雨の「The Natural Gardens of Sakano」。

b0168859_7354569.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

梅雨入りした途端、雨がザァザァ降っています……。
今日で4日目じゃん!

 「それにしてもよく降る雨だねぇ……。」

有吉佐和子が大女優杉村春子に当てて書いた傑作戯曲、
「ふるあめりかに袖はぬらさじ」の幕切れの台詞を思い出します。
窓の外を見ながら思い切り抑揚を付けて、杉村春子を真似て言ってみたりして(笑)

しかしよく降る……うぅむ……どうだろう。
止むかなぁ……大丈夫、僕、晴れ男だし(笑)

梅雨入りと同時に、結構、強い雨が続いた日曜日、
新しいカメラの試し撮りに行って参りました。
さて、どこへ?「横浜イングリッシュガーデン」?
それとも「The Treasure Garden Tatebayashi」……候補地は色々考えました。
薔薇の一番花は終わりじゃないかって?いえいえ、
薔薇が満開じゃなくてもいいのです。庭や風景は薔薇が全てではありませんからね。
幾つかあった候補地を止めて、行ってきました「The Natural Gardens of Sakano」
極悪の景子姐と2人でデートです(笑)

駅で待ち合わせて一路、筑波へ。先ずは腹拵えね。
景子姐が見つけてきてくれた人気のイタリアンでテーブルを囲みます。
お腹も一杯になったし、いざ「The Natural Gardens of Sakano」です。
ところが、一旦、上がったかに見えた雨がまた降り出しました。
晴れ男の神通力はどこへ?あっ!これは景子姐が極悪的に雨女に違いない(笑)
結構しっかりと降られた中、新しいカメラで撮影してきた写真、25枚ほど御覧くださいね。
スッカリ写真の編集が面倒臭くなったブノワ。さんは、
今回も安易に時系列で並べてみました(笑)
b0168859_7413914.jpg
b0168859_7412554.jpg
b0168859_7411386.jpg
b0168859_7405970.jpg
b0168859_7404188.jpg
b0168859_7402713.jpg
b0168859_7401144.jpg
b0168859_7395889.jpg
b0168859_7394470.jpg
b0168859_7392111.jpg
b0168859_739819.jpg
b0168859_7385646.jpg
b0168859_7383993.jpg
b0168859_7382581.jpg
b0168859_738684.jpg
b0168859_7375341.jpg
b0168859_7374259.jpg
b0168859_7372637.jpg
b0168859_7371486.jpg
b0168859_737045.jpg
b0168859_7364834.jpg
b0168859_7363545.jpg
b0168859_7362215.jpg
b0168859_736815.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

いやいや、素敵な薔薇園でした。
薔薇園といっても薔薇だけじゃないのね。
主役はあくまでも、鬱蒼と繁る木々でしょうか……。
苦労して大木に誘引した薔薇の圧倒的な存在感ね!
それからね、赤い色の薔薇や草花の使い方が非常に上手。
強い長雨で薔薇は終盤に差し掛かっていましたが、
なかなかどうして、美しい風景に雨を忘れて無我夢中で試し撮りと相なりました。
景子姐ってね、極悪を任じているけど心優しくてね、
僕が思う存分写真が撮れるように気遣ってくれたりします。

カメラは随分と慣れてきましたが、
気が付くとレンズにキャップしていなかったり鞄に放り込んであったり(苦笑)
僕にとってのカメラの扱いはそんなものなのでしょう……。

一つ、思いがけず嬉しいビックリだったのは、
昔の知り合いに再会したこと。
その可愛らしい男の子は、僕が薔薇デビューした年の西武ドームで、
コマツガーデンの前のブースで薔薇の販売のお手伝いをしていた男の子なんです。
初めてのドーム、接客、販売……こんな強面の僕でも何だか心細くてね。
そんな時、彼の元気な声、威勢のいい様子に随分と元気付けられたものです。
一生懸命に薔薇の苗を売る姿……気持ち良くてねぇ。
毎日〜顔を合わせる内に仲良くなり、
確か「Under the Rose」を買ってくれたんでしたっけ……。
かれこれ4年ぶりの再会、いやいや、一人前になって、
薔薇園を美しい奥方と一緒に切り盛りしていました。
それからね、彼はね、薔薇の育種の仲間でもあるんです。
可成りアカデミックですから、各薔薇の美点を上手く取り入れた、
素晴らしい薔薇を作るんじゃないかな。
僕みたいに出たとこ勝負、出会い頭の何ちゃって交配じゃないのね。
今をときめく薔薇作りの先輩たちの次の世代……。
将来の日本の薔薇を背負って行く大事な人材になると思うの。
僕も負けないようにしないとね……薔薇は勝ち負けじゃないんだけどね。

また秋にも訪れてみたい「The Natural Gardens of Sakano」
どうやら一年中何かしらの見所があるにたいですよ。
皆さんもどうぞ足を伸ばしてみてくださいね!


