薇……。
他にも美しい花は沢山ありますが、薔薇の花は別格です。
花様の美しさ、匂い、樹形、葉の美しさ、花の美しさを際立たせる鋭い刺……。
葉が落ちて刈り込まれた冬の姿、新芽の頃の愛らしさ、
花は蕾の頃から散りゆくギリギリまで、どの姿も、
まるで人間の一生になぞらえるように美しく艶やかです。
それから、それぞれの薔薇の名前に込められた物語……。
それらに加え、忘れてはならないのが薔薇の花を楽しむ方法の多様性ではないでしょうか。
庭で丹精込めて育て、切り花にしてよし、ドライにしたり、
ポプリにして匂いを楽しみ、ローズウォーターにして美容に、
またはジャムにしたりローズヒップティーで楽しむのもよし……。
品種や系統によって様々な育て方がある薔薇。
コンテストに出品するような整形花を1輪、花瓶に差して楽しむのもよし、
はたまた庭で丹精こめて育てた草花と合わせてブーケにするもよし……。
育てて美しく花開いた薔薇の写真を撮るのも一興ですね。
また、庭で慈しむ場合は季節季節の姿が移り変わって楽しいものです。



今日の1枚目の写真は、去年の5月に撮影した薔薇ファン憧れの黒田邸の入り口の様子。
もう圧倒的。薔薇を育てていて、こうありたいと思う理想形がそこにあります。
庭のそこここに植えられた薔薇。計算された小径にしつらえられたアーチを彩る薔薇。
大きなアーチの下のガーランドに二重に誘引された薔薇の美しいことときたら……。
少し薔薇をくぐるように庭に入る時のワクワク感は筆舌につくせません。
それから黒田邸の最大の特徴、見所である、
建物の壁面一杯に誘引され、まるで天から降りそそぐかのような薔薇……。

 「薔薇は見上げるのが一番美しい……。」

そう仰言ったのはディヴッド・オースチン氏とか……。
上から俯き加減に語り掛けてくる薔薇の美しさはまた格別です。


b0168859_231570.png

さて、そんな薔薇の楽しみ方の中で、総ての人が憧れると言っても過言ではない、
アーチの作り方を懇切丁寧に解説してくれた「Garden Diary」Vol.5が発売になりました。
経費節減を進めるあまり、何とも残念で貧相な紙面作りの出版物が増える中で、
雑誌の命である紙や印刷にこだわり、今時では珍しい立派な1冊になっています。
こだわりの紙面に福岡将之さんのポイントを押さた美しい写真が映えます。
アーチ作りの解説が、ただの解説に終わらず、美しい写真を見ながら、
イメージを広げながら楽しく学べるところも魅力です。

植物を相手にした出版物の取材の苦労はよく知っているつもりです。
何しろ花が相手です。その年の気候が大きく左右して来ます。
丁度、見頃の花が直前の大風や雨で写真に撮れなくなったり……。
1日でガラッと花の表情も変わってしまいます。
日本全国を駆け回る取材の大変さ、ドタバタ加減、苦労は見聞きして知っています。
先を見越しての気の長い取材は本当に大変だと思います。
僕、強度の天の邪鬼ですから、絶対に労ったりしないのですが(笑)
こうして刷りがった紙面を見ていると、なかなかやるなぁ……と(笑)
次の号の特集はなに?その次は?今度プレッシャーをかけてみたいと思います(爆)

是非、手に取ってみてください。
1冊がまるで春の薔薇のシーズンへの序章、
期待高まるガーデニング・シーズンへの入場チケットのようです。
人気誌ですけどプラチナ・チケットではありませんからね。本屋に行けば売っています!
ご自分の目で写真を見て、読んで、是非、今年のシーズンに役立ててみてください。


08. 04. 2016


Benoit。


★Copyright © 2009~2016 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by silentblue1669 at 2016-04-10 15:35
ブノワ。さん、こんにちわ。あっという間に来月あたりは
薔薇の季節なんですよね。忘れかけていました(汗)。今日、
新芽がおかしいと思ったら予感は的中です。ハマキムシが
悪さをしていました。

毎年、春一番にハマキムシと格闘をするというのが薔薇の
作業の春の仕事第一弾となりました。庭作業が全然ね、進んで
いません。アーチの楽しみ方や行ってみたいお店の記事・・・。素敵なお庭も多くお昼ご飯そっちのけで、じっくり
読んでいます。

天候は本当に大変。ドタバタがきっと想像以上にですよね。
放心状態なんてものじゃない汗と苦労と努力されて1冊の
素敵な本として誕生。

職場が某出版会社と関係があるがゆえに、小声で営業を昼に
していました。しかし花より団子の女性職員がいっぱい。
前途多難です。負けてはいけません。

友人が店長をしているお店に本を置いてもらおうかなあって
思っています。女性客が多いから。今度は、家でも読みたい
と購入するかもしれないし。売り上げが伸びていくと嬉しい
ですよね。日々、頑張っている姿を伺うとまずは自分が応援
団の一員になっていきたいなあって。

