錦繍の「イコロの森」にて……ガーデンの理想型。

b0168859_2163453.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

3年前、北海道ガーデン街道を巡る旅で30年ぶりに北海道を訪れました。
その時は日にちもないことですし、7つのガーデン巡りにしか考えが及ばなかったのですが、
親友から、時間があったら「イコロの森」と「銀河庭園」を……と、勧められていたんです。
その時は、時間の関係で「銀河庭園」に行った訳。最後は走った記憶あり(笑)
翌年、親切なターシャさんに連れられて、初めて「イコロの森」を訪れた時、
その素晴らしさに、前の年に「イコロの森」に行かなかったことを激しく後悔(笑)
この年になると後悔するってあまりないんですけどね……。
その時は一歩足を踏み入れた瞬間に大後悔!身悶えするほど大後悔(笑)

この世にこれほど素晴らしいガーデンがあるなんてね……。
何て言うのかな……綺麗とか美しいとかの言葉が陳腐に聞こえるのね。
総てのバランスが均等に取れた庭、静謐な風景とでも言うのかな……。
もっとこう、心の奥底に触れる何か、精神的なもの?そんな何かを感じます。
先ず、ローズガーデンとホワイトガーデンを抱えるようにされた設計が素晴らしいです。
驚きが幾重にもなって押し寄せるからです。美しい庭って沢山ありますけどね。
「イコロの森」は僕の中ではチョッと別格かな。
その光景はヒンヤリとした空気のせいもあるのかな?
全身の毛が総毛立つ感じ?大袈裟だけど自分が庭の一部になったような錯覚を覚えます。

「匂いのいい花束。」では夕方の移ろいゆく写真を、
こちらのブログでは翌朝のほの暗いガーデンの様子を御覧ください!
b0168859_21474319.jpg
b0168859_21472543.jpg
b0168859_2147515.jpg
b0168859_21464594.jpg
b0168859_214621100.jpg
b0168859_21455280.jpg
b0168859_21453517.jpg
b0168859_21452029.jpg
b0168859_2145691.jpg
b0168859_21445047.jpg
b0168859_21443452.jpg
b0168859_2144760.jpg
b0168859_21434053.jpg
b0168859_21432649.jpg
b0168859_2143858.jpg
b0168859_21424840.jpg
b0168859_21423031.jpg
b0168859_2142135.jpg
b0168859_21415549.jpg
b0168859_21413710.jpg
b0168859_21412395.jpg
b0168859_2141528.jpg
b0168859_21404356.jpg
b0168859_21402692.jpg
b0168859_21401198.jpg
b0168859_21395643.jpg
b0168859_2139367.jpg
b0168859_21391545.jpg
b0168859_21385621.jpg
b0168859_21384198.jpg
b0168859_21382511.jpg
b0168859_2138451.jpg
b0168859_2137287.jpg
b0168859_21371074.jpg
b0168859_21364964.jpg
b0168859_21363279.jpg
b0168859_21361361.jpg
b0168859_21355039.jpg
b0168859_21352711.jpg
b0168859_2135655.jpg
b0168859_21343570.jpg
b0168859_21341410.jpg
b0168859_21335890.jpg
b0168859_21334049.jpg
b0168859_21332541.jpg
b0168859_21331122.jpg
b0168859_21325360.jpg
b0168859_21323889.jpg
b0168859_21322418.jpg
b0168859_2132496.jpg
b0168859_21314737.jpg
b0168859_21312481.jpg
b0168859_21305968.jpg
b0168859_21304464.jpg
b0168859_21302762.jpg
b0168859_21301156.jpg
b0168859_21295334.jpg
b0168859_21293814.jpg
b0168859_21292580.jpg
b0168859_21291020.jpg
b0168859_21285531.jpg
b0168859_21283789.jpg
b0168859_21282243.jpg
b0168859_2128614.jpg
b0168859_21274950.jpg
b0168859_21272264.jpg
b0168859_2127678.jpg
b0168859_21265166.jpg
b0168859_21262111.jpg
b0168859_2126554.jpg
b0168859_21255015.jpg
b0168859_2125341.jpg
b0168859_21251729.jpg
b0168859_21245874.jpg
b0168859_21244153.jpg
b0168859_21242567.jpg
b0168859_21241049.jpg
b0168859_21235625.jpg
b0168859_21234125.jpg
b0168859_21232521.jpg
b0168859_21231277.jpg
b0168859_21225782.jpg
b0168859_21224253.jpg
b0168859_21222643.jpg
b0168859_21221321.jpg
b0168859_21215866.jpg
b0168859_21214363.jpg
b0168859_21212987.jpg
b0168859_21211411.jpg
b0168859_21205769.jpg
b0168859_21204187.jpg
b0168859_21202723.jpg
b0168859_21201266.jpg
b0168859_21195294.jpg
b0168859_21192778.jpg
b0168859_21185378.jpg
b0168859_21183591.jpg
b0168859_21181929.jpg
b0168859_2118340.jpg
b0168859_2117477.jpg
b0168859_21173240.jpg
b0168859_21171831.jpg
b0168859_2117233.jpg
b0168859_2116491.jpg
b0168859_21163657.jpg
b0168859_2116254.jpg
b0168859_21161335.jpg
b0168859_2116120.jpg
b0168859_21154819.jpg
b0168859_21153443.jpg
b0168859_21152021.jpg
b0168859_2115213.jpg
b0168859_21145022.jpg
b0168859_21143060.jpg
b0168859_21141846.jpg
b0168859_2114417.jpg
b0168859_21134972.jpg
b0168859_21133434.jpg
b0168859_21132121.jpg
b0168859_2113968.jpg
b0168859_21125438.jpg
b0168859_21124082.jpg
b0168859_21122839.jpg
b0168859_21121623.jpg
b0168859_2112422.jpg
b0168859_21114819.jpg
b0168859_21113399.jpg
b0168859_21111937.jpg
b0168859_2111799.jpg
b0168859_21105392.jpg
b0168859_2110398.jpg
b0168859_21102331.jpg
b0168859_21101262.jpg
b0168859_2110066.jpg
b0168859_2194724.jpg
b0168859_2193487.jpg
b0168859_2192031.jpg

