黙って飲め!

b0168859_15235422.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「うぅ〜む…………Hさん、
  これは雨の後の石を持ち上げた時の土の匂いがしますねぇ……。」
 
 「こっちは駿馬が草原を走り抜けた時の風の匂いがしますよ……。」

これは僕の親友たちが上等なワインを試している時の会話(笑)
いやいやいや、有り得ません。相当に薄気味悪いでしょう?
もうね、全身の毛が総毛立っちゃった(爆)顔の産毛が垂直に起立!
誰ですか、剛毛の間違いじゃないかって言っているのは!
あれはいつだったかなぁ……もう遥か昔の温泉……湯河原?でのことです。
ワイン好きの男女7人がそれぞれ自分の好きなワインを2本ずつ持ち寄ったのね。
夕飯の後の宴でこのうよな鳥肌ものの会話が交わされたわけです。
従って、宴のあとは14本のワインボトルが並んだ訳。
僕ね、このエピソード大好きなの。前にも書いたかな?可笑しくてね。
だって僕の親友は雨の後の石どころか、素手で土を触ったこともないハズなの。
駿馬?まさかねぇ(笑)牛と馬はさすがに間違えないだろうけど、
姥日傘の箱入り&深窓のぼんぼんでさ、何から何までお母さんにやって貰い、
魚は切り身で海を泳ぎ、薔薇は薔薇、ひまわりはひまわり……。
それぞれに品種と名前があることなんか全く無頓着なヤツだから(笑)
くちゅくちゅくちゅくちゅ……いつも集まってはワインを開け、
同じような会話をしていたんでしょうね。
(ただし彼らはワインのアドバイザーの資格あり!)
ある時、一緒にいた上司がその会話を聞いて一言、

 「黙って飲め!」って(笑)

それをコロコロ笑いながら教えてくれる愛すべき悪友なんですけどね。


さて、笑ってばかりはいられません。
危険ですね。僕らも同じことをしているかもしれません。
薔薇の匂いについて蘊蓄を披露する時に恥掻いていませんか?(笑)
ダマスク・クラシック、ダマスク・モダン、ティー、フルーティ、ブルー、スパイシー、ミルラ……。
一般に7つあると言われている薔薇の匂い。
なんとなくね、本に書いてあることや人の言うことを鵜呑みにしてね(笑)
だって、分からないことは沢山あるハズなんです。
好き嫌いが大きく別れるミルラとかね。あれって没薬でしょう?
ミイラの防腐処理に使われていたんでしたっけ?
元々のミルラの匂いを知っている人ってどれくらいいるでしょうね。
ティーとかははまだいいです。紅茶は僕らの身近にあるから。
個人個人の感じ方も違いますしね。

今日の写真、僕の薔薇「Bella Donna」……。
僕はデヴューの時に、
「ブルーの匂いにレモンを蜂蜜に漬けたような匂い……。」と表しました。
今回の越後丘陵公園の審査員の先生方の評は、
「豪華なブルーローズの香りにピーチのようなフルーティーと蜜のような軽い甘さ、
ゼラニウムの花らしい香りが加味された濃厚な香り」でした。
なるほど!「ゼラニウム」かぁ……僕の中には「ゼラニウム」はないんです。
だからこんなに素敵な言葉で表現できない……。

一般にワインの匂いを表す時に、
汚い言葉をなるべく使ってはいけないと言われています。
例えば、「濡れた雑巾の匂い」とか、「猫のオシッコの匂い」とか(笑)
他にもまだありますよ。「濡れ犬」「腐葉土」「濡れた新聞紙が蒸れた匂い」
「獣の匂い」……何だか鳥肌ものですよね。
まぁ、口に入るものですからね。綺麗な表現に越したことはありません。

先日、訪れた北海道。何が何でも帯広の北の屋台村の、
「プチ・プレジール」は行かなくてはなりません(笑)
北海道の最重要課題ですから。当日も早い時間から満席の「プチ・プレジール」。
チョッとマスターの手が空いた時にワインの匂いの話しを聞かせて貰いました。
件の猫のオシッコの匂いは、葡萄の品種で言うとソーヴィニヨン・ブラン。
代表的なワインの銘柄は「ピュイィ・フュメ」だそうです(僕の好きな銘柄……。)
僕なんか猫まみれの生活をしているから何となく納得しちゃうんですよ。

