てんちょと僕の可笑しな話し。

b0168859_14532593.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

  ううン、違うの…………。 

  そうじゃなくってさ、人って皆それぞれじゃない?考え方も個性もさ。

  そう、同じ薔薇好きでも好きな品種は全員違うし、

  花だけにしか興味がない人、刺が好きな人、葉っぱに悶える人……それぞれだもんね。



  でもさぁ、この前ビックリしちゃったのね……バラの家のキムタクてんちょ。

  いつだったか店に遊びに行って店を案内して貰って苗を買って、
 
  その足で駅前の居酒屋で打ち上げをしたのね。

  ホラ、僕がてんちょの薔薇の名前を付けたじゃない?あの打ち上げ。

  あの時は色々と段取りして算段して大変だったからね。

  でさ、色々と話ししていたんだけどブノワ。さんビックリしちゃった訳。

  何がって、僕達ってプロとアマチュアの違いはあれど、

  お互いに薔薇が好きで、交配をしていて、その薔薇が世の中に出ているじゃない?

  でも、こんなに違うかいっ!っていう相違点もあるの(笑)



  僕、聞いたのね…………。

  どうして てんちょは人に自分の薔薇の名前を付けて貰う事が多いのかって。

  そうしたらさ、薔薇が出来た時点で自分の中で完結しちゃうんだって!

  だから、名前って結構どうでもいいんだって…………。

  ねぇ!考えられないでしょう?!

  僕なんか薔薇に自分で名前を付けたいから交配を始めたって言うのにさ。

  もう凄いよ。薔薇が全然ないのに名前だけは100個くらい候補があるもん(爆)

  てんちょは数えきれないほど素晴らしい薔薇の隠し玉があるのに名前のストックがない……。

  ね、お互いそれぞれでしょう?不思議だし凄く面白いと思った。



  今日の写真?去年の暮れに届いたてんちょのご自慢「ティザンヌ」だよ。

  ホラホラ!「ウルサいオヤジだから大切に!」って段ボール箱に書いてあったじゃない。

  あの箱に入っていたのがこの「ティザンヌ」。

  1輪、綻びかけていた蕾が大事そうに軟らかいティッシュで包まれていたの。

  きっとさ、長尺苗の先端を切るな切るなと騒いでいたからさ、

  万が一の時は花が付いていればご機嫌損じないと思ったんじゃない?(笑)

  それがこの花。まぁ、冬って言う事もあるだろうけど、

  開いてから2週間このままだったの……綺麗だよねぇ。春が楽しみ!


04. 02. 2012


Benoit。


★Copyright © 2009~2012 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2012-02-04 00:00 | Raindrops on Roses

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31