Milady de Winter et Cardinal de Richelieu。

b0168859_1733186.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

早いもので今年も5月下旬になりました。
今年はどこの地域も薔薇が早かったですね……。
皆さんのお宅でもそろそろ一段落でしょうか?
どうでしたか?思ったように薔薇は咲きましたか?
虫害は?病気とかは大丈夫でしたか?

我が家は例年のごとく、まったく何の手入れもしないのに、
そこそこ薔薇も咲き、おクレマチスも全く剪定せずに大きく育ちました。
殆どがビチセラ系なんですが、こうして無手入れ&無剪定で綺麗に咲いてしまうと、
来年はもっと味をしめてズボラ管理になりそう(笑)
「Benoit Magimel」なんて3年前のドームで買って以来植え替えなし。
小さいポットに入ったままなんですが、今年は太いシュートが4本も!
手抜き管理にさらに拍車がかかりそうです(苦笑)

さて、今日の写真。
僕の新しい薔薇「Milady de Winter」と「Cardinal de Richelieu」です。
前に記事にしましたが、アレクサンドル・デュマの「三銃士」の中で、
稀代の悪女「Milady de Winter」は、ルイ13世の宰相を務めた「Cardinal de Richelieu」に仕えました。

「Cardinal de Richelieu」の灰色がかった紫の色は大変に貴重ですね。
ファンの方も多くいらっしゃるようです。ただ、ルーブルで見た実際のリシュリュー卿の法衣は、
もう少し明るいローズ色でしたけど……。

薔薇がここまで人と共に反映して来た理由の一つは、その名前にあると僕は思っています。
歴史上の偉人、小説の主人公、映画スターの名前、最愛の妻や娘の名前……。
作出家は、憧れと尊敬と愛情を込めて薔薇に名前を付けました。
薔薇を育て楽しむ僕たちの楽しみの一つは、美しい薔薇の姿を楽しむ他に、
匂いを試し、絵に描き、写真の撮ることもその一つです。
お気に入りの薔薇をランダムに集めて写真に撮るのも面白いですが、
何か1つキーワードを決めて写真に撮るのも一興です。
例えば、ナポレオンとジョセフィーヌ、そして息子のウジェーヌの薔薇とか、
オースチン家にゆかりの薔薇を集めるとか、小説の登場人物を集めるとか。
数年前の僕の「Marquise de Merteuil」と木村卓功さんの「Cecil de Volanges」
ラクロの「危険な関係」を想像しながら隣り合わせて育ててみるのもいいし、
イングリッシュローズの新品種「Desdemona」と「Othello」を並べてみるのも面白いです。

「Milady de Winter」はグレーがかった淡いピンク、糸ピコになります。
「Cardinal de Richelieu」と開花時期が一緒です。
是非、一緒に育ててみてください。薔薇の面白さが倍増するハズです。

ガーデニングショウを楽しみにしていてくださった方々、
本当にゴメンなさいね、苗の販売は秋からになりそうです……。


20. 05. 2015


Benoit。


★Copyright © 2009~2015 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2015-05-20 20:00 | Under the Rose

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30