大成功のバラ栽培。

b0168859_17391189.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 「ねぇ、イングリッシュローズの中で何が一番お好き?」

僕を可愛がってくれているゴージャス薔薇ずっこけマダムが仰言った。

 「1本だけって言うのは無理だけど……『Barbara Austin』かな。」

と、僕。

 「まぁ……あれね。うどん粉が酷くてアタクシ格下げしたの。
  引っこ抜いて鉢上げして玄関の外に出しちゃったわ。」

 「・・・・・・・・・・・・・。」

その翌年、嬉々とした満面の笑顔でマダムが仰言った。

 「『Barbara Austin』って本当に素晴らしい薔薇ね!
  今年は美しく咲いたから庭の一番いい所に地植えにしたの!
  ほほほほほほほほほほほほほほほほ♪」

 「あれ……去年はお気に召さずに格下げして玄関外に放置でしょう?(苦笑)」

 「いいぇ!『Barbara Austin』は本当に素晴らしい薔薇よ!アタクシ大好き!」



秋の薔薇シーズンの始まりを告げるように、
人気の木村卓巧さんの「大成功のバラ栽培」が満を持して発売になりました。
早速、手に取って読んでみます。
栽培方法や系統の紹介、とても分かりやすく解説されています。
僕のように、ギリギリの水やりと思い出したかのような施肥しかしない人でも大丈夫。
剪定ばさみが見付からないからと、手元にあった太刀ばさみで剪定しちゃうような僕でも大丈夫(笑)
どうも植物は苦手と言うブラックフィンガーな人はチョイと不安がよぎるし、
もっと強烈で、触るもの全てを枯らす漆黒フィンガーな方は無理かもしれないけど(笑)
木村さんの懇切丁寧な解説を読めば苦労しなくても気軽に薔薇の栽培が楽しめそうです。
また新たに薔薇の魅力を幾つか発見したような気がします。
薔薇の育てやすさを4段階に分類た項目をしっかり読み、
その品種に適した管理をすれば美しい薔薇に出会うことが出来そうです。
少なくとも冒頭の会話のような、思ったように花が咲かないからと、
薔薇を引っこ抜いて鉢上げしたり地におろしたりを繰り返し(笑)
薔薇本来の栽培条件を無視した無謀な管理をしなくて済みそう……。
薔薇だって色々です。光を好む種類、半日陰が好ましい種類、
肥料の多い少ない……その外、薔薇の性質を知ることが薔薇栽培の第一歩ですもんね。
木村さんの「大成功のバラ栽培」を読んでいて目から鱗が落ちることが沢山!
大成功のバラ栽培は間違いなしです。

それから素晴らしいのは写真家の福岡将之さんの写真ね。
1冊、ほぼ100%福岡さんの手による写真で本に統一感が出ています。
普通はあちこちから写真を借りたりしてバラつきが残念な本が多々ありますからね。
木村さんの文章を読んで合点が行くのもよし、
まるで写真集のように福岡さんの写真を楽しむのもよし……。
1冊で色々な楽しみ方が出来る本になっています。
b0168859_17394147.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

さて、内容については皆さん実際に手にして戴き読んで貰うとして、
いい機会ですからチョッと木村さんの薔薇について書いてみたいと思います。

薔薇の作出……その殆どの部分は人間の思惑通りに行かない部分、
大自然の采配(薔薇の神様のご意向)によることが大きいのですが、
実は、その人間の手による僅かな部分が非常に大事だったりします。
薔薇に何を夢見て交配をするのか?そのためには何と何を掛け合わせるか?
花の美しさだけではなく耐病性を持たせるには?匂いはどう遺伝させる?
新しく咲いた薔薇の中からどの薔薇を選抜するのか……。
幾ら大自然の摂理とはいえ、ミニ薔薇からツル薔薇は生まれないし、またその反対も然り。
交配をするには薔薇に対する深い知識が必要になってきます。
僕みたいに手当たり次第、行き当りばったり、気分で交配している人は論外ね(笑)
その点、木村さんが作る薔薇は美しいだけではなく、
生産者の経験と立場から見た栽培しやすさを前提にした素晴らしい薔薇だと思います。
この薔薇とこの薔薇を掛け合わせるとこんな薔薇が出来る……。
僕の交配みたいに出たとこ勝負、蓋を開けてアッと驚く為五郎じゃなくて(笑)
木村さんはある程度、交配という作業を自在に操っているのではないか、
高い確率に基づいた交配、1+1=2ではなく、3にも4にもなる交配……僕はそう思います。
選抜される薔薇も木村さんの人柄がとても良く出ていて素敵です。
素直で逞しく、花弁はしっとりと柔らかで、人を驚かす変化球ではなく直球勝負。
万人に受け入れられる薔薇の要素を幾つも秘めています。

