野鳥がさえずる「The Treasure Garden」……。

b0168859_1613393.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 「そうだ、去年のデータを調べてみよう!」

PCの写真のフォルダを開け、去年の6月のデータを調べます。
去年は若干、満開に遅れを取ったから……。
毎日〜忙しく仕事をしています。思い立ったらいつでも行ける訳ではありません。
暫しスケジュール帳と睨めっこ……。

 「!!!!!……行けるのは今日だけじゃん!」

行ってまいりました、大好きな「野鳥の森ガーデン」に……。
ここ、今年から名前が変わったみたいですね。新しい名前は「The Treasure Garden」。
何故?何で変えちゃったの?前の名前のほうがズゥ〜っと趣があって素敵だったのに……。
スカイツリーの開業に合わせて駅名が変わってしまった業平橋みたい。
何だか悪しき昭和の匂いがします(笑)もっと美しい日本語を大事にすればいいのに……。
親友は頭に付く「The」が許せないと興奮気味に申しておりました(爆)

まぁいいです。名前が変わったからと言って素晴らしい庭園には変わりがないから。
この日もカンカン照りでした(笑)気が付いたら真っ黒黒の人形焼き状態(笑)
実は「The Treasure Garden」にはこの春、2回行ったのですが、
先ずは最初の満開の写真をお楽しみください。

b0168859_16212032.jpg
b0168859_16205715.jpg
b0168859_16204379.jpg
b0168859_16203246.jpg
b0168859_16201764.jpg
b0168859_16195498.jpg
b0168859_16194728.jpg
b0168859_16191279.jpg
b0168859_1619792.jpg
b0168859_16185437.jpg
b0168859_16184272.jpg
b0168859_16182535.jpg
b0168859_1618380.jpg
b0168859_16175754.jpg
b0168859_16174047.jpg
b0168859_16172378.jpg
b0168859_1617299.jpg
b0168859_16164734.jpg
b0168859_16163315.jpg
b0168859_16161818.jpg
b0168859_1616449.jpg
b0168859_1615447.jpg
b0168859_16152835.jpg
b0168859_16151176.jpg
b0168859_16145253.jpg
b0168859_16143564.jpg
b0168859_16141873.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

どうでしたか。思った通りに丁度、満開でした。
満開の「The Treasure Garden」お楽しみ戴けましたか?

1枚目の写真は去年と同様に人物が写っている写真にしてみました。
炎天下で作業に精を出す青年です。彼を初めとするスタッフの皆さんの手入れと、
園内で働く皆さんの感じのいい接客で心地よく帰路につくことが出来るから……。
真っ黒に陽焼けしたお兄さん、ブログ掲載を快諾して下さいました。どうもありがとうね!
実は「The Treasure Garden」はメインのガーデンも素晴らしいのですが、
一番奥、あまり人が訪れないところが風情があって良かったりします。
満開とあって、園内はたくさんの家族連れで賑わっていましたが、
そこは広い園内、ゆっくりと見て回ることが出来ました。
新しい発見、また、思いを新たにしたこともたくさんあります。
植栽を担当している河合伸志さんのセンスに感嘆し、
また、河合さんの作られた「真夜」や「Vervety Twilight」の素晴らしさに脱帽。
大満足の500枚の写真データと共に帰宅です。

そうそう、写真を撮る際の留意点に付いてチョッと書いてみました。
興味のある方はご覧になってみて下さいね。


まったく趣が変わる2回目の「The Treasure Garden」は、
日を改めてまた次回にでもゆっくりと……。



13. 06. 2012


Benoit。


★Copyright © 2009~2012 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by あけ at 2012-06-12 20:29 x
やっぱ、野鳥の森は良いねぇ~
そう、名前も野鳥の森の方が良いねぇ~
行きたかったな・・・・・・・・
今年はブノ。ちゃんの画像で我慢しておきます。
Commented by hibari at 2012-06-12 21:17 x
こんばんは!
ありがとう!ブノワさん。

「絵を描くように。」
「漫然と写真を撮ってはいけない。」

とても参考になりました。
私の頭の中には、いつもブノワ。さんの写真がイメージとして定着していて、「ブノワ。さんだったら、どう撮るのだろう。」って考えるのですよ。

それにしても美しい写真。
一枚目の写真と矢車草の写真好きです。

余談ですが、ツタンカーメンの棺が発見された時、黄金のマスクは、
矢車草も入っている見事な花の首飾りで飾られていたのです。
カーターが発見した時、矢車草の青い色はまだ残っていたそうですが、
外気に触れてあっというまに消え失せたそうです。
とは言っても、その古代の矢車草は絶滅して、今私たちが見るものとは
少し異なるようですが。

