深野俊幸さんの魔法で薔薇の魅力に染まる。

b0168859_8341649.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

今を遡ること 14年前。
僕は青山の骨董通りにあるデザイン事務所に勤めていました。
初めて就職した事務所が不景気のあおりを喰って廃業。
(地元の名士だった社長が倒産だけは避けたがった……。)
次に就職した会社です。面接で即採用、お祝いに自分で自分にプレゼント。
中島誠之助さんの店で染め付けのお皿を買ったのが懐かしいです。
さて、その事務所、何と9ヶ月で辞めてしまいました(笑)
人と上手く付き合う才能があって(多分)我慢強い僕(おそらく)にしては異例。
理由は、そこの社長がイヤでイヤで……いい人だったんですけどね。
その9ヶ月間に、自分の足で歩き青山の色々な店を開拓しました。
レストラン、カフェ、勿論、骨董屋、いいものを扱うブティック……。
そんな中、もっとも感動して今でもお付き合いして貰っているのが、
深野俊幸さん主催の南青山のカントリーハーベストです。

忘れもしない1996年6月13日。
珍しく仕事を早めに終わった僕は、青山キラー通りにある美容室に友達を尋ねました。
そこに勤める知り合いの女性に誕生日の花束を届けるために……。
道すがら、何をプレゼントしようか迷って歩いていると、
246を1本入った裏道に素敵な花屋を発見!
匂うんですよねぇ……いい店は何やら素晴らしい匂いが(笑)
その時は、当時、深野さんと一緒に店を切り盛りしていた女性Oさんがいらして、
僕の一風変わったリクエストに応えて下さいました。

 「野原の小径で摘んだような花束にして下さい。」

そこから僕とカントリーハーベストのお付き合いが始まりました。
男たるもの、いい花屋を一つは知らないといけません。
折々に花束を贈る、自分のために花を買う……日本の男性に多いに欠如している部分。
恋人の誕生祝いに、友人の記念日に、母の入院のお見舞いに、
そして、大好きな女優さんや俳優くんの楽屋見舞いに……。
カントリーハーベストは平々凡々な僕の株をどれだけ上げてくれたか。
そして、毎回、頼む僕が驚かされる斬新なアレンジ。
奇を衒うのではなくて、植物を知り尽くした上でのオリジナリティです。

b0168859_8345340.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

さて、先日、幸運にもソフィア・ローレンに花束をお渡ししたことは書きました。
急に思い立ったんですよ、日本のファンの皆さんからって言うことで、
ソフィア・ローレンに花束を渡して貰おうって
(ヒョンなことから自分がその大役を仰せつかりましたが……。)
勿論、迷うことなく花束はカントリーハーベストです。
当日、伺うと幸運にも深野さんがお店にいらっしゃいました。
用件は既にご存知で、確認を少しした後に作って下さったのが写真の豪華な花束です。

ソフィア・ローレンにはどんな花が似合うでしょう?
店には向日葵もありましたが(笑)ここで向日葵を使ったら一生バカにされます(爆)
さてさて、どうしたものか……深野さんには既にイメージがあったようです。
紫陽花と大きなダリアを中心に、そこに薔薇の「Yves Piaget」が入ります。
たった3種類の花、シンプルだけれど思い切り印象的で豪華です。
僕は深野さんが作った花は大好きですが、花の好みが全く同じと言う訳ではありません。
実はこの時も、紫陽花、ダリアまでは何となく予想がついたんですけど、
そこに「薔薇?」チョッと意外な気がしました。
別に僕が薔薇が好きだからって言うこともないんでしょうけど、
小さな花弁と同じ渋めの色味を持つダリアと紫陽花に、
全く違うテクスチャーを持つ薔薇を入れる……目からウロコが落ちました。
深野さんが凄いところは、これらの花を混ぜないんですね。
普通は種類の違う花々を均等に混ぜたくなるものなんですが……。
深野さんは大きな纏まりでスパイラルを作って行く。
薔薇を中心に、周りをダリア。そして、その外側に紫陽花……。
このごくごく自然な無造作感!空気感って言うのかなぁ……凄いです。

