美しきフランス社交界ツーショット。

b0168859_17202792.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

B 「てんちょ!てんちょ!ホラ、見て見て!今度の雑誌の表紙、このカットにした!」
T 「おぉぉ……いいじゃないですか!さすがブノワ。さん!」
  
 と、言ったものの、てんちょは差し出された写真を見て何か釈然としなかった。

B 「ね?ね?そうでしょう?また自画自賛って言われそうだけど、なかなかだよねぇ。」
T 「ええ、僕の薔薇もブノワ。さんの薔薇も、両方とも凄く綺麗に撮れていますよね。」

 その時、てんちょはハタと思い当たったのだ。
 自分の薔薇「Cecil de Volanges」の方が、
 ブノワ。さんの「Marquise de Merteuil」よりも下に写っているのだ。
 やっぱりブノワ。さん、自分の薔薇の方が可愛いのかな?
 まぁ、写真を撮る人の色々なこだわりや思い入れもあるんだろう……。
 構図、全体のバランス……良く分からないけど。

B 「あれぇ、てんちょ、あまり嬉しそうじゃない?」
T 「いえいえ、そんなことはありませんって!」

 やっぱり、てんちょの薔薇が上の方が良かったかなぁ……。
 と、ブノワ。はここでチョッと一人ごちてみる。

B 「うぅ〜ん、そうかなぁ……もしかして花の写りが気に入らない?
   あっ!それとも、もしかして……。」
T 「そんな事ありませんって!いやだなぁ、勘ぐって(笑)」



ブログ「Under the Rose。」夏休み明けの第一弾の記事は、
「雑誌の表紙」と言う架空の状況で架空の会話を書いてみました(笑)
実際には奥床しい木村さん(てんちょ)と僕の間ではこんな会話は成り立ちません。
譲って、譲って、それぞれを立て、尊重し合い……美しい間柄なのです(爆)
お互いの薔薇がそれぞれに美しく写っていればそれでいいのです。
薔薇の花にはそれぞれに美しく見える角度があります。
スクッと背を伸ばし、上を向いて絢爛に咲き誇る薔薇。
少し項垂れて楚々とした美しさを見せる薔薇……。
数本の薔薇をそれぞれの魅力を見せながら一つの画面にまとめるのは難しいです。
それぞれの名前を「危険な関係」から取ったこの2つの薔薇、
絵写りの相性も非常にいいと思います。

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

1974年制作のアメリカ映画「タワーリング・インフェルノ」。
「グラス・インフェルノ」と「ザ・タワー」……2つの似通った原作を、
20世紀フォックスとワーナー・ブラザースがそれぞれに映画化しようとしていました。
「それだったら!」と、2社が共同制作したのが「タワーリング・インフェルノ」です。
ビッグな2社。なかなか豪儀で懐の深いエピソードですよね。
そうなると資金は潤沢、当時のそうそうたる大スターが集められました。
スティーブ・マックィーン、ポール・ニューマン、ウィリアム・ホールデン、
華を添えるフェイ・ダナウェイ、往年のフレッド・アステア、ジェニファー・ジョーンズ……。
オープニングのメインタイトルを見ていると面白い事に気付きます。

先ず、ジョン・ウィリアムズによる壮大なテーマ曲が始まると、
「TWENTY CENTURY-FOX and WARNER BROS presents」と制作会社のクレジット。
そして「STEVE McQUEEN」「PAUL NEWMAN」と主役2人の名前がクレジットされます。
「WILLIAM HOLDEN」「FAYE DUNAWAY」と続き、「IRWIN ALLEN'S production of」……。
ここで映画のメインタイトル「THE TOWERING INFERNO」のロゴがドォ〜ンと出る訳です。

英語に「Billing」と言う単語があります。
映画の世界になると俳優の序列、格を表す単語になります。
映画のタイトルって眺めているとなかなか興味深いものがあって、
その時々の役者の序列、格がクッキリと出るんです。
日本では大スターなのに、実は本国ではそれ程でもないとか、
反対に、日本では全く認められていないのに、実は本国ではトップだったとか……。