14. 06. 2014


Benoit。


★Copyright © 2009~2014 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by ゆっちん at 2014-06-14 23:56 x
ブノワ。さん

先日は遊びにいらして下さって、ありがとうございました♪
強く長い長い、本当にひどい雨が降り続き、どんどんと花がなくなり、
普段よりもずっと早くシーズンが終わってしまったと気落ちしていた中での訪問、本当にうれしかったです。

Pちゃんも、シーズンの疲れも出ていて、気持ちも沈み気味だった所、
ブノワ。さんを一目見た時からの目の輝き、気持ちの高揚、
刺激を受け、生き返ったようで、それもとてもうれしかったです。

こうして写真を見せて頂いたら、雨の中も、とてもしっとりと、
雨の日にしか見せない風合いや、物悲しさと言えばいいのか、
わびさびと言えばいいのか、良いものですね。
いつも明るく華やかにふるまう子の、心の中の悲しさが出る瞬間、
みたいな…。

最近脳みその回転が悪く、うまい表現ができませんが…
先日のお礼まで…。

また是非遊びにいらして下さい。
あの場所、まだまだ空きがいっぱいありますよ♪
Commented by kiti at 2014-06-15 00:31 x
ブノワ。さん、

こんばんはです(*^_^*)
素敵なアップをありがとうございます。
文章を読んでとっても懐かしく感じました。
人の出会いは必然ですね!
ブノワ。さんとの再会で、若きロザリアンのハートにさらに火が着いたと思います。
色んな意味で素晴らしいタイミングだと思いました。
厚かましいでしょうが、私もご一緒したかったです!(^^)!
Commented by unjaku at 2014-06-15 06:22
おはよう、ブノワ。さん

一枚目の写真、印象的ね!寝ぼけ眼もパッチリよ。
昨夜はあまりよく眠れませんでした。というより、ず~~っと不眠状態なの。どうにもならないから、ドクターからお薬はもらってるんだけど、それでも眠れなかったわ。

雨上がりのバラ園というか、森のなかの秘密の花園?きれいでした、
薔薇の花びらの小径いいなあ。

思い出したわ。桜の花びらがびっしりと敷き詰められた懐かしい小径。
Commented by ムー at 2014-06-16 14:17 x
なんかほっとするなー。
曇りで湿度がある木々の中って。
息が楽になる感じ。
やっぱり私は海より山が好きなんだなーって思う。
雨の中なんだから足元はグチャグチャ。
わーわーって傘広げたり、ズボンのすそは濡れちゃうし~、
いろいろあるはずなんだけど、全然見えない(笑)

いつも見てるだけ―の私にこういう景色見せてくださってありがとーー。
Commented by atelierfloralruby at 2014-06-18 21:42
ブノワ。さんこんばんわ。とっても素敵な庭に行かれたのですね。
木々と薔薇や花が、雨でとても美しく撮れていてきれいです。

先日大昔のビデオテープを整理していて思わず見ていたら杉村さん
新潟で公演があったのね。その時は私12歳だったけれど大女優
さんが田舎にいらっしゃるのかあって思ったのを覚えています。

有吉さん。短大の時に、卒論でした。有吉さん、没後30年ですっけ。
ブーム再来って新聞でありましたがブームって言葉が好きじゃなく
て(笑)。でも、読んでみたい本があるので久しぶりに読みたいと
思っています。

素敵なお庭をありがとうございます。南関東まで行けるかなあ。
体力つけて行きたいです。静かな雨は大好き。

スナッフィー
Commented by poan-de-kibun at 2014-06-18 21:52
ブノワ。さん、こんばんわ。
今年は伺うことが出来なかったSakanoさんのお庭をブノワ。さんのお写真で見せていただけて嬉しいです。
ブノワ。さんの写真って不思議ですね。
空気や匂いを感じ、風に揺れる花の様子も見えてくる。

バラ好き青年との再会もよかったですね。
薔薇って、人を引き合わせる引力があるのかな?なんて思ったりして♪
美しく咲いた薔薇達を見て、お庭を創られた素敵なマダムもお嬢さんもお元気なんだとわかって嬉しかったです。
ありがとうございました。
Commented by souslarose at 2014-06-20 06:55
ゆっちんへ。
おはようございます。わざわざメッセージをありがとう!
先日はこちらこそスッカリお世話になってしまいました。これだけ長生きして来たのに知らないことってまだまだ沢山あるんですねぇ……景子姐のブログ見てビックリしちゃいました。こんなに素敵なところがあったんだって。で、行ってみてまたまた驚き。手入れとか大変でしょうねぇ……でも、その苦労と成果がキッチリ花開いている。お二人の顔を見ると毎日の満足感が伝わってくるようでした。Pちゃんはねぇ……随分としっかりしましたね(笑)あの頃はまだまだ可愛らしい男の子だったのにね。僕を見て生き返りましたか?(笑)何だか昼間にバッタリお化けと会ったみたいじゃありませんでした?(笑)僕で良かったらいつでもラッピングしてお届けしますよ(笑)雨の庭はいいものです。植物がしっとり色濃くなって素敵です。僕はね、休みの日に雨が降っているとカメラを持って薔薇園に走るんですよ(笑)もっとも、あの頃は降り過ぎでしたけどねぇ……。また遊びに行きますね。一年中素敵そうですもんね。Pちゃんと美しいお母様に宜しくお伝えください。またお目にかかれることを楽しみにしています!

