Garden Diary vol.3……紙面が出来るまで。

b0168859_832911.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

このブログも早いもので、今日で丸6年が経ち、
明日から7年目のラッキー・イヤーを迎えます。
僕だけしか書けない薔薇のこと……これだけ情報が溢れていますからね、
なかなかありそうでないのですが、これからも自分らしく、
また、個性豊かな写真で薔薇だけのブログをお送りして行きたいと思っています。
7年目もどうぞ宜しくお願いいたします。

さて、春の薔薇シーズンの先陣を切って「Garden Diary vol.3」が発売になりました。
凄いですね、ボリューム満点です。読み応えが凄いです。
あぁ、あそこもここも……僕が知っているお友達の庭、遊びに行ったことがある庭、
まだ願い叶わず訪れていない庭……薔薇の人気の先生たちの楽しいお話が盛り沢山です。
特に面白かったのは北海道特集です。最近は皆さん関東の薔薇が終わると揃って北海道詣で。
素晴らしいんですよね……北の地の苦労なんて微塵も感じさせない個性的な庭の数々……。
短いけれど一気に爆発する北海道の夏。美しい植物本来の色!
皆さん謙遜して「関東に勉強に行かなくっちゃ!」って仰有いますが、
そんな必要はまったくありません!勉強するのは僕らの方ですもん。
遊びに寄らせて戴いた庭がこちらも沢山。ターシャさんこと高橋かつえさんが、
嬉しいことに僕の「Rei」を紹介してくださっています。

実は、既にご覧になった方も多いと思いますが、
僕の「Bella Donna」も素晴らしい庭の末席にチョッとだけ取り上げて貰っています。
今日はね、綺麗事を書いても仕方ないし(笑)内幕と言うほど大袈裟でもないけれど、
紙面が出来上がるまでを書いてみようかな?その方が面白いですしね……。


先ず、植物を扱う雑誌の常として、取材は前の年になりますよね。
有り難くもお話を戴き、文章はどうにでもひねれるとして、
問題は写真。そう、写真なのです。美しい写真が命のガーデン雑誌ですから。

 「読者の皆さんが写真を見て、私も育ててみたいと思うような写真……。」

安藤編集長の口癖です。そして、僕の写真はそれと正反対なのです(笑)
どうしても黒い写真になっちゃうのね……レンズのせいもあるんですけどね。
僕は雑誌のカメラマンの仕事をしている訳ではないので、
紙面を通して、その庭の様子や、位置関係など、写真で表す必要がありません。
好き勝手に薔薇や植物を被写体にして遊んでいい訳です。
僕の写真で紙面を作るとなると、読者の皆さんは、何がどうなっているのか、
どことどこが繋がっているのか?位置関係がまったく分からなくなってしまいます(笑)
私も育ててみたい……困っちゃうんです、そう言われても……ついつい癖が出ますからね。
安藤編集長からは背景が黒い写真はダメと、キツぅ〜くお達しが……。
いつも安藤編集長からはブっとい釘を刺されているんですよ……可哀想な僕(笑)
でもねぇ……そう言われてもねぇ……どうしても自然に出ちゃうのが癖というものです。
やんわり真綿で包むように圧力をかけて来る美人編集長……。
写真を撮れるチャンスは春と秋の2回……果たして上手く行くのか?

