ライカはいただきヨン!(笑)

b0168859_18583360.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

驚異的に忙しい9月年度末が終わり、
ハッと気が付けばズレ込んだ仕事でドタバタの10月は息も絶え絶え、
疲労困憊&記憶喪失状態&死亡寸前でした。
なんだ……もう11月じゃん!(驚)僕の今年の秋の薔薇シーズンは?
まだどこにも行っていないのに終わろうとしている……ガガガぁ〜ン!(笑)

慌てて行って参りました「Treasure Garden Tatebayashi」へ。
今日は「Treasure Garden Tatebayashi」で撮った、
「Iceberg」の写真をドドドぉぉぉぉっ〜ン!っとアップです。
b0168859_190137.jpg
b0168859_18591984.jpg
b0168859_1859597.jpg
b0168859_18585036.jpg
b0168859_18591728.jpg
b0168859_18583034.jpg
b0168859_1858327.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

如何でしたか?色々な表情の「Iceberg」。
ドドドぉぉぉぉっ〜ン!……って言うほどでもないか……。
たったの8枚ですが、どれがいいか自分ではなかなか決められません。
面白いのは花のアップがありませんねぇ。昔だったら絶対にアップで撮っていたのにね。
僕、春先の整った樹形で咲く「Iceberg」はあまり好きではないのですが、
秋の「Iceberg」は細く自由に伸びた枝先に優雅に花を付けます。
剛直な枝の感じがなくなって柔らかで優美な印象になります。
それに秋にこれだけ沢山の花を纏めて咲かせる所も素晴らしいです。

僕が「Iceberg」を撮るのは珍しいです。
「Iceberg」と言うより白い薔薇を撮るのはあまりしないこと。
赤い薔薇と共になかなか綺麗に撮るのが難しいですからね。
何故「Iceberg」ばかり沢山、撮ったかと言うと、
ご存じの方も多いと思いますが、今、京成バラ園ではオータム・フェアが開催されています。
その中でドイツの薔薇の写真のコンテストをやっているそう。

チョッと小耳に挟んだんですが、
一等の賞品は、な、な、な、なんとライカのカメラだそう!京成さん、太っ腹!
僕、何だかその気になっちゃったんです(笑)ライカ欲しいものね。
どこに行ってもドイツの薔薇を探し、写真に撮っている自分が……笑えます。
先日の「Treasure Garden Tatebayashi」でもそう。
「Iceberg」の前で、あぁでもない、こぅでもない……アッと言う間の100枚超です。
しかも正統派の写真は少なくて、裏から撮ったり、覗き見するように撮ったり。
やっぱり天の邪鬼?(笑) どんな基準で選考するのかなぁ……。
HPには皆さんの応募作品が掲載されています。
傾向と対策……参考にしながら?それとも見てから秘策を練る?(笑)
写真家の福岡さんが審査員をするそうです。早いけどお歳暮を送るか?(笑)

皆さんも奮って応募してみてくださいね。
締め切りが迫っています。今月末までですよ!
じゃんじゃん素晴しい作品を応募してライカをGETしましょう!


26. 10. 2013


Benoit。


★Copyright ? 2009~2013 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2013-10-26 00:00 | Raindrops on Roses

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31