美しき秋の The Treasure Garden Tatebayashi。

b0168859_1755366.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

有り得ないくらいにいつも騒々しいあけが言った。

 「京都からKさんと山梨からKさん、
  流山からKさんが来るよぉぉぉぉっ!
 『野鳥の森』に行こうよ!」

なになに!京都からKさん、山梨からKさん、流山からKさん?
じゃあ、万難を排しても「野鳥の森」に行かないとね!
5月の黒田邸では楽しい一時を過ごさせて貰ったし、
その前の晩は干物屋で美味しいテーブルを囲んで密談や噂話に花が咲いたしね(笑)
ここでご一緒せずして、いつご一緒する?

「なんだ全員Kさんじゃん!」って思ったアナタ、
そう皆さんKさんでしたっけ(笑)説明させていただくと、
京都のKさんは元気一杯、気さくなこにたん姐さん。
山梨のKさんは、最近ブログを始めたんですが、もう飽きちゃった麗しの恵子さん、
流山のKさんはアクティブで神出鬼没なNORAの景子さん……です。
「いずれ菖蒲か杜若」……美しい薔薇の花が歩いているような面々……。
「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」……妍を競う美しき花々。
ゴリゴリゴリゴリスリスリスリスリ(笑)
誰!?「いずれイラガかチャドクガか?」ってつぶやいたのは!
ダメダメ、本当のこと言っちゃ(笑)
彼女達、まだまだ乙女の気分満々なんだから(爆)

さて、現地集合と言うことで、
楽しみに秋の「The Treasure Garden Tatebayashi」を訪ねてきました。
僕は勿論、電車ですが、麗しのマダムの面々は三々五々やってきて、
(普段の行いが悪いので交通事故で大渋滞!)あけの車で群馬入りです。
開園一番乗りは僕。あとね、誰もいないの……勿体ない。
薔薇も宿根草も綺麗なのに……マダムたちは小一時間遅れるとのこと。
独り占めの「The Treasure Garden Tatebayashi」の写真を御覧くださいね。
b0168859_1714156.jpg
b0168859_17134137.jpg
b0168859_17133056.jpg
b0168859_17132443.jpg
b0168859_17131520.jpg
b0168859_17123265.jpg
b0168859_17125578.jpg
b0168859_17124496.jpg
b0168859_17124334.jpg
b0168859_17123182.jpg
b0168859_17122398.jpg
b0168859_17115377.jpg
b0168859_17114846.jpg
b0168859_1711388.jpg
b0168859_1711414.jpg
b0168859_17111981.jpg
b0168859_1711297.jpg
b0168859_17104312.jpg
b0168859_171065.jpg
b0168859_17102082.jpg
b0168859_17102971.jpg
b0168859_1710136.jpg
b0168859_1795845.jpg
b0168859_1794993.jpg
b0168859_1795084.jpg
b0168859_1785659.jpg
b0168859_1791075.jpg
b0168859_1792145.jpg
b0168859_1785793.jpg
b0168859_179115.jpg
b0168859_1784628.jpg
b0168859_1781735.jpg
b0168859_1771957.jpg
b0168859_1775088.jpg
b0168859_1773064.jpg
b0168859_1773465.jpg
b0168859_1771927.jpg
b0168859_177849.jpg
b0168859_1763815.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

いやぁ……しかしウルサイですね、マダムたち(苦笑)
彼女達が到着した時、丁度、僕は入り口横のチャペルの薔薇を見ていたのね。
車が到着してドアが開いた瞬間に聞こえて来た、
騒音とも思える彼女達の会話……いったい何デシベル?(苦笑)

 「可愛い!○△♡♯❖※♨♢♭♠※♩♨@□●❖△♯♬……。」
 
 「ほんまやで!♯❖※♩♨●❖△♯♬○♡♯❖※♨♭♠※♩♨@□●❖△♯♬♦……。」

ウルサっ!オバ……じゃなかった、マダムたち!(笑)
もうね、このまま挨拶しないで帰ろうかと思ったものね。
つぐむということを知らない喋りっ放しの口に、
濡れ雑巾詰めてやろうかと思ったわさ(爆)

美しい「The Treasure Garden Tatebayashi」……春だけじゃありませんよ。
夏もいいのですが秋にもこんなに素晴らしい景色を見せてくれます。
奥のブリリアント・ガーデンは去年とは全く違う植栽で驚かされました。
しかも薔薇の数が大分増えている……。

お友達も続々遊びに行っています。
あっちゃんの美しい写真はこちらから。
roseさんも「Iceberg」が見たくて駆け付けて下さいました。

今年も結構、通いました。来年がまた楽しみです!


30.10 . 2013


Benoit。


★Copyright ? 2009~2013 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by あっちゃん at 2013-10-30 22:41 x
ブノワ。さん、こんばんは。

私も今日行ってきましたよ。
何度行ってもいいところですね。

それにしても・・・。
同じものを撮ってこんなに違うってやっぱり面白ですね。
Commented by souslarose at 2013-10-31 07:41
あっちゃんへ。
おはよう!早々にメッセージありがとうね。
お出掛けって「野鳥」だったんですね。まだまだ綺麗だったでしょう?ここは本当に素敵な所、あっちゃんが言うように何度行ってもいいですよね。スタッフの感じもいいしね。園内で何回挨拶したことか(笑)秋の薔薇園は花がそれ程密じゃないから思わずハイブリッドの蕾の美しさを再確認したりします。年内、最後にもう一度行きたいの。枯れた感じも撮ってみたい。ブログとHP見ましたよ。あっちゃんこのところググッと写真の腕上げましたね。楽しませて貰いました。しかし1枚くらい同じようなのがあってもいいのにね(笑)今度のお出掛け、どこかな?楽しみにしています!