この「タワーリング・インフェルノ」の場合、
スティーブ・マックィーンとポール・ニューマンの名前が同時に出ます。
スティーブ・マックィーンが左に、ポール・ニューマンが右に……。
この場合、左のスティーブ・マックィーンの方が格が上になるのですが、
実際は、ポール・ニューマンの名前の方が一段上に配置されています。
すなわち、スティーブ・マックィーンが左に、
ポール・ニューマンの名前が右少し上に配置されているんです。
これで2人の大スターの格が同列と言う事が分かります。
それって物凄く大事なのね。俳優の命って格付けと序列と見栄ですから(笑)
2人の名前が揃って同じラインだった場合はマックィーンの方が格が上になります。
あとは、名前の文字の天地の大きさが、メイン・タイトルと較べてどれくらいの大きさか。
メイン・タイトルの天地の何%になっているかも重要です。
「TOWERING」の「T」が他よりも少し大きくあしらわれ、
「INFERNO」が赤く歪んでデザインされていますけど、
マックィーン、ニューマン、ホールデン、ダナウェイがタイトルと同列の100%、
制作会社2社が約半分の50%。プロデューサーのアーウィン・アレンがおよそ70%……。
当時の大スターのスケール、制作者としてのアレンの実力が窺い知れますね。
それからメイン・タイトルの前に名前が出るって言うのもステータスの一つでしたっけ。
すなわち、前記の4名がこの作品にとって最も大事な役者って言うことになります。
もっとも、最近では面倒を避けるために、出演順とかアルファベット順が多くなりましたし、
メイン・タイトルを含め、全てのクレジットがエンド・タイトルに出るなど、
映画全体のデザインのために可成り決まり事があやふやになりましたけど……。

b0168859_17213214.jpg
b0168859_17211981.jpg
b0168859_17214530.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

さてさて、この写真の薔薇、「Cecil de Volanges」と「Marquise de Merteuil」。
これらは「第13回 国際バラとガーデニングショウ」の2日目の早朝、
これを逃したら2度とチャンスはないとばかりに早起きして撮った1枚です。
面白かったですよ、てんちょと2人で「雑誌の表紙だったらこう」とか、
「ポスターだったらここにタイトルが入って……。」とか想像しながらね(笑)

撮影時には色々と考えたんですよ。
勿論、「タワーリング・インフェルノ」のタイトルの事も思い浮かべました(笑)
さてさて、どちらの薔薇をどっちに持って来るか……構図は如何に?
折角、2種類の薔薇が綺麗に咲いているのです。
勿論、ピントは両方に合っていないといけないとは思いましたが、
さぁさぁ、どうする?てんちょの薔薇を上にする?それとも僕の薔薇?
てんちょも僕も奥床しく引っ込み思案ですから(笑)
それから、なぜ、いつも僕が「Cecil de Volanges」と「Marquise de Merteuil」と、
てんちょの薔薇の名前を先に書くかと言うと、
子供の頃にイギリスのエリザベス女王が「My husband and I……。」と、
必ず夫の名前を先にスピーチするのを聞いて美しいと思ったから(笑)

 「僕の薔薇が上に決まってんじゃん!」

お互いに心の中で思っていてもそんな事は絶対に口にしません(爆)
僕の場合、横位置の写真は考えられませんので縦位置になります。
あれこれ撮ってみて一番いいなぁと思ったのが今日の1枚目の大きな写真です。
僕の「Marquise de Merteuil」は花首が短いので項垂れません。
てんちょの「Cecil de Volanges」は少し俯き加減の方が、
その柑橘系の果物を割った時のような面白いフォルムが際立つと思ったんです。
皆さんはどう思いますか?縦横、少し小さなサイズで数枚載せておきました。
ご覧になってみて感想をお知らせ下さいね。
しかし球場のカクテル光線って上手く写真が撮れませんねぇ……。

最後の横位置の1枚なんて薔薇じゃないみたいですね。牡丹か芍薬?
「Cecil de Volanges」と「Marquise de Merteuil」……。
どちらも花付き抜群で相応しい匂いを持った素晴らしい薔薇だと思います。
春先に新苗で揃える事は出来ませんでしたが、
この秋〜冬から大苗が一斉に発売予定です。
是非、皆さんの手元に置いて可愛がってやって下さいね。
そして、2人並べて華麗な美しきフランス社交界ツーショットを撮ってあげて下さい。


