さぁ、お手並み拝見。

b0168859_5445473.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

 「1、2、3、4、5、6……。」

数えてみると僕の知らない間にクレマチスが16種類になっていました。
凄く不思議……って、お前が頼んだろぅっ!って突っ込まないで下さいね(笑)
確かに注文はしましたとも。ただ一々数なんて数えていなかっただけ。

さて、どうでしょうねぇ。薔薇と一緒に咲いてくれるかな?
薔薇と薔薇だって満足に開花時期を合わせられないのに、
全く未知のクレマチスと薔薇の開花時期を合わせられるのか?
一期咲きが多いウチの薔薇、ピンポイントで合わせられるかは大いに疑問です。
だから沢山集めたの。きっとどれか一緒に咲いてくれるハズだから(笑)

写真は名前がチョッとアレなプリンス・チャールズと僕のオリジナルの黄色い薔薇。
僕、黄色い薔薇はチョッピリ苦手なんですが、この卵黄色は別、ティーのいい匂いがします。
そうそう、薔薇とクレマチスを合わせる時だけじゃありませんが、
花と花を合わせる時の色合わせ……なかなか大変ですよね。
同系色であっさりと合わせるか、はたまた補色であわせてお互いを際立たせるか……。
パリのバガテル庭園で見た朱色の薔薇と濃い紫のクレマチスの組み合わせや、
スペインのコルドバの庭園で見た赤い薔薇と赤いサルビアの組み合わせ!
結構、強烈だった記憶があります。

まぁ、どれかとどれかは一緒に咲くでしょう(笑)
もし、咲かなかったら薔薇を切って「何ちゃってコラボレーション」の、
写真を撮りますので見てくださいね。
そう、ガーデニングは「こうであらねばならない姿」を、
夢想して試行錯誤するものだからそれでいいの!(笑)


24. 02. 2012


Benoit。


★Copyright © 2009~2012 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by hibari at 2012-02-25 14:34 x
Benoit。さん こんにちは。
今日はまっすぐお邪魔しました。(笑)

Benoit。さん、今日の色合わせは気品があって、
美しくて言葉がありません。

秋に訪れた時に見た、イギリスの金色に輝く紅葉と、初夏に訪れたコッツウォルズのバイブリーの
町並みと花々を一度に思い出しました。

色の事、もっと勉強しておけばよかったわ。

Commented by ムー at 2012-02-25 23:11 x
すごいー3Dみたいな立体感。

クレマチスかー。
一時憧れたけどクレマチスってああ見えて一筋縄じゃないですよね。
新芽咲とか古芽咲(?)とか、扱いがめんどくさいの。
切る時期がさっぱりわからなくて消えてしまった・・・。
バラみたいに自立してくれない。
朝顔でさえ失敗する私だものねー。
とか言いながら、
ブノワ。さんのコラボレーションでまた刺激されちゃうのかなー(笑)
色の組み合わせがセンスの見せ所ですよね。
期待しております。
Commented by ロミ at 2012-02-26 20:40 x
ブノワ。さんこんばんは
素敵な組合せですね
私は日々 試行錯誤の繰り返しです
狭い庭なのに
一つの株をあちらこちらへと植え替えてばかりで、みんな良く耐えてくれていると思います
もし株がしゃべれたら 「もう!いいかげんにしてっ!」って言っているでしょうね(笑)
Commented by cream tea at 2012-02-29 15:31 x
こんにちは。

外は寒く真っ白雪景色なので、華やかなお写真の色が
とても目に鮮やかに映りました。
クレマチスとバラの組み合わせって、
一緒に咲いた時はやったあーと大喜びしてしまいます。
色の組み合わせもいろんな合わせ方で効果が全く
違って悩みがいがありますよね。

こんなに寒い毎日ですが、昨日はクレマチスの株元に
赤くつややかな芽がぷくぷくと出てきているのが見えました。
春へ向かって動いているんですねー
うれしい光景です。
Commented by souslarose at 2012-03-01 14:49
hibariさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとうございます。
そうですね、色は難しいですよね。僕は勉強した方ですが、色の好みばかりは人それぞれ、法則はないも同然ですもんね。あちらの人は色の使い方が抜群に上手だと思いませんか?それに引き換え、日本人は使わないやり方が上手、使わないって言うよりも微妙な色使いが非常に上手い。日本の伝統色なんて本当に凄いと思います。言葉と同じで色も数限りありません。