では、薔薇はどうでしょう?例えば嫌われ者のミルラ。
ビニール人形の匂いと言う人もいるし、水彩絵の具の匂いと言う人もいます。
僕はフランスでよく飲まれる、水で割ると白く濁るリキュール……。
ペルノでしたっけ?……を思い出します。
凄く臭いの(笑)友人が飲んでいるのを見ると「おぇ〜っ!」ってなっちゃう。
僕、酒は何でも来い!の口なんだけど、あれだけはダメかな(笑)

自分が感じた通り、自分の言葉で表現する……。
決して世の中の決まりに沿うことなく、自分が思うがままに表現すればいいと思うんです。
ティー(紅茶)だって、ダージリンのファースト・フラッシュとか、
ウバ・セイロンとか、もっと細かく表現したっていい。
「紅茶に蜂蜜を入れたような……。」とか「紅茶にミルクを入れたような……。」とかね。
要するに何か他の言葉で置き換えてその匂いを表現すればいいのだから。
だからもっと自由に自分の言葉で表現すればいいんです。
それにはもっともっと経験を積んで引き出しを増やさないとダメですね。
鈴木省三さんが仰言った、薔薇をやるには、いい音楽を聞き、
本を読み、絵画に親しむ……そう言うことなんですね。

ワインも薔薇も匂いを表現する、ある種、最低の決まりはあると思いますが、
そこに自分の経験から来る言葉で何かを付け加えられたらどんなに素敵でしょう。
知ったかぶりは恥ずかしいし、あまりお薦めできませんが(笑)

そうそう、これは僕の個人的意見だと思って聞いてね。
以前の記事で「匂い」と「香り」について僕の考えを書いたことがありますが、
「薔薇の匂いを嗅ぐ」はあまりスマートではないと思うの……。
「嗅ぐ」……字面が何やら臭いものを「嗅ぐ」じゃないですか。
それよりも「薔薇の匂い(あるいは香り)を試す。」それから「薔薇の匂いを聞く。」……。
日本の伝統の香道に通じるいい表現だと思うのですが如何でしょうか。


2014年8月10日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2014 nioinoiihanataba, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by ムー at 2014-08-10 14:01 x
匂いって、つまり鼻の感度と表現力ですよね。
私の鼻はあまり感度がよくないらしい。
ティーローズの香りをあまり感じない。
ちゃんとかぎわけられるのはミルラ香。
大好きだから胸の奥まで吸い込んじゃう。
ミイラを作る薬の匂いってすごいけど一度それを匂ってみたいもんだ。
ワインだって美味しいか不味いかだから「え~良くわかんなーい」
若くないから黙ってますけど(笑)
だってさー革手袋の匂いなんて全然しないよねー。

パトリック ジュースキント著「香水」って本読みました?
随分前に読んだ本だけど面白かったなー。
18世紀のフランスは町中が不潔で臭かった。
そこに体臭が無臭で天才的な嗅覚をもった男が孤児として生まれる。
彼はやがて香水の調合師になり魅了する香水を作るんだけど、
段々とエスカレートして死体の香りも・・・というグロテスクで官能的な小説。
ワインも香水もほんの少し嫌なもののにおいを含むと俄然素敵な匂いになるらしい。
うーん。と私は唸る。
人間だって純粋無垢な人なんて(もしいたらだけど)嫌な人だと思うよ。