 「光が射してね、瑞々しくて朝露がこう……。」

はい、分かりましたから!(笑)
安藤編集長がお好きなのは、花弁の一端にサッと光が射し、
透けるような美しい花弁の薔薇……天気を選びますよね。
先ず、晴れていないとね。それから丘陵公園のコンテストの記事でしたから、
出来れば丘陵公園に植えられている「Bella Donna」で勝負したい……作出家の僕のこだわりです。
ところが去年の春はそれどころではありませんでした。だって授賞式がありましたから。
でもね、撮る気満々で行ったのですが、生憎、暖かな日々が続き、
例年よりも開花が早かったそうです……チャンチャン!
しかも、表彰式後のトークショウに向けて、綺麗に咲いている花はカットしてテーブルの上に……。
さて、どうするどうする!ちんまりと神妙な顔をして表彰式に臨みながら、
そんなことを、あれこれ考えていたのですが、ハタと閃いた訳!
あのテーブル上のカットした「Bella Donna」で撮影させて貰えばいいじゃん!
そうだ、そうだ、そうしましょ!決まり!となると、どう段取りする?
ここで僕が呆れちゃうのはね、偉大なガーデンライターを自認しているあけさま……。
もうね、1人の観客になっちゃって撮影のことなんかまったく頭にないのね(苦笑)
表彰式を思い切り楽しんじゃっている。いいのか?コーディネーターの仕事はどうした?!(笑)
本当なら、僕なんかよりも写真のことを心配しなければいけない立場なのに……。
まったくしょうがないなぁ……あけは当てにならないとして、そうだ!
受付の時に爽やかな笑顔で対応してくれたハンサムな青年に頼もう!
授賞式が終わり、事情を説明してカットした「Bella Donna」をお借りしました。
破顔一笑、快諾してくれましたとも!そして外に出て撮影したのが今日の1枚目です。
これ、受賞の薔薇のコーナーに植えられた「Bella Donna」じゃないんです。
いいんです、写真は「こうあるべき」……で撮影すれば。
そういう風に見えればいいのです。寄せて撮るのは好きじゃないですけど仕方ない。
写っていない右側にあけの不っ細工なブラックフィンガーな手があるんですよぉ(笑)
はい、持たせましたとも。それくらいしてくれないとね、自分で段取り出来ないんだから。
b0168859_8325539.jpg

実は、この時はこの写真を使う気なんてさらさらなかったのです。
取り敢えず、保険をかける?秋にふたたび丘陵公園に来て撮影する気満々でしたから。
新潟のお嬢さんに開花情報をこまめに聞き、栽培を担当してくださっている、
親切な方に情報をあげて貰い、再び訪れて撮影したのが今日の2枚目……。
安藤編集長に速攻で却下されました(爆)生憎の曇りでしたからね。
丁度、伺った時、スタッフの皆さんが総出で薔薇の手入れ、咲き柄の剪定をしていましたが、
僕が写真を撮りに来たことを知ると、作業を止めて花を残してくださいます。
有り難いですよね、その気遣いが。でも、いかんせん太陽の光がない……。
矢張り、太陽は偉大です。お日様の光一筋で写真が夢のようになります。

さて、問題の写真はいいとして、残るは文章です。
僕ね、書くことは何とも思っていないんですよ。全然、苦じゃない。
年明けに編集部にお邪魔して打ち合わせをした時、安藤編集長からは、
書いて欲しいテーマ、文字数、その他、諸々の指示が……。
締め切り?全然、問題ありません。僕、締め切りは守りますから。
でも、チョッと釜をかけて聞いてみたんです。
「木村さんにいつが締め切りか聞いてみようかなぁ……。」って。
そうしたら「木村さんからはもう原稿は戴いています。ほほほほ。」って……げっ!やられたわ(苦笑)
文字数はきっかり1500文字……僕ね、これもどうにもならないクセなんですが、
一旦、書き上がったものを校正して赤字を入れているうちにどんどん文章が長くなっちゃうの(苦笑)
これは仕方ないです。だって、親切なんだもの。皆さんに良く理解して欲しいと思から。
でもね、頑張ったんですよ。色々と言葉を置き換えたり表現を変えたり。
そして見事に1500文字の原稿が出来上がりました!あはは!おほほほほ!
ところが、見事に、ゴッソリと、バッサリとカットされちゃったんです!有り得ない(笑)
ニッコリ笑顔で原稿を切っておいて「もっと素敵なキャッチ、コピーはないかしら?」って……。
もう知りません!(笑)寄せ植えのkusaki先生が「文章が短くて良かった」って。
そう言う訳でございます(苦笑)美人編集長の一存であっけなく写真を却下され、記事をカットされました。


まぁ、ともあれ形になりました。HISAKOさんの美しいアレンジの写真の力もあって、
魅力的なページになったんじゃないでしょうか……皆さんは読まれてどんな感想をお持ちになりましたか?
今度、ゆっくりお話を伺わせて欲しいなぁ……どうです、内幕を読むと記事がもっと面白くなるでしょう?


