3年ぶりの花フェスタ記念公園。

b0168859_159301.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 「あれは3年前、止める、アナタ、駅に残しぃ……。」

車で出かけると、あけと景子姐が交替で運転手を勤めてくれます。
そう、ブノワ。さん、専属のお抱え運転手が2人いるの(笑)
大体2時間おきに運転を交代する2人。景子姐が運転の時は、
あけは後部座席で爆睡(笑)漏れなく往復でイビキの轟音が……。

 「ンがが……ごぉぉ、ンがが……ごぉぉ……。」

そんな時は聞こえない振りして2人で楽しく昭和歌謡を大合唱!(笑)

 「えぇ……アタシこんなの知らない!」

と、言いつつ、イントロが終わると間髪おかず絶妙なタイミングで歌いだす景子姐(笑)
悲しい昭和の女の性でしょうか(爆)景子姐との昭和歌謡合唱会は旅の楽しい一時です。
あけにイビキをかかれると煩いけれど、聞こえてこないと却って心配になっちゃいます……。

 「あれ……死んでる?」

不安になった頃、曲のフレーズの合間、合間に、まるで合いの手のように、

 「ンががっ!……。」

もう可笑しくて可笑しくて、景子姐と2人で大爆笑。
景子姐のハンドルを握る手が大きく震えるほど(笑)
先日はちあきなおみの大ヒット曲「喝采」……。
2番の歌い出しの歌詞が出てこなくて2人で唸っちゃいました(笑)




さて、前振りはこの辺で……。
10月の小春日和のある日、「花フェスタ記念公園」に行ってきました。
僕の「Remi Chang」が銀賞を受賞した表彰式に出席するためです。

チョッと所用があったので、前日は豊橋に一泊。
早朝に始発でやって来たカメラマンの福岡将之さんを駅で拾って、一路、可児市を目指します。
表彰式の前、「Garden Diary」の取材に金魚の糞のようにくっついて歩いた時に撮った写真。
それから暮れ泥む人気のない園内で撮った写真、少ないですけど御覧ください。

b0168859_15171676.jpg
b0168859_1517550.jpg
b0168859_15165251.jpg
b0168859_15162738.jpg
b0168859_1516133.jpg
b0168859_1516224.jpg
b0168859_15154024.jpg
b0168859_1515297.jpg
b0168859_15144369.jpg
b0168859_15142748.jpg
b0168859_15141630.jpg
b0168859_151455.jpg
b0168859_15135192.jpg
b0168859_1513399.jpg
b0168859_15132188.jpg
b0168859_1513974.jpg
b0168859_15124890.jpg
b0168859_15122153.jpg
b0168859_1512957.jpg
b0168859_15115449.jpg
b0168859_15114257.jpg
b0168859_15112946.jpg
b0168859_1511596.jpg
b0168859_15105482.jpg
b0168859_15104051.jpg
b0168859_15102695.jpg
b0168859_1595679.jpg

バタバタであまり撮れませんでした(苦笑)
赤とんぼ……不思議にカメラを向けてしまいます。
もうそんな季節なんですねぇ……。
ツルの「Julia's Rose」……我が家では3年育てて1輪も咲きませんでしたが(苦笑)
写真のように上から枝垂れて咲くのは美しいですね。
ただし、この薔薇は切り花として愛でるのが一番いいし、正しい方法だと思います。
「Julia's Rose」を初めて「Rose Gallery」で見た時の衝撃!
親指の先程の固く小さなオレンジ色の蕾が、やがてミルクティー色に花開き、
満開を過ぎてヒラヒラと最後を迎えるまでの移ろいは他の薔薇には見られない優雅さを感じます。
今、思えば、一時期、大流行した茶色の薔薇の火付け役的な薔薇でしたっけ……。

まるでご本人がそこに佇んでいるように上品な「マダム高木」。
この薔薇は本当に美しいです。そして、あの理想的でむせ返るような薔薇の匂い……。

イングリッシュローズの「Eglantyne」。
この薔薇を「マサコ」と呼ぶのは今だに憚られるような気がします。
皇族のお名前を呼び捨てにするのはチョッと……。

最後の2枚は僕の「Remi Chang」と木村さんの「Neusa/ニューサ」。
「Neusa/ニューサ」は本当に素晴らしい薔薇だと思います。
100年後に今の時代を思い返してみると、
もしかして薔薇のターニングポイントになる薔薇かも……。
何となくそんな予感がしてなりません。


次に「花フェスタ記念公園」に行けるのはいつになるでしょうか……。
今度は春の満開の時に遊びに行きたいなぁ……。


31. 10. 2015


Benoit。


★Copyright © 2009~2015 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by silentblue1669 at 2015-11-01 14:28
ブノワ。さん、こんにちわ。今日は晴れの日です。気分も違いますね。写真を庭で
撮ったり、庭作業も頑張りました。頑張った部類に入らないかもしれませんが(汗)。

「喝采」。懐かしいです。幼少の兄が歌っていたのを、毎日聴かされていた記憶が
蘇りました(笑)。子守歌・・・。有楽町で・・・の歌も聴かされて。私も昭和の子
ですね。

授賞式、駆けつけることはできませんでしたが記念すべき1日になりましたね。本当に
おめでとうございます。花フェスタは、まだ訪れたことはありません。気になるオールド
ローズがあるのですが・・・。秋薔薇、美しいですね。春ってパワー全開でいっぱい咲き
ますが、秋って一輪の美しさをじっくり拝見できる季節だなあって思いました。

Remi Changの色も素敵ですね。匂い・・・。いつか育っている場所を訪れてみたいと
思います。そして木村さんのNeusa/ニューサも可憐で、そして強そうですね。

薔薇の世界も、もっともっと進化していくのでしょうね。写真、12枚目のローズヒップの
写真が好きです。青空が恋しくなる季節に突入だから・・・かも。ローズヒップの写真は
苦戦です(汗)。


Commented by T at 2015-11-02 10:41 x
こちらからも、おめでとうございます??
素敵な写真ばかりですね。
「レミ・チャン」の写真ください(笑)
よろしくお願いします☺︎
Commented by souslarose at 2015-11-05 08:16
愛ちゃんへ。
おはよう!メッセージどうもありがとう。
晴れは気持ちいいけれど、その分、気温が低く感じますね……。
庭作業、頑張ったんですね?いいんですよ、出来る範囲で。
愛ちゃんは勿論、昭和の子ですよ。だって、おっかさんだもの(笑)
「花フェスタ」にまだ行ったことないんだ……計画しましょうかね?
名古屋とか京都と違い、そこから乗り継ぐからチョッと面倒なのね。
秋はポチポチだけど、春なんか行ったら先ずダウンですからね。
それくらい見るところが沢山あって疲れちゃいます。
「Remi Chang」は色が濃く出るものと薄く出るものがあります。
匂いはそれはそれは素晴らしいの!愛ちゃん、持っていたっけ?
お友達なら10本は買いましょうね!(笑)
薔薇の世界はこの先どこに行くんでしょうね……チョッと遠い目になります。
青空ですけどね、このカメラ独特の色なんじゃないかな?
最近は慣れましたけど、一番最初は「これ何?」って(笑)
まだまだヒップが楽しめる時期です。存分に楽しみましょうね!

Benoit。
Commented by souslarose at 2015-11-05 08:17
Tさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとう。
お祝いの言葉もサンキュウです。
写真はバタバタしていてなかなか撮ることが出来ませんでした。
「Remi Chang」の写真、送りましたけど、届いていますか?

Benoit。
by souslarose | 2015-10-31 20:00 | Under the Rose | Comments(4)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30