Benoit。
Commented by keiko at 2013-10-31 22:03 x
ブノさ~ん♪
秋の『野鳥の森』ほんとうに綺麗でしたね♪
初めての『野鳥の森』、ご一緒できて、とっても楽しく嬉しかったです♪

ブノさんの写真、どれもとっても素敵で美しいですね♪
上から2番目の写真は、あの時の写真ですね…私たちが気付かないような道端の手折れた花も、ブノさんの手にかかると、アートになってしまうんですねぇ~♪

私は、『野鳥の森』では、ブルー・ローズのラヴィリンスを臨む丸窓のところが、特に好きです♪
My gardenでは、その美しさに紙面ながら圧倒されました♪

ポールズ・ヒマヤランムスクが咲き乱れ、中のブルーローズ・ラヴィリンスがかいま見える美しい春を、想像しながら、何度も何度も丸窓シェアリング・ア・ハピネスのところに行ってました♪

満開の春、また野鳥の森で、素敵なブノさんとお会いできますように♪
Commented by PreciousRoses at 2013-11-02 01:18
Benoit。 さま、こんばんは。

先日の「Iceberg」だけのお写真もとても美しかったのですが
今回も本当に魅力的なお写真ばかりです。その後ろに私の拙い
写真もご紹介してくださって恐縮しております。

同じ園内を歩いていたはずなのに、Benoit。さまの目にはこんな
素敵な場面が見えていたのですね。たしかに見たところなのに
Benoit。さまの手にかかると、とってもドラマテックで美しい1コマ1コマに
なってしまうから不思議です。

Benoit。さまのお写真には、なんだかはわからないのですが気持ちを
引き付けてやまない魅力があるのです。本当になぜかしら・・・?
行ってきたばかりの野鳥の森を思い出しながらゆっくりと見せて
いただきました。 ここは心地いい素晴らしいガーデンですね。
歩いていると時間の流れがゆっくりと感じました。気持ちがふわりと
ほどけていくような気もしました。私が訪ねたときには鳥の声も聞こえていたんですよ。

また近々、訪れてみたいです。
そして来春には、あの「Paul's Himalayan Musk」の桜色の
トンネルを潜って、また美しい「Iceberg」に会いに行きたいと
思っています。その時にはご一緒できますように・・・

rose
Commented by あけ at 2013-11-02 08:13 x
最初の1枚良いねぇ~!!
そんなシーンがどこにあったのか判らないわ。

喧しくて悪かったわねぇ~
女が4人集まったら、あんなもんでしょう(笑)
野鳥の森はいつ行っても良いね。
その裏にスタッフの努力を感じるね。
もっと沢山の人に見てもらいたいね。
Commented by souslarose at 2013-11-08 17:05
keikoさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとうね。
返事がスッカリ遅くなってしまいました。本当にゴメンなさい。何だかバタバタなのです……貧乏ヒマなしじゃぁ!(涙)さて、初めてだなんて思いもしませんでしたよ、ホラ、どこにでも出没している感じがするものね(笑)秋も素敵だけど春は本当に素晴らしいの。是非、またご一緒しましょうね!楽しみにしています。だけど見られちゃいましたねぇ……ああ言う写真って秘密のうちに撮っておきたいんですけどね(笑)花はいつ見ても、どこにあっても美しいと思うので、枯れた花や手折った花も綺麗に撮ってあげたいの。keikoさんはブルーのラビリンスが好きなんだ……僕はどこかなぁ……そのときその時で違うんですよ。イングリッシュの所が意外に好きかも……きっと来春ね!他と抱き合わせで薔薇を見て歩きましょうゼイ。約束ですからね!

Benoit。
Commented by souslarose at 2013-11-08 17:12
roseさんへ。
こんにちは。いつも温かいメッセージありがとうございます。
ホラ、僕、美術部だったじゃないですか。だから何を撮るにも「作品」にしようと知らず知らずの内に考えちゃうのね。それから好きな写真家の影響も大きいかな。自然のそのままを切り撮るブルース・ウェバーや、被写体に演劇的要素を加えるハーブ・リッツやアニー・リーボヴィッツ
……西部劇で売ったクリント・イーストウッドをロープでグルグル巻きにしたり、カメレオン女優と言われたメリル・ストリープの顔に真っ白な白粉塗って顔の皮膚を引っ張らせたり……どっちかと言うと僕は後者の方が好みなんですが、草花を被写体に静物画を撮るように心掛けています。静物画って非常に大事ですからね。構図とかアングルとか、物凄くいい勉強になります。今回、例のコンテストのお陰で「Iceberg」がいたく気に入っちゃいましたので来春も撮ってみたいと思っています。来年こそはご一緒しましょうね!

Benoit。
Commented by souslarose at 2013-11-08 17:15
あけ大先生!
こんちは。メッセージご苦労であった(笑)
そうだろう、あんなにのべつまくなし喋っていたんじゃいいものなんか見えるハズないじゃん!ガーデンを見に行っているんだから!写真を撮りに行っているんだからさ!まぁ、しかし喋ることと来たら(苦笑)野鳥の森は本当にスタッフの感じもいいし手入れもいいし、いつ行ってもいいのだよねぇ……今年はもう一回くらい行けるかな?算段してみようっと!

Benoit。
by souslarose | 2013-10-30 22:00 | Raindrops on Roses | Comments(8)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30