b0168859_219625.jpg

如何でしたか。怒濤の140枚!手は腱鞘炎にならなかった?(笑)
何しろ両方のブログで200枚……だって写真選べないんですもん。
人間の目の凄い所は、近くを見ていて遠くを見ると瞬時にピントを合わせるところ。
それから暗いところではなるべく光を集めて明るく見ようとします。
今回は、暗いところは暗いままに……ありのままの「イコロの森」の再現を目指してみました。

初めて訪れた秋の「イコロの森」……。
もうビックリ仰天でした。目からウロコがボロンボロン(笑)
夏の一番、美しいとされるシーズンは勿論ですが、
秋の素晴らしさは僕の貧困なボキャブラリーでは到底表現不可能です(涙)
夏の「イコロの森」のイメージは、青々とした輝く緑と青い空。ビロードの芝のボーダー。
ローズガーデンの色彩とホワイトガーデンの白!そんな印象があります。

色彩を極力押さえ、余分をスッカリ取り去った引き算の美学を感じました。
(他のあらゆるガーデンはほぼ100パーセント足し算の庭です。)
ところが秋の「イコロの森」はどうでしょう。ありとあらゆる色彩が氾濫しています。
白から黒のグラデーション、様々なグリーンのバリエーション、
藁色から焦茶に移り変わる茶色のシチュエーション……。
花は終わりに近づいていますが、その分を様々な木々の紅葉が補って余りあります。
しかも、ただただ派手派手しい色ではなく、キッチリ「イコロの森」のフィルターを通した押さえた色。
そう、日本の伝統色って言ったらいいかな……侘び寂びを愛でる日本人の心に触れるのね。
しかも艶やかなの。それはまるでクリムトの風景画のようではありませんか。

「イコロの森」の素晴らしいところは、春の芽吹きから秋の枯れ込みまで、
一つの植物の成長と衰勢をガーデンの風景として100パーセント活用していること。
植物の成長を見守り、慈しむ気持ちが訪れる僕達の琴線に触れるのではないでしょうか……。
一年を通して何かしらの花を咲かせなければいけない、
庭に花がなくてはならない的なガーデンは見ていて疲れます。
通年、花がなければならない強迫観念はいつから始まったんでしょう……。
だって、そのためにまだ生きている植物を抜いたり鉢で隙間に差し込んだりする訳でしょう?
「花が溢れる庭を作る」ことと「植物を慈しむ」ことの温度差が激しすぎます。
それって植物を愛するのと正反対の行為、偽物の愛情だと思うから。
あくまで人間主体のガーデニングで、植物と共存出来ていない。
枯れたら植物じゃない、落ち葉は掃き集めなければダメ……それも分かるんですけどね。
枯れた枝葉、落ちた葉……その総てが愛しく、その総てが主役なのです。
残念ながら日本では枯れた植物を愛でる趣味はなかなか認められません。
枯れて霜で真っ黒になった草花……これほど美しいものはないと思うのですが……。
春は華やかで、秋になると一面、真っ黒になる「ブラックガーデン」……作ってくれないかしらン(笑)

