十勝ヒルズにてイングリッシュローズと戯れる。

b0168859_136574.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

「十勝千年の森」の次に訪れたのは「十勝ヒルズ」です。
去年、初めて訪れた「十勝ヒルズ」こちらではブュッフェ・スタイルのランチが楽しみだったのと、
新しく出来たイングリッシュ・ローズの薔薇園を見るのが目的でした。

先ずは、仕事の皆さんを差し置いて景子姐とトンボ池へ。
丁度、睡蓮が満開で、年配の女性が二人で写真を撮っていました。
最近、新しいカメラを買ってからチョッと気付いたんですが、
年配の女性で大きな一眼レフを持っている人、多いですね。
しかも、皆さんもれなく長玉(望遠)です。何でしょう……カメラのサークルとか?
薔薇のマダムたちも立派な大きなカメラを持っている人が多いです……。
重い、重い言いながら、何となくカメラが歩いているようにも見えます。
華奢な女性が大きなカメラを持っているとさらにカメラが大きく見えます(笑)

さて、トンボ池を見たところで丁度時間となりました。
腹が減っては戦は出来ぬとばかり、 楽しみにしていたランチと相成りました。
ランチは取材でこちらを訪れている「Garden Diary」のスタッフの皆さん、
それからイングリッシュローズの平岡 誠さん、
それからここ、「十勝ヒルズ」のガーデナーのTさん、
それからガーデン・デザイナーのSさんたちに同席させて戴きました。

僕、初対面は苦手なのですが(結構、人見知り……。)
Tさんには北の地での色々な語苦労などをお聞きしました。
関東な既に薔薇栽培には暑過ぎて、年々ヒドくなる酷暑対策に頭を悩ませますが、
北海道での薔薇栽培は本当に大変そう……頭が下がります。

食事は凄く美味しかったです。地の野菜タップリ堪能しましたよ。
メインは豚ね。このレストランはペースト系が美味しいなぁ……。
ついついパンに塗って食べ過ぎちゃいます。


さて、食べ過ぎて体が重くなって歩けなくならない内に薔薇園へ向います。
いやいや……凄かったです。丁度、僕らを待っていたかのように満開!
「十勝千年の森」で平岡さんが「満開ですよ!」と仰言っていましたが、
ここまで満開で、しかもピッカピカの健康な薔薇たち。なかなかお目に掛かれません。
手入れは随分と大変なんだろうと思います。ご苦労がしのばれます。
薔薇だけではなく色々な植物との共演。周りの色とりどりの木々の緑にも映え、
それはそれは素晴らしい様相を呈していました。
「Rosa Glauca 」と「Lady Emma Hamilton」の取り合わせなんて、
鳥肌が立つくらいに綺麗だったもの。物凄い色彩感覚だと思います。
皆の驚嘆の声を聞き、平岡さん、それからガーデンデザイナーのSさん、
ガーデナーのTさんも嬉しそうでした。
b0168859_13165112.jpg
b0168859_1316364.jpg
b0168859_13162330.jpg
b0168859_1316531.jpg
b0168859_13153314.jpg
b0168859_1315582.jpg
b0168859_13144835.jpg
b0168859_13143692.jpg
b0168859_13142289.jpg
b0168859_13135323.jpg
b0168859_13134099.jpg
b0168859_13132652.jpg
b0168859_1313621.jpg
b0168859_13123528.jpg
b0168859_13122140.jpg
b0168859_13126100.jpg
b0168859_1311501.jpg
b0168859_13112098.jpg
b0168859_1311355.jpg
b0168859_13105025.jpg
b0168859_13103655.jpg
b0168859_13102344.jpg
b0168859_1310721.jpg
b0168859_1395563.jpg
b0168859_1393934.jpg
b0168859_1392482.jpg
b0168859_1391184.jpg