追伸…………。
   「匂いのいい花束。」にも書きましたが、まことに申し訳ありませんが、
   所謂「鍵コメ」は承認しないことにいたしました。
   正当な理由がある方が鍵をかけてメッセージを下さる意外、
   例えば、普通の内容のメッセージに鍵がかかっていた場合は、
   大変に申し訳ありませんが承認いたしません。
   戴いたメッセージは管理の都合上、キチンと他のフォルダに移し保存。
   僕が管理する時に混乱しますからブログ上は削除させて戴きます。
   私信はメールに……「鍵コメ」は返事もしにくいのですが、
   鍵がかかったやり取りは「何だか秘密めいていて感じ悪い」と悪評です。
   皆が楽しいブログを目指したいので理解のほどを!



22. 08. 2011

Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by omemetan at 2011-08-22 00:05
ブノワ。さま、こんばんは。
ブノワ。さんの言うとおり、このバラのイメージを表現するなら
1枚目の写真がピッタリだと思います。
最後の写真は、宝塚のフィナーレみたいだし
横並びは、現実的で「Cecil de Volanges」が上になってると
イメージが違うな~。
写真の撮り方って大事ですね~。
Commented by pompee3310 at 2011-08-22 05:37
ブノワ。さん、おはようございます。

「奥床しいてんちょとブノワ。さん」・・・ねえ(笑)
ほんと、お二人とも奥床しいですもんね・・・(なんかいいことあるかな~)

私も横写真より縦のほうが好きです。
今日の中ではやっぱり1番上のが好きかな。
でも一番下のも楽しそうでいいかな。
2番目のは記念撮影みたいですよね。

いろいろ考えながら撮るのも楽しいですね。

今朝は外が大雨。
かなり激しく降っています。
雨降れ~と願っていたはずが。
2日も降ればもう十分。
晴れてくれと・・・また勝手な願いをしています。
Commented by karamomo at 2011-08-22 10:27 x
Benoit。さん こんにちは。

名前が同列であっても
自分の中ではやはりこちら!と
自然と選んでしまっています…

私は最後の写真が好きです。
Marquise de Merteuil
ガーデニングショウで名残惜しく香りを楽しんだ
あの時間を思い出しました。

二つのバラの競演を見ると
なぜかいつも
風神雷神の絵を思い出してしまい…^^


Marquise de Merteuil
早く自分の元で
香りを楽しみたいです^^
Commented by wood-land at 2011-08-22 12:56
このところ涼しいですね。
秋を感じて少しさみしいような気がしますが
ブノワ。さまはいかがお過ごしですか?
ブログの夏休みが終わり、またお写真を拝見できるようになって嬉しいです。
ふだんは私も縦の写真が好きですが
今日の華やかな数枚の中だと・・・二枚目が好きかしら。
Cecil de Volangesの方が髪飾り(蕾のことです~)を三つ付けている分
ちょっと控えめに姿勢を低くしているように見えます。
どちらの薔薇も色も形も本当に綺麗。
すてきですね!
Commented by unjaku at 2011-08-22 21:05
お元気ですか?
段ボールは片付きましたか?
美しいものはご覧になれましたか?

美人が二人並ぶと困りますねぇ。
どちらを立たせようか?座らせようか?
並べたら美しさが相殺してしまうかも。
どんな衣装を着てもらったら、二人の個性を活かせるか?

こんな美人たちに囲まれていたら、そりゃ悩みますよねぇ。羨ましくもありますが。
お二人の会話、ほんとだったら面白いかも?ね。

話はそれますが、
私も今回子猫救出作戦を実行しました。
友人たちの協力もあって、即効で里親見つかりました。美男なのか美女なのか現在のところ、まだ情報が無いのですが、ブノワ。さんの猫ちゃん達に負けないくらい幸福になって欲しいものです。
Commented by てんちょ at 2011-08-22 22:39 x

あらあら^^;
そんな反応悪くなかったでしょw

きっと写真撮ろうと約束したのに、
渋滞で遅刻したから悪いな~

思ったからだと思いますよ^^


だって僕は奥ゆかしいもの♪

ね!あけさま(笑)