植物と写真の神の光が降りたよう……大袈裟ですけどそう思います(笑)
今日の一枚目はヘッドガーデナーの高林さんの手。お願いして撮らせて戴きました。
僕、最近、手の写真に凝っています。人間の手って年齢や職業によって表情が様々ですからね。
高林さんの手……チョッと意外でした。園芸家=ゴツくて荒れた手をイメージしていましたから。
この綺麗な手が表すところは、「イコロの森」がローメンテナンスの庭であること……。
あながち間違ってはいないんじゃないかな?

高林さんには旅行前から色々とお世話になりました。
沢山お話を聞けて楽しい時間を過ごすことが出来ました。本当にありがとう!
来年はね、4回〜5回訪れる予定にしています(笑)取り敢えず5月の連休前に行きます!
人生が豊かになる「イコロの森」……皆さんも是非足を運んでみてください。

少し前までは、薔薇が咲いていないと全く興味を示さなかったあけが真面目に写真撮っています(笑)
景子姐は「神よどこに!」とばかり焦りまくっています(笑)果たして神は降りたのか?
2人のブログも合わせてご覧になってみてくださいね。


04. 11. 2014


Benoit。


★Copyright © 2009~2014 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by atelierfloralruby at 2014-11-06 08:02
ブノワ。さんおはようございます。手首だけは細い私。
私、手の使い過ぎで腱鞘炎けっこうなっているのに、
怒涛の写真、じっくりじっくりPC大画面で拝見できて
只今、感動している晴れの朝です。腱鞘炎になったら
どうしよう(笑)。

この静かな時間の朝、同じ場所でも空気や気候、温度や
湿度がその時で違うから一期一会の写真。心が清らかに
なりそうです。

冬へと向かう前の、美しさ。枯れ色に木々の紅葉が映えて
ブノワ。さんが毎月訪れたいと仰っているのがわかりま
した。

素敵なブノワ。さんの感性を拝見できて今日も一日病院
缶詰の日、イコロのことを考えていそうです♫。いつも
素敵な記事をありがとうございました。

写真の事もレンズのこともあんまりというかほぼわかんない
けれど、この間教えてくださったこと頭に入れましたよ。
ブノワ。さんの写真の世界、好きなんですよ。けっこう
写真のファンの人は多いですが(笑)。

スナッフィー
Commented by やす at 2014-11-06 15:50 x
他人事ながら容量こんなに大丈夫?なんて考えてしまい、、
悪く言えばですよ、似たり寄ったりのをこげにぎょうさんおおきにですぅ。
パソコンの画面でゆっくり味わいます。今は小さなアイホンから残念ながら。
いろんなガーデンを教えていただくブログとして大いに役立っておりま〜す
今後とも自慢のカメラで自慢のアングルで送信ねがいますぅ!
Commented by souslarose at 2014-11-06 20:32
スナッフィーちゃんへ。
こんばんは。いつもメッセージありがとう。
沢山の写真、丁寧に見てくれてありがとうね。もうね、選べなくて途中で放棄(笑)自分のパソコンの中に仕舞っておいても仕方ないしねぇ……大丈夫、スナッフィーちゃんの逞しい手首は絶対に腱鞘炎になんかならないから(笑)「イコロの森」……頬ずりしたいほど好き(笑)抱きしめたいくらいに愛らしいです。真面目に近くに引っ越したいくらいなんですよ。来年は何回行けるかなぁ……毎月は無理だけど、5回は必ず!写真の基本はチョッとしたことです。それさえ押さえればなんてことないですよ。今はカメラが優秀ですからね。今度、一緒に撮り歩きましょうね!是非「イコロの森」でね!