16. 04. 2015


Benoit。


★Copyright © 2009~2015 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by silentblue1669 at 2015-04-15 17:52
ブノワ。さんこんばんわ。最後の桜になりそうかなあ。お昼
休みの最後に満喫してきましたよ。母校の近くにしだれ桜が
あって何気ない緑道なんですがとっても美しいの。ぼんぼりが
なければいいのに・・・。

さて7周年おめでとうございます。ベラ・ドンナの記事の
写真が・・・。えっ、ない?秋の表情は?ってなりましたが
そういうことだったのですね。なんとなく想像していたので
すよ。晴れの日の光なんですね。

あの日は前日強い雨でね。当日も雨マークだったかなあ。新潟
と長岡では天候が違うし・・・。でも晴れてほしいと念力で曇りまでになってもらいましたっけ。新潟市から高速運転して
三条で天気が違うのね。

HISAKOさんのベラ・ドンナもとっても素敵でうっとり
です。切り花でも楽しむとなると一株で大株になるように
お世話頑張りますからね。

記事になるまで、いろんなことを経て裏側を伺うことができ
ました。そしていろんな特集が1冊の雑誌になるまでも汗と
努力の結晶なんですね。じっくりと毎晩何度も読んでいます。

今年、小さな庭での初開花ですからね。物凄く楽しみなんで
す。素敵な薔薇をありがとうございます。

スナッフィー
Commented by PreciousRoses at 2015-04-15 22:35
Benoit。さま ブログ6周年そして7年目おめでとうございます。

あっ!あの日の「Bella Donna」ですね。
授賞式のあの美しかったBella Donnaの姿今でも覚えていますよ。当日ご一緒させて
いただいたみなさまとこの薔薇を囲んでいましたね。
美しい美しい1枚です。やはりBenoi。さまのBella Donnaのお写真は格別ですね。
私ね、今年はBella Donnaを少し伸ばして育ててみようと思っています。
コンテナなのでそう大きくはできませんが、昨秋越後で見たBella Donnaの
優雅な姿が忘れられないのです。改めてBella Donnaはシュラブなのだということを
実感しました。伸びた枝先を緩やかに下げて咲く姿を見てみたいです。

「Garden Diary」素晴らしかったですね。
手元に届いてからなんどもページをめくっていますよ。感想はメールでお伝えした通りです。
あらためてこの素敵な薔薇と暮らせることをうれしく思っています。内幕のお話・・・。
興味深く拝見しました。あらら・・・そんなことがあったんですね。
でも、写真の好みは人それぞれ違うもの。私はBenoit。さまが感じたままに美しいと
思ったものを見せていただきたいなぁと思っています。
愛してやまない薔薇の季節ももうすぐです。薔薇にこだわったこの素敵なブログの
更新を楽しみにしています。今年はどんな薔薇のシーズンになるのでしょうね?
麗しい薔薇との出会いがたくさん待っていますように・・・。

rose
Commented by うてな at 2015-04-19 23:57 x
7年目に突入なんですね。おめでとうございます!

さてGarden Diary vol.3
と~ってもすばらしかったですね。隅から隅まで、大満足の
1冊です。本当にバラを愛する方達が集結して出来た作品なのがよく解かります。
パラフィンかけなくっちゃ(笑)
特に麗しのベラドンナ!こちらにまで匂い立ってくるようで
美しさの極致でした。レイもとても発色よく綺麗でしたね。
涙あり笑いありの舞台裏にも何事にも試練はあるのよね~と
一人で納得しつつ1000粒の確立で生れたベラドンナの
お話に深さを感じました。
バラ友の大先輩が古希を迎えられるので早速ベラドンナと
ガーデンダイアリーをプレゼントしました。
悪女のミラディにも早く出会いたいです。
Commented at 2015-04-21 07:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by souslarose at 2015-04-25 15:49
スナッフィーちゃんへ。
こんにちは、いつも丁寧なメッセージをありがとうね。
そうなんですよねぇ……もう7年ね。本当に早いです。光陰矢の如し(苦笑)「匂いのいい花束。」よりは頻度が少ないけど、こちらは「薔薇」って言うテーマがありますからね。書きやすいと言えば書きやすい。その反面、薔薇の話題がないと書けないですね(苦笑)さて、残念でしたね、秋の「Bella Donna」あっさりと却下されました(笑)もっとも、撮っている時から却下は分かってはいたんですけどね……。記事になるまで、面白いでしょう?他の雑誌にも言えるんでしょうけど、綺麗でウットリする雑誌ほどその舞台裏のドタバタは面白いんじゃないかな?白鳥の水面下の水掻きと一緒ですよ。上辺は美しいけど、その下は一生懸命に水を掻いている……みたいなね。「Bella Donna」……是非、大きくしてみてください。満開になったらね、勿体がらずにカットして部屋で楽しんでみてね。ギリギリ朽ち果てる寸前が一番美しいですから。お母さまも気に入ってくれるといいなぁ……。