てんちょ



Commented by ガーネット at 2011-08-22 23:22 x
ブノワ。さま、こんばんは。
私も1番めの写真がそれぞれの美しさを引き立てあっていると思います。
最初のイメージは誇り高い艶やかなバラが上から見下ろし、無垢なバラを押さえているように見えました。
それから「危険な関係」のストーリーを以前の記事で読みました。あながち外れではないように思います。
Marquise de Merteuilは完璧にも思える姿で、Cecil de Volangesは個性的でいじらしいような、忘れがたい姿・・・・・まあ、なんて絶妙な名づけでしょう。
どちらもお好みにより、ですね。ひざまづきたくなる美女を追いかける人もいれば、美女は飽きるから愛嬌があるほうがよいと思う人もいますしね。
お庭でコラボしてもらえれば、なおさら素敵ですね。

Commented by souslarose at 2011-08-23 10:33
おめめさんへ。
おはようございます。再開早々にメッセージどうもありがとうございます。
このところ涼しかったのでチビちゃんと快適に過ごされていたんじゃないですか?さて、薔薇の花を撮る時、僕はいつも美人女優のポートレートを撮る積もりで望んでいます。人は色々と表情が変わるので難しいけれど、薔薇は動かない分、さらに最大の美点を引き出すのが難しいです。撮る人間の感性が試されますからね。「宝塚のフィナーレ」……それはそれで、清く正しく美しいてんちょと僕にピッタリですね!(笑)来年こそは僕の薔薇を一堂に集めて集合写真を撮りたいんですが、果たして一緒に咲くのか?甚だ疑問です(笑)そろそろ秋の薔薇のための手入れが始まりますね。おめめさんも大変でしょうけど頑張って下さい!

Benoit。
Commented by souslarose at 2011-08-23 10:39
あっちゃんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとうね!
あっちゃんはてんちょのことも僕のことも良く知っていますから、2人が如何に、奥床しくて優しくて人見知りで真面目で……お分かりですよね?(笑)僕からは何も出ませんので、てんちょに薔薇の苗を安くして貰って下さい(笑)写真の縦位置は身に染み付いちゃっています。高校の美術部の先輩は物凄い美女が3人揃っていたんです。校内でも一番の美女(笑)手を取り足を取りデッサンを教えて貰いましたっけ……その時の名残で縦位置が多いです。今チョッと日が差して来ましたが、何だか暑かったり涼しくなったり変な天気には変わりありませんね……秋の薔薇は大丈夫か?チョッと心配になったりします。あっちゃん、秋薔薇の準備は万端?特に剪定とかしないんでしたよね?お互い、素晴らしい薔薇が沢山見られますように!

Benoit。
Commented by souslarose at 2011-08-23 10:45
karamomoさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとうございます。とても嬉しいです。
世の中って上手く行かないものですよね。あれだけ準備して万全を期したのに、肝心の苗をガーデニングショウで揃える事が出来ませんでした。それぞれに素晴らしい薔薇ですけど、矢張り、2本並べるとその魅力も倍増すると思うので……最後の写真みたいに入り乱れて咲く様を皆さんに見て戴きたかったです。何でしょうね……日本人の特質でしょうか。矢張り、「どうぞ、どうぞ!お先にどうぞ!」って言う感情はいつも心の中にあります。それが奥床しいかどうかは別としてですけど(笑)風神、雷神ですか……僕はいつも穏やかですので、きっと、てんちょのことを思い浮かべられたことと思います(爆)しかし「Cecil de Volanges」はいい薔薇ですよぉ。是非、2本並べてお楽しみ下さい。僕の薔薇はコマツさんに!宜しくお願いいたします。