Benoit。
Commented by souslarose at 2014-11-06 20:36
やすさんへ。
こんばんは。メッセージ恐縮です。
容量は大丈夫、心配無用です。まだまだ余裕ですから。
写真、似たり寄ったりに見えますか……残念ですねぇ……。
ガーデンを調べたいなら他に沢山いいブログあルンじゃないですか?
これからも大いに自慢のカメラで大いに自慢の写真をアップします。
お楽しみに!

Benoit。
Commented by creamtea at 2014-11-06 23:36 x
秋から冬への最後の植物の息遣い!
とても静かで、しっとりとしていて
グラスや枯れた草の姿は皆優しいのですが、
ずしりと力強さが伝わってくる、そんな印象を受け
ました。
イギリスでも枯れゆく姿までを楽しめる庭が多くありますが、
北海道の庭は同じようであってもやはり日本の地を感じますね。
沢山のお写真を拝見しているうちに、
あの枯草の湿り気のある、ちょっと甘いような匂いが
冷たい空気と一緒にツン、と鼻の奥に来るのを思い出しました。
疑似北海道庭園散歩、ができた気分です。ありがとうございます☆
Commented by souslarose at 2014-11-07 18:20
この度はイコロまで来てくださってありがとうございました。秋のイコロを楽しんでいただけて良かったです。写真が良すぎて、何割か増しに見えます。こんなにきれいに紹介していただけて嬉しい限りです。
僕の手が荒れていないのは、頑張ってくれているスタッフのおかげです。土がしみこんだガーデナーらしい手になるまでまだまだ時間がかかりそうですね。来年もぜひ、お待ちしてます!
Commented by souslarose at 2014-11-08 07:24
creamteaさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとう。
スッカリご無沙汰です、元気にしていましたか?そろそろ冬の庭の仕事で忙しくなって来る頃でしょうか。身体には気をつけて頑張ってくださいね。さて「イコロの森」……今度、是非、ご一緒しましょう。ゆっくりしてオーベルジュに泊まりましょう。だって、絶対に一歩も動けなくなるハズだから(笑)ずしりと大地に……そこに完全に根付いている感じですよね。イギリスはどんな感じなのでしょうね……こちらのガーデナーさんたちはイギリスで勉強して来ているんですよ。creamteaさんと話し合うんじゃないかな。そうそう、ガーデンはいい匂いがしました、タイムみたいな何か……今度、何なのか聞いてみようっと。疑似とは言わず、今度はきっと一緒にね!写真はダメ、本物は凄いです。

Benoit。
Commented by souslarose at 2014-11-08 07:30
高林さま。
おはようございます、わざわざメッセージありがとうございます。冬に向かっての作業やイコカルの諸々のことでお忙しいでしょうに恐縮です。そうそう、違う記事にメッセージ入っていましたのでこちらに移しておきました。写真はね、お恥ずかしいです。難しいのですよ、美しいものをそれ以上に撮るのは。僕にはこれで精一杯です。でも、少しでも雰囲気が伝わればいいかなって。「イコロの森」は本当に好きなんです。愛おしいの。何から何まで全て好きです(笑)こんなに素晴らしい光景を作ってくださる高林さんをはじめスタッフの皆さんに感謝、感謝です。手は大事にしてください。黙っていても年齢は絶対に出るのでケアしてね(笑)もう来年の予定が2つ立っています。7月上旬と4月下旬……また相談に乗ってくださいね。早春の「イコロの森」はどんなでしょうねぇ……遠い目になっちゃいます(笑)お身体大事になさってください!

Benoit。
Commented by すみれん at 2014-11-08 17:49 x
ブノワ。様、夕暮れ時、ドビュッシーを聴きながら、静謐なお写真の数々を拝見していたら、なんだか涙がでてきました。
実を種を、びっしりとつけながら真っ黒になっている植物、緑色のシダと紅葉のもみじ葉の共演の妙、湿った草木からは湿った土の、森の匂いがしてきそうです。
そうそう、自然のサイクルが一番!バラだって春より秋の様子が好き。
だからうちの庭には花が少ないの⁉︎
兎に角、って変かな、素晴らしいお写真ありがとうございました。
写真集発売はいつでしょう(o^^o)
Commented by souslarose at 2014-11-09 06:51
すみれんさんへ。
おはようございます。こちらにもメッセージありがとう!ドビュッシーね……いいですよね。あの頃のフランスの音楽って好き。「イコロの森」の植物たち……ホラ、もう最後だぞ!早く早く!頑張れっ!……冬前の最後のひとときを一生懸命に楽しんでいるように思えて仕方ありませんでした。芝生のボーダーからはね、何とも言えない匂いが漂って来るの。タイムみたいな匂い、今度正体を突き止めなければ。何でもそうだけれど、自然が一番ですよね。自然に逆らってもロクなことありませんもん。写真集ですか?出したいですよねぇ。誰か資金出してくれないかしらン?(笑)まだまだ北海道のレポートは続きます。あと4回くらい?楽しみにしていてくださいね!