Benoit。
Commented by souslarose at 2014-06-20 06:59
kiriさんへ。
おはよう!メッセージどうもありがとう。
そうですか?若きロザリアンのハートに火がつきましたか?(笑)僕も何だかパワーを貰ったような気がしました。そうそう、例の畑。もうkitiさんの場所はありませんからね。僕の薔薇が占領する予定です、あはは!だけどね、この年になるとなかなか驚きってなくなるのですが、久しぶりにいい驚きと新鮮な感動を貰ったような気がします。今度一緒に行きませんか?そしてお互いの苗を踏みっこしましょう!(笑)近々、お目にかかれますね?楽しみにしています。

Benoit。
Commented by souslarose at 2014-06-21 06:30
unjakuさんへ。
おはようございます、いつもメッセージどうもありがとう。
返事が遅くなりました、ゴメンなさいね。森の中の薔薇園、綺麗でした。僕は雨は何とも思いませんので。雨の時にしか撮れない写真撮ればいいんだし。可愛らしいご夫婦と綺麗なお母さまのお手入れが十分にされていてとても気持ちのいい場所でした。unjakuさんもいつかツインズを連れて遊びに行ってみてくださいね。桜の花びらの小径……どんなでしょうね。今度教えてくださいね、宜しくお願いいたします。

Benoit。
Commented by souslarose at 2014-06-21 06:36
ムーさんへ。
おはようございます。元気にしていますか?メッセージありがとうね。
お礼には及びませんよ。僕の方こそムーさんには沢山の元気を貰っています、感謝、感謝です。僕もムーさんと同じで海より山の方が好きです。海は落ち着きません(笑)泳げないって言うのが大きいですかね?(笑)雨の森の中で、沢山、深呼吸してきましたよ。ここはね、大木にツル薔薇を見事に誘引していたりして、物凄く立体的な作りになっていました。手入れは本当に大変だと思いますけどね。いいものを見せて貰って良かったです。一年中何かしら楽しみがあるそうです。秋にも行ってみたいなぁ……ムーさん、いつか山でデートしましょうね!(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2014-06-21 06:43
スナッフィーちゃんへ。
おはようございます、メッセージどうもありがとう!
どうです、また行ってみたいところが増えたでしょう?(笑)僕は車で連れて行って貰いましたので、今一つ、位置関係が分かりませんが、スナッフィーちゃんの行動力なら大丈夫!いつか遊びに行ってみてください。素晴らしい光景が広がっていますよ。杉村さんですが、当時は東京公演があると、必ずその芝居を持って日本国中旅公演でした。そうやって芝居の裾野を広げて行ったの。今年は東北、来年は九州……みたいにね。杉村さんの功績は大きいです。自分が大車輪で劇団を支えて、テレビや舞台に出る時は必ず劇団員を使って貰う……懐かしいな、杉村さん。そちらには何の公演で行ったのかな?「女の一生」?「ふるあめりかに袖はぬらさじ」?「欲望という名の電車」かな?今度教えてくださいね。有吉佐和子は好きですよ。「華岡青洲の妻」は傑作ですね。小説も戯曲も面白い。今度その話しましょう!

Benoit。
Commented by souslarose at 2014-06-21 06:50
かな。さま。
おはようございます。メッセージどうもありがとうです。
ダメダメ、おだてられると簡単に樹に登っておりて来なくなりますからね(笑)しかし、かな。さまは何でも知っていらっしゃいますねぇ……やっぱりご存知でしたか。しかも神出鬼没(笑)ご挨拶しか出来ませんでしたが、美しいお母さまがいらっしゃいました。それから可愛らしいご夫婦。実は知り合って年賀状を出して戻って来てしまった男の子がこの素晴らしい薔薇園にいたとはね!(笑)何しているかなぁっていつも思っていたんです。元気でいるでしょうけど、薔薇の世界って狭いでしょう?その割に何も聞こえて来ないなぁ……って。また一つ楽しみが増えました。いつか、かな。さまとデートしたいなぁ。でも、ここはビール売っていませんからね!(笑)そうそう、素晴らしいお屋敷もあります。「近松女敵討」ごっこしましょうか?(爆)そろそろローズブルーじゃありませんか?暑くなります、元気にしていてくださいね!

Benoit。
by souslarose | 2014-06-14 22:00 | Raindrops on Roses | Comments(12)

Let's talk about roses。


by souslarose
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30