Remi Changに会いに……。

b0168859_1944866.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

スッカリご無沙汰のこちらのブログ……。
皆さん、元気にしていらっしゃいましたか?
僕は相変わらずバタバタです……貧乏ヒマなしですかね(苦笑)
今日はチョッとご報告など……。


9月の上旬……年度末でバタバタしていた僕に嬉しい知らせが届きました。
な、な、な、何と!「花フェスタ記念公園」のコンテストで、
僕の「Remi Chang」が銀賞を獲ったのです!金賞なしの銀賞2席。
「バラの家」の木村卓功さんの「Neusa」と一緒です。
さらに嬉しいことに、香りの部門の最高得点を貰いました!

思えば数年前……木村さんの「大成功のバラ栽培」出版記念をお祝いするめに、
親しい友人と関係者の方に声を掛けて、ごくごく内輪でイタリアンのテーブルを囲みました。
その席でコンテストの話になり、木村さんから、

  「岩下さんの薔薇ならドストライクですよ!」

と、太鼓判を押されたのです。
薬剤を散布せず、夏には殆どの薔薇の葉が落ちるといわれているコンテスト……。
確かに、ほぼ水やりしかしないスパルタな栽培の中から選抜された僕の薔薇です。
へぇ……そんなものかねぇ。と、思いつつ、別世界のことに思いを馳せ、
誉められるとスグに樹に登っちゃって、決して降りてこない僕のこと(笑)
早速、エントリーの準備をしたのでした。その時は、

  「そう?だったら一緒にエントリーしてワン、ツー・フィニッシュしよう!」
 
などと、酔った勢いで適当なことを言いながら盛り上がったものです。
ワン、ツーじゃなくて、ツー、ツー・フィニッシュでしたけど、
木村さんは銅賞も獲ったんですよ!2冠です……凄い!

それから、これも随分前になりますが、
「花フェスタ記念公園」を久しぶりに訪れた2012年の秋。
帰りぎわに「花フェスタ記念公園」の浅野さんに声を掛けられたのです。

  「薬剤散布しないので、夏場は殆どの薔薇が丸裸になりますが、
   是非、参加してみてください……。」……と。

その時かな……自分の薔薇をコンテストに出すと言う可能性を見たのは。
そのエピソードを木村さんにお話しし、件の「ドストライク」の会話になったのです。

声を掛けてくださった浅野さん、
背中を押してくれた木村さんには本当に感謝しないといけません。
本当にありがとうございました。
10月29日には表彰式があります。
多分、日帰りのトンボ帰りですが、僕も出席する予定です。
お近くの方、皆さんに会えるといいなぁ……。


「Remi Chang」は僕の薔薇の中では地味な感じがしますが、
耐病性に優れ、花付きも良く、非常に素晴らしいガーデン・ローズだと思います。
鉢植えよりも地植えに向いているように思います。
広々としたところで栽培してくださると、こんもりブッシュ状になり見応えがでます。
そして何より「Remi chang」の素晴らしいところはその匂い!……僕はそう思います。


さて、この嬉しい知らせを持ってパリに行けます!
親しい仲間とパリ行きの話が出たのは去年の秋のこと。
久しぶりのパリ、気心知れた仲間とのパリ……楽しみは幾つもありますが、
何と言ってもメインの目的はレミに会うことです。レミには10年ぶりに会うのです。
心に本物のダイヤモンドを持つレミ……元気にしているでしょうか。


13. 10. 2015


Benoit。


★Copyright © 2009~2015 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2015-10-13 20:00 | Under the Rose

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31