アバタもエクボ……?

b0168859_13563536.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

自分で作った薔薇は愛おしいです。
それが思い通りじゃなく、自分の計算から大きく外れて、
自然の気まぐれ、天の采配で出来たものだとしても……。
ご存知の通り、薔薇の交配は1+1=2ではありません。
3にも4にもなる事もありますし、時には100になる事もあります。
そう、思いもかけない花が咲くことが多いのです。

交配をはじめた最初の頃、僕が夢中になったキッカケの一つは、
そんな自分の力ではどうにもならない意外性、
キャンバスに絵を描くようには行かないもどかしさ、
上手く行かなかったからって消しゴムで消すことが出来ない偶然性。
そんなこんな、思いがけない中の奇跡?ごくごく低い確率ですけど、
小さな種から美しい薔薇が花咲く奇跡が楽しかったのかもしれません。

b0168859_13573492.jpg
b0168859_13571929.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

今日の写真は僕のオリジナルの薔薇です。
1枚目は散る寸前、今にも花弁が落ちる間際の1枚。
この写真を撮ったスグ後、ハラハラと花弁が散ってしまいました。
他の2枚は8分咲きの初々しさと満開の絢爛たる美しさを誇る瞬間です。
温かいピンクの花は、ティーの匂いに桃の匂いが混ざります。

薔薇の花はその蕾の時から5分咲き、満開の頃と大変に美しいです。
僕がそこにもう一つ求めたいのは、散る間際の美しさです。
真に美しい女優はその最晩年が最も美しいと言われています。
薔薇もそう、盛大に咲き乱れている時は当たり前ですが、
その散り際、朽ち果てる様がその薔薇の真の価値を高めると思うのです。
特に色の薄い薔薇は散り際が汚くなりがちですから……。

「綺麗は穢い、穢いは綺麗……。」

何をもってして「美しい」とするか人それぞれです。
全ての物に美を見出すフレキシブルな感性……大事にしたいものです。

散る間際の美しさ……。
そう言う部分でも、この薔薇を凄く気に入っていますが、
決して世に出る事はありません。たった1つ、最大の欠点があるのです……。
それはね……春の一番花が大きいのです。
普通と言う人もいるかもしれませんし、
「なぁ〜んだそんなこと?」と、思う人がいるかもしれませんが、
僕の中では大き過ぎる……僕の基準から大きく外れます。
秋の花は丁度いいんですけどねぇ……仕方ないですね。
如何に自分の薔薇と言えど、アバタもエクボではないのです(笑)
時に非常に冷静に判断している自分がいます。

b0168859_15322083.jpg

去年、あるパーティーの案内状の写真としても使いましたが、
矢張り、譲れない部分はあります。残念ながらお蔵入りです。


07. 10. 2011


Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by harappa-no-niwa at 2011-10-05 23:44
ブノワ。さん、こんばんは。

交配の楽しさ、、、。
やって来た人だからこそ出てきた言葉だと思いました。^^
意外性ともどかしさと奇跡!!
読んでいてわくわくしました~~。

私の場合はバラじゃないけど、どんなのが咲くのかな?
まだ時間はかかりますが、色々想像しながらその時を待つのは好きです。
確率は低くても、想像を超えた奇跡に出会えればいいのですけど。
それには、めげずに種を蒔き続けなきゃいけませんね(笑

アバタもエクボじゃない・・・うーん・・・
私は冷静な判断が出来るか?その辺はちょっと甘そうです(笑
Commented by at 2011-10-06 12:27 x
Benoit。さん、こんにちは。

私なんて、白粉花の花粉を混ぜて受粉ごっこし、まだらな白粉花を楽しんだぐらいですが、はじめたら最後、時の立つのも忘れてしまうでしょうね。
そして、蕾が育っていく過程のもどかしさとか…
散り際、人も美しく朽ちていきたいものですね。
Commented by honorine at 2011-10-07 01:29 x
最後の写真、はっとするほど美しいと思いました。
世に出ないバラ、私たちが知らないバラは星の数ほどあるのでしょうね。。思いをはせるとちょっとセンチメンタルになってしまいます。

バラの交配、私も将来やってみたいんです。
もちろん趣味の範囲で楽しむだけですよ。
Commented by hibari at 2011-10-09 10:34 x
ブノワ。さん こんにちは。
レミチャン咲きましたよ。ご報告まで。

