「Old Roses」……待望の発売です。

b0168859_1526719.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

僕たちは非常にラッキーな時代に生まれたと思います。
それは、薔薇に関してって言う意味ですけどね。
僕が薔薇に興味を持ち始めた時、まだハイブリッド・ティーが全盛でした。
そして、フロリバンダ……当時の図鑑や参考書を見ると懐かしい気がします。
それからオールドローズが一世を風靡し、モダンとオールドが美しさの妍を競いました。
その間、着々とイングリッシュ・ローズが台頭して来て、
モダン・ローズとオールドローズの美点を兼ね備えた姿はアッと言う間に我々を魅了しました。
その後にイングリッシュ・ローズに影響されたフレンチ・ローズが出て来た……。

僕たちは今、とてつもない薔薇の変革期に生きていると思うんです。
100年、200年経って、今の時代を振り返った時、
改めて、僕たちが好運な時代を生きていたことが証明されるでしょう。

さて、「ラッキーな時代に生まれた。」と書いた理由はこうです。
この薔薇の変革期において、僕は順番に、それぞれの薔薇の素晴らしさに触れる事が出来ました。
モダン → オールド → イングリッシュ → フレンチ……そして日本人作出の薔薇!
ジックリと時系列でその素晴らしさを堪能出来ました。文字通り「百花繚乱」。
一時期、空前のオールドローズの大ブームがあったことも大きいのですが、
色々と育ててみて自分の最も好みの薔薇を選ぶ事が出来た幸せな時代……。

所が、ここ数年、薔薇の魅力に取り付かれた方々はそれがない。
自分でそれぞれを育ててみてその美点を確かめる時間がなかったと思うんです。
いきなりドカぁ〜んとテーブルの上に満漢全席!薔薇オールスター!(笑)
溢れんばかりの素晴らしい薔薇が押し寄せるように目の前に現れた……。

矢張り、優美、華麗で僕たちの期待と理想に叶う、
イングリッシュ・ローズやフレンチ・ローズに目が行きますよね?
春しか咲かないオールドローズより繰り返し咲いた方がいいものね。
しかも、毎年〜夥しい数の素晴らしい薔薇が発表されます。
選り取りみどり、ここ日本では世界中の欲しい品種は余程のことがない限り手に入ります。
日本に住むって言うこと = 薔薇に関しては天国そのものなのです。



僕たちは非常に欲深いです。皆さん、一体、薔薇に、年間、何回咲けって仰言るんですか?(笑)
普通、植物って年に1回しか花咲かないものです。
それを、繰り返し咲く薔薇がいい、匂いは勿論!オマケに刺がなくて病虫害に強くて……。
そんなパーフェクトな薔薇……なかなかあるものじゃありません。
それはチョッと欲張りじゃないでしょうか。年に1回、春先から初夏に素晴らしい姿を見せる……。
それだけじゃ不十分ですか?何をそんなに薔薇に求めるんですか?
どうせ2番花が咲いても暑くてろくすっぽ庭にも出ず、
その健気にも咲いたその姿を見ようとしないじゃありませんか(笑)
必死に2番花を咲かせたのに、この暑さじゃアッと言う間にチリチリになってしまいます。
やっと咲いた花だって春の花の素晴らしさには劣りますよね?
花弁は少なくなり大きさも小さくなって来る……。

これだけ素晴らしい薔薇が勢揃いした今だからこそ、
オールドローズが今のこの世の中に残っている意味、理由をよく考えてみたいと思うんです。
オールドローズの人気に陰りが出て来た理由、それは、年に一度しか咲かないから。
これに尽きると思います。春しか咲かないと言う理由で人気が出ず、
人知れず絶滅して行く品種がどれだけ多いことか……。
この世から消えてしまったら、2度と同じ薔薇を造り出すことは出来ないのです。