Benoit。
Commented by souslarose at 2015-04-25 15:57
roseさんへ。
こんにちは。暖かな週末、如何お過ごしですか?
僕はねぇ、休みないんですよ……連休もチョッと仕事になっちゃいました。トホホ……でもいいんだ、旅行に行ってやる、グレてやる!(爆)roseさんの今年の「Bella Donna」は順調ですか?我が家はポチポチかな。小さなポットで栽培していますからね、それにしてはマシかなぁ……と(笑)是非、roseさんの素敵な庭で存分に大きくしてやってくださいね。そして美しい写真を沢山撮って販売促進してみてください。早く薔薇御殿を建てたいのです(笑)内幕、面白かったでしょう?安藤編集長の好みは熟知しているつもりですからね、その通りに撮ればいいんですが、なかなかそれがが上手く行かない。先ず、天候ですから。お日様が出ていないとお話にもなりません。だから秋の丘陵公園は初めからダメだったのです(苦笑)でも折角ですからね、その条件で一番美しい表情を撮らないとね。明日くらいかな、我が家の一番乗りの「リージャンロード〜」が開花すると思います。本当、素敵な薔薇に沢山出会えますように!シーズン中、変な天気になりませんように!

Benoit。
Commented by souslarose at 2015-04-25 16:03
うてなさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとうございます。
そうです、7年目でございます。何かいいことあるでしょうか?薔薇御殿は建つのか?(笑)まぁ、気長に書いて行きますのでこれからもヨロシクお願い致しますね。人生くよくよしていても仕方ありませんからね。ボツになったらそれを笑い飛ばして、ついでに編集の皆さんも巻き込んでコントにしちゃう!お陰さまで素敵な紙面になりましたし、「Rei」も美しく紹介されていてホッとしました。北海道で愛倍してくださっているターシャさんに感謝です。今ね、リシュリューとミラディーの開花状況と睨めっこしています。出来たら一緒にカメラに収めてあげたいですから。名前にこだわることが多い薔薇ってそれが出来るじゃないですか。だから楽しいし、薔薇がここまで栄えた理由でもあると思うんです。悪女ミラディー、どうぞヨロシクお願いしますね!

Benoit。
Commented by souslarose at 2015-04-25 16:07
メルトイユさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとうございます。
忘れるかって?忘れる訳ないじゃないですか!でも、本当に久しぶりですね。お元気にしていらっしゃいましたか?僕は年度末のバタバタの後のゴタゴタで疲労困憊、死亡寸前です(苦笑)しかし7年は早いですねぇ……アッと言う間でした。これだったらスグに10年を迎えそう。ミラディーはコマツさんでどうぞ。今年は何本か出るんじゃないかな?メルトイユももう1本どうぞ(笑)両端にシンメトリーで置くと僕の薔薇は引き立つのですよぉぉぉぉぉぉぉっ!(爆)メルトイユは一番人気ないんですよ!(怒)あんなに美しいのにねぇ。是非、美しく咲かせて皆さんに紹介してやってくださいまし。今年はどこかでお目に掛かれますかね?楽しみにしています!

Benoit。
Commented by garden-kusaki at 2015-05-17 06:05
ブノワ。さん
おはようございます。
油断していたわ~こんなところにワタシの毒舌、書いて下さっていたのね~(笑)
この頃では、ブノワ。さんの長い文章にも、たくさんの写真にも慣れつつあります。
「読み飛ばす♪」ってワザを身に付けたのワタクシ(笑)
Commented by souslarose at 2015-12-29 08:51
kusaki先生!
おはようございます。大ぁ〜い変!
お返事を7ヶ月も放りっ放しにしておりました!本当にゴメンなさいね。
メッセージを読んだ時点で返事した気分になっちゃうの。
さて、あはは!油断大敵ですよ!僕の前で話したことは、
全てブログに書かれると思った方がいいですよ(笑)
皆さんの会話を聞きながらネタを集めているんですから(爆)
読み飛ばすだとぉ?イケませんね、最後までキッチリと読んでくださいね!

Benoit。
by souslarose | 2015-04-16 20:00 | Under the Rose | Comments(10)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30