嬉しかったこと……。

b0168859_1414610.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

時が経つのは早いですね。
「国際バラとガーデニングショウ」が終わって1ヶ月が経ちました。
僕はと言えば、各地の薔薇の素晴らしい庭園を見に行ったり、
カメラを持って薔薇園を散策したり……。
自宅の薔薇の手入れをしていたらアッと言う間です。

さて、ついつい書きそびれていましたが、
ガーデニングショウで嬉しかったこと、感じたことなどを幾つか……。



先ず、前からの親友たちは相も変わらず全く関心がないみたいですが(笑)
薔薇で親しくなった友人達が会場に沢山、会いに来てくれました。
それぞれ満面の笑みで、中には差し入れをして下さった方も多数です。
ブログに「咽が痛い」と書いたらのど飴を持って来て下さった方々。
とても自分では買えないような豪華なハムとチーズ、ドライ・フルーツの詰め合わせを下さった方。
大好物のヴーヴ・クリコを届けて下さった方。
僕の新しい薔薇を買いに初日に駆け付けて下さった方。
わざわざやって来てお弁当を差し入れして下さった豪華薔薇マダム……。

いつも素敵なKajinyさんとは、短いながら有意義な話しも出来ました。
しかし、いつも本当にお洒落!雑誌の受け売りではない自分だけのセンス。
緑色の使い方が良かったなぁ……是非とも見習って僕も素敵になりたいものです。

それから1年に一度の薔薇の祭典です。
当然、各地から薔薇の関係者が集まりますね。
年に1回しか会えない人も多いけれど、数少ない機会を大事にしました。
凄く嬉しかったのは、少し前に書いた記事について沢山の賛同を戴いたこと。

 「僕達が書けないことを良く書いて下さいました。」

皆さん、思いは一緒なのかな?どの世界でも同じだと思うけれど、
何となくうやむやになっている悪い習慣はあります。
日本人特有の悪いクセ。物事をハッキリ言うことを良しとしない習慣。
薔薇も旧態依然とした世界です。僕なんかハナクソみたいな存在だけれど(笑)
声をあげなければ行けないことはこれからもハッキリ言う積もりです。

コマツガーデンのブースで一緒に働いた若者たち。
多分、派遣の人が多いのでしょうけど、皆、逞しくなりました。
自分の言葉でお客さんに説明出来るようになりました。
テラコッタを売っていた3人衆……色々話し出来ましたね。
休憩時間に一緒にランチしたり、今年は僕も少し余裕が出たのかな(笑)

皆さんとても優しいですね。そんな方々の顔を見ると何だかホッとします。

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

さてさて、そんな中、何だかホッとするような嬉しいエピソードを一つ。

ガーデニングショウが始まって何日目だったかなぁ……。
物凄い人混みを見るともなくボンヤリしている僕の目に懐かしい顔が映りました。
人間っていつも会っている場所以外で会うと、ついつい名前とか出て来ないものなんですが、
その時は即座に名前が出て来ました……Kさん……前の会社でお世話になった先輩。
先輩って言ったって僕より随分と年下なんだと思います。
ただ、僕より先に入社して、当時から責任ある立場だった人です。

目が合いました……「あれぇ……どうしたんですか?こんな所で?」
思わず口をついて出る驚きの言葉(笑)「久し振りです。」「元気にしていますか?」
チョッと聞いてみると、Kさんは数年前から薔薇の栽培をはじめたそうです。
今は60本くらいの薔薇を育てているとか。
そう、その日は平日だったハズです。お母さまを連れていらっしゃいました。
と、言うことは、会社を休んでガーデニングショウに来ていた?

ふふふふふふ……ハマっちゃいましたね、薔薇に!(笑)
薔薇の底なし沼は一度ハマると2度と抜けられないんですよ。
薔薇の煩悩は108つどころじゃありません……ともに地獄に誘引せん。
Kさんは嬉しそうに、今、育てている薔薇の写真をデジカメで見せてくれました。
僕のことは少し前から薄々、知っていたそうです。
僕の名字って大女優がいるから多そうに思いますが、
実はそれ程ポピュラーじゃないしね。そうそう、今にして思えば、
会社にいた当時から休み時間には薔薇の本を眺めていましたからね。

 「もしかしたらそうじゃないか……。」そう思っていたそうです。

僕ね、思うんです。薔薇を育てるって凄くいい趣味だって。
Kさんの仕事は、朝、早くて夜が遅い仕事です。
ハッキリ言っちゃうと、薔薇を育てるヒマなんか無いハズ。
綺麗に咲いている薔薇をゆっくり愛でる余裕は皆無……そんな仕事。
でも、薔薇が好きになって育て始めた……いいなぁって思っちゃうんです。
確か、登山とか?スポーツをやる人だったと思います。
キッカケは何だったんでしょうね……優雅な薔薇にハマったキッカケ。
この世の中に趣味なんてゴマンとあります。
どんな変わったものもその人にとっては掛け替えのない趣味になりうる。
そんな中でも、薔薇(ガーデニング)は時間とある程度のお小遣いがないと出来ませんね。
生活に余裕がないと花どころじゃないものね。

それなのに薔薇を育て始めた……凄くいいなぁ……って思っちゃいました。
皆さんもそう思いませんか?薔薇って凄くいい趣味ですよね?
折角、稼いだお金を、どこかの女に入れあげて、
スッカラカンになるまで搾り取られちゃうとか(笑)
酒と煙草で身体を壊すとか。パチンコとか麻雀で擦っちゃって、
スッテンッテンになっちゃうとか……あまりにも悲しいものね。
その点、薔薇は優雅だし、文化です。

薔薇に限らず植物を育てるっていいことだと思うんです。
心が優しく穏やかになるし、育てることで自分も育って行くし……。

何年振りでしょう……21世紀になる年末に会社を辞めましたから、
10年振り以上になりますが、懐かしい声、温かい笑顔……凄く嬉しかったです。
帰り際に再び訪ねてくれて、僕の薔薇を2本買ってくれました。
不思議ですよね、当時はこんな事になるとは思ってもみませんもんね。

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

写真は僕のオリジナルの薔薇です。濃い赤から紫がかった赤に退色します。
直立性で育てやすいです。刺は多いけれど、決してイヤな感じじゃありません。
そして、何より素晴らしいのはその匂い!
最高級の香水を一滴たらしただけのような上品で豪奢な匂い。


ガーデニングショウ中は色々な出逢いと再会がありました。
嬉しいことばかりじゃありません。心配なこともありました。
事情があって来られなかった人もいます……でも、来年はきっとね!
今はそう言う時期なんだよ。我慢、我慢!無理せずコツコツと。
決して諦めず、一つ一つ目の前の困難を取り払って、
再び明るい笑顔でお目に掛かりましょう!


17. 06. 2011


Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2011-06-17 00:00 | Under the Rose

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30