驚くことに、その薔薇を入れた事によって、
何も匂わなかった花束が「匂いのいい花束。」になったことなんです。
花束を見たイタリア文化会館の皆さんは驚きを口にします。
そして、必ず顔を輝かせて「凄くいい匂い!」と。
美しい花、花束を見た人は、次に必ず匂いを期待します。
たった5輪の「Yves Piaget」が強烈な匂いで辺りを包み込みます。

2007年の「国際バラとガーデニングショウ」を覚えていらっしゃる方も多いと思います。
深野さんのカントリーハーベストがメインのテーマの庭を作った年です。
僕も長年のお付き合いをさせて貰っている立場からすると本当に鼻が高かったです。
花の洪水、色彩のマジック、他の追随を許さない個性……。

随分前になりますが、お店で聞いた深野さんの言葉が思い出されます。

 「店を始めた頃、御飯を食べるお金を惜しんでも店のために変わった花を一本買った。」

いい花屋の条件は幾つかありますが、その1つが花の品揃えですもんね。
数えきれないほどの草花と花器、素敵なアンティークが店を埋め尽くします。
深野さんの魔法で薔薇の魅力に染まった一日でした。


26. 10. 2010


Benoit。


★Copyright © 2009~2010 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
Commented by raretaste at 2010-10-26 00:48 x
すごく強烈な中にも上品さのある花束ですね。ウチの店もイブ・ピアッチェを真夏だけを除いて入れているので、その匂いの良さも強さも知っているのでなるほどという感じです。むこうのブログにメッセージさせていただくの出遅れたのです。ソフィア・ローレンとの劇的な再会、素晴らしい体験ですね。
水曜日、久しぶりにその方面に出かけようかなと思っております、カントリーハーベストさん、寄らせていただこうかな。
Commented by omemetan at 2010-10-26 11:22
ブノワ。さま、こんにちは。
本当に素敵な花束でした!このような花束は大女優だからこそ
似合うものですね!
色で驚き、香りで驚き二重のサプライズだったことでしょう!
カントリーハーベストは、私が初めて務めた会社が乃木坂にあったので、仕事が早く終わった帰り道、
ぷらぷら歩きながら、疲れた自分のご褒美に小さな花束や
ポット苗など買っていました。
カラフルな店内にいると疲れが吹っ飛びました。
もちろん、美味しいケーキとコーヒーも近くのカフェでいただいて帰りましたけど。
疲れた時は、美しい花々と甘いものに限ります。
××××××××××××××××××××××××××
男たるもの、いい花屋を一つは知らないといけません。
折々に花束を贈る、自分のために花を買う……日本の男性に多いに欠如している部分。
××××××××××××××××××××××××××
これは、男性に限らず女性にもいえることです。
私のお友達はお花を気楽に(特別な時も)送られる方ばかりですが
まだまだ少ないと思います。
世の中、花を贈る習慣が当たり前の日常になったら
素敵でしょうね。

おめめ
Commented by mchouette at 2010-10-26 11:46
またブノワ。さん 記事更新しているわ。読みにいかなくては~と思いながら日数が経って、今お伺いしたら、素敵な記事。というより素敵な花束。
>「野原の小径で摘んだような花束にして下さい。」
いやぁ、こんな花束をプレゼントされたら完全にノックアウトだわ!(笑()花束って難しい。さり気なく、それでいてどっかでインパクトも欲しいし、でも基本はさり気なく。
それから深野さんが作られたソフィア・ローレンに捧げる花束。こういう組み合わせって! 
作った人の思い入れと感性が溢れている花束って、豪華な薔薇・薔薇だけの花束よりも、どれだけインパクトあることか。そこに薔薇の匂いで引き締めて!
写真だけで、私も花束をもらったような満足感が。今日も素敵な花束と記事ありがとうございます♪
Commented by at 2010-10-26 22:40 x
Benoit。さん、こんばんは。