すでに次号が楽しみです。さりげなくプレッシャー?。
黒田さんのお庭。この先には何があるんだろうかってずっと
ドキドキでした。メイ・クイーンでしたでしょうか?。天
から咲くかのように圧倒されました。

あのエルサレムセージは、黒田さんのお庭だからこそ似合う
って昨年のアルバムを見ては思うのでした。


Commented by PreciousRoses at 2016-04-11 07:08
Benoit。さま おはようございます。

肌寒い朝になりましたね。都内の桜は一段落でしょうか?
染井吉野に変わって八重桜の花が見えてくるようになりましたね。私も桜のある庭に憧れて・・・。でももう植える場所も
ないしと思い植木鉢で小さな桜苗を育て始めたのですが
この春は、一重の「富士桜」が咲いてくれて、八重桜の「一葉」も愛らしいピンクの蕾が見え始めました。
本当に小さな桜ですけど、薔薇の新芽の中で咲いてくれる
姿はなかなかいいものです。家の庭でお花見計画・・・
そのうち実現できるかもと楽しみになってきました♪。

この春は職場での移動があって環境もお休みもがらっと
変わりました。先日お伝えした通り、日月がお休みに
なったのですよ。昨日は前から予定してしまっていた仕事が
あったので出勤してたのですが、今日はお休み~❤と
いつもの時間に起きて庭にでたら、このお天気とこの寒さです(涙)。諦めて家の中に戻り、暖かいお茶を淹れてPCタイムに
なりました。

「黒田邸」の素敵なお写真・・・ありがとうございます。
圧巻ですね。本当に素晴らしいです。
ガーランドに誘引された流れるような美しさったら・・・。
昨年念願叶って黒田さんにお目にかかることができました。
お話させていただいて、ますますお庭をみせていただきたく
なりました。憧れの「黒田邸」にお訪ねできる機会が
あればいいなぁと思っています。

Benoit。さまの「Milady de Winter」。
元気な新葉がどんどん伸びてきましたよ。今のところ
交配親の「New Dawn」の血筋を感じる丈夫そうな
新芽・新葉です。小さな蕾も発見できました。
いよいよこの春には待ちかねたあの美しいお花に
出会えそうですね。こちらも本当に楽しみです。
Benoit。さまが書いてくださった通り、やはり薔薇の花は
別格です。花の女王の名に相応しいです。
これから始まる今年の薔薇の季節・・・思い出深く残るような
素晴らしい季節になるといいですね。
素敵な薔薇との出会い素敵な人との出会いがたくさん待っていますように・・・。

rose
Commented by souslarose at 2016-06-10 04:32
愛ちゃんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとうね。
な、な、な、なんと!2ヶ月も放置しちゃった(苦笑)
ゴメンね、こちらはあまり見ないのですよ……反応薄いし。
忘れていた訳じゃないからね、チョッと反省(笑)
さて、雑誌に限らず、出版の世界は随分と厳しいと聞きます。
でも、頑張っておるよね。凄く大変だと思うけどさ。
何しろ相手が自然、植物だもんね。取材が大変だよね。
これからも頑張って素敵な紙面作りして貰いたいよね……。
さて2ヶ月も放置している間に今年の春腹はお仕舞い(苦笑)
結局、何もしてあげられませんでした……。
我慢、我慢の暑い夏がやって来るね!
愛ちゃんも仕事が大変だろうけど、
庭の方も忘れずに頑張ってください(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2016-06-10 04:40
roseさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとう。
こちらはあまり見ないことに加え、チョッとバタバタで、
気が付いてみれば2ヶ月も放置。本当にゴメンなさいね。
編集のページもどうやってやったらいいか忘れがち(苦笑)
さて、黒田さんの庭、今年も見せて戴きましたが、
春先の暖かさで植物の組み合わせが随分と違って見えました。
それはそれで面白かったです。また来年も違うんでしょうね。
黒田さんってそう言う所は全く頓着しないのね。
どれとどれが一緒に咲かなきゃダメとか……。
その時々であるがままに……そんな風にお見受けしました。
また近々、黒田さんに会えるといいなぁ……。
桜ですけど……我が家のをあげましょうか?(笑)
去年は70輪くらい咲きましたが、さすがに今年は根詰まり(苦笑)
1輪も咲かなかったんですよ(笑)どうにかしてあげなくっちゃ……。
やっと手に入れた「Milady de Winter」はどうでした?
キチンと咲きましたか?そのうち様子をお知らせくださいね。
アッと言う間に梅雨入りで、今年も暑くなりそうです。
お休みが変わってそろそろリズムも出来たかな?
楽しい庭生活をしてくださいね。
またお目に掛かれますように!

Benoit。
by souslarose | 2016-04-07 20:00 | Raindrops on Roses | Comments(4)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31