花には、様々な物語があるものです。

お忙しい中、素敵なお話と美しい写真、いつもありがとうございます。
Commented by PreciousRoses at 2012-06-12 23:47
Benoit。さま、こんばんは。

雨ほんとによく降りましたね。私は雨の休日になりました。
雨の予報がでていたので、朝から花がら摘みがんばりましたよ。
でもその分、庭がさっぱりしちゃいました(笑)

満開の「The Treasure Garden」堪能させていただきました。
まばゆいばかりの光の下で、バラも草花もなんてイキイキして
いるんでしょう。植物の生命力...力強さが感じられます。

みんな素晴らしい風景なのですが、特に矢車草のお写真素敵ですね。大きいお写真の中央のあたりのひかりがあたっている矢車草にピントがあってて前後のボケ味が絶妙です。矢車草のお花畑がずっと
続いているような奥行感が心地よいです。
その上の矢車草の花々が色とりどりのボケになっているのも
大好きです。このBenoit。さまの矢車草のお写真、保存版にしたい
です。あと最後のクローバーのお花畑も❤。

写真を撮る時の留意点についても、拝見しました。
「絵を描くように撮る」ですね。とても貴重なアドバイス
ありがとうございます。
Benoit。さまのお写真に少しでも近づけるように意識をもって
ファインダーを覗きたいと思います。

rose


Commented by からもも at 2012-06-13 09:30 x
おはようございます^^
素敵な写真拝見させていただきました。

人が花を整えている写真
今年も素敵ですね!


そういえば…

カシャン…カシャン…カシャンカシャン…

軽快な金属音が辺りに響き
手元を見ると
華奢な植木鋏(というのかな…)
で丁寧にお手入れされていました…

ウチで使っているようなゴッツい剪定バサミで
バシバシ…というのではなく
もっと優雅な音が響いていたなぁ…と^^

その情景と
ムッとした暑さを思い出しましたー^^
Commented by gyuopera at 2012-06-16 22:55
こんにちは。夢のような写真ばかりですね・・・天国に行ったらこんな風景なんじゃないかしら、と思うような、うっとりとする風景ばかり・・・それはもちろん、ブノワ。さんの写真のすばらしさにも大いに由っていることと思います。
今年は私もベランダにバラが咲いたら、という思いで、見つけ次第バラの鉢を買っていますが、こちらの花屋さんにバラの鉢はほとんどないのですよ。やっぱり気候が合わないのでしょうね。でも今のところ、8つの鉢のうちひとつもだめにならないので、生き延びてくれることを願っています。お元気で。
Commented at 2012-06-17 17:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by souslarose at 2012-06-22 06:21
あけぽん!
おはよう。豪雨だねぇ……元気にしている?メッセージどうもありがとう。茂林寺を下りると何だかあけぽんに監視されているような錯覚を覚えるの……凄いのよ、文福茶釜(笑)ここは本当にいいよねぇ……河合さんのファンになっちゃった。僕の画像で満足せずに、秋、いやいや、真夏に行きましょうぜい。ここは真夏がいいのよ……ビールも旨いし(笑)あとね、ライブ・カメラで大体の開花状況が確認出来るのも嬉しいかな。名前はねぇ……僕は絶対にカタカナでは書きません!(笑)そう言う意味ではチョッと残念……もっと周りの意見聞けば良かったのにねぇ。でも名前がアレでも庭園の素晴らしさには変わりないものね。また行くよ!楽しみ!