先人たちが苦労して造り出した美の世界……。
芸術に多大な影響を与えて来たその薔薇を守って行こうではありませんか。
僕たちは薔薇を愛していますよね?だったらその薔薇の歴史を守る義務、責任があると思うんです。
先ずは有名所からでいいです。育ててみて下さい。手にしてみて下さい。
オールドローズの素晴らしさに胸を打ち抜かれることは必定です。
今、僕と同じ世代でオールドローズや原種に回帰する薔薇ファンが多いのは、
それはオールドローズが素晴らしい美点を兼ね備えているからなのです。

b0168859_14443743.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

この度、産經メディックスから待望の「オールドローズ好きの Old Roses」が出版されました。
皆さん、年2回の出版を楽しみにしている「New Roses」の別冊です。
分かり易い解説は読み物としても面白く、美しい写真は写真集を眺めているよう……。
解説陣のオールドローズに対する愛情がヒシヒシと伝わって来るようです。
そして、何よりも嬉しかったのは、作出家ごとに纏められたスタイルです。
今までこう言う切り口の薔薇の本ってなかったので凄く嬉しかったです。
ホラ、僕も作出家の末席を遠く離れた所からチョッとだけ汚していますから(笑)
皆さん、本屋さんに走りましょうね!インターネットでも注文出来ますよ!
ご覧になったらお気に入りの1本をこの冬にお迎えしてみては如何ですか?
オールドローズの愉しみ……素晴らしい経験が出来ると思います。


今日の写真はジュリアン・アレクサンドル・アルディ作出の「Mme. Hardy」。
独特の美しい姿!不必要なものを最大限に取り除いた究極の美!何も解説はいりませんね。
僕が思うに、白花のオールドで、いやいや、オールドローズ全体を見回しても、
この美しい薔薇に匹敵する薔薇はないのではないでしょうか。



01. 09. 2012


Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by hibari at 2012-08-31 20:23 x
ブノワ。さん、こんばんは。
暑かった8月も今日で終わり。
空には、そろそろ満月が輝く頃ですよ。

私が幼かった時、薔薇なんか植えているお家、ありませんでした。
でも、気がついたとき、おんぼろのわが家の生垣に絡まっていたのが、
マダム・ハーディのような気がするのです。
もうおぼろげな記憶。
持ち込んだのは、多分父。

母にはそんな余裕ありませんでしたもの。
小さな庭に、ずいぶんとたくさんの花が咲いていたのを思い出します。
月日は過ぎて、
私が薔薇に目覚めたのは、オールド・ローズとイングリッシュ・ローズでした。
幸せな時代に薔薇に巡り合ったのです。

今では、一季咲きの薔薇に心ひかれています。
花が終わった後は、葉の茂りを愉しむ。それでもいいと思います。

今年は悔しい事に、カミキリムシにふた鉢被害を受けてしまいました。
何とか生き延びてほしいけれど、こればかりは分かりませんものね。

満月の夜、詩人の薔薇師さんは、謳ってくださるでしょうか。
Commented by おたふく at 2012-09-01 15:43 x
Benoite。さま こんにちは
早いですね、もう9月です。こちらは朝の雨で大分過ごしやすいでが、東京はいかがでしょう?夏の終わりに体調を崩しやすいそうですから
お気をつけくださいね
いよいよ発売になったんですね。予定の5月から待っていました。
バラとの出会いを遡れば、小さい頃連れられた、むせ返るような夏の潮とバラの匂い。ご存知でしょうか?谷津遊園。潮干狩りと母がたのしみにしていたバラ園散歩でした。
バラを好きになって手元で育てるようになって十数年、Benoite。様と同じ様な時を過ごしたのかも。この間色々なバラと出会って、新しい魅力的なバラも見ることができたけど、もういいや・・・って思っちゃたんです。素敵なお友達との出合いもあって、行き着くところは古いバラだなと思うようになりました。とは言っても少し前には見向きもしなかったもの買ってみたり、Bnoite。さまのバラを毎年1鉢ずつお迎えするのはとても楽しみなんですが。今のバラだって、愛されて100年後200年後にどなたかの庭に咲いているものもあるでしょう。我侭なバラ好きの欲を満たして下さるナーセリーの方々に本当に感謝しなくてはいけませんね。      だらだらと続きます
Commented by おたふく at 2012-09-01 15:48 x
つづきです
でもね、み~んながoldroseばかりを育てるようになったらどうでしょう?そんなことにならないようにと願うわたしもアマノジャクでしょうね。