平々凡々って…(笑)
同じころ友だちの会社が骨董通りと表参道にあったので、年中ランチだ、お茶だと、うろうろしていました。知らずにすれ違っていたかもしれませんね。
私もイメージ通りにつくてくれる花屋さんがあったのですが、代が代わったら若旦那は堅物で全然話になりません。
いつもケンカになってしまいます。
私も青山まで行こうかな。
それにしても斬新ですねえ。
ひとつ、ひとつ、忘れられない花束を、匂いまでも思い出せる花束に出会えるなんて、スバラシイことですね。
Commented by souslarose at 2010-10-29 15:51
raretasteさんへ。
こんにちは。いつもメッセージどうもありがとう!
本当、素敵な花束でした。持って街を歩いていると皆見るんですよねぇ……平凡な僕が物凄く素敵に見える瞬間(笑)「Yves Piaget」は既にガーデン用としても切り花用としても確固たる地位を得ましたね。凄いですもんね、匂い。ソフィア・ローレンのこともありがとうございます。何だかね、夢の中にいるみたいでした。ゴージャスそのもの……ウチの死んだ母と年が一緒なんですよねぇ(笑)水曜日は青山界隈だったとか……どうですか?カントリーハーベストに寄れましたか?ハロウィーンの飾り付けや秋の花で一杯だったのではありませんか?

ブノワ。
Commented by souslarose at 2010-10-29 16:06
おめめさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとう!
おめめさんもあの辺りでしたか……いい店が沢山揃っていますよね。骨董通りにもっと骨董屋が沢山あった時代に歩いてみたかった気がしますけど……今でも行きたい街のNo.1です。行きたくないのは新宿と渋谷と池袋ね(笑)街って言うより駅かな?あの人混み!どうにも好きになれません。さて深野さんとはああだこうだいいながらどんな花束を作るか相談しました。ソフィア・ローレンは絶対に黒を着て来るハズなので(見事に当たり!)その辺からも写真のような豪華な色味の花束になりました。重かったですよ(笑)でも深野さんにお願いして本当に良かったです。そうそう、青山って素敵なカフェが沢山ありますよね。僕が一番好きなのは大坊珈琲店。あそこはいつ行っても落ち着いていて日々の忙しさや街の喧噪を忘れさせてくれます。あともう一軒あるんですが名前が……今度お連れしますね。花を贈る習慣ってもっともっと普通になればいいのにね。僕はチョッとお呼ばれした時にもワインボトルにミントの葉を挿したりしてみます。その方が絶対に可愛いし、プレゼントした方の顔がパッと輝くじゃないですか。

ブノワ。
Commented by souslarose at 2010-10-29 16:12
chouetteさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとう。
そうでしょう?そうでしょう?マメマメしく更新しているでしょう?偉いですよねぇ、忙しくて時間がないのに(笑)でも、感動は熱いうちに!そうも思いますから頑張りました。「野原で摘んだような花束」……これ本当に良かったんですよ。僕、どちらかと言うと短めにラウンドに纏めるものより、風を受けて動きがでるような花束が好きなんです。だから大きな花はあまり好きではありません。この写真のような花束は別ですけどね。チョッと前に「店にある小花を1本ずつでいいから沢山入れて作って!」とお願いしたらこれがまた素晴らしいの!今度、何かの機会にお見せしますね。インパクトあるでしょう?ソフィア・ローレンも嬉しそうでした。僕の低い鼻もチョッとだけ高くなったかな?(笑)

ブノワ。
Commented by souslarose at 2010-10-29 16:20
碧さんへ。
こんにちは。碧さんも青山界隈?(笑)
いつもメッセージどうもありがとうございます。
そう、代替わりは危険ですね(笑)ガラッと別物になっちゃう場合があります。特に特定の商品を売る店ではなく、何かを作り出す店の場合には……今度、一緒に青山に行く事があったらカントリーハーベストにお連れしますよ。プラプラして美味しい珈琲飲みましょうか。僕ね、その最初の女性が誕生日にプレゼントしてくれた大きなミモザの花束が今でも忘れられません。僕のイメージで作ってくれたそうですが、黄色のイメージなのね。大体黒っぽい花が来ることが多いのだけれど(笑)ほら、僕って平々凡々だから(爆)

ブノワ。
by souslarose | 2010-10-26 00:00 | Raindrops on Roses | Comments(8)

Let's talk about roses。


by souslarose
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30