美しさと醜さは……。

b0168859_23134728.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

「想像できないものを蔑む力は、世間一般に蔓延って、
 その吊床の上で人々はお昼寝を楽しみます。
 そしていつしか真鍮の胸、真鍮の乳房、
 真鍮のお腹を持つようになるのです。磨き立ててぴかぴかに光った。
 
 あなた方は薔薇を見れば美しいと仰言り、蛇を見れば 気味がわるいと仰言る。
 あなた方は御存知ないんです。薔薇と蛇が親しい友達で、
 夜になれば お互いに姿を変え、蛇が頬を赤らめ、薔薇が鱗を光らす世界を。

 兎を見れば愛らしいと仰言り、 獅子を見れば怖ろしいと仰言る。
 御存知ないんです。嵐の夜には、かれらがどんなに血を流して愛し合うかを。
 神聖も汚辱もやすやすとお互いに姿を変えるそのような夜を御存知ないからには、
 あなた方は真鍮の脳髄で蔑んだ末に、そういう夜を根絶やしにしようとお計りになる。
 でも夜がなくなったら、あなた方さえ、
 安らかな眠りを二度と味わうことは おできになりません。」


                      三島由紀夫「サド侯爵夫人」より抜粋。

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

三島由紀夫作「サド侯爵夫人」から僕の一番好きな台詞です。
「サド侯爵夫人」から……と、言うよりは、
全ての戯曲の中から一番好きと言った方が正しいかもしれません。
勿論、世界中の全ての戯曲を読んだ訳ではありませんけれど……。
サド侯爵夫人 ルネの台詞……どうです、もしもあなたが女優なら、
偉大な名女優を相手に、豪奢な衣装に身を包んで、
こんな華麗な台詞を朗々と言ってみたいと思いませんか?

上質の絹に縫い付けられたラインストーンの煌めき。
金糸、銀糸で施された豪奢な刺繍のような言葉の修飾。
天上に煌めく大伽藍のキラ星のような台詞の数々……。
名だたる俳優がこれらの台詞を言いたくて仕方ないのが良く分かります。
芝居とは「台詞」です。「欲望という名の電車」と「サド侯爵夫人」。
そう、女優に限らず、女装をしてまでも、
男優がこぞってこれらの戯曲をやりたい理由がそこにあります。
また、全ての役者が演じてみたい戯曲であると共に、
これだけ演じる役者を戯曲の方が選ぶのも珍しいでしょう。
達者な人がどんなに忠実に演出家の指示通りに演じてもダメ。
演じる役者の大きさと品格が問われてしまうのです。

「薔薇と蛇」「兎と獅子」「真鍮と乳房」……。
美しいものと醜いものが表裏一体と言うことを三島は知っていました。
どんなに美しいものも、醜さの上に1枚皮を被っただけだと言うことを。

 「綺麗は汚い、汚いは綺麗。さあ飛んで行こう霧の中、汚れた空をかいくぐり。」

マクベスの3人の魔女の有名な台詞にもあります。
見掛の美しさに騙されてはダメ。一見、汚いものの中にも美しさはあります。



車窓から眺める景色は、いつの間にか薔薇から紫陽花へと変わっていました。
今年の薔薇のラスト・シーンはヒドかった……大雨に大風……。
何だか消化不良に感じる人もいるかもしれませんね。
折角、慈しみ育てたのにね……雨でグシャグシャになった、
薔薇の花柄を片付けるのは悲しいものがあります。

がっ!しかし、よく考えてみて下さい。
グシャグシャになった花弁、萎れて精気がなくなった花弁、
暑さで縮れた花弁……そんなに忌み嫌うほど汚いですか?
良ぉ〜く見てみましょうよ。その萎れた花弁もまた薔薇なんです。
ゴミ箱に捨てる前にチョッと着飾らせてあげて写真を撮ってみませんか?
先ずはお気に入りの容器に入れてみましょう。
大事にしている小物と一緒に撮影って言うのはどうですか?
あなたの魔法にかかって萎れた薔薇も再び頬を赤らめるかもしれません。
あなたの演出によって再び鱗を光らせるかもしれません……。

僕はことあるごとに言っています。
薔薇は蕾から5分咲き、満開の頃は勿論、
凍えるような冬の寒空に葉を落とし、
刺だらけの姿をそのままさらした薔薇もまた美しい……。
そう、薔薇は一年を通して、全ての段階で美しいのです。
満開を過ぎ、朽ちる間際の薔薇の壮絶な美しさ!


昔は大嫌いだったゴールドの額縁に飾って写真を撮ってみました。
薔薇は全て僕のオリジナルの薔薇。どうですか?
萎れて藁色になった精気ない花弁が何やら黄金の煌めきを帯びていると思いませんか?
花弁、1枚、1枚が光り輝く鱗に見えませんか?