魅力の実態って一体なんなんだろうねー。



Commented by souslarose at 2014-08-12 06:31
ムーさんへ。
おはようございます。いつもメッセージありがとうね。
お盆休みに入りました。ムーさんは何しているんですか?僕はね、今日はチョッとだけ打ち合わせてと京都から出てくる親友のお相手、夜は和食に行くんですよ。楽しみです。さて、匂い。まさにそうですよね、感度と表現力(笑)感度が良くてもそれを表現する語彙がないとダメですもんね。フフフフフフフフ……ムーさん、ミルラ好きなんだ。胸の奥まで吸い込んじゃう?(笑)僕の周りの薔薇好きの殆どがミルラ嫌いなの。その種の薔薇が咲いていると近寄りもしないんですよ。近寄らないって言うより「うぇ〜っ!」って避けて通る(笑)ミルラ、僕は好きだなぁ。何で嫌いなんでしょうね、凄く不思議。ワインの猫のオシッコの匂いはそれとなく分かるんです……匂いを試したあとの「もわっ!」とした感じね(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2014-08-12 06:33
ムーさんへ。
長いって(怒)本当にエキサイトは無粋だわ。続きます。
「香水」は読みましたよ。本と映画と2つも記事にしている(http://nioinoii.exblog.jp/5309639/)原作が出て映画化が楽しみで……なかなかそういうこともなくなりましたね。主役の子はその後ようやく役者として上手く育って来たみたい。新人が変な役やると伸び悩むのですよ。ムーさんが言うところの「少し嫌なもののにおいを含む」……きっとそこが肝心なのね。人ってそこに惹かれるんだと思いますよ。そのものから受ける印象にチョッと違うものが混ざる違和感……そこにググッと来る。ムーさんだって清廉潔白で立派な人よりチョッと悪の匂いがする男の方がいいでしょう?僕のことは嫌いね、だって純真無垢だもの……って、話が違うか(笑)

Benoit。
Commented by azking at 2014-08-13 20:16 x
Benoit。さん、こんばんは。

私は断然「においを嗅ぐ」です。
そのバラの生い立ちとか、背景とか無視して魅力的なバラを探そうと
香りで選ぶ時は「自分にとって美味しい臭いかそうでないか嗅ぎ分ける」ので、
食欲という欲で選り分けるから「香りを聞く」なんて文化的な行為でもないし。
時にはバラの実や花びらを食べ、葉を揉んで確かめるので、それはもう本能による行為なのでやっぱり「嗅ぐ」なのです。
臭いのが好きで思い出したように嗅いじゃうものもありますし(笑)
あぁでも、大好きなミルラ香のバラが増えてもジャムにしようとは思いませんけどね(笑)
でも一度きりの人生なら怖いものみたさで作ってみようか?
そこへいくと、Reiの花びらは上等なローズヒップに劣らぬ美味しい香りとプリっとした食感があるので、花弁の端の白いところ(極端に苦い)を切って生でサラダにしても美味しい。
それに、ドライにしても香りの持ちと発色が抜群に良いから、Benoit。さんのお友達に作っていただいたら良いんじゃないかと思いますよ。

べラドンナは嗅いだことないのですが、ゼラニウムの花の香りの印象が無いので、秋のバラが咲きだしたら比べてみることにします。
Commented by souslarose at 2014-08-16 06:37
azkingさんへ。
おはようございます、沢山のメッセージありがとう。
僕にとって「嗅ぐ」という字面は「靴下の匂い」とか「脇の下の匂い」に通じるのです(笑)どちらかというと臭いもの、いい匂いじゃないものに通じるの。だから却下なのね。人それぞれですね(笑)azkingさんは本能の人なんですね(笑)ミルラがお好きなんだ……僕の周りはもれなく全ての人がミルラ嫌い……何ででしょうね?ミイラを作る時に使われたって言うことは、防腐と防虫の意味もあるでしょうから、何かしら生き物に不快な思いをさせる成分が入っているのかもしれませんね。これだけ皆が嫌うのはチョッと不思議な気がします。今「Rei」が咲いているんですが、そろそろ剪定の時期になりましたねぇ。麻実さんのお芝居が秋にあるんですが、上手く咲かせてプレゼントできるだろうか……今まで成功したためしがないのです(苦笑)まだまだ暑い日が続きます。azkingさんも身体は大事にしてくださいね!

Benoit。
by souslarose | 2014-08-09 23:00 | Under the Rose | Comments(5)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31