秋は釣瓶落とし。

b0168859_1730312.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

秋の日は釣瓶落とし……良く言いますよね。
とんでもない、最近は季節そのものが釣瓶落とし。
この前まで暑かったと思っていたのに、何だかアッと言う間に秋になっちゃいました。
一雨毎に……そんな悠長なこと言っていられません(笑)

この所、日本の気象の激しい変化について言われることが多いですが、
極端な雨の降り方や風の吹き方などに加えて、
まるでオゾン層がなくなってしまったかのような強烈な陽射し。
今までの日本のゆっくり移ろう季節がなくなり、
まるで太いマジックでクッキリと線を引いたかのように、
四季がハッキリして来たことも多く語られるようになりましたね。
今までは四季の割合が見事に四等分だったのに、
春と秋が何となく短くなって来ているような気がします。


果物や穀物には豊作と不作の年が周期的にやって来ます。
勿論、薔薇にもその年によって花が多かったり少なかったり……。
株の好不調もありますが、花の数は僕たち薔薇ファンを一喜一憂させます。

前にも書きましたが、今年はそれはそれは見事に全ての花がバランバランに咲いてくれました(苦笑)
何もそこまで……って言うくらいにバラバラ(笑)これだけバラバラに咲かせる腕前があるのなら、
それを利用して全ての花を一斉に咲かせることも出来るんじゃない?
まぁ、それが出来れば苦労はないです。もっとも、僕の興味はそこにはありませんし……。

秋の薔薇にはあまり期待していない僕ですから、
当然、手入れなどというものもしていません。
忘れた頃に最低限の肥料と、枯れない程度に水をあげるだけ。
手入れしないから咲かないのか?これまた真理ですね(笑)
秋には薔薇園や親しい仲間の庭を見に行くとして、
その前に最低限しておかなければいけないことをば……。

今年はね、何だか気持ち悪いくらいにコガネムシが少なかったです。
少ないって言うより、殆ど見掛けないくらい……去年はあれだけいたのに。
それからチュウレンジバチの被害も殆どありませんでした。
親が産卵する姿は見掛けましたし、卵が孵った後もチラホラ……。
でもね、幼虫を全く見掛けなかったの。従って食害も殆どなし……。
何だか薄気味悪いですね。でもきっと幼虫は鉢の中に潜んでいますね。
カトリーヌたちが外にいるのでやりたくないのだけれど、
薬は撒いて幼虫を駆除しておかないと文字通り命取りになります。


今日の写真はてんちょの「Cecil de Volanges」と「Tisane」、
それから僕の「Benoit Magimel」と、いつも親切にしてくれるあっちゃんがくれたピンクのノイバラの競演!
ね?僕っててんちょの薔薇の陰の販売促進係なの(笑)


30. 09. 2012


Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2012-09-30 00:00 | Under the Rose

Let's talk about roses。


by souslarose
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31