Benoit。
Commented by azking at 2014-11-13 18:33 x
Benoit。さん、こんばんは。

首と付く箇所は急所の私。が、腱鞘炎にならなくてすむのはうちのボロPCのお陰でちゃんとスクロールできないから(笑)
スムーズに表示されないから、日数かけて細切れでどうにか拝見しました。
ちょっとザラついた紙の写真集とかカレンダーにしたら良さそうですね。
いっそイコロさんに了承もらってクラウドファンディングで作ってみたりして?
kanameさんの押し花キャンドルのイコロ秋バージョンっていうのもステキになりそうな気がします。
トイレから望むボーダーの香り付き(笑)。でね。
Commented by souslarose at 2014-11-19 07:47
azkingさんへ。
おはようございます、メッセージどうもありがとう。同じような写真の記事にスミマセンね(笑)さて、首がウィークポイントですか……それはお見それ致しました。どこも頑丈に出来ているとばかり思い込んでいました(笑)カレンダー!いいですねぇ……それには毎月行かないとダメじゃないですか(笑)「クラウドファンディング」……今は色々なものがありますねぇ。azkingさんの口からその言葉を聞くとは思いもしませんでした。先日知らずに僕も一つ参加したところです。kanameさんのキャンドルね!それは素敵かもしれません。お願いしてみようかしらン……。ところでこっそり強奪して来て養生してあったグラスはどうなりました?(笑)

Benoit。
Commented by azking at 2014-11-20 01:20 x
Benito。さん、おばんです。

見た目どおりほぼ頑丈なんだけれども、上背のわりに手足が小さくて頭が大きいから支点が定まらなくて、打つの転ぶの捻るのってしょっちゅうなんです。
半生、頭部絡みで何度が死に目に合ってるんで首と脊髄のダメージも蓄積してますしね;寒くなると調子が上がりません。

クラウドファンディングを知ったのはラジオからです。ラジオっ子なんです。
数年前、音楽業界でCDの売り上げが激減し、アーティストが取り上げて話題になっていたので詳細を知りました。
パトロン=お金持ちという感覚が打ち破られた、ネット社会の良い面だと思いました。
出資する方が騙されない注意も必要ですがね。

グラスですが「こっそり強奪」ではないですよ。
「堂々と男らしく」です(笑)
車がバンバン走ってて、造成工事の作業従事者の目もある歩道脇で、勢い尻餅つきながら二つも引っこ抜いたのですから。。。