Benoit。
Commented by souslarose at 2011-08-23 10:51
Mayさんへ。
おはようございます。いつもどうも(笑)
Mayさんもお写真綺麗ですもんねぇ……縦位置が多いですよね。僕なんかファインダーを覗くと縦位置になっているカメラが欲しいくらいです(笑)いつも自然に、先ず、カメラを立ててしまいますから。蕾を髪飾りに例える辺りがMayさん特有の感性ですね。いいですよね、乙女らしくて。てんちょの薔薇も僕の薔薇も大きくなりませんので、どうですか?玄関先に5本ずつ交互に配置するって言うのは?それとも僕の薔薇をスタンダードに仕立てて貰い、下にてんちょの薔薇を3〜4本群植するって言うのは……勿論、この場合も玄関の両サイドにシンメトリーに……です(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2011-08-23 10:58
unjakuさんへ。
おはようございます。いつもメッセージありがとうございます。
段ボール?何のことでしたっけ?(笑)あぁ、オークションで届いた分の荷物の段ボールは片付けました(笑)綺麗なものは沢山見られましたよ。大枚叩いて画集を買ってきましたので、今は家でパラパラ、ニマニマしている所です。2人の会話ですか?てんちょは冗談が分かる人ですけど、僕みたいに毒気がないじゃないですか。だからいつも僕がイジる立場になってしまいます(笑)面白いんですよ、反応が。なかなかいい薔薇が揃いましたよね。自画自賛ですがそう思います。てんちょの「Cecil de Volanges」なんて、今に時期シュートがバンバン出て来てビックリしています。蕾もスグ上がって来るし……もっともっと皆さんに広がるといいなぁ。仔猫の乙は既に読ませて戴いていました。世の中には心優しい人もいれば、自分の事しか考えられない利己的な人もいます。仔猫ちゃん、良かったですね。保護された方の翌日の笑顔……こっちまで思わずニッコリでした。

Benoit。
Commented by souslarose at 2011-08-23 11:02
てんちょ!
おはようございます。忙しいのにメッセージありがとう!
あのね、この前ビックリしたんですけど、「Cecil de Volanges」にシュートがバンバン出て来ているの。凄い薔薇を作りましたねぇ……感心しちゃう。勿論、夏前に1回、鉢増しするって言うてんちょの考えが功を奏しているんだと思うけど、本当に優秀な薔薇。きっと爆発的に売れますよ。ついでに僕の薔薇も買って貰って、てんちょは新社屋、僕は薔薇御殿……建つといいですねぇ(笑)近々、そちらに遊びに行きます。美味しい物を摘みながら一献!楽しみにしています。

Benoit。
Commented by souslarose at 2011-08-23 11:16
ガーネットさんへ。
おはようございます。メッセージ恐縮です。
1枚目の写真、気に入って下さいましたか?良かった良かった。あの日は沢山、撮りましたので、今度は選ぶのに苦労してしまいました(苦笑)てんちょの薔薇も僕の薔薇もそれぞれに個性的、しかも、お互いの魅力を上手い具合に引き立てあっていいコンビになっていると思います。ここに2本の薔薇があって、名前が2つ決まっていたとして、間違っても僕の薔薇が「Cecil」ではないですもんね。それは木村さんと僕自身の性格にも非常に通じる部分、それぞれの性格が薔薇にも出ていて面白いと思います(笑)皆さんのお庭でも素敵な景色を作ってくれるんじゃないかしら……チョッと物語の内容はコワいけど(笑)諸々含めていい感じにお話しがまとまったいい例だと思っています。名前を付けさせてくれたてんちょには本当に感謝しているんですよ。

Benoit。
Commented by あけ at 2011-08-23 18:22 x
あたしも1枚目かなぁ~♪
あけのお庭では一緒に咲いてくれなかったんだよね。

奥ゆかしい・・・・・・・・
奥ゆかしいってどういう意味だったけ?
オヤジが2人
「俺の薔薇が上じゃぁぁぁぁぁぁ・・・・・・」と
戦うのが、奥ゆかしい?
厚かましいの間違いじゃないくて?(笑)

今週から、あけの庭では夏剪定が始まったよ。
秋には一緒に咲いてくれるといいなぁ~
Commented by souslarose at 2011-08-24 07:10
あけぽん!
おはよう!お目覚め如何?メッセージどうもありがとうね。
そう、1枚目だよねぇ。まだ他にもあるんだけどさぁ……。「Cecil de Volanges」はバンバン蕾が上がって来るから一緒に咲く確率は高いんじゃない?是非、麗しいお2人のツーショットを自称ゴージャスなガーデンブログで見せて下さい(笑)所で、「オヤジ」ってなに?もしかしててんちょと僕のこと?イヤだなぁ、こんなに清々しい青年2人を捕まえて!辞書引いてみなよ「奥床しい」の所に僕等の名前が載っているからさ(笑)「厚かましい」の所にはあけぽんの名前(爆)夏剪定かぁ……さぁて、何時やるかな?最近は気候が変だからタイミングが分からん!