美しいもの、醜いもの。
全ては表裏一体、美しいものもその薄皮を剥がしてみれば……です。


08. 06. 2011


Benoit。


★Copyright © 2009~2011 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by omemetan at 2011-06-08 23:41
ブノワ。さま、こんばんは。
なんて素敵な世界でしょう!!
思わず、コメントしてしまいました!
私、こう言う世界大好き!!

美しいもの、醜いもの。
全ては表裏一体。

そうなんですよね。
でも、感じられるかどうかは、その人次第です。
Commented by souslarose at 2011-06-09 06:17
おめめさんへ。
おはようございます。梅雨入りして気圧が低くなっていますが、体調の方はどんな感じですか?しんどいのにメッセージどうもありがとう!僕ね、いつも思うの。薔薇園に行って雨が降って来たり、折角、育てた薔薇が雨でダメになったり……自然相手に怒っていても仕方ないものね。その時々を楽しむ、傷んだ薔薇もよく見てみれば非常に美しいと思うの。美しいものと醜いもの(汚いもの)が表裏一体なんて、何も僕が言い出したことではないけれど、最近は凄く短絡的でしょう?色々と角度を変えて眺めてみればもっと素敵な物が見えて来ると思うのに残念……このテーマは非常に好きなテーマなのね(笑)「感じる」ためにアンテナ張って、色々なものに親しんで行きたいです。

Benoit。
Commented by omemetan at 2011-06-09 10:53
Benoit。さま、こんにちは。
そうですね。この瞬間は、今しか味わえない、もう二度と出会えないと思えば、
雨や強風で、短かった今年のバラの季節も
こんな表情のバラも見られて良かったとなりますものね。
これは、バラに限った事ではないと思いますが。

最近は凄く短絡的。

そうですね。想像力が鍛えられてないからなんでしょうね。
小さい頃から、訓練しておかないとなかなか身につくものではないと思います。
が、意識していけば、感じられるようになっていくと思います。
私も、日々、感じられる自分でいられるように
そういう時間は、大切にしていきたいと思います。
Commented by SALAママ at 2011-06-09 19:08 x
素敵な世界観ですね♪ブノワさんのお話読んでいて
ゴッホもあのヒマワリの絵を描いたときに
同じ様な心境だったのかな~と想像していました。
華やかに鮮やかに咲くヒマワリと枯れいくヒマワリを同じ花瓶にいけて描いたゴッホ。
アンティークが好きな感性をお持ちの方はきっとこの写真の美しさに共感できるでしょうね★ドライになりかかった色あせたアジサイも味わい深いですもの。
朽ちていく家具や金属達も愛おしく思えますものね。感じられる心を大切にしていきたいです。
Commented by souslarose at 2011-06-09 20:04
おめめさんへ。
こんばんは。今日は暑かったですね。如何お過ごしでしたか?
メッセージどうもありがとう!この話題についてはおめめさんと僕、夜通し語り合えそうですね(笑)おめめさんも旅行が好きだからお分かりだと思いますが、何事も計画通りには行きませんね。そんな時、臨機応変に計画を変えて楽しまなきゃ、旅先の時間は貴重だし、何か思わぬ素晴しいことが見付かるかもしれないし……普段の生活でもそうだと思うの。あとね、人に対してもそう。悪い所ばかり見付けるんじゃなくて、その人(物)のいい所を見ようと勤めると生活が変わりますよね。人柄も良くなるしね(笑)そうなの、想像力、生きるための本能……全て劣化していますね。やっぱりいいものに沢山触れる事が大事、音楽、美術、読書……高くなくてもいいから美味しい季節の物を食べ、箪笥の引き出しは増やしておきたいです。自分の生活が豊かになるものね。

Benoit。
Commented by souslarose at 2011-06-09 20:11
SALAママさんへ。
こんばんは。いつもメッセージありがとうございます。
ゴッホかぁ……彼は生前にたった1枚しか絵が売れなかったそうですね。反対に僕が尊敬するサージャントは社交界からバンバン引きが来た……どんな気持ちであの絵を描いたのでしょうね。枯れた向日葵ですけど、そこには次の春に芽吹く種が宿っていますね。一見、枯れて見えるけど、命は繋がっている……そこがポイント、凄く大事なんだと思います。アンティークはねぇ……興味ない友人は「それって人が使った物でしょう?」とのたまいました(笑)確かにそうなんですけど、百年の単位でこの世に残ったもの……僕にはこの上ない大事なものに感じられます。次の世代に引き継ぐのも僕等の役目?そんなご大層な事は考えないけれど、手元において使って誰かに譲って……そう思っています。柔軟で響く感性を大事にしたいですね。日々、忙しいとなかなか心も摩耗しちゃって上手く行きませんが……この記事へのメッセージとても嬉しかったです。ありがとう!

