匂いと香り……。

b0168859_21355898.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

ようやく秋らしい天気が続くようになりました。
「New Roses SPECIAL EDITION for 2011」が好評の内に発売になっています。
今、日本で手に入る人気の薔薇を全て網羅し、
さらに「薔薇の香り」の専門書としても読み応えのある内容になっています。

さて、今日のタイトルの「香りと匂い」……。
お気付きだと思いますが僕は余程のことがない限り「香り」は使いません。
これには僕のこだわりとチョッと天の邪鬼な部分も(笑)
皆さんにもう一つのブログのタイトル「匂いのいい花束。」をお教えすると、
必ず「なぜ香りじゃなくて匂いなの?」と、聞き返されます。
この「匂い」と言う言葉を使う事に関しては何の迷いもありませんでした。
これは、ブログのタイトルを三島由紀夫の傑作戯曲、
「鹿鳴館」の台詞から戴きましたから変更の余地はありませんし、
三島由紀夫のこだわりも感じられて素晴しいと思うからです。

では、なぜ文中に余程の事がない限り「香り」と言う言葉を使わないのか?
改めて辞書を引いてみると……。
「香り」の所には「よいにおい。香気。」とあります。
それから、次に「匂い」を辞書で引いてみると……。
「そのものから漂って来て嗅覚を刺激するもの。」とあります。
文章を書く上で厳密な分け方をしている訳ではありませんが、
「香り」が鼻に感じる心地よい刺激に付いて用いられるのに対し、
「匂い」は、どうやら、善し悪しに関わらず、好ましい、不快など、
鼻で感じる全ての事に対して使われるようです。
それから「香り」はそこはかとなく漂って来るいい匂いに対してのみ使い、
「匂い」と言うと、何やらそれ自体から立ち上って来る匂いのように感じます。
何も今初めて語られる事ではありませんが、この世界のもの全て、
物事には表と裏があり、綺麗なものの陰には汚い実像があり、
美しいものも角度を違えてみれば世にも恐ろしい裏の姿を見せるのです。
物事はその二面性ゆえ美しく輝くのではないでしょうか。

「マクベス」の魔女の台詞「綺麗は汚い、汚いは綺麗」ではありませんが、
物事は、美と醜、明と暗……その二面性ゆえ美しく輝くのだと思うのです。

綺麗な薔薇の匂いは勿論、素晴しいけれど、朽ちた薔薇のすえた匂い。
新鮮な時は勿論だけれど、腐りかけた果物や肉の何とも言われぬそそる匂い。
太陽を一杯に浴びた猫のお腹の匂いと、威嚇する時に出す独特の匂い。
街角ですれ違った見目麗しき人……実は一部の隙もなく美しく化粧を施され、
香水と仕立てのいい服で誤魔化されているかもしれません。
スポーツで真っ黒に日焼けした健康で爽やかな顔とこぼれる白い歯……。
そして、心のどこかで期待する汗の匂い……。

そんな、簡単には割り切れない、そして、見る人、読む人の受け取り方で、
全く違って来る感覚を大事にしよう、どちらにでも取れるようにと思い、
「匂い」と言う言葉を余程の事がない限り心して使うようにしました。
それから、匂いには「嗅ぐ」ではなく「試す」を使いたいです。
「匂いを嗅ぐ」ではなくて「匂いを試す」……よほど優雅だと思いませんか?


b0168859_21363282.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

一方のブログにタイトルを拝借した三島由紀夫も好んで「匂い」を使いました。

  サド侯爵夫人ルネ 「薔薇を愛することと、
                薔薇の匂いを愛することと分けられまして?」
  モントルイユ夫人 「莫迦をお言い。それは薔薇が感心にも、 
                薔薇にふさわしい匂いを持っているからだわ」

なんと言う素晴らしい台詞でしょうか。
「サド侯爵夫人」のなかには、金糸銀糸で刺繍された豪奢な衣装のような、
また、幾重にも縫い付けられたビーズやラインストーンのような華麗な台詞が、
天満の夜空を彩るキラ星の如く散りばめられています。
一つ一つ丁寧に刺繍され紡がれた言葉の大伽藍……。
偉大な俳優が朗々と台詞を言うに相応しい宝石のような言葉……。
それらの台詞を言葉で表すとしたら……矢張り「匂いのいい言葉」だと思うのです。
美しいものと醜いもの……三島由紀夫はそんな世の中の綺麗ごとの絡繰り、
皆が絶賛する美しいものが、実は、醜いものの上に被さっている、
皮一枚にしか過ぎないのだと言う事を知っていました。
そんな尊敬する三島由紀夫に敬意を表して「匂い」なのです。


今日の写真は「New Roses SPECIAL EDITION for 2011」と「Bella Donna」。
もう1枚は、先日お目にかけた満開の「Bella Donna」が咲き進み、
朽ち果て散り行く寸前の1枚……この期に及んでまだなお匂うのです。
それは決して「香り」ではなく「匂い」なのです。


22. 10. 2010


Benoit。


※この記事は今までの「匂い」に関する幾つかの記事を纏め、
 加筆修正したものです。

★Copyright © 2009~2010 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2010-10-22 00:00 | Under the Rose

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31