気持ちを込めて。

b0168859_12124115.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

先ず、書き心地がいいことと、
矢張り、正式な手紙には万年筆を使いたいです。
インクは勿論、黒、便箋と封筒は長年使い慣れた
コンケラー社のややクリーム色掛かったものを使います。
プリントアウトした下書きを見ながら、焦らずゆっくりと、
心を籠めてペンを滑らせます。
本来のビジネスレターであれば、
タイプしたものに署名すればいいのでしょうが、
今回の目的を考えれば、是非、
手書きのファン・レターの体裁を取りたいです。



学生の時、大して英語の成績は良くなかったけれど、
前に出て黒板に答えを書く時には先生が……。

「○○、お前は書くのは上手いんだけどなぁ……。」って。

余計なお世話ですよね!
いつもはさらさら書いちゃうのに、
改まって書くものだから何枚も便箋を無駄にしちゃいます。
ようやく一枚、書き終わる最後の単語の綴りを間違えたり、
はたまた、書き出しの「Dear」の大文字のDの形が
気入らなくて4枚も便箋をダメにしたり……。

はぁ……ようやく書きあがりました。
封筒には宛名と裏に僕の署名。シーリング・ワックスはゴールドで、
フィレンツェで買った僕のイニシャル「A」と薔薇の刻印。
徐々に新しい薔薇の名前を貰うために準備を進めています。
これもまた薔薇の育種の楽しい一時です。

今日の写真は書きあがった手紙と、
1967年にタンタウが作出した「Sophia Loren」
そう、手紙の宛先はソフィア・ローレンではありません、念のため。
僕の想い、届くかな?


15. 11. 2010


Benoit。


★Copyright © 2009~2010 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by cream tea at 2010-11-15 23:48 x
こんばんは。

きっと、気持ちが届くと思います。
こんなに思いのこもった、丁寧なお手紙ですから。

数年前まで手紙でのやり取りが当たり前でしたが、このところ
筆を手に取る機会を作らないでいたことに反省をしてしまいました。
気持ちを込めて相手を思って書く手紙。やはりいいものですね。

また、ブノワ。さんのお手紙は美しい!
最上のラブレターのようです。
それをこっそりのぞき見してしまったみたいで
なんだかどきどきしてしまいます。
さて、どなた宛てのラブレターなのでしょうか?
そしてその薔薇は?
お披露目楽しみです!

Commented by souslarose at 2010-11-16 05:33
cream teaさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとう!
ポカポカの小春日和もお仕舞いですかね?元気にしていますか?
さて、気持ち、届くでしょうか?(笑)まぁ、味も素っ気もないタイプした手紙よりはいいかもしれませんが、僕等、日本人が考えることと欧米の人達が考える常識って違う時もありますからね。そう、きちんとプリントアウトしたものも添えます。読めないといけないでしょう?(笑)cream teaさんが仰言るように数年前までは手紙だったんですよねぇ。何かのお礼もきちんと礼状。今はめっきりメール主流です。両方ともいい面と悪い面があるので上手に付き合って行けるといいのですけど……。ラブ・レター……そうかもしれませんね(笑)だけど欧文レターは気を遣います。日本語だとスラスラ書けちゃうんですけどね。だれ宛?今度教えて差し上げます。薔薇はアレ、ほら、例の……。
段々、気温が下がって来ました。呉々も風邪など引かないようにして下さいね。近々、お目に掛かれますね?楽しみです!

Benoit。
Commented by あけ at 2010-11-17 17:59 x
こんち、ブノ。ちゃん
ラブレター届かないよぉ~
それに、あけ、英語じゃ読めないしぃ
ん?「マドモアゼルあけ」のお願いのラブレターじゃないの?(笑)

ブノ。ちゃんの薔薇に素敵な名前になりますように♪
Commented by souslarose at 2010-11-17 19:20
おばん、あけぽん。
あのね、誰があけぽんに宛てて書いたって言いました?(笑)
それだけは間違ってもない!可能性ゼロ!!!!!(爆)
英語だか何だか知らないけれど、第一、あけぽんはマドモワゼルじゃない!
あけぽんにお願いするのは簡単!喰いものチラつかせればいいんだもん!(笑)
手紙、まだ先の話しだよ。でも楽しみにしていてね!

Benoit。
Commented by at 2010-11-19 22:16 x
Benoit。さん、こんばんは。

今週は、このステキなお手紙を拝見して、非常に気分良くすごさせていただきました。
お返事、勝手ながら私もワクワクしながら待っております。
書くばっかりじゃなくて、誰か私にもお便りしてくれないなかなあ。
カイロで作った便箋類は、作り直しさせたにもかかわらず出来が悪く、もう高くてもまた日本で作るか…と思っていたら円高です。
ちょっとお金をかけても良い時代が来た模様。
ああ、なんだかインクの匂いがしてきました…
Commented by souslarose at 2010-11-20 06:37
碧さんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとう。
このところ寒かったですねぇ……チョッと持ち直すようですけど元気にしていますか?さて、チョッと時間がある時に一気に書き上げてしまいました。宛先が確実になったら投函するつもりでいます。どうでしょうねぇ、お返事は如何に(笑)碧さんにはその内お便りしましょう。年賀状でいい?(笑)そろそろそんな時期になって来ましたね……今年はどの写真を使おうかな?また幾つかパターンを作ろうかな?所でカイロのレターセット?一体どんな?今度見せてくれますか?僕ね、パリの老舗の印刷屋で自分のオリジナルのレターセットを作るのが夢なんですよ……そのためにもパリに行かなきゃね!インクでカリカリ……いいもんです。

Benoit。
by souslarose | 2010-11-15 00:00 | Under the Rose | Comments(6)

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30