Benoit。
Commented by souslarose at 2012-06-22 06:28
hibariさんへ。
おはようございます。結構、降っています、何だかこのところ変な天気ですねぇ……お変わりありませんか?いつもメッセージありがとうございます。さて、お褒めの言葉は大変に嬉しいのですが、ここは本当に素晴らしいのです。いつ行っても楽しめるんですよ。花は薔薇だけじゃない……そうも思わせてくれます。写真は楽しいくて簡単だけれど奥が深いですね。カメラがいいので誰が撮ってもいい写真になる可能性がある……僕がマドンナを撮ったら物凄い写真が撮れると思うんですよ。それは僕の腕ではなく、マドンナのオーラ……そう言う意味でもっと切磋琢磨、頑張らないといけません。人と同じは絶対にイヤなので(笑)ツタンカーメンのお話し、面白く読ませて戴きました。そう、花には物語がありますね。人と密接に繋がって存在していますね。このところチョッと薔薇シーズンの疲れが出て更新が滞っていますが、実は書かなければならない記事が30ほどあるのです(笑)書かなければいけないと言うより、思い付くままタイトルを書き留めたもの?だって、マーガレット・サッチャーもまだアップしていないんですもん……頑張ります、読んで下さいね!

Benoit。
Commented by souslarose at 2012-06-22 06:35
roseさんへ。
おはようございます。いつもメッセージありがとうです。台風もヒドかったけれど、この雨!果たして僕は今日、仕事に出掛けられるのでしょうか?誰か教えて!(笑)僕の写真、やれボケているのピントが合っていないのって言われますが(ピントが合わないのは事実!・笑)常日頃、ボカす事だけに留意している訳ではないのです。写真に限らず、作品ってテーマをハッキリさせる事、撮りたいものの輪郭を明確にする事が大事じゃないですか。背景を整理しないといけませんよね。買ってに動かす事は出来ないから、当然、シャッタースピードを上げて前後をボカすことになります。写真教室や本では教えてくれない事が沢山ありますもんね。自分が好きな人の作品で勉強するのが1番です。最後のクローバーの写真、僕も大好き!薔薇だけな花じゃないよっていう感じ(笑)カンカン照りの時にしか撮れない写真ですね。

Benoit。
Commented by souslarose at 2012-06-22 06:40
からももさんへ。
おはようございます。こちらは豪雨ですけどそちらはどんな感じですか?メッセージどうもありがとうございます。先日来、ブログ楽しませて戴いています。それにしてもからももさん神出鬼没!(笑)あの日は本当に暑かったですねぇ……例のごとくビール飲みましたけど、全然、酔っぱらわないの。アッと言う間に蒸発する感じ(笑)去年も書きましたが、僕の写真に人が写っている事は稀です。素晴らしい光景も何だか急に現実に戻ってしまう感じがするんです。でも、こうしてカンカン照りの中、一生懸命に作業する人たちを見るとねぇ……俄然、創作意欲がムクムクと湧いて来ました(笑)写真の事聞きましたが感じのいい青年でしたよ。ここは真夏も素敵ですよね。ポッカリ時間が空くとカメラ持って行っちゃうんですよ(笑)真夏と秋……秋には新しいコーナーも出来るそうですね。そちらも楽しみです!またご一緒しましょうね!

Benoit。
Commented by souslarose at 2012-06-22 06:49
gyuさんへ。
おはようございます。スッカリご無沙汰していますが元気にお過ごしでしょうか。足の具合は?もう完治されたと思いますが、無理は禁物ですよ!さてさて、お褒めの言葉は嬉しいのですが、僕はただシャッターを押しているだけです。どんなに頑張ってもここの植栽の素晴らしさ、行き届いた管理の様子を撮るのは難しいです。しかし、天国ですねぇ……アッと言う間に時間が経ってしまうんですよ。従って、気がつくと真っ黒けっけの人形焼き(笑)そろそろ暑くなって来ました。スグにお目に掛かれますね!楽しみにしています!

Benoit。
Commented by souslarose at 2012-06-22 06:55
アンティーク好きさんへ。
おはようございます。お元気ですか?メッセージどうもありがとうございます。ツタンカーメンの話し……なかなかロマンですねぇ。空気に触れてって言うことで言うと、チョッと似ている話しがあって、イングリッド・バーグマンの娘のイザベラ・ロッセリーニが来日した時、アンティーク・ショップで日本の階段箪笥がスッカリ気に入ってしまい、航空便でニューヨークに送って貰ったそうなんです。いそいそと梱包を解くと、アッと言う間にピキピキとヒビが入ってダメになってしまったそう……湿度が適当にある日本では美しかったのに、乾燥したニューヨークに持って来たばかりに……と、後悔されていましたっけ……。

Benoit。
by souslarose | 2012-06-13 00:00 | Raindrops on Roses | Comments(12)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31