秋色に染まる……Garden Cafe Green Rose。

b0168859_13505487.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

低くたれ込めた雲、少し肌寒く感じる日曜日の午後、
人気のない「Garden Cafe Green Rose」を歩きます。
ここは何回訪れても素敵な発見があります。
春の満開の時期と違い、そろそろ草花が冬支度をする11月
色付いた葉や、落ち葉の影に、春には見つけられなかった、
可愛らしいオブジェを発見することが出来ます。
そうそう、こちらで見て家にお迎えした花は数えきれません。

オーナーの斎藤さんの悪戯や遊び心が顔を出します。
フと気付くと仲間はとうの昔に散策を終え、暖かなカフェの中で談笑しています。
僕の大事な仲間たち……30年来の悪友(女性)
幾度となく旅した気のおけない人、僕のお気に入りの革職人の青年、
それから斎藤さんと正反対なブラックフィンガーなガーデン研究家A(笑)
初めての人もいるのにスッカリ打ち解けて……。
これもきっと斎藤さんが手塩に掛けた,
素敵な庭のほんわかした雰囲気のお陰でしょうか。
僕も仲間に加わり暫し話しに花を咲かせます。
夢中になっていると、どこからともなくポツリポツリ……。
屋根を叩く音が段々大きくなってきます。

 「よしよし……降って来た、降って来た!」

天気予報より半日早く雨が降ってきました。
いてもたってもいられない僕……ハイ、天の邪鬼ですから(笑)


写真は光がなくては写りません。
花を撮る時は、出来れば柔らかで花の色を忠実に再現できる光線が好ましいです。
ただ、人と違う写真を撮る時は様々な工夫をしないといけません。
僕は順光(正面からの光)より逆光(被写体の後ろから当たる光)が好き。
被写体の輪郭がクッキリ際立ちドラマチックになるから。
花が一番綺麗に撮れる午前中の柔らかい光線もいいけれど、
夕方、日が暮れる寸前や、雨の日もまたいいものです。
普段、見られない植物の別の面を見る事が出来ます。
三島由紀夫が「サド侯爵夫人」の中で書いたような、
薔薇が鱗を光らせ、蛇が頬を赤らめる世界が垣間見えるから……。

雨だからと言って撮影を諦めてはいけません。
滴る雨粒が少ない光を集め、赤く色付いた、
ローズヒップにダイヤモンドの粒が縫い取られます。
朽ちたテーブルの表面が大理石の輝きを纏います。
そんなこんな、撮ってきた写真を御覧ください。
雨が降る前と後では歴然と写真の深みが違います(笑)
b0168859_1352834.jpg
b0168859_13584484.jpg
b0168859_1358880.jpg
b0168859_1358561.jpg
b0168859_13573913.jpg
b0168859_13573546.jpg
b0168859_13572019.jpg
b0168859_1357144.jpg
b0168859_13564996.jpg
b0168859_13563338.jpg
b0168859_1356848.jpg
b0168859_1356473.jpg
b0168859_13555872.jpg
b0168859_13552497.jpg
b0168859_13551793.jpg
b0168859_13545937.jpg
b0168859_13545793.jpg
b0168859_13542895.jpg
b0168859_13541690.jpg
b0168859_1354282.jpg
b0168859_13534635.jpg
b0168859_13531374.jpg
b0168859_13525866.jpg
b0168859_13525078.jpg
b0168859_13524687.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

如何でしたか?素晴らしい「Garden Cafe Green Rose」の様子、
僕の写真から少しでも伝われば嬉しいです。


15. 11. 2012


Benoit。


★Copyright ? 2009~2012 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2012-11-14 22:00 | Raindrops on Roses

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30