最後の薔薇。

b0168859_720824.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

秋の薔薇は非常に花保ちがいいです。
今年最後に咲いた薔薇は長い時間僕を楽しませてくれました。
朝、まだ薄暗い時間に家を出る僕に匂いで挨拶。
その強い匂いは時間が経っても少しも薄れる事はありませんでした。

お友達のあっちゃんが、

 「水やりが下手です」

と、ブログに書いていましたが、
グリーン・フィンガーのあっちゃんですからそんなハズはなく、
この夏の猛暑から続く秋の暖かい天気が、
例年の水遣りの感覚を狂わせていたのではないかな?
僕もボンヤリしていると茎がシワシワになるくらい
水が切れていたことが何回かありました(苦笑)

さて、美しい薔薇もこれでお仕舞。
ある休みの朝、カットしてグラスに挿し、暫く鑑賞。
花弁がハラハラと落ちはじめたので撮影大会と相成りました。

5月の「国際バラとガーデニングショー」の時、
皆さんコマツガーデンのブースの立っている僕に、
色々なものを差し入れして下さいました。
美味しい珈琲、和三盆のお菓子、ワイン、猫のオモチャ……。
それから真のマダムのMayさんがプレゼントして下さったのが、
「A Rose by Any Name」と言う洋書です。
薔薇それぞれの名前についてのエピソード、
イラストや写真で綴る薔薇の名前の隠された逸話。
その美しい頁と一緒に撮ったのが今日の1枚目の写真です。

b0168859_7204621.jpg

薔薇の名前は「Lady Alice Stanley」。
約100年前の古のハイブリッド・ティー。
いつだったか小山内健さんが我家に遊びにいらした時、
猫のきんが例の如く「ゴォ〜ン!ゴォ〜ン!」と小山内さんに頭突き(笑)
動物大好き、猫大好きの小山内さんがメロメロになって、
次に会った時にわざわざ持ってくて下さった薔薇です。
今度、きんを箱に入れて京阪園芸に送ってみようかしらン?(笑)
お返しに稀少な薔薇がドッサリ送られて来るかも……。



23. 11. 2010


Benoit。


★Copyright © 2009~2010 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2010-11-23 00:00 | Raindrops on Roses

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31