実はあのコメントの後、一年ぶりに出向いた園芸店で欲しかったグラスとホスタ(例によってBenoit。フォト参照)に出会ってしまって、レイアウトの再考中です。
でもとりあえず大鉢に寄せ植えかなぁ。
庭造るのは商売で、自分は植物栽培が趣味なんでちょっとカッコつけた圃場って感じになればいいかなと思ってるんです。現状ははじめから植わっている樹木以外はほぼ鉢植え。
半年はスペース8割が日陰ですから、移動できるようにしたいって事情もあり、庭を完璧に作りこんでしまうと、うっかり増えた植物に対応できなくなったり、Benoit。さんの新作のスペースも考えなきゃならなくなるし?あれこれそれと。。。言い訳~(笑)
ま、凍る前に決着はつけるつもりです。
Commented by ロミ at 2014-11-20 10:28 x
ブノワ。さんこんにちは
いつもながらの素敵なお写真をありがとうございます
温かい飲み物とひざ掛けを用意して、しっかり拝見させて頂きました
今日の高尾は寒くて、しっかり準備してからでないと、落ち着いて見れません(笑)
さて、至福のひと時の後は、現実に戻って、お掃除でも始めましょう
朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね
お身体ご自愛くださいね
Commented by souslarose at 2014-11-22 11:38
azkingさんへ。
おはようございます、メッセージどうもありがとう。
そうでしたか……死に目?それは穏やかではありませんね。僕は首がダメ、一番下の軟骨が出ています。ラジオっ子……子ぉ?(笑)まぁいいです。CDの売り上げが激減って、それって映画の世界にも通じますね。映画会社って映画作って速攻でDVDにするでしょう?劇場がガラガラなのは当たり前です。ソニーとかもCD作って録音機器作ってた……自分で自分の首を絞めているのと一緒です。お金の使い方は慎重にならないといけませんね。本当に必要なところに使う……なかなか難しいのですけどね。パトロン制度って日本にはなかなか育ちませんよね。昔からそう言う土壌がない。皆、名前があるものに惹かれるのね。無名だけど才能豊かな人を応援する土性っ骨のある人がいない……azkingさん、僕のパトロネスになって!(笑)お気に入りのグラス類が手に入って冬の作業が楽しくなりましたね。でも、首には要注意です!(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2014-11-22 11:41
ロミちゃま。
おはようございます。元気にしていますか?メッセージどうもありがとう。
写真、気に入ってくださいましたか?秋の夜長には持って来いの長さだったでしょう?(笑)素晴らしかった「イコロの森」がもう既に遠い昔のようです……早く春にならないかな?こちらと高尾とでは冬の作業が違いますね?温かくして万全の格好で臨んでくださいね。僕は例によって今年も何もしませんです……ハイ(笑)アッと言う間に今年もお仕舞い、ロミちゃまもお身体大事になさってください!

Benoit。
Commented by azking at 2014-11-25 18:38 x
Benoit。さん、こんばんは。
そして、ごめんなさい!
先日のコメントでお名前のスペル間違えてしまいましたっ
以後気をつけます。

しかしですよ!『っ子』って子供ってことじゃないですからね。
年増の自覚は十二分に(笑)
私のニュアンスでは『江戸っ子』みたいな感じで使う言葉なのです。

パトロネス。。。Benoit。工房のパトロネスですか?全力で設立を応援する気概と骨の弱い体(笑)はあっても、私の出せるはした金ではねぇ。。。
アンダー・ザ・ローズの新作をちまちま買うくらいの援助で勘弁してくださいませ。
Commented by souslarose at 2015-01-17 06:26
azkingさんへ。
おはようございます。
メッセージどうもありがとうございます。凄いですね、11月下旬に頂いたまま放置……ゴメンなさいね。記事の更新がなくなると殆ど管理が面を明けることがなくなっちゃいますので……堪忍ね。さて、名前のスペル?言わなきゃ分からないのに(笑)大丈夫、そんなこと気にしませんから。azkingさんは年増って言う感じはしないですねぇ。大丈夫、少女の面影は十分に残っていますから……ゴリゴリゴリゴリゴリゴリ(笑)たまにいるんですよ。僕が何か商売を始めるのならお金だしてもいいって言う人が。ただし、50万とかね(苦笑)別に一口募っている訳じゃないので却下!(爆)誰か江戸幕府の埋蔵金のような僕の隠れた才能を見込んで巨額の投資してくれないかしらン?

Benoit。
Commented at 2015-02-20 21:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by souslarose at 2015-03-29 08:27
北海道っ子さんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとうございます。返事がスッカリ遅くなってしまいました。本当にゴメンなさいね。更新をサボっていると、なかなか見ることもなくなってしまうのです。年度末でバタバタだし……お許しくださいね。さて、僕ですか?ごくごく普通の中年です(笑)変わったことと言えば、皮肉屋で天の邪鬼……でしょうか。優しいといいんですけどね……それで失敗することが多いです。今年の北海道の冬はどんな感じでしたか?チョッと例年に比べて暖かかったですか?まぁ、何れ帳尻は合うのでしょうけど、ヤキモキしますよねぇ……。今年も北海道に行きます!イコロの森は一番最初に駆けつけたいところです。もう今から楽しみで仕方ありません。朝子のことありがとうございます。早いですね、もう1月以上経ってしまいました……。また遊びにいらしてください。お待ちしております!

Benoit。
by souslarose | 2014-11-04 20:00 | Raindrops on Roses | Comments(20)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31