木村さんって意外にアカデミック?!怒られるかな?(笑)
バラ塾にで交配のお話を聞いた時、メンデルの法則とか出てきたものね。
木村さんの初期の薔薇に見られる「薔薇の姿」としてのバラつき(多彩さ)が、
ある薔薇を境に一気にまとまりを見せるようになりました。
僕は密かに僕が名付け親になった「Cecile de Volanges」辺りから?と思うのですが。
木村さんの薔薇のブランド「Rosa Orientis」を代表する、
木村さんの自信作、「大成功のバラ栽培」の表紙を飾った「Mon Cœur」なんだと思います。
「Mon Cœur」……日本のみならず世界に通用する薔薇……。
木村さんの薔薇が世界のスタートラインに立った記念すべき素晴らしい薔薇だと僕は思います。
世界の薔薇コンクールで木村さんの薔薇が名を轟かすのも近い将来のことでしょう。
b0168859_17385318.jpg

今日の写真は僕が撮った「Mon Cœur」を何枚か。
福岡さんの表紙の写真には遥か及びませんが、何となく雰囲気が近いものを2枚。
それから最後の1枚は、僕が撮るとこんな感じ……の1枚(笑)
バックが黒い写真は「厳禁よっ!」と、安藤さんにキツく言い渡されています(笑)


バンバン薔薇を枯らせて失敗ばかりだった人も、
薔薇上級者の方も、秋の夜長に「大成功のバラ栽培」を読み、
来シーズンは美しく満開の薔薇を楽しみましょう!


12. 10. 2013


Benoit。


★Copyright ? 2009~2013 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by あけ at 2013-10-12 21:25 x
ブノ。ちゃん、こんち!!
モンクール可愛いわぁ~!!

あけもちゃんと「大成功のバラ栽培」でお勉強したのよぉ~
あけが育てて良いのはタイプ1~タイプ2までって事ね。
タイプ3以上は確実に枯らしてる。
あけが買って良いのはタイプ2までって事よねぇぇぇぇ~♪
Commented by ムー at 2013-10-13 21:09 x
バラにはまって5年ぐらいが過ぎて、
今頃になってバラは簡単ではない。と思いはじめた。
5月だけはたしかに勝手にドカンだけど、
秋バラってーのは難しいねー。
今年なんかいつまでも暑いからボチボチ咲いちゃって、
しょぼい小さい花。
虫に食われて半欠けの花。
あーあ、手を傷だらけにして夏剪定したのがあほみたい。
やっぱり身の程をわきまえて易しいバラを育てるべきなのか?
あまり好きじゃなくても?
えー、そんなの嫌だ。

ブノワ。さんは行き当たりばったり交配?
それにしちゃReiは凄いねー。
花の形がピタっと決まって、
女で言えば化粧くずれなし。着くずれなし。仏頂面なし。
扱いが楽だわ~~~(笑)
それにReiのいい匂いは私がイメージするバラの匂い。
これよこれよこれが薔薇の匂いよ。
いっそ全部Reiにしちゃおうかしら(笑)


Commented at 2013-10-14 21:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by unjaku at 2013-10-16 09:17
おはよう、ブノワ。さん。
薔薇園に誘ってくださってありがとう。
でも、みんなけっこう遠くて時間がかかる場所なのねぇ。
近いのは横浜くらい。