トンボ池やオーガニックのポタジェ、丘の上からの素晴らしい眺めに次いで、
「十勝ヒルズ」の新しい名所が出来た感じがします。
イングリッシュローズは矢張り素晴らしいですね。
風景が出来るのね、優雅ですしね。そこが凄いと思います。

b0168859_13171514.jpg
                 Photographed by あけ 大仏殿。

最後の一枚は平岡誠さんと僕の美しきツーショット(笑)
既に僕の大嫌いな facebook で御覧になった方も多いと思います。
普通だとねぇ……写真に納まることは勿論なんですが(写真撮られるの嫌い!)、
facebook でアップされるなんてまっぴらゴメンなんですが(プライバシーがなくなる!)、
素晴らしいイングリッシュローズに大感激でご機嫌だったのと、
礼儀正しく事前に掲載を断ってくれたから快諾しました。
平岡さんのイングリッシュローズに対する情熱って凄いです。
素晴らしいローズガーデンを見せて戴いて本当に嬉しかったです。


28. 07. 2014


Benoit。


★Copyright © 2009~2014 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by mfthirano at 2014-07-28 22:49
ブノア。様
1ヶ月間御無沙汰しました。
素晴らしい世界を巡ってらっしゃったのですね。
北海道3部作圧巻でした。
どきどきしながら誌上で旅させて頂きました。
それぞれに色合いの違った風景をとても贅沢に見せて頂きました。
無我夢中で庭仕事をして疲れていましたが、
美しい世界を見せて頂き心がとろける様に感動しました。
有難うございました。
お出で頂いた時にはマルキーズトメルトーユの花柄が摘んでなくって御免なさい。直前にとてもいい花を咲かせてくれました。日陰になったので今は救出して鉢です。レイさんは咲き進むに連れてゴージャスになり驚きました。
アンダーザローズシリーズの素晴らしさを再確認しています。
庭のお手入れが少し進んだのでやっとパソコンに向かえました。
ブノア。さんにお出で頂いても見てもらえる所があるのだろうかと
疑問でしたが、やはり無理がある事が分かりました。
又来年を目指して頑張りたいと思います。
Commented by souslarose at 2014-07-29 08:01
Tさま。
おはようございます、お忙しいのにメッセージありがとうございます。
庭の様子はどんな感じですか?ブログでお写真は拝見していますが、この目で是非!8月のオープンガーデンの時に遊びに行かせて戴きたいと思っています。僕、思うんですけど、Tさまのお庭は一年を通して素晴らしいんじゃないかと踏んでいます。一時期だけいいなんて言うことは絶対にありませんもの。是非、素晴らしいお庭を拝見したいです。季節外れの写真も撮ってみたい……その時は宜しくお願いいたしますね。僕の薔薇は暑いのは得意だと思うのですよ……あの炎天下のバルコニーで出来た薔薇ですから。寒冷地などの栽培は皆さん工夫してくださって、本当に有り難い思いで一杯です。ブログで拝見した「Benoit Magimel」なんて僕の中の理想型でしたよ。僕が理想を求めて蝋細工でキャンドルを作った時と全く同じ形!ビックリしちゃいました。可愛がってくださって本当にありがとうございます。一度送ります。

Benoit。
Commented by souslarose at 2014-07-29 08:03
Tさま。
続きます。北海道は恒例になっちゃいました。切っ掛けはTさまが数年前に北海道にいらしたことなんですよ。7月になったら北海道に行くってお聞きして、あぁ、北海道っていいんだ……って思ったのです。素晴らしいですね、人もガーデンも食も!(笑)あと3つくらい?もうチョッとレポートしますのでお付き合いくださいね。もう少しでお目に掛かれますね。楽しみにしています!毎日〜暑いです。無理せずお体を大事になさってください。

Benoit。
Commented by m.sato at 2014-07-29 10:04 x
先日は、十勝ヒルズにお越しいただきましてありがとうございました。
十勝ヒルズは、丘の上に位置しているため、空が広く、風がとても優しく草花をなでる(冬は厳しい北風ですが)気持ちのよいロケーションで、風と空をひきたてるようなデザインをと思いながら設計しました。
あの時吹いていた風まで写しとってくださったような素敵なお写真達を拝見して、本当に本当に嬉しく思いました。
来年は拡張エリアの苗達も大きく成長してくれると思います。
また是非いらしてくださいね。
お待ちしております。
Commented by ムー at 2014-07-29 14:42 x
男は、髭、メガネ、真っ黒、の三拍子(笑)
なんかね、「まかせておけっ」って感じの二人。
いいよねーすごく。
それにしても存在感がバラより強いってどういうこと?(笑)

