そして最後に……Under the Rose。

b0168859_17401172.jpg
××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

梅雨が明けました。あっけないくらいに早く……。
これから毎日、暑い日が続きますが、皆さん、元気にお過ごしですか。
今年は春が遅かったせいか薔薇の2番花も例年より遅く咲いているような気がします。
今、咲いている花々を咲かせたらスグに秋の花のために樹を養生させなければ……。

さて、幸運にも素人交配の僕の薔薇がデビューして2ヵ月チョッとが過ぎました。
「Benoit Magimel」「Remi Chang」「Bella Donna」に続き、
締め括りに「Under the Rose Seriese」の最後になる、
「Under the Rose」に付いて書いてみようと思います。
実は5月の「国際バラとガーデニングショウ」前に4品種全てを書く積もりだったんですが、
やっぱりね、計画は計画、ダメですね、何一つ思うようには行きません……。



自分で交配して作った薔薇を前に変な話ですが、凄く不思議な気分に陥るのは、
たった1本しかなかった薔薇が何百本にも増やされて、
皆さんの庭でスクスクと育っていること。
可愛がられてそれぞれの物語を紡ぎだしていること……。
ご存じのように薔薇を増やすには、芽接ぎ、切り接ぎ、挿し木の
たった3つの方法しかありません。
自然に実を結び、採れた種からは決して親と同じ薔薇は咲かないのです。
目を閉じると、数年前の年明けにお気に入りの薔薇の穂木を
コマツガーデンに持って行った日のことが鮮明に思い出されます。


年間に何万粒も種を播く巨大ナーサリー対、
高々、年間に1000粒が精々の素人育主家……。
結果は火を見るより明らかですが、たった一粒の種から花開いた薔薇が、
薔薇の歴史を変えるかもしれない……薔薇の花に勝負も何もありませんが、
僕のような素人でも素晴らしい薔薇が作れる可能性がある……。
そこが交配の面白い所だと思うのです。

「Under the Rose」…………薔薇の下で……。
今ではこの名前しか考えられないほどピッタリの名前を持つ薔薇。
実は、初めは他の名前を考えていました。
ある映画の主人公の名前です……しかも稀代の悪女(笑)
皆さん誰だと思いますか?勿論、アメリカの映画会社や、
出版会社との版権の兼ね合いもあります。それが可能かどうかは別にして、
その思い付きはこれからのネーミングのヒントにもなりました。

現在、コマツガーデンには20種類以上のお気に入りの薔薇を預けて育てて貰っています。
2002年に本格的に薔薇の育種をスタートした訳ですが、
お気に入りの薔薇の中でも通し番号「No.1」の自信作が「Under the Rose」なのです。
刈り込めばブッシュとしても使え、上手く伸ばせばショートクライマーとしても使えます。
細い枝にも花が付き、濃い赤黒の花色、黄金の蘂、美しい刺……。
そう、刺の美しさはこの薔薇の特徴でもあります。
何人から刺を誉められたことか!しかも、皆さん、嬉々として!(笑)
芍薬か牡丹を思わせる花形は和の庭にも向くでしょう……。

薔薇の名前としては一風変わった名前を持つ「Under the Rose」。
僕の薔薇のシリーズの名前を持つ素晴らしい薔薇。
育てれば育てるほど、付き合えば付き合うほどその良さが分かるハズです。
皆さんのお手元で豪華な花を沢山咲かせ、可愛がられますように……。


b0168859_18304829.jpg

この春4月、薔薇ファン待望の「New Roses 2010」で、
僕の薔薇のことを取り上げて戴きました。
巻頭で素敵な特集を組んで貰い、コマツガーデンの所でも1ページ割いて貰い……。
その巻頭の「バラ ’アンダー ザ ローズ’ をスパークリングワインで ”洗礼”」
そこで掲載した手書きの「詩もどき」をここに再収録しておきます。
友人からは、「何つったって読めない!」「悪筆!」轟々たる不評でしたから(笑)
いいのっ!愛用のモンブランで一気に書き上げたんだから!

××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××××

今日の写真は「国際バラとガーデニングショウ」の2日目の早朝に、
入荷した「Under the Rose」の大苗です。
あの朝のことは一生忘れないと思います。開場の2時間前から準備をするのですが、
台車に乗せられた「Under the Rose」の大苗が続々と会場へ……。
トレーに20本ずつ入った新苗を見た時も胸が踊ったものですが、
開場前の慌ただしい時間に搬入された「Under the Rose」。
何故か自分の愛娘が婚礼の支度をして挨拶に来たような……そんな錯覚に陥りました。

皆さんは僕のデビューを祝ってくれましたが、僕なんぞほんの脇役、
主役は「Under the Rose」「Bella Donna」「Benoit Magimel」「Remi Chang」の4本です。
あれほど誇らしい気持ちになったのは初めてです。


20. 07. 2010


Benoit。


★Copyright © 2009~2010 souslarose, All Rights Reserved.
[PR]
by souslarose | 2010-07-20 00:00 | Under the Rose

Let's talk about roses。


by ブノワ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31