それから、先日、ベラドンナが夏花でもたっぷりとした花をみせてくれました。シュートの先の一輪だけ咲かせました。お隣にはUnder the Roseがいます。
コラボしたとお知らせしたクレマチスはアオテアロアです。
花期は少しずれたのですが、どちらをも待つように咲きました。
開花のどのステージもの美しさをBenoite。さまが教えて下さったおかげで、濃い色同士のコラボでしたが、素敵にみることができました。

本、手にするの、とても楽しみです
Commented by F at 2012-09-01 16:16 x
残暑厳しいですが、お元気でお過ごしと思います(断言してしまいました・笑)。

だって、待望の本が発売になるのですから。
わたしも春からずっと楽しみに待っていました。
ふふふ、予約もしました!!

わたしも以前は“四季咲きがいい”と思っていた一人ですが、
年々たくさんのバラをみているうちにオールドの魅力にどっぷり
はまってしまいました。この場でひとことでは言い表せないくらいです。
なんでもそうですが、新しいものは作ることできますが、古いものは作れません。何百年という間、愛でられてきたバラを一株でも育てたいと
思っています。そのため、レアなバラをちょこちょこ見つけては育てています。
オールド大好きですが、新しいバラからも目が離せません。
ブノワ。さんのご活躍も楽しみにしています。

Commented by at 2012-09-01 21:51 x
Benoit。さん、こんばんは。

目に毒なご本が出たのですね!「New Roses」は、雑誌は必要なこところだけ切って、ファイルしている私ですが、切れない唯一の雑誌です。
良いですよね~オールドローズ。
薔薇の故郷を求めて、イランまで行きましたが、また薔薇の旅に出たくなりました~
Commented by souslarose at 2012-09-02 10:59
hibariさんへ。
おはようございます。いつもメッセージありがとう。
幼い頃の記憶、経験って確実に影響しますね。僕の植物好きも死んだ母譲りです。母は何でも挿しちゃう人で(笑)名前は知らないけれど、細い指のような形のサボテンを増やすのが好きでした。本当にいい時代だったんだと思います。それはアナログとデジタルの両方の美点を知っていることにも繋がりますね。矢張り、色々と経験したいですから。オールドローズは花の後がいいですね。葉が美しい品種が多いです。照り葉がお好きな方はダメかもしれませんが……。僕、カミキリムシの被害にはあった事がありません。どうぞ被害が最小限で済みますように!

Benoit。
Commented by souslarose at 2012-09-02 11:05
おたふくさんへ。
おはようございます。メッセージ恐縮です。
ドカぁ〜んと降りましたねぇ。少しは潤ったかな?野菜とか大変な事になっていますもんね。今日はそんな訳で読書とDVDかな?今月は忙しいのでゆっくりする積もりです。さて、谷津遊園……知っていますが行った事はありません。近くまでは仕事で行くんですけどねぇ……これもまた縁なのでしょう。今は薔薇園だけが残っています?来年にでも行ってみようかな?最近の薔薇は純度=完成度が高くなって来ていますね。素晴らしい薔薇ばかり!でも、僕達ってチョッとそれを当たり前に思っちゃっているような気がするんです。もう少しジックリと見る必要がありますよね。最近のイングリッシュ・ローズなんか驚異的ですよ。僕の夢はね、100年後、200年後に名前も知られずどこかで愛培されていること……イギリスの片田舎とかね(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2012-09-02 11:09
おたふくさんへ。
続きます。皆がオールドローズだけ育てていたらそれもまた変なものでしょうね(笑)でもね、人って本当に熱しやすく冷め易いですねぇ。一時期のオールドローズの大ブームは何処へ?もうチョッと前は、毎月〜必ずどこかの雑誌でガーデニング特集でしたっけ。ガーデニングが定着した?そう思いたいですね。薔薇園も稀少な品種を育てて維持して行くのは大変です。だからこそ、薔薇園には儲かって欲しいいし、体力を温存して僕達にいい薔薇を提供して欲しいと思います。だから薔薇は自分で増やさず薔薇園から買いましょう!僕の考え。今年も新しい薔薇が出ました。苗の流通は未だですが、どうぞ宜しく願い致しますね。麻実さんの薔薇、本当に素敵ですよ!

