コマツガーデンにて。

b0168859_848354.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

8月に入ってようやくコマツガーデンに行って来ました。
本当は7月に行く予定だったんですけどね……。
僕とコマツさんの予定がなかなか合わなくて……。

当日は午前中に中央線沿線でチョッと用事があったこと、
いつも乗る特急「かいじ」には時間が合わなかったこともあり、
前から「いつかきっと!」と、思っていた鈍行にて石和温泉入りです(笑)
いいですねぇ、列車の旅って。高尾から丁度90分。
いつもは猛スピードで後ろに飛んで行ってしまう景色もタップリ堪能しました。

さて、その日はみどり社長と栽培担当の櫻井さんと打ち合わせでした。
来年に向けての計画って言うほどではないんですが、
来年に発売する品種の選定、それから、どんな風な形で発売するかを話し合いました。
ご存知のように、薔薇も植物ですからね。
CDや本のように、売れたからって増刷する訳には行きません。
一年間の季節によって出来る作業、出来ない作業があります。
元々はたった1本の親木から増やすのです。
芽を接ぐにしろ、枝を切り接ぐにしろ、1本から採れる芽の数は決まっています。
徐々に徐々に増やして行って……気の遠くなる作業ですよね。
だから早いうちに計画立ててことを運ばないといけません。
実は、来年に出る予定の薔薇、本当は今年に出すことも考えたんですが、
何しろツル薔薇じゃなく小振りの樹形なので芽があまり採れない(笑)
そんな訳で、今年一年は樹を増やす作業をしていたと言う訳です。

皆さんはもう雑誌等でご覧になっているかな?
どの薔薇だとおもいますか?非常に匂いが良くてゴージャスな感じがします。
みどり社長と櫻井さんに「呉々もお願いしますね!」と、念を押されたのは、
名前を早く決めて欲しいと言うこと(笑)
今年の薔薇は最後までドタバタしましたからねぇ……。
匂いが良くてゴージャス……相応しい名前を考えないといけません。

用件も無事に終わり、3人で薔薇について色々話し合いました。
いつも思うんですけど、みどり社長と櫻井さんと僕……。
薔薇に対して同じ思いなんですよね。それって凄く大事なことだと思うんです。

 「薔薇ともっとジックリ時間をかけて付き合って欲しい……。」
 「その薔薇の個性を見極めるまで辛抱強く育てて欲しい……。」

薔薇を生産し、薔薇を心から愛する人の切なる願いです。
最近は新しい薔薇、新しい薔薇と、簡単に流れてしまう傾向がありますからね。

美味しい珈琲と桃をご馳走になり、
突如、桃の匂いに誘われて乱入して来た天敵Aを引き連れ(笑)
近くの農場を見学。秋の大苗販売に向けて苗がスクスク育っていました。
感激しちゃったんですけど、炎天下の中で汗して働くスタッフに頭が下がる思いでした。
一鉢、一鉢、丁寧に肥料を量って入れて行く人。
元気一杯、蕾を立ち上げている品種の摘擂をする人……。
皆、汗ビッショリ、真っ黒に日焼けしての作業です。

薔薇園の方達の年間を通しての絶え間ない作業……。
それを考えると僕達ももっともっと大事に慈しまなきゃいけませんね。
b0168859_8491757.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

写真は去年のコマツガーデンの白州の圃場にて。
1本、1本、地道にノイバラに芽を接いで行く……本当、大変な作業です。

この日、カメラは持って行ったんですけどね……。
あまりに暑くて1枚も撮りませんでした(笑)


11. 08. 2010


Benoit。


★Copyright © 2009~2010 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2010-08-11 00:00 | Under the Rose

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31