Benoit。
Commented by cream tea at 2011-08-25 17:26 x
こんにちは。
この暑さの中ではウソのような麗しいツーショットですね。
私も一枚目のお写真が引き立て合っているように
思いましたが最後の一枚もにぎやかで好きです。

「タワーリングインフェルノ」のエピソード
今度DVDを借りて確認してみたくなりました。
さすがブノワ。さん、バラも映画もブノワ。さん
ならではの視点で一つに語られていらっしゃいますね。
とても興味深く読ませていただきました!
Commented by souslarose at 2011-08-27 07:26
cream teaさんへ。
おはようございます。昨日も暑かったですねぇ……お元気ですか?
やっぱり1枚目でしょうか?(笑)そう、最後の感じで庭に咲き誇っていたら素敵でしょうね。それには3本くらいずつ買って戴かないと(笑)最近の映画はクレジットなしで本編が始まったりして、往年のルールがうやむやになりましたよね。「The End」なんて何十年見ていないだろう(笑)何れにせよ、僕等、日本人が考える以上にハリウッドの俳優の序列は厳しいです。役者は皆、誇りを持っていましたよね。クリックしてみて下さい、言葉で説明するよりハッキリと分かるハズですから。そうそう、日本でもあるじゃないですか、タクシーに乗る順番とか座る席順とかね(笑)そろそろ薔薇の季節の準備に忙しくなる頃ですね……今年の秋はいい薔薇に出逢えるでしょうか?天気は大丈夫でしょうか?(笑)

Benoit。
Commented by HISAKO at 2011-09-05 13:14 x
Benoit。さま
こんにちは!
9月になって、ようやく母の夏休みが参りました(笑)
でも、台風すごかったのですよ~。
Benoit。様のお庭はいかがでしたか?

さて、一枚目のお写真、
ものすごく二人のキャラクターが出ていませんか?
とてもとても素敵です。

セシルさんの方は、もうママ(?)に隠れて下の方で蕾を膨らませて
いきなり大きく開いた姿で驚かせてくれるお茶目なマドモワゼルで
なんだかこんな茶目っ気?も、てんちょさんと被ってしまうのですが
Benoit。さまの、妖艶なマダムの方は、どんなキャラクターでしょう・・
こうして名前が個性を持ったものだと、バラにまでキャラクターが被って来て
なんだかワクワクしてきます。
Cecil de Volangesは、思ったよりも大きく咲きますが
Marquise de Merteuilは、Cecil de Volangesより大きく咲いてくれるかな?
西部ドームで、華やかなお姿を拝見して、
手元であの美しく妖艶なバラが咲いてくれる日を楽しみに待ちたいと思います♪
Commented by souslarose at 2011-09-06 15:09
HISAKOさまへ。
こんにちは。お元気ですか?メッセージどうもありがとうございます。
お子さんがいらっしゃると夏休み期間中は大変なんでしょうねぇ……僕の友人の中にも夏休みが終わるのを指折り数えているヤツがいます(笑)でも、これからはゆっくり出来ますね?秋の薔薇のシーズンですもんね。さて、去年でしたっけ?HISAKOさまが図解入りで風の被害をブログにアップしたのは?こちらは大した事ありませんでした。たまに大風とバケツを引っくり返したような土砂降り。兎に角、ここ数年の日本の気候は極端で困ります。さて、写真のキャラクターの感想、ありがとうございます。そう、小説の中のキャラクターの性格がハッキリしている2人ですから、初めはどうかとも思ったんですが、花の姿と名前が意外とマッチ、凄く気に入っています。「Cecil de Volanges」と「Marquise de merteuil」は大きさのバランスもいいと思いますよ。だけど「Cecil de Volanges」はいい薔薇ですよねぇ……油断しているとシュートがバンバン。油断でシュートが出る薔薇なんてそうはありません(笑)HISAKOさまも是非ツーショット、宜しくお願いいたします。

Benoit。
by souslarose | 2011-08-22 00:00 | Under the Rose | Comments(20)

Let's talk about roses。


by souslarose
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30