Milady de Winter et Cardinal de Richelieu。

b0168859_1733186.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

早いもので今年も5月下旬になりました。
今年はどこの地域も薔薇が早かったですね……。
皆さんのお宅でもそろそろ一段落でしょうか?
どうでしたか?思ったように薔薇は咲きましたか?
虫害は?病気とかは大丈夫でしたか?

我が家は例年のごとく、まったく何の手入れもしないのに、
そこそこ薔薇も咲き、おクレマチスも全く剪定せずに大きく育ちました。
殆どがビチセラ系なんですが、こうして無手入れ&無剪定で綺麗に咲いてしまうと、
来年はもっと味をしめてズボラ管理になりそう(笑)
「Benoit Magimel」なんて3年前のドームで買って以来植え替えなし。
小さいポットに入ったままなんですが、今年は太いシュートが4本も!
手抜き管理にさらに拍車がかかりそうです(苦笑)

さて、今日の写真。
僕の新しい薔薇「Milady de Winter」と「Cardinal de Richelieu」です。
前に記事にしましたが、アレクサンドル・デュマの「三銃士」の中で、
稀代の悪女「Milady de Winter」は、ルイ13世の宰相を務めた「Cardinal de Richelieu」に仕えました。

「Cardinal de Richelieu」の灰色がかった紫の色は大変に貴重ですね。
ファンの方も多くいらっしゃるようです。ただ、ルーブルで見た実際のリシュリュー卿の法衣は、
もう少し明るいローズ色でしたけど……。

薔薇がここまで人と共に反映して来た理由の一つは、その名前にあると僕は思っています。
歴史上の偉人、小説の主人公、映画スターの名前、最愛の妻や娘の名前……。
作出家は、憧れと尊敬と愛情を込めて薔薇に名前を付けました。
薔薇を育て楽しむ僕たちの楽しみの一つは、美しい薔薇の姿を楽しむ他に、
匂いを試し、絵に描き、写真の撮ることもその一つです。
お気に入りの薔薇をランダムに集めて写真に撮るのも面白いですが、
何か1つキーワードを決めて写真に撮るのも一興です。
例えば、ナポレオンとジョセフィーヌ、そして息子のウジェーヌの薔薇とか、
オースチン家にゆかりの薔薇を集めるとか、小説の登場人物を集めるとか。
数年前の僕の「Marquise de Merteuil」と木村卓功さんの「Cecil de Volanges」
ラクロの「危険な関係」を想像しながら隣り合わせて育ててみるのもいいし、
イングリッシュローズの新品種「Desdemona」と「Othello」を並べてみるのも面白いです。

「Milady de Winter」はグレーがかった淡いピンク、糸ピコになります。
「Cardinal de Richelieu」と開花時期が一緒です。
是非、一緒に育ててみてください。薔薇の面白さが倍増するハズです。

ガーデニングショウを楽しみにしていてくださった方々、
本当にゴメンなさいね、苗の販売は秋からになりそうです……。


20. 05. 2015


Benoit。


★Copyright © 2009~2015 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by silentblue1669 at 2015-05-20 21:47
誘惑されてしまった。リシュリューとミラディ。本当に素敵。
リシュリューは3年目でようやく根付いたの。咲いたと思った
ら満開すぎました。

今年はジェットコースター並みの速さ。おひさまがんがんの
田んぼと山が見える庭の薔薇は満開過ぎました。Reiは咲き
始めたばかりだし、ベラドンナは少し開きだしたの。

毎日速攻で帰宅です。暗くなるまで薔薇といたいから。
Reiとベラ・ドンナは同じタイミングで咲くの?。

ベラ・ドンナは、今年関東から家に来たので来年はどうなる
か・・・。いつも元気頂いていますからね。本当に素敵な
薔薇をありがとうございます。

ミラディ過酷な環境だけれどリシュリューが育つ場所なら
大丈夫かな?。それとも違うところにしようかなあ。まずは
母に見つからないようにしないとです・・・。第一関門です。

本当また増やして・・・って延々と説教が(涙)。これ本当
に辛いの。この後の母のまな板で野菜を切る音がとにかく
怖いんです。

リシュリュー、大好きなオールドローズの一つです。なかなか
色が出せなくて・・・。Reiも同じく・・・。

スナッフィー
Commented by PreciousRoses at 2015-05-21 00:00
Benoit。さま こんばんは。

「Milady de Winter」とても楽しみにしていたのに
発売が秋になってしまいとても残念でしたね。
でもドームで実物も確認できたし、Benoitさまに美しい
お写真も見せていただいているので、お迎えできる日を
楽しみに待ちますよ。この薔薇も絶対に素敵だと確信しましたからね。