私もやっと「大成功のバラ栽培」買いました。
お勉強しますね。

ところで、台風の犠牲者出ませんでしたか?
わが家はなんとか最小限で済みました。
匂いかぐわしいレミチャン、お部屋の中で
咲いています。コロンと丸くて可愛らしいの。
Commented by souslarose at 2013-10-20 17:53
あけ大先生!
オバン!(笑)いやいや、スッカリ返事をするのを失念!失礼であった(笑)
「Mon Cœur」……可愛いよね。華奢に見えて健康優良児な所がいい。ちゃんと勉強したんだ……でも、読みが足りなくない?あけが育てていい薔薇は1番と2番じゃなくって、どれ1つとして育ててはいけないって言う事じゃないの?(爆)自分に言い聞かすようにメッセージ入れてもダメだよ(笑)早く薔薇界を引退なさい!それが世のため人のため、ガーデンブログなんか辞めちゃって食べログやんなよ。ね、観念しなさい。諦めなさい。ほほほほほほほほほほほほほ♪

Benoit。
Commented by souslarose at 2013-10-20 18:01
ムーさんへ。
こんばんは。いつもメッセージありがとうございます。
ゴメンなさいね、スッカリ返事したつもりになっていました……何だかボケて来ているのかなぁ。疲れているんですね、貧乏ヒマなし(苦笑)ムーさんは薔薇にハマって5年目なんですか?今が一番楽しい時じゃないですか?薔薇って簡単なようで簡単じゃないし、強いようで弱かったりしますね。それぞれの性質を見極める事が肝心なんでしょうね。今年の秋の花は何となく夏からそのまま続いて3番花的なニュアンスですね。チョッと小振りで巻きも少なめ。僕の交配は行き当りばったりですよ(笑)最近は少し変わって来ましたけどね。だって、頭の中で思い描いても交配に使う薔薇が全然違う開花時期だったりね。なかなか思うようには行きません。「Rei」いいでしょう?化粧くずれしないっていうのがいいですね(笑)11月の公演で麻実さんにプレゼントしようと計算して剪定したけれど、果たしてキチンと咲くのか?何だか不安になって来ました(笑)全部「Rei」にしたら凄いでしょうね……1つヨロピクお願いいたします!

Benoit。
Commented by souslarose at 2013-10-20 18:06
ハナさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます、ウッカリしていてゴメンなさい。お返事した積もりになっていました……。「Benoit Magimel」を可愛がって下さってありがとうございます。ご本人と同じくとても素晴らしい性質の薔薇だと思っています。「ピアニスト」「王は踊る」……いい作品が沢山ありますから、時間を見付けて是非、ご覧になってみて下さい。また薔薇が違って見えるかもしれませんよ。麻実れいさんにお名前を戴いた「Rei」もいい薔薇なので宜しくお願いいたしますね。そして麻実さんの舞台も是非!来年3月には傑作の再演もあります。「おそるべき親たち」……素晴らしいですよ。また遊びにいらして下さい、お待ちしています!

Benoit。
Commented by souslarose at 2013-10-20 18:09
unjakuさんへ。
こんばんは。いつもメッセージどうもありがとう。
いやぁ、参りました。スッカリ返事をした気分でした。本当にゴメンなさいね。台風はですね……暴風に向って旅行に行って来ました(笑)今日これから記事をアップするので読んで下さいね。我家の薔薇は全く問題なし。以前の広いバルコニーだったら甚大な被害だったでしょうけど。薔薇を育てていて何が1番イヤかって、やっぱり風ですね。イヤって言うよりコワいのは風。一雨毎に秋に……なぁ〜んてね、これじゃ秋の薔薇も楽しめないじゃん!「横浜イングリッシュガーデン」是非、雨が上がったら行ってみて下さいね!

Benoit。
Commented at 2013-10-24 13:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by souslarose at 2013-10-30 14:37
フランス語講座さんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとうございます。
お褒めの言葉、今回はそのままシッカリと受け止めさせて戴きますね。本当にどうもありがとう。「Benoit Magimel」は1か2でしょうか……何しろ灼熱のバルコーで生き残った薔薇ですから暑さには強いと思いますよ。それから何も手入れしない僕の元で育ったのです、強いと思います(笑)講座……楽しみですね。シッカリ勉強してペラッペラになって下さいね!

Benoit。
by souslarose | 2013-10-12 00:00 | Raindrops on Roses | Comments(10)

Let's talk about roses。


by souslarose
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31