Benoit。
Commented by at 2011-06-09 21:18 x
Benoit。さん、こんばんは。

ふふ~ん♪いいですね、いいですね。ちょっと雨降る日、湿った木の匂いと、本の匂い、ちょっと暗い窓辺で読みたい文章とこの薔薇…金縁の額縁も、時を重ねるといいものですよね。
ちょっとずっこけちゃう毎日なので、とてもいい気分になりました。
梅雨時はなぜか三島、梅雨明けが近くなると漱石が読みたくなります。
Commented by やぎしん at 2011-06-09 22:05 x
綺麗なバラですね・・・・

金の額縁が色あせてしまうほどに美しいです・・・

醜さの中に「美」を見ることができる人は、本当の「美」を知る人だと思います。

全体を通して「美」を見ないのならば、つまらない薄っぺらなものになってしまいますよね・・・

いつも、素敵な写真と文章をありがとうございます。
Commented by souslarose at 2011-06-10 05:10
碧さんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとうございます。
いいでしょう?碧さん、お好きですよね、こんな感じ。さすがに薔薇が臭くなって来ましたのでようやく捨てましたけど……そう、矢張り、読書は雨の日など天気が優れない時がいいですね。晴れじゃぁねぇ……何となく外に出たいものね。昔はゴールドの額縁なんて考えもしなかったんですが、ある時を境に大好きになりました。勿論、どんな額縁も、先ず、デザインが大事ですけどね。梅雨時は推理小説、梅雨明けは外国文学が読みたくなるブノワ。さんでした(笑)

Benoit。
Commented by souslarose at 2011-06-10 05:14
やぎしんさんへ。
おはようございます。梅雨の中休み、如何お過ごしですか?
メッセージどうもありがとうございます。こう言うメッセージを入れにくい記事に温かいお言葉を戴くととても嬉しいです。どうもありがとう。さて、性格がひねくれているせいかなぁ……昔から変な物に美を感じるようです(笑)「綺麗」「汚い」……簡単に分けることは容易いけれど、何かもっとその境界線ギリギリにいいものが潜んでいるように思えてなりません。人と同じ美的感覚じゃ詰まらないって言うのもありますけどね……また遊びにいらして下さいね!

Benoit。
Commented by やぎしん at 2011-06-10 11:10 x
ブノワ。さん お返事ありがとうございます。
梅雨を楽しく乗り切ろうと、毎年思うのですが・・・天気と同じく、どんよりグズグズです(笑)

ご意見、大賛成です!
簡単に分けられない境界線を突き詰めたところに、本当の美しさがあるんですよね~♪
究極の「美」の世界は、万人には受けないものですよね。
でも、わかる人が必ずいるから大丈夫です!

Commented by souslarose at 2011-06-10 20:50
やぎしんさんへ。
こんばんは。再びメッセージどうもありがとうございます。
ハッキリと正確な所は覚えていないのですが、この台詞の後に、母親のモントルイユ夫人が「母親に向かってあなた方とは何事だ。それにそんな考え方をするのは何もお前が初めてではない……。」そんな意味の台詞が続きます。昔ってもっともっと当たり前に物事の裏表を行き来していたような気がするんですよ。自在に両面を見て考察する……今は物凄くハッキリしていますね。綺麗は綺麗、汚いは汚い……って。言葉が表す意味も物凄く狭い物になって来ている。語彙がどんどん消えてなくなり、何を見ても「可愛い」だったり(笑)先日亡くなったエリザベス・テーラーは飛び切りの美女でしたが、物凄くスタイルは悪かったのです。腰の位置が高過ぎたんですって。デザイナーのイデス・ヘッドが言っていましたっけ。ヴィヴィアン・リーは外見に似合わない大きな手がコンプレックスでしたし、一見、美しいもの(人)にも良く見るとそれなりの「玉に瑕」があるものです。だからそれが評価を下げる理由にはならないのですけどね……見方を変える……物凄く大事だと思います。

Benoit。
Commented at 2011-06-19 08:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by souslarose at 2011-06-20 07:17
チューリップ熱さんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとう。
そうです、薔薇の時期は精力的です(笑)でも、今年はチョッと頑張っちゃっているかな?大きなものは今日の車での遠出と来月頭の旅行、それで春の薔薇シーズンはお仕舞いです。たまにはこう言う年もいいかと……。感じる心ですけど、何事もスグに当たり前になってしまいますよね。常に感謝の心と新鮮な気持ちを失わないようにしないと……自分が損しちゃいますもんね。「チューリップ熱」はまだ何も発表されていませんね……どんな感じなのかなぁ。年齢的にどうだったか忘れちゃいましたけど、アカデミー賞受賞でコリン・ファースあたりが浮上して来そうですね。女優は気品ある人を選んで欲しいです。そこいらのネエちゃんじゃダメ(笑)しかし1円は破格ですね!しかも送料が280円とは!(笑)

Benoit。
by souslarose | 2011-06-08 00:00 | Raindrops on Roses | Comments(14)

Let's talk about roses。


by souslarose
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30