樹の妖精か花の精か……。

b0168859_20575562.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

普通………………。
人さまのお宅にお邪魔する時には昼時を外すとう言うのが常識です。
待ち合わせ時間と場所を聞いた時に、何だかイヤな予感がしました。
だって、車を運転しない僕でさえ、
昼ジャストに目的地に着くのが見え見えだったから(笑)
さすが自称「エレガントなガーデン・ブログ」を運営するあけさん!
今日も庭じゃなくって食べ物目当てだなぁ?!(爆)

何でも、随分と前に僕がその日のランチのメニューをおねだりしたんだとか(笑)
ウゥ〜ン、おねだりはしていないぞぉ!食べたいって言っただけ!
でもチョッとパソコンで文字変換してビックリしたのは「おねだり」って「お強請り」……。
何だかもの凄い字を書きますね(笑)そんなことはどうでもいいんだけれど、
やっぱり、真面目に、昼ジャストに着いちゃいました……憧れのTさま邸。
前々から素晴らしい庭園のことは聞いていましたが、
こうして自分がこの足でそこに立っているとは……暫し、信じられず、
今、思い返しても何だか夢うつつ……ホッペタつねってみようかしらン。

温かく迎えて下さったTさまご夫妻とお友達。
いきなりランチにならずにホッと胸をなで下ろします(笑)
荷物を玄関先に置かせて貰い、小走りするように庭園に………………。

 「はぁ………………。」

言葉は何もいりません。
僕の貧困なボキャブラリーでは、その素晴らしさの1/100も表現出来ないもの。
斜面を利用した広大な庭園には数えきれないほどの草花が咲き乱れています。
一体、何種類の草花がここに植えられているのか……。
東京から車で2時間弱とは言え、あまりにも違う気候に、
ご夫婦で試行錯誤した結果がまるで天国のような光景を生み出しています。
満天の星空からパラリパラリと星が降り注ぐようなクレマチス、モンタナ。
御主人のアイデア、苦心の誘引だそうです。
奇を衒った派手な色使いは一切していません。白からブルーの小花がメインの植栽……。
帰宅して写真の整理をしながら驚いてしまったのは、
何と、薔薇の写真が1枚もないこと!勿論、薔薇も沢山咲いていましたよ。
普通、庭、庭園を拝見すると言えば、無意識の内に薔薇を期待しますよね。
薔薇が1枚も写っていない……少なからずショックでした。
薔薇が大好きな僕なのに……それ程、薔薇だけが突出していなくて、
統一感があって素晴しい庭園だったって言うことでしょう。

A型の僕は例によって写真を選べません(笑)ズラッと並べてみました。
どうでしょう、Tさま……お気に召すでしょうか。
ではでは、手動のスライドショーの始まり始まりぃ!(笑)
b0168859_2192719.jpg
b0168859_2191433.jpg
b0168859_219043.jpg
b0168859_16552286.jpg
b0168859_2183865.jpg
b0168859_218223.jpg
b0168859_2173817.jpg
b0168859_2171466.jpg
b0168859_2164857.jpg
b0168859_2161959.jpg
b0168859_2161069.jpg
b0168859_2155626.jpg
b0168859_2154212.jpg
b0168859_2153083.jpg
b0168859_2151364.jpg
b0168859_2145559.jpg
b0168859_2144591.jpg
b0168859_2142652.jpg
b0168859_2141445.jpg
b0168859_2134462.jpg
b0168859_2133355.jpg
b0168859_2131730.jpg
b0168859_213196.jpg
b0168859_2124748.jpg
b0168859_2123296.jpg
b0168859_2115452.jpg
b0168859_2113462.jpg
b0168859_2111897.jpg
b0168859_210537.jpg
b0168859_2103710.jpg
b0168859_2102078.jpg
b0168859_16563882.jpg
b0168859_210069.jpg
b0168859_20593649.jpg
b0168859_2194014.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

後ろ髪を引かれるように邸内へ……ランチ・タイム!
僕が食べたいと言ったキーマカレーがとてもいい匂いを漂わせています。
ピリリと辛い中にほんのりと甘みが……パイナップルが入っていると小耳にしました。
美味しいハム、サラダ、パン、何種類かの凝ったバター、サーモンのマリネ。
そして楽しみだったキーマカレー!美しい奥さまの手作りです。
咽まで出かかった「お代わり!」をやっとのことで飲み込みました(笑)
紅茶を戴きながらフルーツとケーキで締めです。

出発の前に別れを惜しむように庭園に……。

 「ほーほけきょ!」

どこか樹の上にスピーカーでも設置してあるんじゃないかって言うほど、
グッド・タイミング&素晴らしい鳴き声の鶯がさえずり、虫の羽音が耳をくすぐり……。
その虫もね、東京のみたいに毒虫じゃないの。きっといい虫ね(笑)
ホラ、ホラ、耳を澄ますとね、何かが棲んでいるみたいなんですよ……。
樹の妖精とか花の精とかね……小さくて愛らしい生き物が。
それだけじゃなくて、どこか舞台装置を思い起こさせる部分もあって……。

「夏の夜の夢」のオベロンとタイターニャが、
あの木陰で午睡を楽しんでいるのではないか?……とか、
キャメロットの魔法使いマーリンがどこかに潜んでいるのではないか?……とか。
T邸はそんな庭園でした。ハァ、これほど言葉が虚しいとは(笑)

あけさんは同行のF大先生に気を遣って右往左往(こっちにも気を遣って!)
そのFさまは俄薔薇講習会やら写真撮影に忙しそう。
素敵な写真をお撮りになるおっとりMさん、撮影の秘密を見ちゃいました!
あのしっとり素敵な写真の秘密は手袋にありと睨んだ!(笑)

最後の1枚は僕のお気に入り。奥さまは嫌がるかなぁ……。
でもね、この花ガラを摘んだバケツの中にも、
素晴らしい庭園のエッセンスが凝縮しているように思えてならないから。
皆さんどうですか?宝石箱みたいに見えませんか?


23. 06. 2011


Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2011-06-23 00:00 | Raindrops on Roses

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31