Benoit。
Commented by souslarose at 2012-03-01 14:55
ムーさんへ。
こんにちは、いつもメッセージ恐縮です。
返事がスッカリ遅くなってしまいました。ゴメンなさいね。
僕は補色であわせるのはあまり好きではありません。どうせなら同系色で少しズラすとかの方が好み。クレマチスは綺麗な紫とブルーがあるから薔薇と合わせると素敵ですよね。初めの頃、幾つか纏め買いしたんですが、お店の人ったらリストを見て「やっぱり!」だって。可成り変わった好み?自分ではそうは思わないんですけどね(笑)そうそう大輪と花弁が大きなのはダメです。僕が初めに躊躇したのは矢張り剪定の仕方がそれぞれに違うことでした。でも写真の「プリンス・チャールズ」は剪定しないで3回咲きましたよ!葉の形も色々だし奥が深そうですね……まぁ取り敢えず何かしら咲くでしょう(笑)今からあれこれ考えていても埒があきません!なるようになる、ならねば諦める(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2012-03-01 14:59
ロミさんへ。
こんにちは。お元気でしたか?メッセージどうもありがとうございます。
僕ね、黄色の薔薇が苦手じゃないですか。でも、自分のシリーズに1本は欲しい……この薔薇は秘蔵っ子です(笑)「もう!いいかげんにして!」って言われちゃうほど試行錯誤なんですか?僕、試行錯誤しません(笑)だからいけないのかなぁ……薄らと期待はしている物の、薔薇とクレマチスが一緒に咲いてくれるとは露程も思っていません(笑)だから沢山買ったの。どれか咲くでしょう(笑)何事もいい加減なんです。

Benoit。
Commented by souslarose at 2012-03-01 15:04
ceam teaさんへ。
こんにちは。元気にしていますか?メッセージどうもありがとうね!さてさて、そうなの!そうなの!土に中からクレマチスの芽が!これほど嬉しい事はありませんね。雪が融けたら一気でした。どんな感じに伸びるのかなぁ……クレマチスの誘引って?(笑)今度、遊びに来た時に教えて下さいね。所で、クレマチスやツル薔薇を這わせる壁面……あちらの国では城壁とかスケールが大きいじゃないですか。だから花も大きいんですけど、僕のウチは兎小屋ですから小さなクレマチスを選んでいます。薔薇も小輪ばかり。上手く一緒に咲いてくれるでしょうか?さすがに開花時期が同じ物は選んだつもりなんですけど……そうそう、今年はクレマチスの丘に遊びに行きますよ!出来たら一緒に行きたいですね!

Benoit。
Commented by May at 2012-03-02 22:46 x
こんばんは。
黄色の薔薇、とても素敵ですね。
うちにはクリーム色の薔薇はあるけれど黄色はないのです。。。
大好きな黄色の薔薇をいつかは見つけたいです~

ひろ~い場所でイエローガーデンっていうのはどう思います?
イエローガーデンって聞かないですよね。
どこかにありますか?
Benoit。さまのこの薔薇だらけのガーデンというのはどうでしょう?^^
外側が薄い色で中心が濃くて良い香り・・・
同じ薔薇がたくさん、というのにも憧れています。
想像すると楽しいですね~

Benoit。さまのお庭、クレマチスもたくさん咲いて素敵な5月になるといいですね!
Commented by souslarose at 2012-03-03 07:58
Mayさんへ。
おはようございます。何だか雨が多いですねぇ……晴れると春らしくなって来ているんですけど……お元気ですか?メッセージどうもありがとうございます。イエロー・ガーデンは聞いたことありませんね。ホワイト・ガーデンはノルマンディーの庭園が素敵ですよ。覚えていらっしゃいますか?去年、4人で素敵なお庭と薔薇園に行ったこと。カレーをご馳走になってから向かったあそこ。僕、あそこは黄色が多過ぎてダメなんです。何だか落ち着かないのね(笑)そうそう、そのノルマンディーの庭園のホワイト・ガーデンを出た所にレディ・ヒリンドンのツルと紫のクレマチスの壁面があります。白一色からいきなり補色の鮮やかさ……なかなか計算されていますね。僕の薔薇だけの庭園……素敵ですよねぇ。Mayさんのお庭で如何ですか?(笑)この所、気温が上がって来たのか、クレマチスの新芽が土の中からギュギュッと出て来て大興奮です(笑)薔薇の新芽も可愛いけれど、土にの中から出て来る芽って異常に愛らしいですね!

Benoit。
by souslarose | 2012-02-24 00:00 | Under the Rose | Comments(10)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31