Benoit。
Commented by souslarose at 2012-09-02 11:18
Fさんへ。
おはようございます。温かいメッセージどうもありがとう!励みになります。いよいよ出ましたねぇ……本当、どれくらい待ったでしょうね?僕、初めは2月って聞いたような記憶が……とても素敵な本ですよ。何度読み返しても新しい発見があります。僕ね、自分で薔薇を作っている割には四季咲きと繰り返し咲きの区別がつきません(笑)皆さん苗を買われる時に四季咲きかどうか聞きますよね?僕、そんなに大事なことかと思っちゃうんです。夏のショボイ花を見てガッカリするより春に1回か、秋にもう1回でいいんじゃないかって……そこまで薔薇に求める?そんな気がするんです。オールドローズの一見だらしない樹形もまた魅力だし、花が終わった後の美しい葉!葉は1年間お付き合いするんですもんね、重要なポイントですよね。何がなんでも片っ端からじゃなくてもいいです。手にしたものを個人個人が大事にする……薔薇の文化って奥深いですからね、探求して、また、自分で作り出して楽しみましょうね!僕の活躍はないと思いますが、チョッとでも薔薇に関わってしまったのですから、僕にしか出来ない何かを発信して行きたいなぁって思います。これからも宜しくお願いいたします!

Benoit。
Commented by souslarose at 2012-09-02 11:21
碧さんへ。
おはようございます。元気にしていますか?
そう、出ました!ってオバケじゃありません(笑)どうぞこのままファイリングしてくださいね。「New Roses」と何冊か纏めて製本しちゃうのもいいかもしれません。お気に入りの薔薇の写真で表紙作ってね。オールドローズはいいですよねぇ……今の薔薇がダメと言っているのではありません。何しろ、今の薔薇の基本ですから。しかも較べても何ら遜色ないし。薔薇を求めての旅……素敵ですねぇ。最近していないなぁ……。

Benoit。
Commented by おたふく at 2012-09-02 12:42 x
ひゃぁ~~
ごめんなさい。
お名前の綴り、間違えてました。
名前、大事なのに。
大変失礼いたしました。

お返事ありがとうございました。

Mme.Hardy素敵です。
Commented by souslarose at 2012-09-02 12:52
おたふくさんへ。
こんにちは!今日は過ごし易いですねぇ……。
メッセージどうもありがとうございます。いいんですよ、そんなこと(笑)これからもヨロシクお願いしますね!

Benoit。
Commented by PreciousRoses at 2012-09-03 00:48
Benoit。さま、こんばんは♪

9月になりましたね。9月と聞くだけで秋バラの季節がもうそこまで
来ているような気がしませんか?

この週末は、目が回りそうな忙しさで仕事をしておりまして、この時間になってやっと落ち着いて読ませていただいています。
花菜ガーデンの素敵な記事もアップしていただいていますが、
遅ればせながら、まずはこちらのOld Rosesにコメントを書かせて
くださいね。

私も、この「オールドローズ好きの Old Roses」の発売をとても
楽しみにしていたひとりです。明日あたり注文していたのが届くかなと
ワクワクしている夜です。

美しい「Mme. Hardy」ですね。
静寂の中に、凛とした美しさがあって、比類をみない美しいOld Rose
だと思います。Old Roseの中のOld Roseですね。

私もバラを育て初めて十数年、好きなバラを庭に迎えていたら
250種を超え、300株以上のバラを暮らす日々になっていました(笑)。
それぞれに素晴らしい魅力をもつバラ達ですが、やはりOld Rosesは
特別な思いで育てています。

勢いで書いてしまったのですが、文字数オーバーになって
しまったので一度送信しますね。

rose


rose
Commented by PreciousRoses at 2012-09-03 01:01
Benoitさま、続きです。

私の庭は、わずかな返り咲きを含めると2割位が、春しか咲かない
バラたちなのですが、残念に思うことはあっても欠点だとは思ったこと
ありませんよ。だって一季咲きのOld Rosesたちは、どうしてこんな
美しい花を咲かせるのだろう?って思うくらい綺麗だし、素晴らしい
香りを振りまいて、バラを季節を彩ってくれますものね。
Benoit。さまがおっしゃるとおり、葉が美しいんですよね。。。
花が終わった後は、また来年会えるのを楽しみに♪。。。そんな
気持ちでお世話しています。