ブノワ。さんはもうバラの育種家のプロなのね。
美しい花を咲かせるために、今も世界中でとてつもない苦労があるのね。
今年の春、青いバラがとても話題になりました。
私としては好みではないのですが、サントリーの
社長さんの青いバラにかける情熱は並大抵のものではなかったようですね。

毎日、玄関とベランダのバラの状態をチェックしながら、美しい花がそろい踏みをしてくれたらどんなにいだろうと考えています。
思うようになりません。

正直申し上げますとね、私も大き過ぎるバラの花
好きではないのですよ。
以前鉢植えから地上にしたバラが、思ったより大きく
風情のない咲き方をしたので、ひっこ抜きました。
私って残酷。
Commented by souslarose at 2011-10-14 09:20
harappa-no-niwaさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとうございます。10月に入ってチョッと一段落したものの、まだまだ多忙、なかなかお返事出来ませんでした。本当にゴメンなさいね。さて、悪友からは「なんちゃって交配」「神をも畏れぬ所行」と言われている僕の交配ですが(笑)自分ではなかなかいい趣味だと思っています。いつも思っているんですが、雪割草って万華鏡の中を覗いたようですよね。あの綺麗な一粒一粒が土の中から顔を出したみたい。選抜の厳しい目は大事だと思いますよ。なかなか自分の事となると冷静には行かないものですけどね(苦笑)色々とご苦労もあるでしょうけど、種蒔き、頑張りましょうね!お互い、これからも素敵な花と沢山出逢えますように!

Benoit。
Commented by souslarose at 2011-10-14 09:25
碧さんへ。
おはようございます。いつもメッセージありがとう。
そうなのね、人って何がキッカケで素晴しいことと出逢うか分かりませんよね。僕はたまたま穫れた種を蒔いて薔薇が花開き面白さを知ってしまった……まぁ、ドップリではないところが僕のいい所と勝手に思っていますが(笑)でね、僕なんて人生半分来ちゃいましたからねぇ……これからは「経年の美」を目指して頑張って行こうと思っているんですよ(笑)ピーター・オトゥールが「私は骨董品だから」って言ったそうですが、その揺るぎない自信!雑多な趣味ばかりでこれと言ったものがない僕ですが、一つぐらいは何かを極めたいかな……来年に向けてチョッと考えている事もあるんです。高齢になっても出来る仕事(笑)またその辺は11月に観劇時にでも……。

Benoit。
Commented by souslarose at 2011-10-14 09:29
honorineさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとう!
交配は楽しいですが、一番のネックは、薔薇の花がこれからと言う時に使わなければならないこと。その年、一輪しか咲かない薔薇も美しい姿を見ることなく素材として使わなければならない……なかなか決断がいります(笑)軽い気持ちで楽しんでみて下さい。思わぬ花が咲いて本当にビックリしますから。この世に出ている薔薇……本当、殆ど知らぬ間に人生終わっちゃうんでしょうねぇ。何だか不思議、こうしている間にも次から次へと新品種が出て来るんですもんね。このところズゥ〜っとサボっていますので、新しい薔薇に関する知識0の僕でした(笑)もう少しすると時間が出来ます。honorineさんのところにも遊びに行かせて戴きますね!

Benoit。
Commented by souslarose at 2011-10-14 09:37
hibariさんへ。
おはようございます。いつもメッセージありがとうです。
青い薔薇ですか……作られた方々、所謂、薔薇愛好家の間でこれほど冷ややかな反応だとは思いもしなかったでしょうね。全くの無視ですもんね。方法論の問題ですかね?科学で無理矢理作り出したものに対する嫌悪?しかも全然、青くないし。これが自然交配で出来たら薔薇御殿どころじゃないかもしれません。歴史に名が残りますね。紫の薔薇は美しいものが確実に出るようになりましたけど青い薔薇はねぇ……。「Remi Chang」は記事を拝見しておりました。大変に美しい写真であっちゃんも大満足(笑)いつも本当にありがとうございます。大きい花はね……何て言うんでしょうねぇ……日本のこじんまりした家、庭とはスケール感が合わないのですよ。広大な成形型の薔薇園や広ぉ〜い庭があるアメリカなんかとは考え方が違いますよね。矢張り、日本人は中輪から小輪に目が行ってしまいます。引っこ抜いた薔薇、勿論、鉢に移して育てていますね?(笑)

Benoit。
by souslarose | 2011-10-06 00:00 | Under the Rose | Comments(8)

Let's talk about roses。


by souslarose
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30