「Cardinal de Richelieu」も大好きな薔薇です。
あの色は本当に貴重ですね。咲き始めるとあの薔薇の前で
足が止まります。私、退色した色の美しい薔薇って
とても魅かれるの。「Bella Donna」はその最たる薔薇ですね。
「Milady de Winter」と「Cardinal de Richelieu」私もぜひ
一緒に咲かせて楽しんでみたいと思います。

薔薇をキーワードを決めて楽しむ・・・。
これ、いいですね。薔薇には物語がありますものね。
あれこれ考えてはその世界に時折どっぷり浸かっています(笑)

rose
Commented by ムー at 2015-05-23 21:02 x
あっという間に咲き終わり、屋上はまた緑になっています。
ものすごい早食いでご馳走を食べ終わったって感じ。

デスデモーナを検索したら淡いピンクがかった白なんですね。
うちにオセロがあります。
真紅で良く咲くいいバラなんだけど、
何故か愛でる気持ちが薄い(笑)

Milady de Winterは秋になったらきっと手に入れます。
これでブノワ。さんのバラ何個になったかな~
そうそう、今年のレイは特別すごかった!
完璧なバラ!しかもたくさん咲いた。
その匂いの良いことといったら~~~
Milady de Winterの匂いはどんななのかなー。
Commented by souslarose at 2015-06-25 06:14
スナッフィーちゃんへ。
おはよう!元気にしていますか?
メッセージどうもありがとうね。返事がスッカリ遅くなっちゃった……どうもこちらは放置気味です。ゴメンなさいね。さて、お母さまを説得?大丈夫ですよ、僕の薔薇と言えばお母さまは許してくださるハズですから(笑)僕の薔薇と知ったら即却下だったりしてね(爆)小地租関東から来た「Bella Donna」……来年はそちらの気候に慣れてもっと沢山咲くんじゃないかな?僕の薔薇で一番早い開花は「Remi Chang」「Under the Rose」「Marquise de Merteuil」それから「Rei」が来て「Bella Donna」最後に「Benoit Magimel」の順かな。「Miladey de Winter」は「Cardinal de Richelieu」と同じ時期に咲くのでコラボレーションしてみてね。ただし、同じブッシュには咲きませんので、カットして楽しむとかして。「Cardinal de Richelieu」は本当にいい薔薇。歴史に残る銘花ですね。どんな風に仕立ててもOKだし大好きな薔薇です。

Benoit。
Commented by souslarose at 2015-06-25 06:21
roseさんへ。
おはようございます。お元気ですか?
いつも丁寧なメッセージありがとうございます。僕も見習わなくっちゃ!返事がスッカリ遅くなってしまいました。もう一月以上だものね……本当にゴメンなさいね。「Milady de Winter」は本当にゴメンなさい。僕のところにも苦情や問い合わせが一杯でした。花好きは気が長いけど、こう待たされちゃぁねぇ……僕も本当にガッカリ。どうぞ秋から楽しんでください。roseさんのカメラで素敵に撮ってあげてくださいね。ドームの実物はチョッと花が汚かったですから。ガリカの華は濃い赤紫の花々なんですが、この「Cardinal de Richelieu」は一際異彩を放ちますね。どんな風に剪定してもOKだし、僕も広い庭があったら放置して自然樹形にしてみたい……。「Milady de Winter」は「New Dawn」に準じますから、「Cardinal de Richelieu」と一緒にカットしてアレンジにでもしてみてください。でも2品種一緒に撮るのはなかなか難しいですね、色と露出がね(笑)薔薇にはそれぞれ物語があります。折角なんですもの、楽しまなきゃね!

Benoit。
Commented by souslarose at 2015-06-25 06:27
ムーさんへ。
おはようございます、お目覚め如何でしょうか?
メッセージどうもありがとう。こちらはどうもいけません……メッセージ戴いて読むとお返事した気になってしまいます。返事が遅くなって本当にゴメンなさいね。さて、今年の春は本当に早かったですねぇ……桜が終わったと思ったら薔薇は即終了……こんな年もあるんですね。何だか気が抜けちゃった。忙しかったせいもあるんですが、今年は薔薇を全く見ていない気がする……。「Milady de Winter」……どうぞヨロシクお願いしますね。薔薇御殿はムーさんのシンメトリーな気分に掛かっているんですから(笑)愛でる気が薄い「Othello」……何となく分かる気がしますが(笑)オースチンのカタログで復活するのかしらン?「Rei」お気に召しましたか?良かった!「Rei」がゴージャスな貴婦人とすれば「Milady de Winter」洗い立てのリネンを着た淑女……そんな感じですか。楽しみにしていてくださいね!

Benoit。
by souslarose | 2015-05-20 20:00 | Under the Rose | Comments(6)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30