オールドローズの愉しみ……素晴らしい経験・・・・・
今から楽しみです。
Benoitさまも、この秋すばらしいバラとの出会いがありますように。。。

rose
Commented by souslarose at 2012-09-03 06:30
roseさんへ。
おはようございます。お忙しかったみたいですが元気にお過ごしですか?
メッセージどうもありがとうございます。とても励みになります。薔薇はどの薔薇も美しいのですが、矢張り、植える場所を考えたり、用途に合わせた品種選びをしないとガッカリすることも多々あります。まぁ、そんなこんなを抜きにすれば、オールドローズって本当に素晴らしいと思うんです。四季咲きじゃなきゃ絶対にイヤって言うのなら仕方ないですけど……僕はですね、薔薇への情熱って一年間ズゥ〜っとは保たないのね(笑)矢張り、日々の生活があるじゃないですか、稼いで猫のこともしなければいけません。だから春と秋にチョッと熱くなるのが丁度良かったりします。だから春先に1回しか咲かなくても全く問題なし。それに何百年も生きながらえて来たって言うことはそれなりの理由もあるハズですもんね。「Mme. Hardy」は傑作ですね。銘花の条件はどこで見ても同じ姿で咲く……これも大きいと思います。個性?簡単なようでなかなかどうして。roseさんは300株以上ですか……アッと言う間に1000株ですね!(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2012-09-03 06:34
roseさんへ。
続きます。そなんですよね、薔薇が素晴らしいのは花だけじゃない。その葉も刺も、オールドローズで言えば乱れた樹形もまた美しいです。花は年に1回でも、その他が美しいから年間を通して愛でることが出来る……酷暑の日本ではなかなか難しいですけどね(苦笑)オースチンがオールドローズの姿に似せたモダンローズを作ろうとした気持ちが良く分かります。そろそろ秋の薔薇のことが気になりますね……どこに遊びに行こうかな?roseさんは予定立ててありますか?僕は軽井沢とグリーンロズさんと野鳥……かな。またどこかでお目に掛かりたいですね!

Benoit。
Commented by cream tea at 2012-09-11 22:15 x
こんばんは。
正に、胸を打ち抜かれる、その通りだと私も感じております。

バラを楽しむ、ということは当然その花や香り、色など
を愛でることが中心となるのでしょうが
私は植物としてのバラを見たときに
その枝のしなやかさや、自由に伸び広がる全体の姿に
とても強い魅力を感じます。
自由な姿で存在するバラは力強くもあり又繊細です。
そのものの特性が活かされた姿には思わずうなってしまいます!
改めて植物って、バラっておもしろいなー!と感じるところです。
Commented by souslarose at 2012-09-19 11:12
cream teaさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとう!僕ね、オールドローズって社交界の貴婦人がドレスを着る時に侍女に背中とかを塗って貰うでしょう?今みたいにボタンやホックやファスナーじゃなくって。あの感覚に似ていると思うの。薔薇とは全く関係ないのだけれどね。繊細で丁寧で……何でしょう、うまく言えないのだけれどね。イメージ?薔薇って花だけじゃないのね。花は結構どうでも良くて枝振りや葉の美しさに心奪われる薔薇もあるし。一見ダラッとした樹形もねぇ……しなやかで優雅ですよね。フランスの郊外の薔薇園を見に行った時、既に薔薇園は閉園になっていて更地に……季節もあるんだろうけど花が終わり瑞々しい葉だけになったガリカの美しいことと来たら!そうそう、昨日、青い薔薇が出来た夢を見ました(笑)一見、白なんだけど、薄ら水色が乗る青い薔薇。嫉妬した友人がその小さな苗を持って逃走しようとして……やっぱり青い薔薇を夢見ている?……。僕、もうチョッと薔薇で頑張ってみたいのね。アウトサイダーだけど一石は投じたい。薔薇で生活している訳じゃないからこそ出来るものってあると思うから……。近々、美味しい焼き鳥でも!お元気で!

Benoit。
by souslarose | 2012-09-01 00:00 | Raindrops on Roses | Comments(18)

Let's talk about roses。


by souslarose
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31