バラはねー、うちのだけど、もうボロンボロン。
例年やってる消毒を今年は出来ないまま梅雨に突入しちゃって、
あっというまに黒点病で、坊主になってるのもある。
しかも今年のコガネノ来襲のすごいことといったら!
産卵しまくりなんだろうなー。
あいつらカチカチになった土じゃなくてフワフワに産むから、
大切なバラから被害を受ける。
猛暑だしね、有機栽培の人なんかどう凌ぐんだろうか。
あーもうバラは一季咲きでいいやー。
蕾を摘むのも結構大変。
・・・ちょっと泣きが入ってる私です。

 

Commented by souslarose at 2014-07-30 05:41
m.satoさんへ。
おはようございます。ようこそいらっしゃいました。
わざわざメッセージありがとうございます。こちらこそ先日は大変に世話になりました。十勝ヒルズはお気に入りのガーデンなんですよ。去年、初めて行って感激しちゃいました。そして今年!さらに素晴らしくなっていてビックリ。色々と北の地のご苦労もあると思いますが、こうして素晴らしい成果が出ると嬉しいでしょうねぇ……お客さんの顔を見ると疲れも取れるでしょう?もっと拡張されるみたいでこちらも楽しみですね。写真ですけど、実はこのところグラス類に心ときめいているので、どうしてもグラスの割合が多くなってしまっています。でも、本当に薔薇だけではなく色々な植物と一つになった植栽で感激しました。この秋にも北海道なんですが、その時は時期的にチョッと難しいかもしれませんが、来年の夏にはまた!お目に掛かるのを楽しみにしています!お体を大事になさってくださいね。

Benoit。
Commented by souslarose at 2014-07-30 05:48
ムーさんへ。
おはようございます!メッセージどうもありがとう!
イヤだなぁ……色白で売っているのに(笑)髭、メガネ、真っ黒の平岡さんと、髭、メガネ、真っ白の僕です。「まかせておけっ」……ですか(笑)さて薔薇!ボロンボロンですか……まぁ、どこも似たり寄ったりですから大丈夫。でもコガネムシが多いの?ウチは今年はサッパリなんですよ。チュウレンジも極端に少なかった……来年が凄そうで戦々恐々としていますが、ムーさんのところは夏の終わりから秋にかけてコガネムシの幼虫の対策マストですね。成虫は葉を汚く食い散らかすし、幼虫は根っこ丸かじりだから本当に始末におえない虫ですね。もう少しの辛抱ですよ。8月なんてジィ〜っとしていればアッと言う間に終わっちゃいますもん。秋にもう一度、素晴らしい薔薇に出会えますよ。我慢、我慢、泣いちゃダメですからね!

Benoit。
Commented by Mako at 2014-07-30 09:01 x
ご掲載とべたぼめありがとうございます!
バラの配置設計とその後の管理指導に携わって思うのは、本当にスタッフの方々のバラへの真摯な態度です。十勝ヒルズはその非常にいい例で、相乗効果でいろいろな美しさが出ている素晴らしいガーデンになったなと、満開のバラを見て思いました。これからもぜひ、注目してくださいね!
Commented by souslarose at 2014-07-30 17:11
Makoさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとうございます。ようこそ遊びに来てくれました!
べた褒めじゃありませんよ。誉め殺しでもありません(笑)これでも少し大人しく書き直しましたから(笑)本当に感激しちゃったんです。偉大なイングリッシュローズの最大の美点、風景を作れる薔薇っていうのが見事に表現されていたからです。こちらでは絶対に見られない発色の薔薇とか、深い色合いにビックリ!沢山の驚きも貰いました。そこここに素晴らしいセンスも感じましたし、これからもっと広くなるとか……北海道の楽しみがまた一つ増えました。どうぞ皆さんに宜しくお伝えください。この感激を100倍くらいにして!

Benoit。
by souslarose | 2014-07-28 00:00 | Raindrops on Roses | Comments(9)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31